なんちゃってクッキング

やっぱり旨いぞ、フォー♪

先日、スーパーの2階にあるカルディで、ベトナムフォーと書かれた乾麺を見つけました。

その時は、どうせ作らないかも・・・と買って帰らなかったのですが、「あー、やっぱり食べたいなぁ~、フォー」と後悔(笑)

新宿駅のルミネにヴェトナムアリスが入っているのですが、会社からはバスで渋谷に出てしまうので、そもそも新宿駅は「わざわざ」になってしまうため行かないなぁ~と。

翌日、ランチの時にKちゃんが買ってきたフォーを見て「あー、やっぱりフォー食べたい!」と帰りにスーパーでもやしを買い、カルディで麺を買って帰りました。

スープ付なので簡単です。

7分ほど茹でて、別鍋で茹でた鶏のささみともやしをたっぷり入れて出来上がり。
青いネギがなかったのがちょい残念でしたが、ポッカレモン100で酸味もばっちりよーんheart

Pho

あ~、美味しかった♪
ご馳走様でした!!

今日も美味しい物が食べられることに感謝ですheart

もちあわトマトスープ

鳥の餌かよーって思っちゃう雑穀ですが、これが美味しいんだなぁ~。

という訳で、久しぶりにもちあわを使ってスープを作りました。
これは、つぶつぶ料理で有名なゆみこさんのレシピを基に適当に作りました。

材料:もちあわ(茶こし1杯)、たまねぎ1個、トマト小さいの2個、塩、だし昆布

たまねぎを適当に切り(スープにした時に飲みやすい大きさでOK)、だし昆布と一緒に鍋に入れ、水を入れたら火にかけます。

沸騰してきたら、茶こしごと洗っておいたもちあわと塩(小さじ2杯くらい←水の量で調整)を入れてやや強めの火で20分から25分。

普通、昆布は沸騰する前に取り出すところですが、このスープではとろみとうまみがしっかり残って欲しいので、トマトを入れるまで取り出しません。

時々、ヘラなどでざっくりと混ぜます。

時間が経ったら、トマトを切って入れ、5分くらい中火で煮る。
トマトがいい感じになってきたら、火を止めて出来上がり!

ポイントは、塩は質の良いものを使うこと!
そして、トマトを入れたら煮過ぎないように注意です。

超簡単で栄養満点!

Soup

写真がうまく撮れなくて、めっちゃ残念!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

小腹が空いたら、わかめスープ

夜、ちょっとお腹空いたな・・・なんて時に食べるのは、わかめスープ。

適量のマロニーちゃん(春雨もいいのですが、ちょっと細いのでマロニーにしています)を5分茹で、スープとイリゴマを入れたお皿に入れて熱湯をそそぐだけ。

体も暖まるし、美味しいので満足しますよ。

1人前<br />

ポテサラが食べたくて。

Oggiの家で美味しいポテサラを食べてから、自分でも自分のポテサラが食べたいなぁ~と思っていたので、今日メガネを買いに行くついでに材料も買ってきました。

・じゃがいも 中3~4
・人参   1/2
・たまねぎ 1/4よりちょい多めくらい
・きゅうり 1本
・ハム 3枚くらい

・カロリーハーフのマヨネーズ
・黒こしょう(その場で挽く粗挽きタイプ)

じゃがいも(適当な大きさに切って皮付きのまま水で20分くらいあく抜き)と人参をシリコン鍋で6分くらい蒸す。

アツアツのところをじゃがいもの皮をむく(やけどに注意!)

じゃがいもは先にボールに入れて潰し、人参は少し冷めてから扇型でもなんでも好きに切る。

たまねぎは、ずっと水にさらしておいて、水をよく絞って入れる。
ハムもちょっと大きめに切って投入

きゅうりは、まぁ、普通に輪切り。

Img_3174

こんな感じで具だくさん。
あまりマヨが強いのが好きじゃないので、ハーフカロリータイプを使っています。
がっつりとマヨが主張するのが好きな方は普通のマヨで。

きゅうりその他のシャキシャキ感を損なわないように注意する。

ボールに全部入れたら、マヨ投入。
少し少ないかな?ってくらいが好きですが、これは好みで。

最後に黒こしょうをしっかりと挽いて投入です。

Img_3176

容器に移して、冷蔵庫で冷やしたら召し上がれ♪

あっ、たまに気が向いたら、ゆで卵も投入します。

具だくさん味噌汁で野菜をたっぷり♪

最近忙しくて、ちゃんとした料理を作る力も出ず、買ってきて済ませたりしています。

そうすると、野菜不足やら何やらで、お肌も荒れてくるし、良いことがありません。

そんな時、読んでいた本に「具だくさんのお味噌汁を飲んでいます」というのがあって、そうだ!和食好きなんだから、これでいいじゃん!

というわけで、毎回ではありませんが、鍋いっぱいの具だくさん味噌汁を作って、ご飯とちょっとのおかずで1食にしています。

Img_2871

味噌を入れる前にパシャリ。

手の込んだ料理はする気がないので、「トン汁の具」というひとパックをまず用意。
これには、ニンジン、大根、ごぼう、こんにゃくなどの水煮が入っています。
それに加えて、

豚肉少々(黒豚の切り落とし)
ぶなしめじ
えのき
新たまねぎ
春キャベツ

などを適当に用意して、適当な大きさに切り、豚肉と玉ねぎはごま油で炒めます。

それに他の野菜を加えて水を加え、顆粒状の出汁を入れて柔らかくなるまで煮ます。

火を止めてから味噌を加え、ごく弱火で味を調えるために少しの時間煮ます。
本当なら、あまり火を入れるのはNGなのですが、私はちょっと煮詰めた方が好きなので。

Img_2874

いただきます!

チキン“なんちゃって”ハム

今、いろんな意味で話題になっている森公美子さんの出ていた金スマの「美木良介ロングブレスダイエット」。

もちろん、続かないことはやらない主義なので、見てもやってはいませんが、その番組の中で美木さんの奥さんが森さんのためにと鶏の胸肉を使ったブラックペッパーたっぷりのハムを紹介していたんです。

それがすごく美味しそうだったので、番組で森さんがアレンジして作っていたのを参考にして、作ってみました。

ハムといっても「なんちゃって」なので、作り方は以下の通り。

【材料】

鶏の胸肉 1枚
塩 少々
粗挽きブラックペッパー 適宜

ポイントは、お塩はミネラルたっぷりの良い塩を使って作ることです。
食卓塩みたいなのではなく、ちょっとお高いやつを使ってください。
うま味が違います。

鶏肉は、皮や脂肪分を取ってから洗ってぬめりを取り、水気をペーパーナプキンでふき取って厚みのある部分に包丁を入れて開きます。

そこに塩を全体に薄く塗り込み、クルクルと巻いて棒状にし、ブラックペッパーを多めに全体にまぶします。
この時、胡椒が少ないと美味しくないので、しっかり付けてください。

ラップで何重にも巻いて、沸騰したお湯に入れ10分茹でます。
火を止めたらそのまま1日置き、翌日ラップを取って出来上がり。

丸く切って、お野菜と一緒に食べると美味しいですよ!
ただ、ボイルしたのを1日置くというのは森さんがやっていた方法ですが、これから夏なので、1日置くのはどうかと思います。

数時間経って熱が冷めたら、取り出してラップのまま冷蔵庫に入れてもいいかも。
味を染みさせるのと、形をしっかりさせるために時間は置いた方がいいと思います。

Img_5071
冷やしてからだとさらに美味しい♪

食べたらハマるよ、まるちゃんの塩焼きそば

Img003 最近、ハマッているのはまるちゃんの塩焼きそば。
実柚さん宅でご馳走になって以来、自宅でもよく食べます。

【レシピといえるほどでもないレシピ】

まるちゃんの塩焼きそば 1個(ソースも)
キャベツ 半個
もやし   半袋
シーチキンフレーク(油なしは不味いので、これが一番合ってる) 1缶
塩(ミネラル類たっぷりの良いもの) 少々
オリーブオイル 適宜

フライパンにオリーブオイル(健康のためにオイルはオリーブ)を入れ、野菜を入れてよく炒める(強めの中火)。

しなってきたら、火を弱めて揉みほぐした麺を入れ、野菜で覆って蒸し焼きにする(箸でほぐそうとしない)。

しばらくしたら箸を使って麺をほぐすとサラサラとほぐれるので、火をまた強めて塩少々(ミネラル補給が目的なので味がつくほどは不要)、焼きそばソース(粉末)を入れてよく炒める。

最後に火を止めて(これがポイント)から、ツナ缶を入れてよく混ぜる。

青のりと紅しょうが(梅酢で漬けたものがマイルドで美味しい)を添えて召し上がれ♪

注:1人前としてはかなり量が多いのですが、そば自体は1個しか使っていないので、野菜をどっさり食べたい時にどうぞ。もちろん、2人で軽い昼食とかでもいいかと思います。

Maru
まるちゃんの塩焼きそば(東洋水産

和風かも?! 超なんちゃって生春巻き

葉っぱをたくさん食べたい!

という時に作る「なんちゃって春巻き」

バラエティーはたくさんあると思いますが、このなんちゃってクッキングに「手間」は存在しません。

といっても、春雨の皮をぬるま湯で1枚ずつ戻しながらというのが、面倒といえば面倒ですが、そこまでもNGという方は、まともなのを食べに行ってください。

材料:(その都度違うのですが)

生春巻き用の皮(適宜)
サニーレタス(食べたいだけ)
長ネギ(細切りで水にさらし、白髪ねぎにする)
鶏のささ身(他にも魚介でとか、工夫してね)
酒 少々

Img_1556
鶏のささ身は、フォークで穴を開け、お酒を適当に振り掛けます。
そして、電子レンジでチン♪

細かくほぐして冷ましておきます。

Img_1557
本当は、右上みたいな本格的なのを作りたいですが、そう考えると面倒くさいのでなんでもありです。

ベトナム料理屋さんに食べにいくとビーフンみたいなのも入っていますよね。
私は、入れません(でも、入れてももちろんいいのです)。

Img_1558
ちょっと見難いですが、フライパンにぬるま湯を入れて、そこに生春巻きの皮を1枚ずつ入れて戻します。

ただし、出したらすぐ使わないといけないので、これは材料を全部切ったりしてあとは巻くだけにしたらにしてください。

Img_1563
よく水切りしてください。

Img_1564
細切りにしたかったんですけど、包丁の切れが悪すぎて、太くなってしまいました。
いえ、これは切る前です!

Img_1567
3種類の具が揃いました。

私は面倒くさいので他の具とかは入れませんが、これだけではちょっと味気ない気もするので、ご自身で入れたいものなど考えて追加してください。

Img_1569
まな板の上に戻した皮を置き、その上に具を置きます。

正しい巻き方もあると思いますが、そんなの気にしたことがないので、適当です。
まず、手前側を1回向こう側に折り、1回転がしたら左右を巻いて、もう1回転がして巻いたらお終い。

Img_1570
乾いてしまうのを防ぐため、ラップをしておくのをお忘れなく。

タレは、ゆずポンとかもいいと思いますし、今回はスイートチリソースで食べました。
(和風じゃないですね)

Img_1572
葉っぱがたくさん食べられるので、大満足です。

ラム!ラム!ラムソテー♪

レシピを見るのが面倒くさいので、すっごい適当になんでも作る。

だけど、料理研究家ばりの奥様のように工夫したりなんてしている暇はなし。

だから、いつでもなんちゃって料理。

今日は、ラムが安かったので乾燥ローズマリーと粒マスタードでモミモミした肉をにんにくオリーブオイルで焼いた。

Img_1497
塩コショウした肉にたっぷりと粒マスタードを塗り、ビニール袋に入れたら乾燥ローズマリー(もちろん、生でもOK)をたっぷり入れてモミモミ。

10分ほど置いておく(今は寒いから室温でOKよん)

Img_1498
待っている間にサラダ作り。
緑の野菜(パックで売っている)とファーストトマトを小さくカットした物を、エクストラバージンオリーブオイル(適宜)、バルサミコ酢(適宜)、塩少々(奄美の塩とかミネラルのたっぷり入ったちゃんとした塩)に絡める。

Img_1500
にんにくひとかけの芽を取り、包丁の腹でつぶしてオリーブオイル(ピュアタイプ)をたっぷりめに入れて温める。

ちょっと色がついてきたら取り出しておく(食べるから捨てちゃだめよ)

お皿は電子レンジで温めて肉をのせても冷たくならないように準備(これ大事)

Img_1508
こんなのまで作っていられないので、レトルトのスープ。

Img_1510_2
いい具合に焼けたので、いただきま~すrestaurant

・・・・ってよく見たら、ボケボケじゃん(´;ω;`)ウウ・・・

なんちゃって酸辣湯(スーラータン)

ちゃんとしたレシピでは、豚肉を入れたり、筍やきくらげが入っていたりと、ちゃんと中華っぽい素材を使うのでしょうが、私のなんちゃっては違います。

かなり適当。

長ネギ 1本~2本
トマト  1個(大きめ)
しめじ  1袋
玉ねぎ(あれば) 中1個
木綿豆腐 小1丁
卵    1個(溶き卵用)

量は、結構適当ですし、材料もその時々で変わります。
これに筍やきくらげを加えても美味しいと思います。
肉は別の料理として食べてスープを添えるので、基本的に入れていません。

調味料もいたってシンプル。

中華スープの素(味王) 大1~(水の量で適当に加減)
塩(天然の海の塩)   ひとつまみ
酢 (すっぱいのが好きなので、適当にドボドボ入れています)
ラー油 適宜(これも結構たくさん入れてます)

1.中華スープの素を溶いたお湯にトマトと豆腐以外の材料を入れ、塩を加えて少しの間煮ます。
2.水切りをしておいた木綿豆腐を小さく切って入れ、トマトも加えて中火より少し弱いくらいでしばらく煮ます。
3.トマトが少し崩れてきたくらいで、酢を加え、もう少し煮ていきます。
4.酢がマイルドになったところで、溶き卵をさっと回しかけて、数回おたまでかき混ぜて卵がふわっとなったら、最後にラー油を加えてさっとかき混ぜたらできあがり。

より以前の記事一覧