« バカにできないサプリ | トップページ | 東京タラレバ娘 »

恋妻家宮本

えー、超がつくほど頑張って探していた新居ですが、全然良い物件というか納得できる物件が見つからず、今回は断念しました。

断捨離もあまりの寒さに途中でというのは変わっていなくて、「あー、この状態で死にたくない」って思っています(笑)

汚部屋女というレッテルを貼られて死ぬのは嫌ですもん!(じゃー、早くやれよ by 心の声)

さて、先週の水曜日のレディースデーは、「恋妻家宮本」を見てきました。

家政婦のミタとか多くのヒットドラマの脚本を書いた遊川和彦さんの初監督作品だそうです。

実をいうと、水曜日に「ああ、今日はレディースデーだな。何か観ようかな」と思って二子玉川の109シネマズのサイトを見て、一番早い時間の映画がこの恋妻家宮本だったんです。

阿部寛と天海祐希が出ているという以外、正直「中年夫婦の危機」くらいしかわかっていなかったので、観たかったというほどではないのですが、他はみんな21時過ぎとかなので「特に観たい映画ないからいいか」ということでの鑑賞でした。

カード会員になっているので、2D映画はゴージャスな座席も通常料金なので、ゆったりした席のど真ん中を予約。

適当に時間を潰して、10分前に入場すると「あれ?」。

誰もいない・・・・。
もしや貸し切り?!

・・・なんて思っていたら、あとから数人の人が入ってきました。

こうなったらこの広い劇場を独り占めか!なんて思っていたのでちょっとがっかりしましたが、それにしてもせっかくのレディースデーなのにこの客の入りってどうなのかと。

まぁ、時間が遅いからってだけかも知れませんけどね。

さて、感想はというと、結構面白かったです。
単に夫婦の物語というわけでもなく、教師としての陽平(阿部寛)の生徒とのかかわりとか、料理教室で一緒の女性ふたりとの絡みとか、ちょっとした脇のエピソードが面白かったです。

阿部寛のダメっぷりも本当は凛として綺麗な天海祐希のおばさんぷりとか、結構注目です。

しかし、20年以上も一緒に暮らして、ドキドキする夫婦なんているんですかねぇ・・・。
誰かに聞いたことないから、誰か教えてください(笑)

私は結婚もしていないから物語としての映画鑑賞でしかなかったですが、結婚して長いカップルが観たら、また違った色々な感想が聞かれるかもねって感じです。

映画としてはまずまずでした。

【あらすじ】
子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまう。ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平は激しく動揺するが、美代子に意図を聞き出すこともできず悶々とした日々を過ごす。混乱しながらも陽平は、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

« バカにできないサプリ | トップページ | 東京タラレバ娘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バカにできないサプリ | トップページ | 東京タラレバ娘 »