東北応援

安倍総理のメッセージ


すべて賛成ではないけど、外国で日本の恥をさらし続けている元首相に比べたら、10000倍マシ・・・というか、比べたら失礼ね。

それはそうと、東北はまだまだ苦しいようです。
私も何かできないか考え中。

東日本大震災 日本赤十字社 募金期間延長されました。

日本赤十字社による東日本大震災の募金の募集期間が

平成25年(2013年)3月31日まで延長されています。

あまり報道では見なくなりましたが、東北の復興にはまだまだ時間が掛かりそうです。
志あるボランティアの方もいまだに大勢が支援の手を差し伸べているとか。
(サンドウィッチマンさんインタビュー

しかし、なかなか現地で支援というわけにはいかない方もたくさんいらっしゃると思います。

私もそうですが、そんな方も募金ならできる!というわけで、「何かしたいけど」という気持ちを募金で表してみてはいかがでしょうか。

街頭募金ではないので、さすがに10円20円ではどうかと思いますが、額の大小は関係ないと思います。

極端な話ですが、100円だって100人で1万円、1,000人で10万円・・・これが1人1,000円なら、100人で10万円と1人なら難しくても多くの方が募金すれば大きな力になります。

日本赤十字社では、これらの募金から手数料などは一切取らず、全額を被災地に送っているそうです。

詳しくは、こちら(義援金は ”全額” 被災された方々へ)

【募金方法】
日本赤十字社HPより
(寄付控除のことなども載っていますので詳しくは必ずウェブを確認してください)

1.通常払込み(ゆうちょ銀行・郵便局) 

 口座記号番号   00140-8-507
 口座加入者名   日本赤十字社 東日本大震災義援金

※ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口において、通常払込みをされた場合、料金(手数料)は免除されます。
※窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、寄附金控除申請の際にご利用いただけますので、大切に保管してください。
※日本赤十字社からの受領証が必要な場合は、通信欄に「受領証希望」もしくは事前登録後の受付番号をご記入ください。
※ご依頼人欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。

2.銀行振込
 三井住友銀行 銀座支店 普通預金 8047670
 三菱東京UFJ銀行 東京公務部 普通預金 0028706
 みずほ銀行 新橋中央支店 普通預金 2188729
 ゆうちょ銀行(金融機関コード9900):〇一九店(店番 019)当座預金 0000507

 口座名義は全て日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)

【振込手数料について】
 ※同一行内(本支店間)での振込の場合、振込手数料は免除されます。
 ※銀行からゆうちょ銀行への送金については、振込手数料がかかります。
 ※三井住友銀行での振込手数料についてはこちらをご覧ください。
 ※三菱東京UFJ銀行での振込手数料についてはこちらをご覧ください。
 ※みずほ銀行での振込手数料についてはこちらをご覧ください。

【現金で送金する場合の本人確認について】 
 ※10万円を越える義援金を現金で送金する際は、本人確認を求められます。
 運転免許証、健康保険証、国民年金手帳、パスポート、
 当該金融機関で既に確認を受けた口座の通帳やキャッシュカードなどで確認されます。
 ※法人の方は登記簿で確認され、お持込いただいた方の本人確認を求められる場合がございます。

3.クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 ※「寄付目的」の選択項目で、義援金名(東日本大震災義援金)を指定してください。
 ※寄付金額は、2,000円以上から受け付けています。

4.ファミリーマート「Famiポート募金」
 
 コンビニエンスストアのファミリーマート店舗内に設置されている情報端末機器「Famiポート」の募金コーナーからも送金が可能です。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 ※選択項目で、「東日本大震災義援金」をお選びください。
 ※平成23年3月12日・13日に「famiポート」でご協力いただきました事業資金は、
 すべて東日本大震災義援金としてお預かりさせていただきます。

5.エコポイントでの受付
 エコポイントでの義援金受付が再開されました。詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
  ※エコポイントでのご協力に対する受領証は発行いたしておりません。
住宅エコポイントホームページ(平成25年3月31日まで)
復興支援・住宅エコポイントホームページ(平成25年3月31日まで)

なお、赤十字の本社でも9時~17時まで受け付けているそうです。

再起

Img_3427

報道カメラマン、宮嶋茂樹氏が撮った3.11以降の東北の記録です。

報道写真て、戦争とかなんとか事件とかまさにその時を切り取った写真ばかり。
フィクションならどんなのでも大丈夫な私ですが、その手の「本物」はまったくダメで、
なかなか見る機会はないのですが、この「再起」は、日本人としてぜひ見たい、そして読みたい本です。

正直、いまだに3.11のことは冷静になれないところもありますが、この写真集はその瓦礫の先に見える希望も写されているとのレビューを読んで、それならと買ったものです。

収益の一部が寄付されるというのも一因ですが。

破壊的な光景になすすべなくたたずむ人、日々救助活動する自衛隊員。
あの頃の景色、いや、いまだにそうかもしれない景色が眼前に現れます。

詳細な撮影日程や各写真についた宮嶋氏の短いコメントも胸に迫ります。
手が止まってしまって、まだ最後まで見てはいませんが、これから時間をかけてじっくりと見たいと思います。

「再起」
宮嶋茂樹

K.K.ベストセラーズ
価格:1,500円(税別)

Img_3428

【不要かも知れない余談】

キャパの写真は写真展で見たことがありますが、内容的に報道写真にはほとんど縁がない私。
報道カメラマンてどんななんだろう?と、この本の他にも3人のカメラマンの写真とインタビューを載せた本「SHOOT ON SIGHT(辰巳出版)」を買ってみました。

その3人の中の1人が宮嶋さんですが、こちらは紛争地域で撮った写真のようで、とても正視できず、そーっとめくっただけでgive up(笑)
そんなに枚数はないのですが、じっくり見るのは、ちょっと無理かも知れません。
インタビューだけ読んでもしょうがないような気もしますから、今度また頑張ってみようと思いますけど。
でも、それだけで貧血起こしそうになってる私が、もし写真展なんてあってもきっと観られないかもと腰が引けてしまいました。

なぜキャパが観られたのかと思ったら、モノクロ写真だったんです。
だから、まだ現実的な印象が薄かった。

でも、こればっちりカラーで、そのままなんです。
かなりインパクトの強い写真です。

受け入れる気持ちがない人は、被災地に行かないでください。

少し前ですが、被災地の観光案内所で働いている方のインタビューで、震災後に被災地に行き、「ついでだから見たい。連れて行って」とか「せっかく来たんだから、どこだったら見られるの?」という人がたくさん亡くなったことなど意に介さず、観光目的で瓦礫を見にきたり、瓦礫を持ってピースサインで写真を撮る人がいて悲しかったというのを読んで、いったいどこの馬鹿がそんなことをしたのだろうかと呆れていました。

現在は、「この震災を風化させないために」と遠くの学校から先生が被災地にきたりと、きちんとした目的を持って来県する人も増えてきているとのことでしたが、先の人たちは、いったいどこまで自己中なんだろうなぁ~と怒りで涙が出ました。

以前、「遺体なんて映さなくて良い」ということを書きましたけど、こういう「想像することができず、状況を実感できない」知的レベルの低い人向けに、もう少し実態の分かるものが公開されてもいいのかなとまで思ってしまいました。

今日も、色々なネットの記事を見ていて、福島の話題でびっくりしたのと同時に怒りがこみ上げてきた記事がありました。
詳しくは、下記URLで確認していただきたいのですが、福島近郊のサービスエリアでは福島県産と思われる野菜やお菓子などが大量に捨てられているそうです。

来訪のお礼にと地元の人がくれたものを心無く捨ててしまっているのでしょう。

こんなことをする人たちが福島に何をしに行ったのかと思います。

東北、特に福島で直販や通販でどういうものがあるだろうと探していたこともあって、こういうニュースは本当に腹立たしい。
そんなことをするのであれば、正直にいらないと断ればいいのに。

直接断る勇気もなく、人の心をゴミ箱に捨てる

たぶん、断ったら悪いとか可哀想とか思っているのかも知れませんが、心づくしのプレゼントをサービスエリアのゴミ箱に捨てられたと後から聞かされるほうがよりショックではないですか?

これが「世界から賞賛されている日本人」の別の実態です。

どこまであるか分からない「危ない」という可能性ばかりを騒ぎ立てるエセ学者や市民団体の言葉に踊らされ、検査がなされ安全が確認されているものまで「福島」だからと捨ててしまう。また、何の根拠もなく、福島からの避難者を差別して旅館に泊まらせない、幼稚園に入園させないなど、同じ人間とはとても思えない心ない無知な奴らのニュースを見聞きすると、同じ日本人として本当に情けなくなります。

嫌だと思う気持ちまで無理やりなくすことは出来ないし、以前から書いているように「それは自由」です。

でも、受け入れる気持ちもないのであれば、いたずらに被災地などに行かないで欲しい

こんなことをされては、そんなことをしていない人たちまで「あの人も捨てたのかも」と疑われます。

ただ、ひたすら迷惑なだけです。

(Webより引用)
こんな酷い二次被害を少しでも減らすために何度でも書くが、福島県で売られている農水産物で健康に害があるとされる物は一つもない。大規模な調査により、県民の内部被曝も年間許容量(1ミリシーベルト)の2%程度という結果が出ている。科学的根拠もなく、危険を煽るエセ学者や市民団体などは、それでもまだ被災者をイジメ続けるのか。(引用終わり)

福島近郊のSAで福島の銘菓、野菜、米など大量に捨てられる
http://www.news-postseven.com/archives/20120313_94151.html

YESの声を届けよう! ~少しでも何か行動を~

なにが厄介だって、世の中「言ってることと、やってることが違う・・・ことに気づいていない輩」が一番厄介です。

ニュースで、東北地震のがれきの処理が5%しか進んでいないという記事がありました。

日本中で受け入れを表明しているところが少なく、広域処理が難しいことも原因のひとつです。

絆・絆と連呼しながら、ちゃんと検査している瓦礫なのに、それを受け入れるのだけは嫌だと大騒ぎしているおばちゃん連中を見ると、本当にむかっ腹が立ちます。

何か根拠があるのであれば、まだ良いのですが、ヒステリックになっているだけで、何ら理屈の通ったことはいわず、嫌だ嫌だと騒いでいるくせに「被災者と思いをひとつに」って、馬鹿じゃないだろうか?

石原都知事は好きではないけど、こういう時に「黙れ!っていっておけ」とか言われると「そうだよなー」という気持ちになりますよ。

行政の長は、感情的な言葉に左右されず、確固たる態度で事に臨んでいただきたいものです。

そんな中、神奈川県知事に続き、わが川崎市長も「瓦礫受け入れに前向き」の発言という記事が出て、本当に嬉しくなりました。

安全ということがもちろん前提ですが、「反対のための反対には耳を貸さない」という断固たる姿勢は頼もしいです。

前向きという曖昧な表現ではなく、一歩進んで受け入れを前提・・・くらいに早くなってくれるのを期待しています。

反対の声ばかりが取り上げられるのは、ある意味仕方ないことでもあるのです。
YESという人は、あまり積極的に声をあげないですから。

だって、「それは当然」と思っていることをいちいち声に出すのもね・・・というのもあるし、別に良いと思っているのだからと、関心を寄せることもなくなる傾向もありますし。

川崎市のホームページに意見や質問を受け付けるコーナーがあって、メール(フォーム)での投稿が出来るようになっていたので、「意見」と「返事は不要」にポチっとしてから、「瓦礫の受け入れに前向きな市長」に対して、お礼と前向きだけではなく、具体的になってくれることを望みますという意見を出しておきました。

返事不要なので、本当は名前の入力はいらないのですが、匿名で投稿するのは嫌だったので、名前はちゃんと入力しておきました。

これが本当に市長の目に留まる形で集計されるのかは分かりませんが、「声」を届けることがまず第一歩だと思い、出すことにしました。

瓦礫は個人で受け付けられるものではないので、各行政の長がしっかりと安全性を確保しながら受け入れる姿勢を見せることが大切です。

それには「ぜひ、そうして欲しい」という声も届けていくことが大切なのだと思いました。

たった2分か3分です。

もし、同じ思いを持つ人がいたら、お住まいの県や市のホームページで声を届けてください!

これは、誰かに強制されたりして出すものではありませんが、本当の自分の声を届ける手段なので私も「YES」と言いたい!・・・という方は、ぜひ一歩を踏み出してくださいね。

スーパーエキセントリックシアター in 郡山♪

Setあの劇団スーパー・エキセントリック・シアターが、福島応援プロジェクトを開催!

小倉さんや野添さんがお得意の芸?で頑張ります。
なんとホテルを1日ジャックしての楽しいイベントを開催しまーす♪

SET好きな私としては、福島を応援するためにもぜひ!と思ったのですが、
開催が日曜日なので、日・月と休みにしないと参加できません。

今月は仕事を休むことが出来ないので、泣く泣く断念しました。

お時間のある方、素敵なホテルで丸1日楽しいイベントに参加できて
たったの4,000円(大人・中学生以上)です!
小学生以下は1,000円
(ボナペティライブを除く)

とはいえ、宿泊料金は別ですから!(笑)
交通費&宿泊料金&イベント参加代金をご負担ください。

よっしゃ~!行ったるでーーー!・・・という方は、下記からお問い合わせの上、
ぜひご参加を!!

開催日:2012年2月26日(日)
場所:ホテル ハマツ

極上の郡山ステイ ホテルハマツ
http://www.hotel-hamatsu.co.jp/

【スケジュール】

12:00- 
13:00 ロビーコンサート
12:00-
14:30 テーブルマジック
(1階 コーヒーハウス トレール)
13:30-
14:30 お笑いオンステージ
15:00-
16:00 タイツマンズショー
16:30-
17:30 ロビーコンサートⅡ
17:30-
18:30 小倉久寛と世田谷ベンチャーズコンサート
19:00-
21:00 テーブルマジック
(1階 コーヒーハウス トレール)
20:00-
21:00 ボナ・ペティ★ライブ
(9階 バー&ラウンジ Oct.1 1日券対象外となります)

料金

1日券
大人(中学生以上)  4,000円(税・サービス料込)
子供(小学生)  1,000円(税・サービス料込)
未就学児  無料
バラ券  2,000円(税・サ込)

ご予約 お問い合わせ

ホテルハマツ 
024-935-1111(代表)
024-935-1122(宴会予約)

〒963-8578 福島県郡山市虎丸町3番18号 TEL.024-935-1111(代)
info@hotel-hamatsu.co.jp

守られていない、YES側の権利

福島県 2011年産米放射性物質緊急調査結果とりまとめ
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/suiden_kinkyu_120203_torimatome.pdf

まとめによると、福島市、伊達市、二本松市の9旧市町村の38戸の米が現行暫定規制値(500Bq/kg)を超えたそうです。

福島市、川俣町、伊達市、桑折町、国見町、二本松市、本宮市、大玉村、田村市、白河市、西郷村、相馬市の12市町村・56旧市町村の545戸の米が、現行規制値は超えないものの、新たな規制値となるといわれている100Bq/kgを超えたということです。
やはり、これは土壌の汚染度を反映していると思われますし、規制値超は県北部に集中しているのも原発からの影響(流れのようなもの?)も分かりますね。

こういう結果が出るのは大切なことですが、もっと肝心なのは「このデータを見て、どう考えるか」だと思います。

友人・知人にも福島県産の物は一切口にしたくないという人もいますし、実際にスーパーなどで福島県産の農作物を売っているところがありません。
気にせず、食べたくても買えないという状況です。

まぁ、敢えて買う人も少ないでしょうから、スーパーだって商売ですから、最初から売れないと分かっているものを売るというのは、普通は有り得ないですよね。

汚染が酷く、基準超えなんていうのを私だって食べたくないですし、そもそもそんなもの出荷されませんから、それ以外の物まで手に入らなくなるのは、どうなのかなぁ~という感じはしています。

日本て、買い手側よりも売り手側の方が気にしすぎて「リスクは取らない」のがほとんどで、消費者が守られているようで、実は「選択の権利」については守られているとはいえない状況です。

きちんと表示なりをして、買う側が「選択できる」ことが一番望ましいのではないでしょうか。

何しろ最近は、安全が確認されている物にも関わらず「福島だから」というだけで瓦礫の受け入れに反対したり、農作物を拒否したりと明日は我が身というのがまったく分かっていない自己中心的な人の言動ばかりが取りざたされ、冷静な判断で東北の物を受け入れたいと思っている人たちの足かせとなっています。

いつも反対の声は取り上げられますが、なかなか冷静な人たちの声は拾い上げられず、根拠なき不安ばかりが叫ばれているのが残念です。

何度もいいますが、無理してまで受け入れろと言っているのではありません。
きちんとした裏づけがあるものまで、「買いたい」と思っている人たちの選択肢を奪わないで欲しいというだけです。

YESかNOかは、人の自由。
YESの人もNOの人も、同様に権利を行使できるようになるといいですね。

今年もできることを少しずつ。

放射性物質については、不安がまだまだぬぐえない状態です。

だからといって、目に見えない物に漠然とした恐怖感を覚えて、意味もなく怖がって過ごしたり、実際に被災地で困難と向き合って暮らしている方をさらに苦しくさせてしまう風評被害の元になってしまっては、「明日は我が身」ということを考えると、やはりきちんと怖がる・・・つまり、ある程度正確な情報を取捨選択できるような知識を持って自分で考え、行動することが大切だと思っています。

スーパーのお客様ご意見ボードなんかに「東北の野菜なんて売るな」という投書がたまに紹介されています。

放射性物質が高い値で検出されているような物は、行政も農家も一丸となって水際で出荷は阻止し、安全な物だけを出荷しているというのを「分かっているけど嫌だ」というのです。

まぁ、国の対応のお粗末さを見ていたら、疑う気持ちがあるのも分かりますから、この人たちを責めることはできませんが、私が情けないのは科学的になんら根拠のない「不安だ」というだけの意見でも「不安がある方のために」という名目で扱わなくなることです。

被災者の首を絞めるがごとき方針を打ち出した大手「イオングループ」などは、その最たるものでしょう。

(参考「イオンさん、グリーンピースに褒められて嬉しいですか?」)

できもしないことをお客様のためになんてう嘯くのは、最低最悪の企業です。

瓦礫についても、漠然とした不安のために半狂乱になって脅迫まがいの電話などで受け入れを止めさせている人がいます。

そういう人のことは気持ちは分かりますから、こちらもその人自体を「参ったなぁ」とは思いますが、責める気持ちにはなれません。

そんな声があったからと腰砕けで「受け入れをやむなく断念・・・」なんて言って止めてしまう行政にがっかりする気持ちと怒りがこみ上げてきます。

石原都知事(個人的には好きとはいえませんが)などは、「問題ないものを持ってくるだけなんだから、そんなこというやつは放っておけ」と言ったようなことをおっしゃったとかで、行政の長たるもの、ある意味これだけ芯がないと駄目だよなぁ~とこれには納得しました。

なかなか具体的な支援活動もできていないのですが、こうやって細々とでも情報発信でお手伝いしたいと思っています。

今回は、以前ご紹介したFOOCOM.NET内の専門家コラム長村 洋一氏の「多幸之介先生の健康と食の講座」に「ゼロでない不安」への挑戦が掲載されましたので、ご紹介します。

長村氏に毎年福島のお酒を送ってくれていた知り合いの社長さんが、今年は九州のお酒を送ってきたので「もしや」と連絡をしたら、「まったく検出されてないから、どうか買ってくれと頼まれたが、今年は九州で探して送った」との返事。。。

これについて、

●「今年は先生のために九州のお酒にした」との連絡に、ショック
●社長にとんでもない決心をさせていた「イオンの広告」
●イオンの広告はまさに被災者いじめ
●放射能問題より以前から根源にある消費者の「ゼロでない不安」
●「ゼロでないことの不安」の根幹に流れているもの
●放射能は怖い、だけど放射能ゼロの世界は無い
●今は持たねばならない「ゼロでなくても大丈夫」の感覚

などなど、ひとつひとつ分かりやすい言葉で書かれていますので、ぜひご一読ください。

「ゼロでない不安」への挑戦
http://www.foocom.net/column/takou/5440/

ぜひ、皆さんのブログなどでも、ご紹介いただけたら幸いです。