シンガニュース

レストラン・ウィーク 3月15日~23日

いつもは、ちょいとお高いレストランやランチを取り扱わないレストランなども、このレストランウィークでは、特別なメニューを用意してお客様を迎えます。

3月15日から23日に訪星予定の方は必見!

3コース・ランチ 25Sドル++
3コース・ディナー 35Sドル++

なお、星のついているレストランではプラスいくらというので、素敵なランチやディナーが提供されるようです。

予約の受付は2月24日(月)から始まりますので、レストラン情報などはこちらのページにアクセスして予約してください。

他の方法での予約は、このキャンペーンの対象にならないので、ご注意を!

Facebookページもチェックしてね♪

Ws000000

薬局だけど、薬局じゃない?! それはカフェでした!

シンガポールナビを見ていたら、ティオンバルエリアにできたお店の情報が載っていて、これがまたなかなか素敵なのでご紹介します。

その名もThe Dispensary(ザ・ディスペンサリー)。
最初、この名前(調剤薬局みたいな意味)と写真を見た時、漢方薬局でもできたのかと思っていたら、以前薬局だったところを改装して造られたカフェ・ベーカリーだったんです。

古いお店を改装したといっても、2か月かけて大胆にリノベしただけあって、古い感じを残しながら、とても素敵なカフェとなっていました。

ベーグルやカップケーキなどもとっても美味しそうです。

次にシンガに行った時は、ぜひ行ってみたいお店です。

The Dispensary

69 Tiong Bahru Road
Singapore 168723
Tel: 6536 0225
Fax: 6536 0355
Email: bake@thedispensary.com.sg

営業時間
(火-木)10:00-22:00,
(金-土)10:00-22:30,
(日)9:00-19:00

シンガポールナビ
http://singapore.navi.com/food/350/

店舗のウェブサイト
http://www.thedispensary.com.sg/#!/

Ws000002
素敵なショップサイト

旧正月のライトアップ@チャイナタウン

1月11日からすでにスタートしていますが、シンガポールのチャイナタウンでは、旧正月用のライトアップが始まっています。

毎回、チャイナ~な飾りがドドドドーーーンと施されるチャイナタウンで、私も好きなんですけど、今年は午年ということで、どんな飾りになるのでしょうか。

今、Leeさんが訪星中(いつもながら、突然!)なので、何かレポがあるかな?

ライトアップは、午後7時から始まりますが、金曜日と土曜日は午前2時までで、それ以外は午前0時までになります。

一人旅の場合には、あまり遅くならないよう気を付けてください。

このライトアップは、2月26日(水)まで続きます。

チャイナタウンだけではなく、旧正月は色々なところで綺麗なライトアップが観られる時もあるので、同時期に訪星される方は、夜の街歩きも行程に含めてみてはいかがでしょうか?

参考

リバーサファリ ボートライドオープン♪

リバーサファリのメインアトラクション、アマゾン・リバー・クエスト(HP)がやっとオープンしました。
Mickieさんのブログで見て、おお!やっとかぁ~と喜んだ次第です。

【最新情報】

メンテナンスのため閉鎖:2014年1月6日(月)から8日(水)

通常の利用注意点(抜粋):

乗船予約:午前8時半からカウンターで受付開始。
オープン時間:午前9時から午後6時(1回目の出発は10時)
身長制限:1.06m以下のお子様は乗船不可です。
天候により運行ができない時もあるようです。

その他については、ページ(英語)でご確認ください。

入場券は、現在ネットだと15%オフとお得です!

本日(1/4)、すでにリバークエストは満席だそうで、結構人気みたいですね。
事前予約とかはできないみたいなので、早めに行って確保する必要があるようです。

シンガポールで40年ぶりの暴動

2013.12.9 産経ニュース

【シンガポール=吉村英輝】観光地としても有名なシンガポールのインド人街「リトル・インディア」で8日午後10時(日本時間同11時)ごろ、交通事故をきっかけに暴動が発生し、かけつけた救急車やパトカーが約400人に取り囲まれてひっくり返され、放火された。治安規制の厳しいシンガポールで、暴動は40年あまり起きていなかった。(以下は、こちらへ)

南アジア出身とみられる外国人労働者が交通事故に遭ったことがきっかけだそうです。
事故がきっかけで、日ごろの不満を吐き出したとか、そんな感じでしょうか?

75%が中国系のシンガポールですが、マレー語、中国語、タミル語、英語の4か国語を公用語にするなど、民族を平等にというのはかなり気を使ってきた歴史があります。

ただ、バブリーシンガポー♪は、出稼ぎの人も多く、数年前に観たTVのドキュメンタリーでは、外国人労働者への待遇の悪さなどが問題になっているというのをやっていました。
肉体労働系の方たちが業者にだまされて賃金未払いとか、そんな内容だったと思います。

シンガに行った時、そんなことに関しての掲示を見た記憶があります。
随分前のことなので、詳しい内容は忘れてしまいましたが・・・。

最近のニューズウィークにも、発展に寄与してきた外国人労働者(こちらは主に専門職)を排除しようという法改正のことが話題になっていました。

シンガポールが外国人労働者を排斥へ
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/09/post-3047.php

次に行った時は、またキッチャナーロードに泊まろうと思っていたのに・・・不安。
まぁ、シンガ政府のことなので、一層警戒を強化するとか、そういう風になるのかも知れませんが(罰則がさらに厳しくなるとかね)

と思ったら、別記事に「有罪なら最高でむち打ちと禁錮7年の刑が科される可能性がある」って・・・。

この文面だとむち打ちしてから禁固7年ですよねぇ。。。。
こわっ。

平和でいてよ、シンガ!