シンガポール

18歳の男子、シンガからアメリカに亡命

シンガポールって、やっぱり東南アジアだなと感じさせるニュースです。

18歳のシンガポーリアン、エイモス・イーモウさんは自分で作った動画で故リー・クアンユー氏のことを「独裁者」などと言ったとして、当局に53日間収監されました。

その他にも「宗教を侮辱した」として、6週間の収監を言い渡されていたそうです。

その2回の収監経験が元となり、米国の移民判事は「政治的意見を理由とする迫害」として亡命を認める見解を出したとのこと。

しかし、米国土安全保障省は彼の亡命受け入れを反対する立場を取っており、これから異議申し立てをするかもしれないようです。

実際にどういう主張をしたのかは知りませんが、あれだけの観光大国といっても、やっぱり成功した共産主義国家と揶揄されるだけのことはありますね。

エイモス・イーモウさんは、果たしてどうなることでしょうか。

見守りたいと思います。

元のニュースはこちら

シンガポール往復キャンペーン

シンガポール航空がキャンペーンをしているらしい。

詳しく調べていないので、羽田便かどうかも分からないのですが、すべてコミコミで42000円のチケットがあるみたい。

もちろん、シンガポール往復の話です。
発券は、12/22が期限らしいので、迷っている私です。

ユニバーサルスタジオ シンガポール チケットの買い方から入場まで

色々と変わってしまっていたので、新たに作り直しました。

また、活用してくださいね!

シンガ、テロ攻撃計画をされてた!

10月に一緒に行く後輩から、「嫌なニュースですが」とリンクが送られてきました。

アクセスしたら、なんとインドネシアの島からロケット弾でシンガポールを襲おうとしていた人々が逮捕されたとのこと。

ひぇ~!!

シンガもテロ?!

しかも、マリーナ地区やマーライオンを標的にしていたとか。

きっと空港の検査とか、また一時期みたいになるのかも・・・・。

世界中、どこも安全ではないのですね・・・。

私が中学生の頃、祖母が「21世紀が過ぎたら、ありとあらゆる悪いことが起きる」って言ってましたけど、今更本当だぁ~って嫌になってます。

歴史上、世界がガラリと変わる前は、必ず大きな天変地異が起きたり、思いもしなかった悪いことが起きるんだそうです。

それいったいいつまで続くの?!

とりあえず、中止にはしていませんが、どうなることやら・・・。

アイスカチャンよ、どこへ行く

Img_1672

2010年12月に訪星の際、念願だったAnnie's Peanuts Ice Kachangで初めて食べた写真です。

この時、お店はタンジョン・パガー駅近くのタンジョンパガーコンプレックスの片隅にあったのですが、その後、タンジョンパガーコンプレックスが改装されるというので、Ghim Moh Market & Food Centreに移転したという情報をみなさまのブログで知りました。

ヘタレな私は、バスとかが苦手だし、ちょっとハードル高いなと思って行く機会がなかったのですが、2013年以来3年ぶりとなる10月の訪星の際に今回は食べたい!と思いました。

とはいえ、Ghim Mohから更に移転したのをすぅさんのブログで知っていたので、再度チェック

Taman Jurong Market and Food Centreで営業中とのこと。

レイクサイド駅からバスと書かれていますが、なんならタクシーでもいいや!と思ってあまりチェックせず(笑)

その後、見ていたブログのひとつで、ゴールデンマイルフードセンターにフランチャイズがあることが判明。

( ̄▽ ̄) オット!

そこなら余裕で行けちゃうじゃないの!

・・・って喜んだのもつかの間、他の情報によるとクローズしてしまったとか。

いったい、どうなってるんだ!
同じ味ならフランチャイズでいいやーって思ってたのに!!

まぁ、とにかく、私が行くまでTamanから動かないでちょうだいな、Annieさん!