ジュエリーの話

ジュエリーこぼれ話

シルバーのペンダントトップのご紹介のところでも触れているのですが、私はずっとアクセサリーやジュエリーの制作はひっくるめて「彫金」と呼ぶのかと思っていたんです。

用語自体を教わることもなかったので、あまり違いについて考えたこともありませんでした。

先日、Masuokaさんと打ち合わせの際に色々お話しをして、Masuokaさんはガラスジュエリーの他に彫金でジュエリーを作られる方なので、AYUMIさんが扱っているジュエリーも含め、技術的な話をしたのですが、「それは彫金じゃないわよ」と言われて????となってしまいました。

昨日、お店の宣伝も兼ねて、知識習得を目的に短期間通ったジュエリー教室に遊びに行き、先生に色々質問してきたのですが、その時に先に書いたような彫金とジュエリーメイキングの違いを教えていただきました。

おかしかったのは、「彫金」というのは、金の文字は使われていますが、素材を直接変形させたりして作業するため、柔らかく扱いやすい「純銀」が使われるのだそうで、ワックスを使って成型し、鋳造と磨きで仕上げるものとは根本的に違うという話から、

「まぁ、彫金でもプラチナやゴールドを使う人もいないではないけど、直接切ったり叩いたり削ったりするから、必ず粉が出て落ちるでしょ?そうなると“お金”が粉になって落ちていくのと同じなんですよ!」

と言われ、みんなで大笑いしました。

続きを読む "ジュエリーこぼれ話" »