« 派遣社員として働く日々  ~お仕事紹介はあるのか~ | トップページ | 悲しみを作り上げるメディア »

プロってすごいなぁ~と思った話。

俳優の小西博之さんが、バラエティ番組で腎臓に20㎝もの大きな癌が出来て、即死してもおかしくないくらいの状態から完治された話をしていたのですが、通常、症状が出てくるのは7㎝くらいで、そんなに大きな癌は日本でも5番以内に入るといわれたそうです。

ご本人は、そこまでなるまで「ちょっと体調がおかしい」と思ったくらいで、特に気にしていなかったそうですが、ある日、ご飯を炊くにおいがダメになり、次にはご飯自体が見るのも嫌になるほどだったとか。

ただ、たばこを止めてから15㎏も太ってしまった体重を落とそうと、ダイエットしていたこともあり、だんだん痩せていくのも、どこからが減量か、どこからが癌が原因かは今思えばわからなかったようです。

ご本人がそんな感じですから、周りの人も気づいていなかったみたいですが、たったひとりだけ、小西さんの体調の変化に気づいた方がいらっしゃいました。

それは、ドラマ撮影の現場でご一緒した録音部の方でした。

小西さんは番組で「録音の大将が」と言われていましたから、ベテランの方なんでしょうね。

その方が撮影が終わった時に「小西、ちょっとおいで」と自分のところに呼ばれ、「お前、病気ちゃうけ?」と聞かれたので、その時はまだ自分が病気になっているとはまったく思っていなかった小西さんは「いやいやいや、全然大丈夫ですよ!」と答えたのですが、大将は「いや、お前の声は癌の声や」と言われたそうです。

それからほどなく血尿が出たため、「自分は病気だったんだ」と気づいて病院に行き、ステージいくつとかそんなレベルではなく、余命を聞いても「即死」と言われるほどの状態だったそうです。

手術で取ってもリンパが腫れていたので、ご家族には「全身に転移していると思われるので、絶対無理です」と言われていたそうです。

それが転移もまったくなく、3か月ごとに検診を受けながら5年経って「完治」と言われたとのこと。

それもすごいけど、癌と見抜いた録音部の大将の話にびっくりしました。

ずっと俳優さんたちの声を聞いていて、その中にはきっと病気の方などもいらしたんでしょうね。

そして、癌にかかった人には独特の何かがあり、それを聞き分けられたのだと思います。

すごく印象に残ったお話しでした。

« 派遣社員として働く日々  ~お仕事紹介はあるのか~ | トップページ | 悲しみを作り上げるメディア »

コメント

あじゃみんさん、お久しぶりコメントですm(__)m
しばらく更新されてないなぁと思いつつもちらちら見てて
「お!復活!(いつの話やねん(^^;;;)」と思ってたんだけど~
いつも真夜中に見てたので、コメント控えてました…えぇ、今も十分遅い時間(笑)

録音部の方というか、音を生業にされてる方って本当にすごいと思います。
昔、音響関係の方と一緒に仕事をすることがあったのだけど
別件で会社名を出さずにその方に電話をする機会があって
「きみ、○○ちゃんだろ?」とズバリ当てられたことがありました(O.O;)ビックリ!
まぁ私の声がやや特徴的ということもあったのかもだけど
それでも電話越しに、会社名も違うはずなのにそう言えるってのがすごいなぁと。

コニタン、気づいて完治(!)されてよかったし、大将もホッとされたでしょうね。

かにたまさん、こんばんは。

私の返信も結構遅いです(笑)
ちょくちょくブログはのぞかせていただいていますが、
コメントしていないので、お久しぶりって感じですね。

本当にこの話はびっくりというかすごいって思いました。
20㎝の末期癌でも転移もなく完治っていうのもすごいですけど
「癌の声や」なんて・・・・。

本当に良くなって、大将もホッとされたと思いますよ。

面白おかしくお話しされてましたけど、退院して振り返って、
病院の建物を見て泣き崩れたっていうのを聞いて、ちょっとウルッときちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 派遣社員として働く日々  ~お仕事紹介はあるのか~ | トップページ | 悲しみを作り上げるメディア »