« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

頑張れ熊本

熊本地震以降、自分にできることはどういうことだろうと考えると、微々たる額でも今は寄付とかそういうことしかできないなと思っていました。

でも、募金とかって路上でやっているのは詐欺もあり得るし、日赤もあまり評判はよろしくない。

少額といえども、ちゃんと被災した方とか復興に使ってもらえないのでは悲しいなと。

それで、ここのところずっと「私の超少ない額だけど、真心でする寄付が目に見えて分かるように」と思っていました。

とはいえ、なかなか知恵もわかず、何もできずにいたのです。

今日の夜、会社のメールで回って来た熊本のお店の従業員の方へのお見舞金というので、「これだ!」と思いました。

熊本の店舗の方も被災した方がたくさんいらっしゃるのですが、その中で1人はご自分のマンションが住めなくなってしまい、こんな大変な中引っ越しをした方がいらっしゃるため、会社の補助も限られているから、任意でカンパを募り、お見舞金にするとのこと。

これなら、その方に直接手渡しされるわけですから、願っていたことにぴったり!

すぐに紙幣を紙に包んでお渡ししました。

本当に少額ですが、他の方の分と一緒にその方にお渡しいただけるので、良かったです。

さよならパヨク

千葉麗子さんの「さよならパヨク」という本を読んでいます。

東日本大震災で起こった原発騒動をきっかけに福島出身の彼女が「子供たちを守りたい」という純粋な思いから、反原発運動に参加したものの、関わった人たちが排他的な左翼運動家でしかなかったこと、運動がビジネスだったり政治利用だったり、そしてデモや○○反対運動を生活の糧にしている人々などを知るにつけ、心から嫌気がさし、その人々と決別した詳細が語られています。

まだ、半分までしか読んでいませんが、反○○運動だのやっている人たちが決して純粋に国や人のことを考えているわけではなく、自分たちの考えや行動lを絶対視し、それに賛同しない者は悪であると決めつけて排除するという、例えば「レイシスト」に反対しているのに、自分がレイシストやないか?という普通なら誰でも気づきそうな事柄に目を背け、ひたすら人や政府をののしり続けている団体が劣化した左翼=パヨクだというのはよくわかりました。

また、そういう活動にはほとんどと言っていいほど「共産党」が関わっていることもよくわかりました。

千葉さんは、今では反省していると言っていますが、元々は親として子供を守りたいという思いから、「原発に反対しなくては!」と思って、活発に活動していた左翼団体のデモに参加してしまったようです。

でも、段々と「自分たちのことしか考えていない」人々に疑問を感じたり、トラブルで辞めていく人たちが増え、残ったのは共産党の関係者や党員ばかりになってしまったというのを読んで、いまのSEALDsをバックアップしているのが共産党というのも、わかるなぁ~と納得の内容でした。

左翼って、平和とか安全とか愛とか人権とか人が大切にしなければいけないことを口では言いながら、実はその平和とか安全を脅かしている存在だったんですね。

その良い例が最近の沖縄の反米軍の団体ですよね。
オスプレイ導入に反対するのは別に自由ですけど、熊本の大地震でオスプレイが緊急輸送をしてくれましたが、相変わらず基地の周辺で反対運動をしている人々。

あるジャーナリストが「今はこんな時期なんですから、地震が収まるまで控えてくれませんか」と礼儀正しくお願いしても、まったく聞く耳を持たず、馬鹿にしたような反応をしている姿を見て、こいつら本当におかしいと思ったものです。

同じ日本人が苦しんでいる時、助けてくれている人たちに考えは違っても少しは敬意を払うのが人としての情というものだと思うのですが、その気持ちすら持ち合わせず、自分たちの主張だけを訴え続ける様は、かなり不気味でした。

千葉さんも左翼団体と決別した後、かなり酷いいやがらせを受けたそうですが、こういうのを聞くだけで、左翼がいかに(身体的暴力だけではない)暴力的な団体かがわかります。

また、一般の人たちでも、そういう声に扇動され、わからないままに「反原発」だの「反安保法案」だのと声を上げている人たちもちょっと始末に負えない気がします。

やっぱり、くまモンがいなくては♪

3週間の沈黙を破り、子供の日に復活したくまモン。

その姿を見て、涙したのは私だけではないはず!

中の人もきっと被災していたはずなのに、子供たちのために復活してくれました。

下記の動画は、その動画ではないのですが、かなりウケたので( ´艸`)


そろそろ復活しようかなと・・・

病気その他の色々なことがあって、メインブログだった「恋するシンガポール」を休止し、とくに読む人もそういないこの地味な内容のつぶやきブログをメインにしてから早1年ちょっと。

実際、シンガポールに行くチャンスもほぼなかったこともあり、最初は「シンガ欠乏症」だった私ですが、時の経つ速さに負けて、いつしか「また行ける時もあるかもね」という感覚に変わっていきました。

とはいえ、実際にはどうしてもシンガポールに行かなくてはならない理由があるので、いつ行こうか、行けるのかというのはずっと頭の中にありました。

面白いもので、きっかけというのは思いもしないところからやってきました。

以前の職場の後輩から、ある日「○社のAさんがシンガポールに転勤されるそうです」とLINEが入ったのです。

後輩は「これはもう遊びに行くしかないですね」と書いてきて、「確かに、それなら行かなくちゃ」と私も答えました。

後輩と行くのは10月以降になる予定ですが、なんかこのことがきっかけで、シンガポール旅再開してもいいかなって気になってしまいました(笑)

ただ、4月までの短期の派遣の仕事が終わり、次はまた3ヵ月という短い仕事(短期はどうかなと思ったのですが、条件がめちゃめちゃ良かったので決めました)だから、予算的なこともあってどうかわかりません。

でも、結局行ってしまうかも(笑)

シンガ旅を再開したら、ビデオや写真などを多く撮りたいですね。

私が行かなくなってから、また色々と変わっていると思うので、楽しみです。

空港でのカート盗難について

韓国の仁川空港の職員が、日本の中部国際空港でカートを盗み、分解しようとしていたとの報道がありました。

空港職員がいったい何のためにそんなことをしたのだろうと首をかしげました。

「構造を知るために分解しようとした」っていうんですけどね、仁川空港にカートってなかったんでしょうかね。

仁川空港は、何度か利用していますが、覚えていません(使ったこともないし、確かに見たことないですが・・・)。

どうも、そのカートの構造を知って、韓国で会社を立ち上げたかったと言っているようです。

でも、中に爆弾を仕掛けるとか、テロの可能性(その人がそうというより、協力者だったりした可能性)もあり、厳しく追及して欲しいですね。

こんなこと言ってはなんですが、なにせ、犯人は韓国人ですから。
サミットも近いですし、世間を騒がせてやろうとか、靖国神社の爆弾事件もありますしね。

ところで、そのニュースを読んだ時に「カート(約5万円)」と書いてあり、「あのカートって、1台5万もするんだぁ~」とびっくりしました。

大量購入で値引きとかあるのかもしれませんが、それにしても高いんですね。

盗難のニュースより、実はそっちの方に驚いた私でした。

ゴールデンウィーク折り返し、最近の引き寄せ

大型連休も半ば、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

なんて、この地味ブログを連休中に見る方もいらっしゃらないでしょうけど(笑)

基本、ダラダラしていますが、何もしないというのもなんだから、超久しぶりにジェルネイルをしに行きました。

そして、4日は新大久保で「昼飲み」(笑)
サムギョプサルのランチで、ビールやらモヒートやらを飲みましたよ。

さて、引き寄せ話も久しぶりですが、1月~4月までの期間限定の派遣仕事が終わりに近づいた4月の半ばに5月9日からの仕事が決まりました。

といっても、3ヵ月限定のアルバイトなのですが、深夜残業などでかなりハードだった日々で疲れたし、少し落ち着きたいというのがあり、「自分の条件にぴったりだったら、特に短期でもいいや」と思っていたのです。

引き寄せは「具体的」で「自分が心から信じられる」内容なら叶います。
最近は、あまり色々とお願いすることはないのですが、どうしても叶えたいことがある場合は、手帳にしっかりと書いています。

5月からの仕事について、私がノートに書いていたのは、

1.「人間関係が良い環境」で、楽しく仕事ができる。
2.時給は、いくら(具体的に書いていますが、控えます)

でした。

行先は、実は年末まで働いていた化粧品会社です。

ある理由で短期のヘルプを必要としていて、その担当者(指揮命令者になる人)が、「あじゃみんさん、来てくれないかな」とずっと言っていたようで、たまたま同じ部署の人と中華街でランチの約束をしていたので4月で今の仕事が終了と話したら、その話をされました。

ただ、私が派遣されていた派遣会社は、なぜか出入り禁止となり、今は別の派遣会社が独占状態なので、同じ派遣会社では戻れないとのこと。

それはさすがに困るし、正直今の派遣会社の時給では、とてもじゃないけどやる気になれないと話しました。

すると、では、アルバイトで時給も今(4月までの会社)より多く出す!というので、自分の希望をノートに書いたのよりちょっと高めに言ったら、「OK!」となり、決まってしまいました。

人間関係はとても良いところだったので、楽しく仕事ができるというのは前から分かっています。

その時給って、正直言ってそんな短期のヘルプ仕事でもらえるはずのない高さなので、ちょっと信じられない額なんですよ。

まぁ、3ヵ月の短期だから、向こうも出すって言ったんでしょうけど(笑)

実際には、派遣で長期の仕事が決まったらお断りするからと言って、別に探してはいたのですが、紹介された仕事がどれも条件に合わなかったので、結局引き受けることになりました。

慣れたところだし、短い間ですが楽しんで仕事をして、また長期の仕事を探すつもりです。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »