« お好み焼き動画 再UP! | トップページ | 婚活 »

引っ越し断念のあとは・・・

どうしても希望の物件がなかったので、もう更新時期が来てしまうため今回の引っ越しは諦めました。

引っ越しは少なくとも30万はお金がかかるし、断捨離をしたとしても、やっぱり1部屋の狭いところへ引っ越しは無理。

色々難しいですねぇ。

それで、ダメ元だ!と管理会社宛に手紙を書いて(もちろん印刷ね)、大家さんに家賃の減額をお願いしていただくようにと依頼しました。

特にいくら下げてくれという書き方ではなく、今他の部屋がいくらで出しているかというのをこちらが認知しているのを書き、実際に駅からの距離や築年数で他の同じような物件がどのくらいの家賃になっているのかを調べた上で、やはり相場と違うので減額をお願いしたいということを書きました。

その際、付け加えたのは大家さんが良い方なので、信頼できる人からお借りするのが難しくなっているので、なるべくならここでという感じでしょうか。

これはいわゆる“おべんちゃら”ではなく、本当に良い方なのでそう書いただけです。

いきなり入院して家賃が遅れてしまうと連絡した時も管理会社は気にしないでいいですよとは言ってくれたのですが、大家さんにしてみればなに?ってなるはずですよね。

でも、道で会った時も「家賃のことなんて気にしなくていいから、大事にしてください」と言ってくれたんですよね。

それに何かあった時も修繕とかそういうのもちゃんと対応してくれますし。

今、いい加減な管理会社もあるし、賃貸関連のトラブルってかなり多いみたいなので、なかなかこういう良い大家さんに当たるのも難しいし、保証会社を使うところも多くて、それもまた闇金業者かみたいな取りたてがあったりして、国交省も対策に乗り出しているほどです。

延滞したのは自分だから、そういうのも仕方ないって人も多いみたいですが、きちんと法に則ったやり方ならいいと思いますが、大声で威嚇してドアを叩き続けるとか、張り紙したりとか、果ては勝手に入って家財道具を運び出し、鍵を換えてしまうとか、普通、保証会社にそんな権限はないのですが(保証会社は家賃が遅れた時の保証をするために契約しているだけで、賃貸契約しているわけではないので追い出す権利はないんです)、まるでや○ざみたいなんですって。

それが何か月もっていうのだったらまだしも、数日遅れただけでも電話の嵐で、事情を説明しても「そんなの関係ねー!」みたいに怒鳴られたり。

こんなのがのさばっている社会ってどうなのかと。
かなりの苦情が寄せられていることから、国交省が「優良業者」と認めた会社を一覧で出すということになってきているらしく、それがあってから今まで闇金業者みたいなことをしていた会社が急におとなしくなったんだとか。

どうも、元サラ金業者がこの事業に参入しているというのも多いらしく、元の資金が豊富にあるわけではないため、自転車操業。
つまり、入ってくるお金が遅れるとたちまち困るような会社も多いらしいのです。

こんなのが入ってきたら、私みたいに病気で仕方なくなんて理由でも「ざけんなよ!」なんて電話がかかってくるんでしょうかね。

これ、管理会社や大家さんが承知していてもダメなんですって。
まぁ、立て替えているのは保証会社なので、そうなんでしょうね。

なんか、保証会社の話になっちゃいましたけど、これは私の更新のお話でして(笑)、交渉の結果、家賃1万円の減額となりました!!

管理会社の人が「いやぁ、びっくりしましたよ。普通下がるといっても2~3000円で、1万円下がることなんてないんですよ。あじゃみんさんだからって大家さんも言ってましたし。いつも滞納もなくきちんと払っていらっしゃるからだと思います」と言ってました。

とりあえず、1万円減額だったら、ここら辺の物件と同じ相場なので、ホッと一息です。
感謝。

« お好み焼き動画 再UP! | トップページ | 婚活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お好み焼き動画 再UP! | トップページ | 婚活 »