« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

痛くないリンパマッサージ

カワンさんと行った韓国のソン・エステティックサロンで受けたマッサージはレベルが高くて本当に気持ち良かった。

リンパもしっかり流してくれて、私の体が堅いので痛いところは多かったのですが、すごく満足していました。

でも、もし韓国行きを続けていたとしても、月1回通うのなんてとても無理ですよね。

最近の体調不良で、自分自身でリンパが滞っているのが自覚できていたので、ちゃんとしたマッサージに行こうと思っていたのですが、日本でリンパマッサージっていうと、かなり「痛い」というのが常で、しかも1回3万~4万円とかなり高額。

街のマッサージ屋では、ちゃんとした技術を持った人かわからないし、リンパ関係ないし。。。

痛くなくて、本当にすっきりするリンパマッサージをしてくれるところはないのか探していました。

といっても、そんなに必死に探していたわけじゃないので、最近まで忘れていたのですが、ここのところ足のむくみが酷くて、辛くて着圧ソックスなしでは夜も眠れなくなっていたので、「痛くないリンパマッサージ」とグーグル先生に聞いてみました。

こういう聞き方は今までしなかったので、今回は出てきたリストがちょっと違いました。

その中で、会社帰りにも通えそうな場所にあるエステが出てきました。

初回は5000円程度で、その人の体の状態を見ながら施術をして、どういう風に続けるのかアドバイスをしてくれるみたいな感じだったので、ダメでも5000円だし、ちょっと行ってみるかと予約をしました。

オーナーさんがこだわりが強い方みたいで、その調子がちょっと押しつけがましいと感じられる表現もあったのですが、良い意味で裏切られたというか、実際に行ってみたら本当に良かったです。

物を売りつけたりとか、次回の予約の強制とか一切ないし、以前書いたオーナーの名前がお店の名前っていう有名エステみたいに嫌な思いはまったくなかった。

しかも、マッサージの内容が本当に良くて、ここなら長く通ってもいいなと思えるところでした。

私はかなり背中の凝りが激しく、「板が1枚入っているような状態ですね」と言われました。

確かに痛くないマッサージなんですけど、背中のツボみたいなところを押された時は「ゴリ」って音がして、そこだけは痛かったです。

背中なんて自分じゃどうにもならないから、やってもらって相当酷いなっていうのが分かり、思わず笑ってしまいました。

初回限定価格でしたが、手抜きはなく、フルでやってくれたのでかなり満足しました。

私の体の状態だと、体質改善コースじゃないと効かないみたいで、一番長いのは3万近くするので無理で、次が1回20,000円(税別)なので、正直痛いけど、その後の体調の良さ(数日はだるさが出ますと言われ、確かにそうだったのですが、お通じはすごく良くなったり、背中が軽いというのがあって、効いているのがわかります)とか、それを考えると月1回ならなんとか行けそうなので、通うことにしました。

無理に運動をしろとか、あれを食べるなとかいうのもないので、プレッシャーもなし。
これこれは気を付けた方がいいとか朝は果物を食べるといいくらいな軽いアドバイスで負担もないし、気にせず通えそうです。

最終的に痩せることもそうですが、それよりなにより不調続きのこの体を正常にしていくのが望みなので、温め生活と適量のサプリ、そして痛くないマッサージに通うことで、健康な体を取り戻したいと思っています。

とにかく生姜

体を温める方法としては、薄着をしないとかお風呂(湯船)にちゃんと浸かるなどがありますが、冷たい物を食べない・飲まない(食べ過ぎない・飲み過ぎない)などがありますね。

私も体調を整えようと、以前からなるべく冷たい物を飲み食いしないことを心がけていますが、さすがに「暑い~!」って時は飲んだりしちゃいます。

でも、なるべくなら体を温める物を飲もうということで、普段の飲み物は砂糖なしの生姜紅茶。

甘味が欲しい時は、生姜ココアを飲んでいます。

生姜ココアって、最初にネットか何かで見た時に「ココアに生姜?!」ってちょっと引いたんですけど、作ってみたらこれが美味しいんですよ。

純ココアときび砂糖をカップに入れ、生姜を擂って茶こしに入れたところに温めた豆乳を注ぎます。

全部豆乳だと多いので、だいたい3分1~2くらいで、後は熱湯を使います。

茶こしの生姜が隠れるくらいお湯を注いでしばらくそのままにして、生姜は取り出して飲みます。

これ、かなりイケますよ。

砂糖は日新製糖から出ている、きび砂糖(R)ペットシュガーを使っていますが、黒砂糖でもOK。

基本的に白砂糖は食べません。
外食だと避けることはできないので仕方ないですが、自宅では砂糖は摂らないか、取るなら黒砂糖とかオリゴ糖、もしくはきぎ砂糖です。

てんさい糖も良いみたいですね。

また、インスタントのスープで、「なめらか豆腐を食べるスープ 生姜たまご」をよく飲みます。
フリーズドライって技術が進んでますよね。

この豆腐、本当になめらかで美味しいです。
最初に食べた時はびっくりしました。

あと、温め生活とは違いますが、腸内を良く保つためにヨーグルトを食べる時はオリゴ糖をプラスしたりしています。

ヨーグルトは「生きたまま菌が腸まで届く」とか書いてあるやつとかをおやつに食べたりしますね。

腸内を綺麗にして、便秘とおさらばです。

Pet_d_img05


ベラじゃない。

以前、買ってもらったのはアロエベラ。

花が咲きそうになっていて嬉しいのですが、葉のところはほとんど枯れてしまって使えないので、同じものをお願いしたら、なぜか来たのは木立アロエ。。。

心臓に良いらしいので、頻脈のある私にはいいのかも知れませんが・・・。

どうしよう。

Dsc_0024

温め生活継続中 その後

数年前の胆嚢炎発症から、バセドウ病治療を経て、健康のありがたみをひしひしと感じている今日この頃です。

健康でいるためには免疫力を高く保つのが大切ですが、やっかいなのはこの免疫力、低体温に弱いんです。

1℃体温が下がると、免疫力は30%低下すると言われているそうです。

体温が36.5℃以上あれば、しっかりと免疫機能(免疫細胞)が働いてくれますが、癌細胞は35℃くらいで一番活発になるそうです。

逆を言えば、癌細胞は熱に弱いんです。

癌細胞なんて、癌になる前の細胞は毎日みんな3000~5000個もできるんですけど、免疫が機能していれば消えてしまいます。

消えるというより、やっつけてくれるってことですね。

でも、過去50年間に日本人の平均体温は1℃以上下がっているそうです。

最近読んだ「食べない健康法」の著書の先生は、「こんなに医療が発達してきたのに、予防医学の範囲の病気は減るどころか増える一方」と言い、その原因は「低体温にある」と言われています。

確かに私はここ数年は今までなかったエアコンをついに付け、体を冷やす生活をしていました。

数10年間エアコンなしの生活だったのが、会社でも冷やし、家でも体を冷やし、暑い夏は冷たい物ばかり飲んで・・・。

これじゃあ、体を壊しても仕方ないですよね。

さすがに暑い時は、たま~に冷たい物やアイスなどを食べたりしますけど、基本的には熱い生姜紅茶を飲みながら過ごしています。

それから、温めと直接関係ないものもありますが、サプリメントをプラスした生活をしています。

ちゃんと食べ物から栄養を摂ることが大事ですけど、どうしても摂れない物ってありますし、年齢と共に低下したりしてしまったものなどは、サプリが効果的です。

・オメガ3(血液サラサラ成分)個人輸入
・トランサミン(シミ対策)個人輸入→これはこれから飲むので注文中
・ビタミンC&B2(DHC)
・ヒアルロン酸(DHC)
酵素の極(発酵プラセンタ配合)(株)ハートポート
これは叔母が送ってくれるので無料♪

この中で酵素の極は、飲み始めてまだ間もないのですが、1袋半くらい飲んでいますが、これを飲んでから体温が上がって来たのがわかります。

個人差があると思うので、なんとも言えませんが、普通に買うと4500円と高価なので、叔母さんありがとう!って感じです。

そして、今後は月1回のリンパマッサージに通う予定です。

ヒルトンのセール 5月29日まで!

きいろの鳥さんよりコメント欄に貴重な情報をいただきましたので、コメント欄を読まれない方にも分かるようにこちらに書くことにしました。

ヒルトンでは、2017年12月末までの宿泊予約に対して絶賛セール中です。

35%オフに加え、ヒルトンオーナーズのメンバーはさらに5%オフで最大40%オフ!

こちらは、Asia-Pacificエリア限定セールです。

予約期限は、2017年5月29日予約完了までなので、今年の予定がはっきりしている人は早速チェックしてください。

主なホテルは、ヒルトンガーデンインシンガポール、ヒルトンシンガポール、コンラッドセンテニアルシンガポール、ミレニアムヒルトンバンコク、コンラッドバンコクなどです。

ここで、きいろの鳥さんからの情報にもあったヒルトンガーデンインについて調べてみました。

場所は、リトルインディア駅近くで、アクセスはかなり良いですね。
MAP

最近のシンガにはめずらしく、喫煙ルームもあります。
(私には嬉しくないけど)
とはいえ、禁煙室や禁煙スペースで煙草を吸ったら、最大250ドルの罰金です。

お部屋のランクは、まぁ・・・って感じですが、リノベでかなり綺麗なので、綺麗な部屋にシンガにしてはお安い宿に泊まりたい人にはいいかも。

最初はもし行けたとしたら、久しぶりだし、コンラッドのクラブフロアでとか思っていたのですが、情報をいただいたので新しいリーズナブルなホテルに取材がてら泊まってみようかなと思い始めています。

プールもありますが、あまり期待しない方がいいでしょう。
Wifiは無料でついてます。

これから開業みたいで、6月以降の予約を受け付けています。
私が行きたい日程だと、9月22日~26日で、一番高い部屋でも82円計算で6万3千円💛
もちろん、5月29日までの予約ですよ(笑)

怖いのは、個々の部屋の写真がまだないことです( ´艸`)

あ~、悩む!!
月曜日まで悩むことにします。

Hilton Garden Inn Singapore Serangoon
3 Belilios Road, Singapore, 219924, Singapore
TEL: +65-64-910500 FAX: +65-64-910501

妥協できるかできないか。

昨日、約1年ぶりに会った友人とご飯(というか飲み?)&カラオケで盛り上がりました。

私は最近自分がこうなって欲しいなと思うことがことごとく叶っているので、「私にないのは美貌と男だけ」とか豪語しているのですが(冗談ですよ)、結局、婚活なんてする気もまったくなく、数年前から続く婚活するする詐欺状態ですが、その話をしたら、なんと彼女は親友と一緒に婚活パーティーに行ったことがあるんだとか。

マジで?!

「で、どんな感じだったの?」

私が聞くと、まぁ、そこそこの人っていうか、たいした人は来ていなかったけど、最初から彼女を気に入って声を掛けてくれた人がいて、結構話は盛り上がったから、気の合った何人かで二次会も行ったりして、自分の家のある町と結構近いことが分かって、それから誘われたから一度だけ二人で飲みに行ったんだとか。

「それでそれで?」

「んー、ダメだった。ちょっと進みたくないっていうか」

「えーなんで?」

「・・・・・・私より背が低かったの!」

「・・・・そりゃぁ、ダメだね」

「でしょう?」

いやいや、背なんて気にしてちゃダメなんていう人いるかも知れませんけど、譲れない部分ってあるじゃないですか。

彼女はそこまで背が高いわけでもないので、その彼女よりも低いとなると。。。

「贅沢言ってないで妥協が大事なんだとは思うんだけどねぇ・・・」

そういう彼女に「いや、でも背は大事よ」と思わず言ってしまいました。

私も背の低い人と付き合ったことがないので、その気持ちはわかります。

いくらお金があっても、性格が良くても、どうしても譲れないってところがダメだったら、やっぱりダメなんですよ。

私が今まで付き合った人で、最低の身長は175㎝。

あとはみんな180近いか超えている人でした。
私が身長164cm(今は縮んで163くらいだと思いますが)だったので、ヒールも履きたいしとなると、そんなに低いと腕を組んだり手をつないで歩くのが大変じゃないですか。

あと、彼女がダメだった理由のもうひとつは、仕事がブルーカラーだったこと。

一応名の通った会社の正社員なので、給料は悪くはないと思いますけどね。
彼女はホワイトカラー志向みたいで、その部分も大きかったみたいです。

他人からしたら、「そんなこと好きになったら気にならなくなるよ」って言うのかも知れませんけど、その部分がダメって人をどうやったら好きになるのか教えて欲しいもんです。

もちろん、自分のことを棚に上げているっていうのは分かっていますよ。
あちらからも選ばれない要素はあると思っています。

お互い様とはいえ、ここは譲れないってところ、あなたはどんなところでしょうか?

化粧の力ってすごいわ。


Youtubeでメイク関連のアカウントをお持ちのマリリンさん。

すっぴんとメイク後の顔があまりにも違うので、最初見た時はびっくりしましたが、ここまでさらしてやっているのは、本当にすごいなって思います。

別にすっぴんもかわいらしいと私は思って見ていますけど。。。

私は化粧といっても、汚い肌をファンデで隠すくらいなので、ほとんど何も変わらないのですが、ここまで変わると化粧って本当にすごいな~って思いますよ。

東京タラレバおばちゃん、今度こそ次回のシンガ旅について語る。

最近、事あるごとに、シンガポール行く行く詐欺を働いているあじゃみんです。

「シンガ行きたい!」

って気持ちは変わらないのですが、体調や仕事のことで、全然次が決まりません。

もう4年くらいですかね、行ってないの。

他の方のブログをうらやましく見せていただいておりますが、シンガ変わってるなぁ~っていうのが率直な感想です。

最近、頻脈がまたするようになり、バセドウ病のぶり返しかとビビっております。

でも、髪の毛抜けるから余っている薬も飲みたくないし。

まぁ、本当にやばかったら、仕方ないので病院に行きます。

今度は、街のクリニックじゃなくて、伊藤病院のような専門病院にしようと思っていますが。

そんな私の「行かれタラ」計画は、2017年9月22日(金)~26日(火)です。

その前の週に行きたかったのですが、F1だというのをすっかり忘れておりました。

コンラッド1泊800Sドルとか、ふざけんじゃねー!!(失礼)

久しぶりなので、ホテルはコンラッドのクラブフロアにしようかと思っているのですが(太っ腹)、計画する中で「こっちにお金を掛けたい」っていうのが出てきたら、ホテルは抑えてしまうかもです。

こんなところに泊まったら、外にあまり出なくなっちゃうかも知れないので( ´艸`)

まぁ、話半分に聞いといてください。

その前に大阪食い倒れ旅をしなくちゃいけないのですが、なかなか決まりません。

有休がほとんどないので、週末だけだともったいないしねぇ・・・。

ブツブツ。

キスでアレルギー改善?!

アレルギー体質になってしまってから、皮膚にも症状が出ているのですが、DHCのスーパーコラーゲンを使い始めてからは落ち着いていました。

症状としては、左目のまぶたが腫れてしまうのと、首の前面が赤くなって痒みが出る程度ですが、なにせ目立つところなので、最初の頃は「どうしたの??」ってみんなに聞かれて辛かったです。

皮膚科に行こうかと思ったのですが、ちょうど注文していたスーパーコラーゲンが届いて使ってみたら綺麗に治まってしまったので、皮膚科には行っていません。

変にステロイドとか使わされるのも嫌だし。

今、デメランクリームとハイドロキノンクリームで頬にシミ対策を施しているのですが、デメランクリーム(シミ・そばかすの改善薬)を間違ってまぶたにも塗ってしまい、左目のアトピー復活でお岩さんのように腫れてしまいました。

また、グリコール酸が入っているので、角質をはがし、皮膚表面の再生を促してくれる効果もあるので首の皺対策にもと思って使ってみたら、首も赤く腫れてしまいました・・・(;´д`)トホホ

それからは止めたので、回復するのを待つばかりです。

ところで、イグノーベル賞ってご存知ですか?

ノーベル賞のパロディ版で、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して贈られる賞で、1991年に創設されたそうです。

よくもこんなこと考えるねぇ・・・という研究を超真面目にやっている研究者が世界にはたくさんいるみたいで、そういう研究は本家ノーベル賞の対象にはなりませんが、こんなところで日の目を見ているようです。

当初は、真面目な研究者が笑いものになるという批判もあったようですが、当の研究者の多くから反論が出て、今では一定の評価を得ている賞です。

そのイグノーベル賞は、以前、日本人研究者が常連となっていることでも話題となっていました。

話題になった当時で9年連続だったかな・・・。
さすがオタクの国(笑)

日本人受賞者一覧

そして、2015年のイグノーベル医学賞は、日本人開業医の木俣肇先生が受賞されているのですが、木俣医師(京大医学部卒)は、アトピー性アレルギーについての脱ステロイド研究で実績のある医師で、この研究も大真面目に行っているわけですが、その内容は「キスでアレルギー患者のアレルギー反応が減弱することを示した研究」です。

• アトピー性皮膚炎患者30人
• アレルギー性鼻炎患者30人
• アトピー患者ではない30人

がそれぞれのパートナーとともに個室にて「30分間、情熱的なキス」を交わす、という内容で、個室内には恋愛映画のテーマソングが流されるなど、非常にムーディーな雰囲気で行われたそうです。

被験者には前後に採血や皮膚テストをしてもらい、アレルギー反応の値を比べたところ、実験の前より後の方が被験者のアレルギー反応が大幅に抑えられていたことがわかったそう。

おとなのアトピーは、原因が定かではないものの、ストレスも要因のひとつと考えられているので、脱ステロイド研究の一環として、大真面目に行われた研究のようです。

「・・・・・・・・・・・・」

さすがに誰でもいいって訳じゃないから、この方法は私には試せません(笑)

残念だわぁ~ww

ほんわか可愛い絵だけど、読んでどんよりするブログ。

テレビがないので、日々のニュースは色々なニュースサイトをサーフィンして見ているのですが、ニフティのサイトに出ていた書籍紹介を見て、「またブログが書籍になったんだ」と何の気なしにそのブログを訪れてみました。

それは夫と知り合って6年、結婚して5年目の夫婦の奥様が描かれた4コマ漫画のサイトでした。

最初「なんだろう?」って思ったのは、そのタイトル。

スキンシップゼロ夫婦

流行りのセックスレスの話なのかな、と思ったのですが、読んでみると全然違うんです。

旦那さんとはお友達の紹介で知り合ったのですが、最初からシャイな感じの人だなと思っていても、良い人なのでお付き合いを続けていたのですが、どれだけ経ってもまったく何もしてこないので、1度だけ自分から手をつなごうとしたら、「恥ずかしいから」と拒否されてしまって、自分に魅力がないのかもと悩んでいたら、友人たちによればまったくそうではないみたいで、ただ恥ずかしがり屋なだけ・・・というので交際は続いた。

結局、付き合っている間中、手をつなぐこともそうですが、もちろんキスもしたことないですし、セックスも当たり前ですがまったくなし。

そして、自分の名前を呼ばない彼。
付き合っている人の名前すら呼ばないのです。

結婚してからもそうらしく、彼女は下の名前で夫を呼んでいるようですが、旦那さんは「あのー」って呼ぶのだそうです。

話を戻して、付き合っている間はお互いに思い合っているようだというので、シャイな男性に代わってプロポーズは女性からで、夫婦生活についても「結婚すればどうにかなる」と思って結婚したはいいが、部屋は別々で一切妻の部屋には来ない夫。

シャイ過ぎて結婚式はNGだというのは分かっていて、自分もあまりしたくなかったのでフォトウェディングを提案するも「頑張ってください」とまるで妻だけ撮って来いみたいな感じで、やはり当日は送っていくだけで自分では着替えず、最後に私服で1枚だけドレス姿の妻の横に立って写ったそう。

結婚指輪も妻だけに購入し、一緒に旅行してもなんと帰るまで別々の部屋を取る。
そこまで裕福には見えないのに、不経済だよねぇ・・・・と読んでいてうなる私。

これを描いている奥様は、もともと「結婚=子供」という感覚もあって、早く子供が欲しいなと仕事を辞めて専業主婦になったので、納得いかない感満載なのですが、それでもシャイな夫を追い詰めるようなことはしたくないとそのまま・・・。

現在進行形の話なので、だからどうしたとか、そういうのはありませんでした。

どんな人でもその人が幸せであるなら、夫婦だろうがなんだろうが、「これが夫婦だ」とか「これが友達だ」とかいう価値観の押し付けは無意味です。

なので、このご夫婦の批判をするつもりは全くないのですが、そもそも6年も付き合って手すら握らない人とよく結婚できたなと。

もちろん、自分が何らかの理由で以前からセックスなんてとんでもないとか、そういう人だったのならいいのですが、それ以前の恋人とはそういうこともしていたみたいですし、頻繁でなくても、将来子供が欲しいのに手も握らない人と結婚できるのかなぁ~って。

創作疑惑もあるようですが、逆にこんな話思いつくのかなって内容なので・・・。

友達ならまだしも、付き合っている彼と手もつなげないなんて絶対無理なので、私にはこの結婚というか、この男性と付き合っていくことはあり得ないなと。

どんなに良い人でも、それって夫婦なの?とか思っちゃいます。

何度も言いますが、ふたりがそれで良いならいいんですよ。

愛している人にまったく触れないなんて、病気なのかもとか思っちゃいます。
シャイで片付く問題じゃないような・・・。

ていうか、愛してもいないのかも知れないですね。

ほのぼの可愛い絵なのですが、読んでいてかなりどんよりした気分になりました。

ヘアアイロンを買ってみた。

くせっ毛なので、雨の日とか湿気がある日とか、短いところがクネクネしてまとまらず、なんとなく汚いおばさんになっていた(なんか、疲れたおばさん的な髪になってしまって)。

まだ伸びきっていないところが跳ねてしまって、後ろで留めるとそこだけが浮いてしまっていたんです。

「やだなぁ~、この疲れたおばちゃんヘア」

どうしたらいいのか悩んでいたのですが、ヘアアイロンで伸ばしてみたらどうかなとAmazonでポチッとして買いました。

買ったのは、安くて評判が良いサロニアのヘアアイロンで、海外仕様なので海外でも使えます。

お値段なんと2,800円(税込)というAmazonのお買い得商品でした。

サロニアのサイトで買うより消費税分くらい安くなっていました。

シャンプーの後は、ミシックオイルマスクでまとまりの良い髪にしてから、ドライヤで乾かし、生乾きの状態で、ケラスターゼのユイルスブリム(ヘアオイル)を付けて180℃~190℃のアイロンで仕上げ。

もう、信じられないくらい髪が綺麗になって、すっきりまとまるし、綺麗にまっすぐになるしで、なんでもっと早く買わなかったんだろう・・・。

前から生活に疲れたおばちゃん状態だったのに。。。(後悔先に立たず)

ヘアアイロン、たったの2,800円なのに(笑)

いや、別にケチって買わなかったわけじゃなくて、どうなのかなぁ~って感じだったんですよ。

面倒くさそうだし(おい)。

でも、壁を越えてみたら、本当に満足な世界が待っていました。

まぁ、安いなりに耐久性がどうとかって口コミもありますが、この値段でこの性能なら、ある程度の短寿命でもお買い得だったということで諦め付きます。

くせ毛に悩んでいる皆さん。

ヘアアイロン、お勧めです。

50℃のお風呂に入る十和子さん

美容界のカリスマ(と呼ばれているらしい)、君島十和子さん。

50歳になっても「私、これだけ綺麗よ!」というのが売りみたいですが、確かに変わらず美しいです。

まぁ、土台が違うので人の綺麗さはそれぞれだと思いますが、きっと参考にしたいと頑張っている女性も多いのでしょう。

本なども売れているようですし。

その十和子さんが50℃のお風呂に入るというのをトーク番組で話していて、相当びっくりしました。

そこまで暑いお湯は、肌にめちゃ悪いです。

まぁ、ストレス発散のためみたいな感じの話でしたから、美容のためではないというのは確実ですが(誰にもお勧めしませんとおっしゃっていましたし)。

でも、いったいいつ「お風呂を50℃で入ってみよう」って思ったんでしょうね。

やってみる気は、もちろんありません。

死んじゃうかも知れないし!!

十和子さんがやっているからと、マネはしない方がいいです。

少なくとも、美容には絶対に悪いですから。

忘れがちなトイレの神様

日本て本当に面白い国で、家の内外だけではなく、細かく「トイレ」にまで神様がいるってことになっています。

所説あるようですが、新しく引っ越した家の中には、神様たちが集うらしいのですが、遅れてきた神様にいるところがなくてトイレになったという話のようです。

これを考えた人もすごいなと思うのですが、神様のいらっしゃるところなんだから、いつも綺麗に掃除をしなさいというもの、ぶっ飛んだ話です。

それになぜだか分かりませんが、トイレの神様は金運UPの神様らしく、トイレの常に清潔にしておき、いつも蓋を閉めておくことで金運が良くなるとのこと。

「金運UP♪」

なんて思いながら掃除していいのかという意見もあると思うのですが、小林正観さんいわく「人間なんてそんなもの」。

そういう心があっても、それが本当だとなれば感謝もできるようになるのだから、はじめは下心ありでも全く問題ないそうです。

この話を読んだ後で、トイレ掃除も以前より気合が入っています(笑)

そして、毎回開けっ放しだったトイレの蓋は必ず閉めるようになりました。

それ以降、考えてみれば、金運については良いことだらけです。

家賃が1万円下がりました。

時給も自分が思う通りにUPしてもらえました。

いると思うものが自分でお金を出さなくても手に入ることが多いです。

決して、大金が転がり込んだということではないのですが、「なんで?」って思うくらい良いことが続いています。

病気をしてから、なんだかセルフイメージも下がり気味だったのですが、これではいけないと気分を上げる方法も学んだからか、「受け取る」許可を自分に出しているのかも知れません。

この調子でいきますよ。

しゃべくりおばちゃん

最近見つけて、爆笑しながら見ている動画です。

関西の人って、本当に面白い!

最高です。

天地がひっくり返るくらい驚かれた。

この前から書いている婚活・・・私自身は何もしていないのですが、そんなこんなを書いていたら、最近誰とも付き合っていないし、結婚願望はまるでないけど、誰かいたらいいなぁ~と思い始めました。

ご飯を一緒に食べるとか、景色の良いところにドライブに行くとか、そんなことくらいで十分なのですが(なにせおひとり様好きなので、そんなに毎回会う必要ないんですよ)、今はシンガポールにも行かないし、休みの日も家の掃除と洗濯だけで外に出ない生活ですし(まぁ、これは昔からなのであまり変わらないけど)、彼がいた方が楽しいかなと思い始めたわけですよ。

・・・・出会いがあればってFBに書いたら、「あじゃみんの口から(実際には口じゃないけど)出会いなんて言葉が出るなんて、平和な証拠!」って20年来の友人からコメントがありました。

よくよく考えてみると、今は自分が「こうなったらいいな」と思うことがドンドンン叶っているので、欠けているものといえば、彼氏くらいかなって思ったからってこともないので。

そんな感じで返信をしたら、「長い付き合いだけど、今までそんな話を聞いたこともまったくなかったので、天地がひっくり返るくらい驚いた」だって。

酷いわ。

体温め生活続行中

だいぶ気候が良くなってきて、風が心地よく感じるようになりました。

でも、オフィスはなんだか空調がうまくいっていないというか、「今日寒くない?」ってくらい風がビュービュー吹いている日もあれば「暑い!」って思うくらい空気が温まっている時があり、そんな時は1階まで行って外に出て風に当たります。

そんなことができる職場で良かったと思う今日この頃。

でも、病気して以来体を冷やすのがいかに悪いかを実感しているので、生姜紅茶を飲みながら、お風呂につかりながら、体をなるべく温める生活を継続中です。

とはいえ、あまりに暑いとどうしても冷たいお茶を飲みたくなりますよね。

そういう時は、我慢し過ぎるのも良くないので、買っちゃいます。

でも、ゴクゴク飲むのはやめて、少しずつ飲みます。

するとぬるくなってくるので、そのままお茶として飲んで終わり。

ちなみに今日は、新玉ねぎと春キャベツとベーコンのスープが夕食です。
この後、〆に十穀米のご飯をチンして食べようかなと思っています。

それに生姜紅茶を飲んでます。

朝は、生姜ココアを淹れて飲んだのですが、甘味も付け、温めた牛乳も少し入れて緩やかに血糖値を上げてみました(笑)

体調は、毎日絶好調です♪

好きな歌だけ貼っていく・・・それだけのエントリー 日本編

時系列めいっぱい無視♪
好きな順番でもなく、単に見つけた順番(笑)

パートII

かもめが飛んだ日(1978)
渡辺真知子

なんだか知らないけど、カラオケでよく歌ったなぁ~。


唇よ、熱く君を語れ(1980)
渡辺真知子

難しくて歌えないけど、のびのび歌う真知子さんが素敵です。


飛んでイスタンブール(1978)
庄野真代

イスタンブールがどこにあるか、いまだに知りません。


シルエット・ロマンス(1981)
大橋純子

アイペンシルってなんだろう?って思っていた子供の私(笑)


思い出は美しすぎて(1978)
八神純子

この歌唱力。。。
こんな風に歌えたら、きっと気持ちいいでしょうねぇ・・・。


ルビーの指環(1981)
寺尾 聰

ルビーの指輪が欲しかった。
てのは嘘だけど、寺尾聰はオリジナルの時代より、年取ってからの方が良いと思う。 


ハート悲しく(1982)
マーティ・バリン

このビデオが時代を感じるわぁ。
何言ってるのか意味は分からなかったけど、とにかくどこでもこの曲が掛かっていた時代。


ロングバーが閉まっています。

えー、知らなかったぁ~。

9月に行こう(未定)としているので、色々と楽しく調べ始めていたのですが、なんとロングバーが閉まっていました。

改装かなんかでしょうか。
2018年の中頃(つまり来年の中頃)まで、クローズだそうです。

ジェイ・・・。

ムーディックはどこへ行った?

閉まったのは、2月くらいみたいですけど、その後ハウスバンドがどこでどうしているのかは分かりませんでした。

手術する病気をして以来、まったく連絡していないので、生きているのかも謎ですが、まぁ、シンガに行って、通じたら電話してみますわ。

日本からだと色々面倒くさいし、向こうも私には一切連絡してこないので、特に問題なし。

でも、預かっている物があって、それを渡さないといけないので(なのに連絡して来ないジェイさん)、会えないと困るんですよ。

あたしゃ、泥棒にはなりたくないんでね。

困ったもんだ。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »