« シンガの幸福度 | トップページ | 終戦の日と日本人 前編/後編 »

まずはこれを読まなくては・・・でも、ない。

月1回というスローペースで続けているカウンセリング学習。

最初は、体験学習という決まったテキストがあるわけでもない、とりあえず話しましょう的な内容に戸惑っていましたけど、最近だんだんとその良さが分かってきました。

認定カウンセラーである世話人のおふたりと話したら、「いろいろとコースを分けているけど便宜的にやっているだけで、もしあじゃみんさんがこういうことをやりたいということがあれば、希望を出していいのよ」と言ってくださり、私はより深いところに進みたいので、テキストも使いたいという話はしてきました。

すべてではないのですが、そのカウンセリングセンターの学習の基礎になっているのは、カール・ロジャースです。

すでに故人ですが、センターの創設者の方が実際にお会いしてもいるそうですし、ロジャースの論文を全集として翻訳もされているのです。

それで、別のクラスではその全集の中から、第2巻の「カウンセリング」を読み、カウンセリングについてより深い理解を得るために勉強するそうです。

体験学習の世話人の方がこの本はカウンセラーを目指すならぜひ読んだほうがいいと言ってくださったのですが、今は出ていないみたいで、古書などでたまに出てくるのを待つか、センターのを一部コピーするしかないとのことでした。

確かにネットで検索しても、一部は出てくるのですが、肝心の第2巻はなくて、とりあえず他のでもいいかなぁ~と思っていたのですが、会社でちょっと休憩ってときになんだか知らないけど検索してみようとやってみたら、見たこともない古書を扱ったサイトが出てきて(この前までは検索しても全然出てこなかったのに)、ロジャース全集の第2巻だけが売られていたんです。

しかも、1800円(税込)という安さで。
定価は2800円なんです。

もちろん、USEDだし結構古い感じですけど、読めないと思っていたのですから、恩の字です。

また引き寄せてしまった(笑)

« シンガの幸福度 | トップページ | 終戦の日と日本人 前編/後編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガの幸福度 | トップページ | 終戦の日と日本人 前編/後編 »