« 頭の体操をしていたら。 | トップページ | テネリータがやってくる。 »

スタバのコーヒーを上海で飲むと・・・。

友人の夫が上海に赴任して2年。

ちょこちょこと訪ねては世話をしているそうですが、物価を聞いて超びっくり。

スタバのドリンク(例えばラテとか)は、日本円で370円とかですよね。
最近、会社のカフェでしか買っていないので、忘れちゃいましたが・・・。
それが700円くらいするんだそうです。
未来世紀ジパングで中国特集を見たのですが、その時そんなことをやっていて、本当か聞いてみたら、本当だったというわけです。

でも、スタバは長蛇の列。

それ以外も本当になんでも高くて、たぶん上海は特にそうみたいですが、「中国は安いって昔のイメージで行くと大変なことになる」って言ってました。

今、インバウンド効果で百貨店などの売り上げも上がっているそうですが、中国は輸入関税が非常に高いので、高いものが欲しい場合は、飛行機代をかけても、中国で買うより何割も安く買えるので、爆買いになるみたいです。

一方、バブル終焉らしく、海外の企業の経営者の夜逃げが頻発しているみたいで、日本人経営者や社員が中国人職員に27時間監禁されて退職金を要求されるという事件もあったようです。

チャイナリスクと呼ばれるものですが、私たちが常識と思っていることが通じない社会なので、思ってもみなかった出来事が起こるものですね。

中国を愛して、長年住んで日本語教師をしている方のエッセイなどを読んでも、ちょっとでも多い収入を得るためになんの迷いもなく次の日から来ないで転職とか、普通みたいですし。

シンガポールでも華僑はとにかくお金の話です。
どうやったらお金が儲かるかという話題とか、持っているものはいくらしたのかとか。。。
不動産の価値はどうだとか、日本人同士でまずしない話ばかり。

友達によるとそういう話題は「普通の会話」なんだそうです。
日本人が嫌がるというのは私からはっきり言っているので、私にはしないですけどね。

« 頭の体操をしていたら。 | トップページ | テネリータがやってくる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の体操をしていたら。 | トップページ | テネリータがやってくる。 »