« 2017年7月 | トップページ

次のシンガ

すっかりシンガポールに行く予定がなくなってしまいました。

忘れている訳ではないのですが、体調や仕事、勉強などを考えると旅行どころではない状態です。

とはいえ、あんなに好きだったシンガなので、次の予定もそろそろ計画したいなと思っております。

今のところは、来年の2月あたりに行かれればなと思っているのですが、もう少し早く行かれればという思いもあります。

現在、産休代替派遣で行っている会社のお仕事は来年終わるというか、産休の方が戻ってきたら辞めるつもりなので、仕事のこともありますから、2月くらいまでには行きたいなと思っています。

久しぶりなので、ホテルはコンラッドにしたいですし、とにかくのんびりしたいです。

それまでは、色々な方のブログで情報収集したり、楽しませていただきます♪

更新情報、その他お知らせなど

しばらく載せておきたい更新情報などをここに書くことにしました。

あじゃみんの入院&手術日記
 生まれて初めての入院生活と手術の体験記

ダメなときほど運はたまる
 運を貯める人生とは

ポジティブ思考って難しいけど、効果あるよ。
 幸運を引き寄せる生き方

豊かさレベルの上げ方
その1 その2

冬の箱根で温泉満喫♪
 その1 その2 その3 その4

こまりんさんのコワい話

追ってくるマネキン1 追ってくるマネキン2 大学の大講堂 箱根の宿

恋するシンガポール

サイトがオープンしました♪

時代は変わった。

少し前に紹介したハイパーナイフ。

初回がお腹だけで次が全身と、まだ実際に全部やってもらったのはほぼ1回と言っていいくらいです。

どこか2か所重点的にって書いてあったので、どんな感じなんだろうかと思っていたら、ちゃんと全身くまなく当ててくれましたよ。

昔なら、エステといえばハンドが主流で、マシンといっても数種類しかなく、しかもめちゃ高くて、どうやったらそんなの通えるの?みたいな感じでした。

効果があると言われるインドエステも、1回2万5千円で週1通えって死ぬわ!って感じで、貧乏だった私には(つーか、その頃そこまで太っていなかったってこともある)、エステなんて縁のない場所でした。

体験に行けば行ったで、通ってこないなんてみたいな態度だし、「本日は体験ですので、こことここはできません」と、フルでやってくれないことを行った時に言われたり。
じゃぁ、効果がどうなんてどうやってわかるのさ。

そして、体験後には1時間程度部屋に缶詰状態で勧誘・勧誘・勧誘の嵐。

まったく、なんでお金払って嫌な気分にならなきゃいけないのさ・・・って感じで、足が遠のいていたんですよね。

でも、今はもう競争社会で、それこそ強引な勧誘なんかしようものなら口コミに即反映されてしまいます。

だったら、気持ちよく接客して、その中から1人でも多く何度も通ってくれる人を作るとか、口コミで勧めてくれる人を作った方がずっといいということにようやく気付いてきた感じですね。

それに高額なコースを契約せず、都度払いOKなところも増えてきたし、気軽に通えるお店が出来てきたのは嬉しい限りです。

私が偶然見つけたお店も都度払いだし、特に何かを買えとか、いわゆる勧誘もありません。

安心して通えるから、次回も予約入れよーって感じになれますね。

それに全身は1回だけなのでよく分からないのですが、お腹周りは2回受けたことになり、ほんの少しですが効果があったのかなと思える感じです(他人様が見ても絶対に分かりません(笑))。

20代の人とかは、2~3回で劇的に変わるみたいですが、悲しいかな私の年齢だと10回は見ないとダメみたいです。

でも、歳を取っていようが、若い人より時間がかかろうが、効果はありますと断言してもらえているので、すごいリフレッシュできるし、気長に通おうかなと思っています。

とはいえ、整体にも通っているので、回数はお財布と相談ですけどね。

変化

最近自分がすごく変わったなと思うことがあります。

うまく言葉で言えないけど、「人の幸せは素直に喜ぶ」とか「人の悪口を言わない」とか、いやそれ基本だし!って言われちゃうかもしれませんが、素直にそう思えるようになりました。

だからか何なのか、人が意地悪なことを言ったり、他人を馬鹿にしたりするのを聞くと、心底嫌になります。

そんなに自分から人の悪口を言うような人間でもないのですが、頭にきた時とかは、結構「あの人さぁ~」みたいなことはありました。
そんなのも、ちょっと口にしてしまっただけで、嫌ぁ~な気分になるんです。

以前は「自分は正しいことを言っている」のだから、言われる本人が悪いんだって自分を正当化していました。
だから、この変化は驚きなんですよ。

最近も芸能人の方が妊娠して、嬉しさで妊娠検査薬の写真をブログに載せたら、「汚い」とかそういうコメントがあったそうです。
確かに妊娠検査薬って、尿を掛けてみるんですよね。
だから汚いと思う人もいるのもわかります。

でも、頑張ってやっと授かった嬉しさがその検査薬の線に現れているのですから、それを思わず載せてしまったのだとしたら、素直に喜んであげればいいのでは?
それに目の前に差し出されたのではなくて、写真じゃないですか。

妊娠したくてもできない人もいるのに・・・とか、どんだけ~(古っ)ですよ。

「次は私の番♪」でいいじゃないですか。

もう相当昔ですが、若い頃に一緒の職場に不妊治療をしていた女性がいました。
当時35歳くらいで、「絶対に子供が欲しい」というので治療に通っていて、お昼を一緒に食べている時にも、その治療がいかにつらいかを語って聞かされていました。

正直、リアルな説明に、ご飯食べてるのにやめて欲しいって思っていましたけど、まだ若かった私は、年上のその人にそんなことも言えず。

それにその人は口を開ければ人の悪口や仕事の愚痴ばかり言う人で、正直そういう心のゆがみが顔に出ているような人でした。

『こんな人の子供に生まれたい子はいないんじゃないかなぁ~、こんな人がママって嫌だよねぇ』

なんて心で思ったものでした。

私はこうはなりたくないなと心から思いました。

もちろん、私はもともとそれほど善人ではないので、人に対してイラっとすることはあります。
でも、以前みたいに長くその気持ちを保っていることはなくなりました。

そういうこともあるさ・・・とか、仕方ないか・・・みたいにサラッと気持ちを切り替えることもできるようになってきたと思います。

だから、最近は付き合う人についても、よりポジティブというか、楽しくお話しができる人とだけ会いたいなと思うようになっています。
そうはいっても、以前からのお付き合いとかばっさり切れないところもあるんですけどね(笑)

でも、なるべく自分が楽しかったなと思える人たちと会うことを優先しています。

また、自分の健康にも積極的になって、整体に通ったり、エステに通ったりしています。

最近、派遣社員とはいえかなり頑張って働いているので、「今年は健康をしっかり取り戻すために自分に投資!」と決めて、今年中は貯金とか考えないことにしたんです。

本当は、サロンのこととか色々と考えると少しでもお金を貯めないと・・・・って思っていたのですが、自分が健康と胸を張って言えないのにサロンもないだろうと考えを改めました。

自分のサロンを持つということが果たして本当に自分のしたいことなのか、実はそういう気持ちも出てきてしまっています。
身の丈にあった方法が別にあるんじゃないだろうかとか、マイナスに考えたというのではなくて、本当に自分のやりたいことに「サロン」が必要なのかという感じでしょうか。

これは、もう少し先にいかないと結論は出ない気がしています。

それはそれとして、自分のこの変化、どうなっていくんでしょうか。

« 2017年7月 | トップページ