« プロってすごいなぁ~と思った話。 | トップページ | お見合い大作戦 »

悲しみを作り上げるメディア

今年の2月6日に、台湾南部で大きな地震がありました。

100名以上の犠牲者が出て、ご家族や大切な人を亡くした方の悲しみはとても深いと思います。
慎んでご冥福をお祈りいたします。

関連した情報を読んだりしていて、現地で援助・支援活動をされている方の情報を見ると、まずは現場の状況を把握することが大切なことだと分かります。

そんな中で、現地在住の日本人のブログが紹介されたものがありました。

その中で気になったのは、現地のゲストハウスのオーナーにかかってきた日本のメディアの取材内容です。

確かに100名以上の犠牲者が出たことは、小さなことではありませんが、現場の人にしてみれば
東日本大震災の規模からしたら、まったく比べられるほどの規模ではなかったので、そのように答えると、なんだか納得しないような感じだったみたいです。

もっと被害が大きかった方が良かったのか?と思ってしまったようでした。
色々な報道を見るにつけ、軽く済んだらいけないの?と思うようなことも確かに多いですね。

メディアに先導されることなく、真実を見極める目を持ちたい。
難しいことですが、簡単に情報にアクセスできる時代だからこそ、肝に銘じたいです。

« プロってすごいなぁ~と思った話。 | トップページ | お見合い大作戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロってすごいなぁ~と思った話。 | トップページ | お見合い大作戦 »