DVD鑑賞

シン・ゴジラ ~ちょこっとだけネタばれ~

去年、話題になっていましたし、大ヒットだったと記憶していますけど、なんか怪獣映画を映画館でお金出してまで観るのもなと思って結局行かなかったシン・ゴジラ。

TSUTAYAで5枚1000円で、メジャークライムのシリーズ5を借りようと思ったら、3までしか続きで揃っていなくて、後の2枚をどうするか見て回り、スカーレット・ヨハンソンが好きなので、話はなんだか知らないけど、ゴーストインザシェル(攻殻機動隊のアメリカ版)にして、最後の1枚を他に観たい物がなかったので、シン・ゴジラにしました。

実際に観てみたら、「あれ、結構面白いわ」って(笑)

これ、怪獣映画じゃないんですね。

いえ、ゴジラは出てくるし、街だの色々破壊してくれるんですけど、主役は別にゴジラじゃなかったです。

ゴジラ出現!みたいな「想定外」のことが起こった時、日本政府は国民を守るためにどうするのかっていうのが、かなりリアルに描かれてしました。

決められない、マニュアルないとなんもできない、こんな緊急事態なのに「有識者会議」とかアホか!って感じで。

「あー、あるある」

政治家あるあるみたいな感じで、面白かったです。

私がツボだったのは、ゴジラの出現に「住民は皆非難しました」ということで航空自衛隊が飛行機で攻撃・・・となるはずが、逃げ遅れた数人が認識されたら、総理は攻撃中止を命令します。

「国民に武器を向けることなどできん!」みたいなこと言うんですけど、そのまま暴れてまた人のいるところに行って、もっと多くの人が殺されることも多いにあり得るんですよね。

その犠牲を許容できるかどうかってことです。

まぁ、人命は地球より重いなんて言って、テロリストをのさばらせた総理大臣がいたこの国ですから、わからなくはありません。

ここが、この映画のリアルなところですよ。

なんか気分悪いなぁ~と思っていたのですが、後半、日本人の良いところも描いていて、救いはありました。

怪獣映画だと思って行った人には、肩透かしというか、なにコレ?って映画だったと思います。

私には、結構楽しめた映画でした。

死霊館 エンフィールド事件

知っていたら映画館に行ったのに~という映画でございます。

死霊館シリーズ?の2作目、死霊館 エンフィールド事件を鑑賞。
(原題:The conjuring 2)

実在のゴーストハンター、エド&ロレインウォーレン夫妻が実際に手掛けた事件を再現したドラマです。

アメリカなど欧米のホラーって、シリーズ物になるといきなりコメディというか、質がグーンと下がるのですが、これは実話だけあってかなり良い感じ。

ジェームス・ワン監督の演出も前作同様なかなか冴えていました。

夜観なくて良かったです(笑)

お正月は予定もないので、映画を観て過ごします。

皆さま、良いお年をお迎えください。

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

以前、カワンさんに「ぜひ観てください」と勧められたイタリア映画をようやく鑑賞。

少しは内容を聞いていたのかもしれませんが、すっかり忘れていたし、あまり先入観を持つのもと思って、何も見ないで鑑賞を開始しました。

舞台はイタリア。

ある女性に1本の電話が入ります。

「先日の仕事は見事でした。急ですが、今日これから仕事をお願いできないでしょうか」

聞けばなんと通訳数時間で2000ユーロという高額な報酬がもらえるって。

とはいえ、仕事の依頼はその電話の主ではないらしい。

30分で迎えが来るというので、急いで支度をしていると早速お出ましになりました。

局長という男が「ある場所まで行って仕事をしてもらうが、機密を守るために目隠しをしろ」という。

ちょっとは抵抗してみたものの、2000ユーロの報酬に目がくらんで不確かな情報で「やる」と言ってしまった手前、あまり強く抵抗もできずに目隠しをされて出発します。

女性の名はガイア。

彼女の仕事は中国語の通訳でした。

ある場所へ連れて行かれ、王(ワン)となのるイカみたいな宇宙人の中国語を通訳するのが仕事の依頼内容だったのです。

【感想】

いやぁ、結構面白かったです。

映画としては、B級もB級で、ソードキル以来の突っ込みどころ満載X100!・・・みたいな映画でしたけど、この美人通訳さんにちょっと感情移入してしまって、最後の最後まで飽きずに見られました。

最後の宇宙人のセリフで「あーーー」って感じでしたけども(笑)

ワンさんとの遭遇って、本当にそんな題名なの?って思って調べたら、ワンの到着とかやって来たワンとかそんな題名のようでした。

まぁ、日本てこの手の「前にもあったよね」的題名でパロっているの多いですからね。
わかりますが、なるほどこういう展開なら、邦題の方がなんとなくしっくりいってるかも?って思いました。

さて、内容なんですけど、うーん。
色々な要素を含んでいるというか、これは見ていただく他ないなっていう微妙な映画でした。

宇宙人は、なぜ中国語をしゃべるのか・・・。

一応、説明があるんですけどね、そうじゃないのかも?って思わせるあたりがなんとも・・・。

アムネスティが出てくるあたりで、なんというか何が言いたいのかちょっと考えちゃうというか邪推?してしまいましたよ(笑)

邪推じゃなくて、当たっているのかもしれませんが・・・。

こちら、予告編はあえて載せません。
ぜひ、Dailyではなく、Youtubeで検索してみてください。
Youtubeですよ!!

ウォルト・ディズニーの約束

ウォルト・ディズニーって、あのネズミの王国を作り、最近ではアナと雪の女王にみられるような夢あふれるファンタジー映画を作った元祖です。

存命中からアメリカでは知らない人はいなかった(自分の名前をテーマパークに付けてたんですからね)人ですし、皆から愛されていました。
(実際には、作品で黒人を侮蔑したような表現を使ったり、女性を見下していたと言われ、死ぬまで人種差別主義者とか性差別主義者と罵倒された人でもあります)

そのウォルトが、20年の歳月をかけて映画化権を獲得したのが「メアリー・ポピンズ」でした。

原作者のP.L. トラヴァースは、あのウォルト・ディズニーが「ぜひ映画に」という申し出をいともあっさり断ってしまいました。

諦めなかったウォルトは、それから20年の間に何度も何度もトラヴァースに映画化権を譲って欲しいと申し出て、本があまり売れなくなり、執筆活動もあまりできなくて経済的に困窮し始めていたトラヴァースは、とうとう、そして渋々「話し合いに応じてもいい」と折れます。

この映画は、トラヴァースがメリー・ポピンズを映画化するにあたり、自分で制作に関わる部分とそのトラヴァースが幼少の頃にどんな生活をおくっていたのかを描いたものです。

トラヴァースは、脚本についての話し合いなど、すべてをテープに録らせていたこともあり、貴重なやり取りが残っていたことで、とてもリアルな映画となっています。



ウォルト・ディズニーの約束(2013)

原題:Saving Mr.Banks
監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ケリー・マーセル、スー・スミス
【出演】
トム・ハンクス(ウォルト・ディズニー)
エマ・トンプソン(P.L.トラヴァース)
ポール・ジアマッティ(ラルフ)ほか

Cabin ~あまりにもくだらなすぎてちょっと癖になりそう~

湖畔のキャビンに若い男女5人がお泊り。

よくある設定です。

そのキャビンで何か普通じゃないものを発見し、気になったから触ってみちゃうとか。

はい、よくある設定です。

そして、その行為があだになり、ひとり・・・またひとりと「彼」の餌食になっていきます。

ええ、相当よくある設定です。

でも、ひとつだけ違うことがありました。

それは、その男女を“監視”している人々がいたことです。

ある理由から、彼らは自分で選択したように殺される運命にあるのです。

そのある理由とは・・・。

いやぁ~、久しぶりにくっだらなさ満開な映画を観ましたよ。
視点はいいけど、このB級さ、いやもうウルトラ駄作っぽい雰囲気が相当笑えました。

パロディーなのか、それとも本気なのかもよくわかりません。
ホラーの迷シーン満載で、あれ?それってあれじゃないの?とか(笑)

しかも、最後の最後に大女優登場で、よくこんなのに出たなぁ~とびっくりしました。
ある意味、これが最大のパロディなのかも知れませんけども。

Cabin(2012)

原題:Cabin in the wood
監督:ドリュー・ゴダード
脚本:ジョス・ウェドン
出演
クリスティン・コノリー(ティナ)
クリス・ヘムズワース(カート)
アンナ・ハッチソン(ジュールス)
フラン・クランツ(マーティ)
そして、大女優のあの人ほか

衝動殺人・息子よ

遠い遠い昔。
チケットを買って友人と観に行った映画です。

若山富三郎さんと高峰秀子さんが主演の硬派な映画で、原作は、ノンフィクションの「衝動殺人」佐藤秀郎著。

昭和41年5月21日。
ある工場の跡継ぎである1人息子が、何のいわれもなく通り魔に襲われて亡くなります。

頼もしい息子に工場を託し、隠居するつもりでいた父親・川瀬周三は、自分の分身を何の理由もなく(いや、誰でも良かったというむちゃくちゃな理由はありました)殺され、起き上がることもできないくらいにショックを受けるのです。

その後、そういう理不尽な殺され方をした人が全国にいることを知り、ある人は大黒柱の夫を亡くし子供を抱えて生活保護を受けるしかない女性、ある人は、可愛い娘を通り魔に殺されれ、とにかく「理不尽の極み」を感じます。

また、それらに何の補償制度もないことに憤りを覚えた周三は、全国の遺族を回って、遺族会を結成し、犯罪被害者の補償制度の確立に奔走します。

あまりにも昔の映画なので、ほとんど内容は忘れかけてはいたのですが、当時も「この国は人殺しに人権は認められても、何の罪もないのに殺されてしまった人たちの立場はまったく考えられていない」と思ったのは、強烈に覚えています。

しかし、本当に「世間は冷たい」んですね。
なぜ犯罪被害者だけに国が援助しなければいけないのかという意見も多く、なかなかことは進んでいきません。

しかし、原作に忠実なこの映画が犯罪被害者給付金制度の成立に貢献したとも言われています。

当時は子供だった私も、本当にショックを受けた映画でした。
確かに犯罪被害者の方たちより、殺した犯人ばかり「人権・人権」と言われていたのは事実ですよね。

今も、そんな傾向はあると思います。
犯罪者にも人権はあると思いますが、罪もなく「誰でも良かった」などの理由で人殺しをする人が殺された人より優先されるなんて、あってはならないと思います。

ツタヤでDVDがあるのを知って、何十年かぶりに観て、新たな感動を覚えました。
重たい映画ではありますが、ぜひ観て欲しい映画です。
若山さんの演技は、やっぱり素晴らしいですね。



衝動殺人 息子よ(1979)

監督:木下恵介
脚本:砂田量爾 、木下恵介
出演:
若山富三郎(川瀬周三)
高峰秀子(川瀬雪枝)
田中健(川瀬武志)
大竹しのぶ(田切杏子)
近藤正臣(松崎徹郎)
尾藤イサオ(坂井三郎)
藤田まこと(中沢工務店主)
加藤剛(中谷勝)
花澤徳衛(益田常吉)
山本清(山村刑事)
高岡健二(吉川)ほか

ケイト・レディが完璧な理由

サラ・ジェシカ・パーカーって、何をやっても同じって感じですが、それはそれとして、好きな女優さんです。

Sex And The City以来、ブレイクした彼女ですが、感動するとかそういう深い映画より、肩肘張らずに観られる映画出演が多いですね。

まぁ、なんじゃこりゃ?!ってのもあったりしますが(笑)

この映画は、投資会社に勤めるキャリア・ウーマンであるケイトが、愛する夫と子供のことを考えながらも、仕事で頑張りまくって成功していく様を描いています。

お決まりの「でも、一番大切なのは・・・」という、最初から結末が全部わかる映画シリーズって感じでした。

とはいえ、出演者がハマっているので、違和感なく観られますよ。

アメリカってこう、「私、精いっぱい頑張ってます」って映画、好きだし作るのもうまいですね。
脚本もテンポがいいし、特に可もなく不可もなくという映画です。

「あらすじ」

ボストンの投資銀行で働くキャリアウーマンのケイト・レディ(サラ・ジェシカ・パーカー)は、妻の座も母の座も手に入れた。が、仕事と家庭の両立は甘くはない。責任ある仕事を任されたケイトは、家族と過ごす時間の減少に悩まされる。そんなある日、ケイトの前にすてきな上司(ピアース・ブロスナン)が現われ……。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)(2011)

原題:I DON'T KNOW HOW SHE DOES IT
監督:ダグラス・マクグラス
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
出演:
サラ・ジェシカ・パーカー(ケイト・レディ)
ピアース・ブロスナン(ジャック・アベルハンマー)
グレッグ・キニア(リチャード・レディ)
クリスティナ・ヘンドリックス(アリソン・ヘンダーソン)
ケルシー・グラマー(クラーク・クーパー)ほか

TED

いじめられっ子でいつも仲間外れにされている孤独なジョンは、あるクリスマスに貰ったくまのぬいぐるみに「テッド」という名前をつけて可愛がります。

お腹を押すと「I love you」と可愛い声で言ってくれるテッド。

「君が本当に喋れたらなぁ~」

寂しいジョンは、そんなことを祈って眠りにつきました。

翌朝、願いが通じたのか、なんとテッドが本当に喋りだしてびっくり!
この奇跡は全米の知るところとなり、テッドは一躍有名になりました。

でも、どんなに有名になっても、テッドはジョンの一番の親友でいてくれたのです。
雷を怖がるジョンと一緒に歌を歌って怖さをまぎらわせてくれる優しいテッド。

ふたりはいつまでも一緒だと誓い合ったのでした。

・・・・とまぁ、これだけだったらほんわか暖かい話なのですが、そこは単なる導入部。

35歳の大人になったジョンは、ローリーという最愛の人も見つけましたが、相変わらずテッドと一緒の生活。

面白いのは、くまのぬいぐるみも一緒に歳を取っていることです。

見た目は愛くるしいままですが、中身は単なるおっさんになったテッド。
ジョンとふたりで下品なジョークを飛ばし、マリファナを吸って、女性を引っかけています。

問題ばかり起こすテッドに、ローリーはおかんむり。
こんなのがいたら、ジョンとの将来もどうなるかわからないと頭を抱えていました。

ある日、あるきっかけで、とうとう爆発してしまったローリーは、自分のことを考えているなら、テッドを追い出してとジョンに頼みます。

ローリーを失いたくないジョンは、泣く泣くテッドと別れますが、子供の頃から一心同体のように育ったふたりが、そうそうあっさりと別れるなんてできません。

あれやこれやと事件が起こって、どたばたと進行していきます。

正直、いわゆるアメリカンジョークなので、訳なども日本人向けに意訳してあったりして、日本人には今一つな感じですが(外国のコメディーって大体そうよね)、まぁ、暇つぶし映画としては面白かったです。

特殊撮影も昔みたいに不自然なところはまったくないし、ストーリーも単純明快。
何も考えずに観られます。

ただ、あまりに下品なので、子供には絶対に見せられないですよ。
あんな可愛いぬいぐるみが、あんなことやこんなこと(ここでは書けません!)を口にするんですものね。

口にするだけじゃなくて、行動も・・・(OMG!)

まぁ、興味ある人は見てくださいというレベルの映画でした。


TED(2013)

監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン 、アレック・サルキン 、ウェルズリー・ワイルド
出演:
マーク・ウォールバーグ(ジョン・ベネット)
ミラ・クニス(ロリー・コリンズ)
セス・マクファーレン(テッド)
ジョエル・マクヘイル(レックス)
ジョヴァンニ・リビシ(ドニー)ほか

死霊館 - The Conjuring -

久しぶりのホラー映画鑑賞。

ソウで有名になったジェームズ・ワンが監督を務めた作品ですが、実話を基にした映画ということで、作りとしては非常にオーソドックスな展開です。

この映画でキーになるのは、アメリカで有名な心霊研究家のウォーレン夫妻が実際に関わった事件であり、80代で存命のロレイン・ウォーレンは、この映画を「誇張もなく、実際の体験とほとんど同じ」とインタビューに答えています。

ジェームズ・ワン監督の旨いところは、人の“怖い”という心理をよくよくわかっていることですね。

決して「ジャジャーン!ほーら、怖いだろう?怖いでしょ?」という、安っぽいホラーにありがちな展開ではなく、見せないことで「あれはどうなっているんだろう?」という「見えないからこその恐怖感」を高めることに長けています。

エクソシストもそうですが、外国でホラーの王道といえば、「悪魔」との対決ですね。
宗教感が違うので、なんとも理解しがたいところですが、そこまで深く考えなければジメッとした日本のホラーと違い、単純に楽しめるのではと思います。

「家」という自分がいつもいる空間で、こんなことが起こったら、そりゃー怖いよねという感覚。

ところで、いつも思うのは、悪魔との対決に「根本的な解決策はない」ということ。
追い出すことはできても、悪魔をやっつけてしまうことはできないというのが、面白いところです。

日本だったら、霊を成仏させるとか、そんな感じでその霊が再び悪さをするというのはないのですが、悪魔は決してなくならないというのは、キリスト教の限界なんでしょうかね?

【あらすじ】

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。
しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と起こる。
そして、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に調査を依頼する。
ウォーレン夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。


死霊館(2013)

監督:ジェームズ・ワン
脚本:チャド・ヘイズ 、ケイリー・W・ヘイズ
出演:
ヴェラ・ファーミガ(ロレイン・ウォーレン)
パトリック・ウィルソン(エド・ウォーレン)
ロン・リヴィングストン(ロジャー・ペロン)
リリ・テイラー(キャロリン・ペロン) ほか

晩春 小津安二郎Movie

前にも書いたかも知れませんが、小津安二郎監督の映画って、本当に面白いですね。

今回観たのは、1949年公開の「晩春」です。
ということは、64年前ですよ(さすがに生まれてないわ)。

この映画は、妻に先立たれた父と暮らす娘がお嫁に行くまでを描いた映画です。
大学教授の父・曽宮周吉(笠智衆)と婚期を逃しそうで心配されている娘・紀子(原節子)は、普通に仲の良い親子です。

日本の敗戦が1945年ですから、たった4年後に作られた映画ですが、さまざまな価値観の変化のあった敗戦後の日本においても、女性は結婚して当たり前という価値観はさすがに変わったわけではなく、仕事をして活躍する女性にも「じゃぁ、お小遣いには困っていないね」と語りかけるシーンなど、働くのは結婚するまでというのが常識のようです。

今だと決してないのでしょうが、父の友人で「おじさま」と慕う人が再婚することに対して「汚らわしい」と言って、娘さんが可哀想と感情をぶつけるシーン。

随分とストレートで、ちょっとヒヤヒヤする場面でした。

そのあと、そのおじさまは自宅に寄って紀子の父親と一杯やるわけですが、「紀ちゃんに汚らしいなんて言われちゃったよ」と言って大笑いします。

日本の家庭の日常が描かれているだけといえばそれだけなのですが、当時の価値観やら生活風景が非常に興味深く観られる映画で、父親の妹で紀子をなんとか結婚させようと頑張る叔母さん役の杉村春子さんがお見合いさせた紀子が返事をなかなかしないことについて、「相手の熊太郎という名前を気にしているんじゃないか」というので、兄と会話するシーンには大笑いしました。

結婚はしたいけど父親を残していく心配や、本当は好きだった人が別の人と結婚してしまうとか、今の時代でもあるような内容で、これは普遍的テーマなのかと思いながら観ていました。

特筆すべきは、紀子の親友のアヤ役の月丘夢路さんの美しいこと!!
日本の女優さんて、品があって本当に綺麗でしたねぇ。

あの時代にこんな綺麗な人がいたのかって思わず見とれちゃいました。

Banshun

晩春(1949)

監督:小津安二郎
脚本:野田高梧・小津安二郎
笠智衆(曽宮周吉)
原節子(曽宮紀子)
月丘夢路(北川アヤ)
杉村春子(田口まさ)
青木放屁(田口勝義)
宇佐美淳(服部昌一)
三宅邦子(三輪秋子)
三島雅夫(小野寺譲)
坪内美子(小野寺きく)

より以前の記事一覧