« 婚活 | トップページ | Macbeth by William Shakespeare »

婚活シニア編

婚活のことを調べていて、案外面白かったのはシニアの婚活です。

若い人たちは婚活の先には明るい未来があります。
結婚したら子供を作って、将来は家を建て・・・みたいな将来の計画などが待っていますよね。

でも、シニア世代は独身だった人も結婚していたけど離婚だの死別だので相手がいないという人たちも、幅はありますが「あと何年生きるのか」って感覚が強いので、ひとりで寂しい老後を迎えたくないってことで相手を探すことが多いみたいです。

そして相手に求めるものも超現実的・・・てかシビア。

今の50代、60代の男性って、家事を自分でしたことがないという人が多いみたいで、そういうことをしてくれる女性というのを相手の条件にする人が多いそうです。

女性は女性で、相手に経済力を求める人も多いのですが、精神的なつながりを求める人も多くて、そんな人が「家事をしてくれる女性」なんて条件を聞いたら、「私は家政婦じゃありません!」と怒ってしまうことも多いとか。

まぁ、分かりますよね。

夢や希望って年齢じゃないのはわかるにしても、いきなり介護要員かよ!って突っ込みたくなります。

それで相手が見つからず、外国人女性を斡旋するところに頼んで外国人女性と結婚し、財産を見事すべて分捕られて逃げられた・・・なんてトラブルも急増中。

アホだねぇ。

また、現実問題として子供がいる場合は「財産分与」の問題が発生するので、入籍は反対されることも多いようです。

まぁ、子供からしたら歳取った親にいきなり相手が現れて財産半分とかそりゃぁないよねってなるのも分かりますよ。

そんな歳で純愛なんて、絶対ありませんから。

まぁ、そういう条件面はしっかりと提示してマッチングしてくれればいいですよね。

そして、ちょっと難しい問題というか、ここの溝はなかなか埋まらないという問題に「アレ」があるそうです。

アレ・・・そう、夜の営み。

例外はあるにせよ、男性の場合、高齢になっても相手に夜の相手も求めていることが案外多いそうです。

でも、女性の場合、多くは「もう卒業」で、本当にお話ししたりお食事したりで満足って人も多いので、そこがトラブルの素になったりするんだとか。

お付き合いして、男性は夜に誘ってみても、女性は「やめてください、いい年をして」ってなるわけですよ。

男と女の間には、なかなか埋められない溝があるんですね。

こればかりは、最初からズケズケ聞ける内容ではないので、とても大切なことですが、難しいです。

私の友人もそういうのがないかどうかは聞きませんけど、夫婦で寝室が別なんて珍しくありません。

「夜はゆっくり寝たいわよ」

というのが共通の意見みたいです。

確かに、そういうのがあってもなくても、ふたりで寝ていると寝返りとかで起きてしまうかも知れないし、ちょっとストレスですね。

歳を取ったからといって、すべてに対して大人の対応ってわけにもいかないんですね。

« 婚活 | トップページ | Macbeth by William Shakespeare »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 婚活 | トップページ | Macbeth by William Shakespeare »