美容

温め生活継続中 その後

数年前の胆嚢炎発症から、バセドウ病治療を経て、健康のありがたみをひしひしと感じている今日この頃です。

健康でいるためには免疫力を高く保つのが大切ですが、やっかいなのはこの免疫力、低体温に弱いんです。

1℃体温が下がると、免疫力は30%低下すると言われているそうです。

体温が36.5℃以上あれば、しっかりと免疫機能(免疫細胞)が働いてくれますが、癌細胞は35℃くらいで一番活発になるそうです。

逆を言えば、癌細胞は熱に弱いんです。

癌細胞なんて、癌になる前の細胞は毎日みんな3000~5000個もできるんですけど、免疫が機能していれば消えてしまいます。

消えるというより、やっつけてくれるってことですね。

でも、過去50年間に日本人の平均体温は1℃以上下がっているそうです。

最近読んだ「食べない健康法」の著書の先生は、「こんなに医療が発達してきたのに、予防医学の範囲の病気は減るどころか増える一方」と言い、その原因は「低体温にある」と言われています。

確かに私はここ数年は今までなかったエアコンをついに付け、体を冷やす生活をしていました。

数10年間エアコンなしの生活だったのが、会社でも冷やし、家でも体を冷やし、暑い夏は冷たい物ばかり飲んで・・・。

これじゃあ、体を壊しても仕方ないですよね。

さすがに暑い時は、たま~に冷たい物やアイスなどを食べたりしますけど、基本的には熱い生姜紅茶を飲みながら過ごしています。

それから、温めと直接関係ないものもありますが、サプリメントをプラスした生活をしています。

ちゃんと食べ物から栄養を摂ることが大事ですけど、どうしても摂れない物ってありますし、年齢と共に低下したりしてしまったものなどは、サプリが効果的です。

・オメガ3(血液サラサラ成分)個人輸入
・トランサミン(シミ対策)個人輸入→これはこれから飲むので注文中
・ビタミンC&B2(DHC)
・ヒアルロン酸(DHC)
・酵素の極(発酵プラセンタ配合)(株)ハートポート
これは叔母が送ってくれるので無料♪

この中で酵素の極は、飲み始めてまだ間もないのですが、1袋半くらい飲んでいますが、これを飲んでから体温が上がって来たのがわかります。

個人差があると思うので、なんとも言えませんが、普通に買うと4500円と高価なので、叔母さんありがとう!って感じです。

そして、今後は月1回のリンパマッサージに通う予定です。

キスでアレルギー改善?!

アレルギー体質になってしまってから、皮膚にも症状が出ているのですが、DHCのスーパーコラーゲンを使い始めてからは落ち着いていました。

症状としては、左目のまぶたが腫れてしまうのと、首の前面が赤くなって痒みが出る程度ですが、なにせ目立つところなので、最初の頃は「どうしたの??」ってみんなに聞かれて辛かったです。

皮膚科に行こうかと思ったのですが、ちょうど注文していたスーパーコラーゲンが届いて使ってみたら綺麗に治まってしまったので、皮膚科には行っていません。

変にステロイドとか使わされるのも嫌だし。

今、デメランクリームとハイドロキノンクリームで頬にシミ対策を施しているのですが、デメランクリーム(シミ・そばかすの改善薬)を間違ってまぶたにも塗ってしまい、左目のアトピー復活でお岩さんのように腫れてしまいました。

また、グリコール酸が入っているので、角質をはがし、皮膚表面の再生を促してくれる効果もあるので首の皺対策にもと思って使ってみたら、首も赤く腫れてしまいました・・・(;´д`)トホホ

それからは止めたので、回復するのを待つばかりです。

ところで、イグノーベル賞ってご存知ですか?

ノーベル賞のパロディ版で、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して贈られる賞で、1991年に創設されたそうです。

よくもこんなこと考えるねぇ・・・という研究を超真面目にやっている研究者が世界にはたくさんいるみたいで、そういう研究は本家ノーベル賞の対象にはなりませんが、こんなところで日の目を見ているようです。

当初は、真面目な研究者が笑いものになるという批判もあったようですが、当の研究者の多くから反論が出て、今では一定の評価を得ている賞です。

そのイグノーベル賞は、以前、日本人研究者が常連となっていることでも話題となっていました。

話題になった当時で9年連続だったかな・・・。
さすがオタクの国(笑)

日本人受賞者一覧

そして、2015年のイグノーベル医学賞は、日本人開業医の木俣肇先生が受賞されているのですが、木俣医師(京大医学部卒)は、アトピー性アレルギーについての脱ステロイド研究で実績のある医師で、この研究も大真面目に行っているわけですが、その内容は「キスでアレルギー患者のアレルギー反応が減弱することを示した研究」です。

• アトピー性皮膚炎患者30人
• アレルギー性鼻炎患者30人
• アトピー患者ではない30人

がそれぞれのパートナーとともに個室にて「30分間、情熱的なキス」を交わす、という内容で、個室内には恋愛映画のテーマソングが流されるなど、非常にムーディーな雰囲気で行われたそうです。

被験者には前後に採血や皮膚テストをしてもらい、アレルギー反応の値を比べたところ、実験の前より後の方が被験者のアレルギー反応が大幅に抑えられていたことがわかったそう。

おとなのアトピーは、原因が定かではないものの、ストレスも要因のひとつと考えられているので、脱ステロイド研究の一環として、大真面目に行われた研究のようです。

「・・・・・・・・・・・・」

さすがに誰でもいいって訳じゃないから、この方法は私には試せません(笑)

残念だわぁ~ww

ロブヘア

友人Oggiは、2か月に1回美容院に行くという。

女性としての身だしなみだそうで。

実をいうと、私はいったいいつ美容院に行ったかも覚えていないくらい昔(たぶん数年前?)に行ったのが最後で、それ以来1度も行っていない。

前髪は自分でチョキチョキ切っちゃうし、後ろは伸ばしているだけだから、傷んだなと思ったらこっちも自分でチョキチョキ。

さすがに最近もう伸びすぎなので「仕方ない、行くか」って気になってきました。

あ、イレブンカットには2回行きました(思い出した)。

後ろだけちょっと切ってもらいたいので、いいかここでってなったのですが、あまりにも下手くそだったので、二度と行かないつもり。

まぁ、人によるでしょうけどね。

とにかくもー美容院が大嫌いなんですよ。

なにしろ、あの狭い椅子に長時間座っているのが何より苦痛。
そして、あーだのこーだの言っても、希望の髪形になった試しがない(笑)

Oggiは「ロブヘアが流行りっていうからやってもらった」と自撮りの写メ送ってきてました。

セレブもやっているとかなんとか、グーグル先生に聞いたら、ロングボブが名前の由来だとか。

確かにすっきりしていい感じでした。

あー、予約を取るのも面倒くさい。

女の身だしなみかもしれないけど、行きたくない!!!

あー、マジ嫌。

・・・・って、ここでうだうだ書いていても髪の毛は短くならないからなぁ~(笑)


痛くないリンパマッサージ

マッサージって、基本痛いのは良くないと思っているのですよ。

肌をきつく押し過ぎると細胞が傷つきそうだし、揉み返しが酷くなると思っているのです。

最近、病気のこともあって動かない生活が長かったので、なんだか「滞っている感」満載で、ちゃんと流してもらいたいなぁ~と思っていたんです。

でも、リンパマッサージって痛いところがほとんどだし、オイルマッサージだと1回3万円とか「なめてんのか?」って思うくらい高額だったりして、とても通えないと思うところが多く、有名なエステは勧誘が酷いし、どこかいいところがないかなぁ~と思っていました。

今回、素直に「痛くないリンパマッサージ」とグーグル先生に聞いてみたら、あるエステが出てきて、お値段もそこまで高額じゃないし、基本的に1か月に1回で良いというところ。

でも、「本気で体質改善したいと思わない方は来ないでください」という、客選びます宣言があったりして、どうかなって思っているのですが、評判はめちゃめちゃいいので、予約してみることにしました。

初回特典がキャンペーンで5000円くらいだったので、それは助かります。
もちろん、通常料金はこれの倍以上しますよ。

高額のコースもあるみたいですが、そこまででないやつもちゃんとあるので、良かったら毎月通おうと思います。

あまり大きなお店じゃないので、とりあえず情報は載せるのを控えます。

5月の半ば過ぎに予約したので、行ってきた感想というか、レポはしたいと思っています。

艶髪は大切

若い頃、いわゆる「おばさん」と思う女性について、その条件のひとつに「髪の毛がパサパサでぼさぼさ」という印象がありました。

最近の私の髪がまさにそのおばさんヘア状態で、自分の髪を見るたびに暗くなっていました。

何が良いのかもわからないし、トリートメントをしてもあまり変わらず、やはり年齢でダメなのかしらと。

美容院でヘッドスパとかをやってもらうとその時はそりゃーツヤが出て良い感じですが、さすがにプロにやってもらったものをそっくり自宅ではできないですからね。

先日行ってきたロレアルのファミリーセールで、ミシックオイルのマスクがあったので、半額くらいで安いし買ってみようと悪あがきっぽく買ってみました。

その前に買ったセリオキシルもサロン仕様のサラサラトリートメントですごく良かったのですが、やはりもっとしっとりした感じになって欲しかったので、換えたいなと思っていたんです。

実際に使ってみて、かなり満足しています。

相性って、あるんですね。
しっとりとまとまるのですが、決してベタベタ感はなくて、すっと指が通ります。

マスクって本来は週に1~2回とかなんでしょうけど、超痛み髪なので毎日使ってます。

5分くらい置いてからすすぐので、髪を洗った後でゆっくりとお湯につかってそれからしっかり目に流します。

サラッとしているのにまとまりが良くなって、なかなか良いです。

ただ、最近雨が多いので、くせっ毛はそのままになっていてくれませんが・・・。

やはり、ヘアアイロンを買うしかないのでしょうか。

今まで持っていなかったのにも自分で驚く今日この頃ですが、まぁ、昔は清潔にしていればそれでいいさー的な生活だったので、あまりグッズ購入に興味はなかったのですが、やはりそれなりに必要経費がかさんでいきますね。

歳を取ると、女はお金かかるーーー。

でも、この前ボーっとして化粧もせず会社に行ってしまい(途中で気づいて呆然)、マスクしたまま仕事をしていました。

電車の中から友人Oggiに「化粧しないで出てきちゃった」とLINEしたら、「あじゃみん、いつもすっぴんみたいなもんだから、誰も気づかないんじゃない」だって(笑)

まぁ、化粧といってもファンデーション塗ってるだけですからね。

でも、肝斑ばっちりのシミのある顔なので、さすがに何もつけないでは歩けません。

休みの日に近所を歩く時は、UVだけ塗って出ちゃいますけど(笑)
こんなところで誰にも会わないし、週末に会うのは元カレだけだし・・・・。

話がそれましたが、髪の毛って印象に残るから、髪の清潔感って大事ですよね。

しっとりさらっとまとめたい場合は、ミシックオイルマスクはお勧めです。
ネットで安く買えるみたいですよ。

お約束のひとことですが、効果には個人差があります( ´艸`)

61uy9laz0jl_sl1000_

美肌と健康を目指せ

歳を取ると色々ありますが、アレルギー体質になってしまった私には加齢と共に色々と大変です。

若い頃から「肌が綺麗」と言われていた私ですが、ここにきて唯一褒められていた肌が最悪な状態に。

アレルギーに加えて、バセドウ病になったことで皮膚のひどい乾燥と痒みに悩まされ、二重に苦でした。

バセドウ病の薬で病状が改善されても、一度そうなってしまった肌は治らない。

「酷いやんか!」

頭にきても治らないものは、治らない(ちっ)・・・ので、ボディクロームとかローションを色々使ってみたのですが、全然ダメ。

痒みは酷いし、なんか触ると赤くはないのですが、かさぶた?みたいな皮膚の感触になっていて、最悪でした。

そんな時、たまたまブルーベリーエキスのサプリを買おうとDHCのサイトを見た時、ヒアルロン酸のサプリもあることを知り、使用者の口コミでもカサカサ肌が治ったという口コミが多かったので、この状況をなんとかしたいと買ってみることにしました。

1袋30日分で税込み1420円ですが、その時は3袋セットがキャンペーンで少し安くなっていたので、3ヵ月分ですが、効かなくても体に害になるわけじゃないから飲めばいいかとお得なセットを買いました。

これが大正解!
1袋終わる頃には、あんなにガサガサだった肌がつるんとなめらかになり、痒みも消えました。

それから飲み続けています。

もちろん、ボディークリームは全身に使っていますが、それだけでは今のような状態にはならなかったと思います。

あまりの痒さに掻きむしっていたので、シミが出来てしまって涙目状態だったから、もっと早く知っていたらと悔やまれます。

あとは、それと同時になるべくジャンクフードを食べなくなって、和食を多くしたことも良かったのかもしれません。

以前はあまり食べていなかったのに、なぜかジャンクフードにハマってたんですよね、最近。

やっぱり、あれはたまーに食べるものです。

あまりたくさんのサプリを飲むのはお勧めできませんが、こういうのはなかなか食品から摂取するのは難しいので、補助的に飲むのはお勧めです。

最近、注文したのはフィッシュオイル。

話題のオメガ3ですね。

血液検査で毎回「悪玉コレステロールが高い」と先生ににらまれていたのですが、個人病院なので生活習慣の相談に乗ってくれたり指導してくれるわけでもないのに「どうすりゃいいんだよ」と思っていたら、オメガ3で健康診断の際に引っかからなくなったとの口コミが多かったので、これも試してみることにしました。

日本で売っているものは高く容量も少ないので個人輸入を利用しました。
届くのはまだ先ですが、しっかり飲んで悪玉コレステロールを下げようと思います。

年齢を重ねると、ただ食事だけで必要な栄養が取れないので、お金はかかりますが病気ばかりしていたので、健康のためには多少の出費は仕方ないと思っております。

結局は、内臓なんです。 その2 町内環境じゃなくて、腸内環境が大事

まぁ、町内環境も大事だとは思いますが・・・。

さて、内臓機能の低下が原因で体にさまざまな症状が出てしまっている状態だなと自分で実感していたので、まずはどうしたらいいのかを調べました。

まずは、肌のシミなどは腸内の環境が悪化してできることがあるとか、本来体の中に出す必要があるものが溜まってしまう便秘なども非常に良くないですよね。

今はひどい便秘症ではないのですが、過去には悩みましたし、私はもともと腎臓が弱いので、あまりに疲れると血尿が出たりしたこともあって、もともと内臓が丈夫ではなかったんです。

でも、若い時は多少の無理もちょっと休めばどうってことないもの。
しかし、人生の折り返し地点を過ぎた年齢の体は「老化」という逆らえない要素も相まって、きちんと対処しないと悪くなる一方だったわけです。

能天気な私は、たいしたことないしなぁ~と高をくくっていたら、こんなことになってしまったんです(笑)

テキトーに生きていると人生は楽ですが、こういうこともあるわけで(笑)

実行するのにひとつだけ条件を付けました。
それは「無理はしない」とうこと。

もちろん、重度のアトピーの方などは、無理でもしっかり実践しないといけないこともあると思いますが、私はそこまでひどくはないので、まず生活しながら無理のない範囲で続けられることをするということにしたんです。

あれもこれもとなると、かなりお金もかかりますよね。
少し前に漢方の話を書きましたが、薬局などで買うと結構高いんです。

とはいえ、なかなか漢方薬を出してくれる病院も少ないし、通院というのは時間的に難しい・・・ということで、良いとは分かっても経済に負担がかかるので、まずできることはないのかと考え方を改めました。

まず注目したのは腸内環境を整える(善玉菌を増やして便秘にならないようにする)こと。

少し前から始めてみたのですが、スーパーで買えるヤクルトを飲むというのと、ヨーグルトを食べるというもの。
ヨーグルトも機能性のある物にしました。
重度のアトピーを食生活等を改善して100日で治したという方のブログも参考になりました。
そこでオリゴ糖が良いというのも読んだので、オリゴ糖も取り入れようと思っています。

まだ始めて2週間程度ですが、くしゃみの出る回数は確実に減ってきています。
体が変わるのは時間がかかりますから、2週間程度では劇的な変化はないですが、確実に軽減はしてきているので、やっぱり腸内環境を良く保つというのは大切なのかなと思います。

そのうえで肝機能や腎機能もしっかりとケアしていきたいなと思います。

また、白い食品(白砂糖、白米など)を極力違うものにしていきたいのと、糖分も採り過ぎというのは感じているので、徐々に減らしていくつもりです。

上記の砂糖については、もともと白いのは一切使っていません。

玄米が良いというのを聞きますが、玄米でアレルギーになる人もいるので、盲目的に信じるのは良くないと思っています。
今、発芽玄米と雑穀を白米に混ぜて炊いているのですが、玄米の向き不向きがわからないので、当面は雑穀だけにしようかなと思ったりしています。

あとは、あまり気にしないでバランスよく食べるというのと、油の質に気を付ける。
サラダ油はかなり前からやめて、オリーブオイルを使っています。

今度は、それに加えてオメガ3などが接種できる油などを取り入れたいと思っています。
これも話題になっているのでスーパーで買うことができるようになったアマニ油などはいいですね。

マーガリンをやめてバターにしました。
毎日食べるわけではないし、健康ならあまり気にする必要はないと思っていますが、トランス脂肪酸の害はよく言われているので、健康とはいえない今は、食べるのであればバターにしました。

つづく

結局は、内臓なんです。  その1 原因編

変なタイトルですが、最近実感していることです。

数年前から、ちょっとしたアレルギー症状が出てきていましたが、
あまり気にはしていませんでした。

それが、ここへきて悪化。

花粉症のようなくしゃみや鼻水はもちろん、肌のアトピーも徐々にひどくなっていました。

また、頭皮の湿疹もどんどんひどくなってきて、こりゃーいったいどうしたものか・・・。

これが最近の悩みでした。

左まぶたが変にかさついて、お岩さんのように腫れあがったりもして、「あじゃみん、目、どうしたの?」と目立つからか、結構聞かれたりしました。

全身もカサカサで、保湿クリームを塗っても、すぐにカサカサで痒みが出て、とにかく私はいったいどうしたらいいのか?って状態なんです。

そこで、注目したのは内臓です。

以前の仕事の時も、化粧品会社の時も、人の美と健康ということが常に関わっていたので、それなりに勉強してはいました。

でも、結局は「そういうことなのね」と知識だけだったんですね。

人間の体は、本来取り込んでしまった毒素を体外に排出させるため、色々な臓器が働いてるので、ちょっとくらい毒素を取り込んでも、内臓が健康ならなんてことないんです。

取り込まないということも大切ではありますが、例えば食べ物の灰汁(あく)などは、体に悪いのでお料理の時に灰汁抜きをしましょうとか、よく聞くと思います。
とはいえ、煮たり焼いたりし過ぎてしまうと、今度は体に良い栄養分まで破壊されてしまうし、灰汁というのは口に入れた時に不快に感じるものの総称で、食品別にしっかり灰汁抜きをした方が良いものや、うま味がなくなってしまうので、軽めにした方が良いものなどさまざまです。

となると、いちいちそんなこと気にしていたら、却ってストレスになってしまい、ストレスは万病の素ですから、もっと悪いことになってしまいます。

なるべく毒素を取り入れないということを心がけつつも、それよりも内臓の機能を高めて、しっかり排毒できる状態にする方が良いというのは、誰でもわかることです。

つまり、アレルギーやアトピーは、内臓機能の低下が原因(それだけではないですが、同じ環境でもまったく平気な人とそうでない人がいるのですから、大きな原因はこれだと言ってもいいと思います)なのです。

では、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

プリプリのアロエで化粧水。

アロエの化粧水を作ろうと、会社帰りにドラッグストアに寄って、精製水とグリセリンを買ってきました。

ホワイトリカーなどを使う場合には、最低でも2週間漬け込む必要があるのですが、私はお酒ではなく精製水にしたので、作ったらすぐに使用OKです。

目分量でしたけど、ダイソーで買った容器に葉二枚分のアロエ(切るのにちょっと勇気がいりました)と、精製水、そしてグリセリンを入れてシャカシャカ。

このアロエがまた良いやつだからか、身がプリプリで綺麗♪

冷蔵庫に入れて、お風呂上りに使ったら、作った時はグリセリン入れ過ぎたかな?と思っていたのですが、まったくそんなこともなく、さっぱりなのに付けた後で肌がなんだかしっとりしているのが嬉しいです。

防腐剤なしなので、顔とボディーに使って2週間弱で使い切るようにしようと思います。
保存は、冷蔵庫で。

いやぁ~、なかなか良いですよー(笑)

Dsc_0335

お風呂でオイルパックはお勧め

空気が乾燥している冬。

この時期、お風呂に入って出ると急激に肌の水分が蒸発していくので、保湿はかなり大切です。

体はまだしも、肌の薄い顔はしわなどの原因にもなるので、特に気を付けたいですね。

おすすめなのは、お風呂でのオイルパック。

すべて終わって、湯船で温まって出る前に顔の水分を拭いてから、美容オイルを1~2滴、手で伸ばして顔に塗ります。

そして、蒸気で温めてから出ると、しっとりとして良いですよ。

冷水で引き締めるにしても、軽く冷やす程度にして、すぐにお手入れしてください。

よく、オイルを塗ると化粧水などが染み込まないと誤解する方が多いのですが、そんなことはないのでご安心を。

ただ、オイルは上質の物を使ってくださいね。

顔はタオルで押さえるようにして、決してゴシゴシこするのはなしです。

私が使っているのは、デクレオールのアロマエッセンス(マンダリン)です。

ファミリーセールで買ったので3600円(税抜)でしたが、定価は9600円(税抜)です。

とにかく香に癒されます。

15mlと少ないのですが、私は毎日使わないので結構持ってます。

友人にも勧めたら、かなり良い!というので、ファミセでリピートしていました。
残念ながら、先日のファミセでは出ていなかったので、ファミセに出す分はもうないのかなと。

でも、辞める時に所属ブランドの高級オイルを別々で1本ずつ(つまり2本)いただいたので、当分、楽しめると思います。

1本3万円近くするので、自分ではとても買えませんから、いただけて良かったです。