« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

若さの分岐点

もう結構前のことなのですが、62歳になる友人と久しぶりに会ってご飯を食べました。

62歳と歳だけ聞くと、結構なおばあちゃんという印象かもしれませんが、ずっと働いてる方だからか、見た目も50代で通るし、おしゃれなので若々しいです。

決して若作りをしているという感じではなく、自然に若く見える感じです。

15年くらい前からの知り合いだし、歳が上だからとか下だからみたいな考え方もない方なので、お友達口調でしゃべってます。

その方には、2つ下の妹さんがいらっしゃるのですが、「妹がこの前還暦になったから、記念にって同級生と集まりがあったのよ」と言って、その時に妹さんから送られてきたという写真を見せてくれたのですが、これがびっくり!

妹さん含め3人の女性がにっこり笑って写っていたのですが、妹さん以外の2人を見て「えっ?!この方たち本当に妹さんと同い年?!」って思わず口にしてしまったんです。

あまりの老け具合に絶句してしまいました。
2人とも70代と言われても、驚かないくらい。

妹さんは、3人子供を産みましたし、主婦もやっていましたが、残念ながら離婚されてしまったので、ずっと仕事をして子供を育ててきました。

養育費はちゃんと貰っていたそうですが、それでもフルタイムで働いて男の子を育てるのは、かなり大変で苦労も多かったはず。

でも、他のおふたりと違って、張りがあるというか、気持ちが顔に出ているのか、本当に50代半ばといってもまったく疑われないくらいでした。

私には、60代の友人がまた別にもいますけど、その人は外見はそれなりに60代に見えるのですが、そんなに「歳」というのを感じたことがないくらい、年齢がバラバラの友人みんなで会った時も違和感なく普通の友人同士の会話をしています。

この方もずっと第一線で働いていて、定年後は社会奉仕的な施設の職員としてバリバリ働いています。

おばあちゃんとか、そういう雰囲気はまったくありません。
独身というのもあるのかもしれませんが・・・。

だから、友人の妹さんが還暦になったと聞いても、「ふーん、そうなんだ」くらいな感覚だったのですが、写真を見て「これは、まぎれもなくおばあちゃんだよね」とかなり驚いてしまいました。

また、会社で50代半ばくらいの女性って結構多いのですが、やっぱりそんなにおばあちゃん的な人は一人もいないので、今回のことはショックでした。

専業主婦だからという人はいるかもしれませんが、私の幼馴染はずっと専業主婦ですが、やっぱりそういう老けた~みたいな感じはありません。

家ではラフな格好をしていますが、出かける時はちゃんと考えて洋服を選んでいるというのもあるかもしれませんが・・・。

だから、専業主婦だからみんなが老けるってことはないと思うんですよね。
美醜の話でもないですし。

いったい、この分岐点はどこなんだろう?

それ以来、ずっと考えていますが、まったく答えは出ていません。

引き寄せた500円

昨日は、1年ぶりの稲川淳二の怪談ナイト。

2階の最後列だったのですが、稲川さんが真ん前に見える良い席でした。

会場に行くまですっかり忘れていたのですが、赤坂ブリッツというライブハウスでやることになったからか、入場の時にドリンク代500円を別途支払わなくてはならず、それで飲み物をもらって入場しました。

普通の会場ならないことなので、なんだかなぁ~という感じでしたけど、それじゃないと入れないので、仕方なく払ったわけです。

それに会社でお茶も飲んでいたし、冷房の効いた中で飲んで途中でトイレとかもったいない(実際に結構席を立つ人が多かったです)ので、ジンジャーエールを頼みましたが、ほとんど飲まずに退場の時に捨てました。

せっかく赤坂サカスにいるのだから、Bizタワーの地下にある海南鶏飯でチキンライスが食べたいと思って、地下に下りました。

その時はあまり考えていなかったのですが、そこから偶然にしてはとっても都合良くなにもかもが回りました。

まず、トイレに行きたかったので、地下のトイレに行くにはこっちのが近い・・・・と最初に赤坂駅から出たb3出口の階段ではなく、ちょっと先のBizタワーから入って地下に行き、海南鶏飯の手前のトイレに入る。
(だから、実際には結構遠回りだったのに何故かそっちまで行ってしまった)

出たところからは、すぐ先がお店だったが、マーライオンでよく中が見えない海南鶏飯の前の店が閉店だったので、海南もかと思い、元来た道を戻ってしまった。

ふと「閉店時間同じなのかな?」の疑問が浮かぶ。

そこで、壁にあった店舗MAPを見ても営業時間は書いておらず、やはり諦めるかと出入り口に向かったら、パンフレット発見。

パンフレットを見て、営業時間は23時までなのと、当日のチケットを見せればドリンクが無料になることを知る。

お店でチケットを見せると、500円のソフトドリンクの中から選んでと言われる。

嫌々払った代金と同じ500円!

もちろん、さっきとは違ってご飯を食べる時だったので、ウーロン茶を頼んで最後まで飲みました。

なんか、面白い引き寄せでした(笑)

久しぶりのチキンライス

Dsc_0283

本日は、年に1度のお楽しみ、稲川淳二の怪談ナイトでございました。

今までの日本青年館が移転のためなくなり、メルパルクホールだけかと思っていたら、
赤坂ブリッツでやるというので、そちらにしたのですが、せっかくサカスに行ったのだから
海南鶏飯でチキンライスだ!と、終わってから寄りました。

赤坂ブリッツでのチケットの当日券を持っていくと、ソフトドリンクが1杯サービスだったので、
ウーロン茶をもらいました♪

でも、ちょっと残念だったのは、以前より確実に味が落ちてました。

ソース類も少なくて、経費削減なのかな?って感じ。

まぁ、久しぶりだったから良かったのは良かったんですけどね。

これは美味♪ ビーガンレストラン@新宿三丁目

先週の水曜日に実柚さん紹介のビーガンレストラン、アインソフ ジャーニー (AINSOPH.JOURNEY)に行ってきました。

ビーガン(vegan)とは、絶対菜食主義者・純粋菜食主義者のことで、いわゆるベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いのですが、ベジタリアンが卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしないという徹底ぶり。
とはいえ、個人差はあるみたいですけどね。

厳格な人になると着ている物も動物の皮を使ったものとかウールとかは絶対着ないという人もいるみたいです。
これは、レーヨンなどの代用品があるから出来る、ある意味贅沢な感じですね。

新宿駅東口からも歩けますが、最初だけちょっとわかりにくいので、新宿三丁目駅C5出口の目の前という立地のため、そこから行った方が分かりやすいです。

私は西新宿から新宿西口まで歩いて30分近くかかったので、歩いていこうとしていたのをギブアップして電車で一駅。

それだけでも汗だくだったのに、通された2階がエアコン不調で冷房が全然効いておらず、死にそうになりました。

数分後に到着した実柚さんも「なにここ、暑いわね」とびっくり。

笑顔まったくなしの店員さんに聞いたら、「壊れていまして、申し訳ありません」と棒読みで言われました。

まず、注文したのは、ベジタブルスープ(トマトベース)、ベジミートの唐揚げ、トルティーヤ。
デザートはお腹の具合を見てということで後にしました。

そりゃぁ、全部野菜なんですけど、こういう頼み方をしたら、とりあえず出てくるのって、スープや野菜が先じゃないですか?

でも、最初に出てきたのは、唐揚げ(笑)

Dsc_0257

しょうがの風味が効いていて、とっても美味しかったです。

Dsc_0262

これは、めっちゃおすすめのトルティーヤ。
野菜たっぷりで、皮は全粒粉と天然酵母を使っているそうですよ。

中に入っているチリコンカンも、エスニックな風味でアクセントになっています。

書いているだけで、お腹が鳴ってきました。

Dsc_0267

待てど暮せど出てこなかった野菜スープ。
「野菜スープ頼んだんですけど」と言ったら、すぐ出てきました(忘れられていた模様)。

お盆の週ということもあって、いつもは満席の店内がわりと空いていたのですが、サービスのレベルは????という感じでした。

すごく混んでいたのであれば、わかるんですけどねぇ。

店員さんのレベルもバラバラでした。

すごく良い感じで、てきぱきしている人もいたのですが、なんか残念。
せっかくこんなに美味しい料理を出すお店なのに~。

Dsc_0269

最後は天上のパンケーキ♪
これは旨い!!

卵も乳製品も一切使っていないのに、このふわふわ感。

ホイップも豆乳、レーズンの入ったアイスも豆乳だそうです。

めっちゃお腹いっぱいになって、大満足。
でも、基本全部野菜なので、もたれることもなく、内臓洗われた~って感じでした(笑)

とはいえ、この時期に冷房が効かないのは辛かった・・・。

もう、直ってるといいなぁ~。

また行きたいです。

終戦の日と日本人 前編/後編


まずはこれを読まなくては・・・でも、ない。

月1回というスローペースで続けているカウンセリング学習。

最初は、体験学習という決まったテキストがあるわけでもない、とりあえず話しましょう的な内容に戸惑っていましたけど、最近だんだんとその良さが分かってきました。

認定カウンセラーである世話人のおふたりと話したら、「いろいろとコースを分けているけど便宜的にやっているだけで、もしあじゃみんさんがこういうことをやりたいということがあれば、希望を出していいのよ」と言ってくださり、私はより深いところに進みたいので、テキストも使いたいという話はしてきました。

すべてではないのですが、そのカウンセリングセンターの学習の基礎になっているのは、カール・ロジャースです。

すでに故人ですが、センターの創設者の方が実際にお会いしてもいるそうですし、ロジャースの論文を全集として翻訳もされているのです。

それで、別のクラスではその全集の中から、第2巻の「カウンセリング」を読み、カウンセリングについてより深い理解を得るために勉強するそうです。

体験学習の世話人の方がこの本はカウンセラーを目指すならぜひ読んだほうがいいと言ってくださったのですが、今は出ていないみたいで、古書などでたまに出てくるのを待つか、センターのを一部コピーするしかないとのことでした。

確かにネットで検索しても、一部は出てくるのですが、肝心の第2巻はなくて、とりあえず他のでもいいかなぁ~と思っていたのですが、会社でちょっと休憩ってときになんだか知らないけど検索してみようとやってみたら、見たこともない古書を扱ったサイトが出てきて(この前までは検索しても全然出てこなかったのに)、ロジャース全集の第2巻だけが売られていたんです。

しかも、1800円(税込)という安さで。
定価は2800円なんです。

もちろん、USEDだし結構古い感じですけど、読めないと思っていたのですから、恩の字です。

また引き寄せてしまった(笑)

シンガの幸福度

今年建国50周年を迎えたシンガポール。

放置され、朽ち果ててしまいそうだった建物を日本の技術で復活させ、美しく生まれ変わった街並みを見たいなぁ~と思っている今日この頃です。

そのシンガは、国連の幸福度調査というので、158か国中24位となりました。

この調査は、国民1人あたりの実質GDP(国民総生産)、健康寿命、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、寛容度など8項目から割り出し、最高点は8点満点となるそうです。

もちろん、上位は北欧諸国(高負担で高福祉)。

でも、東アジアとアセアン諸国限定で見ると、シンガポールは堂々の1位です(笑)
次はタイ(世界では34位)、その次が日本(でもまぁ、158か国中でいえば46位(笑))でした。

確かに、このところのシンガの快進撃は目を見張るものがありますね。

とはいえ、それでも24位というのは、シンガが激烈な競争社会であることで結構しんどい社会という側面もあります。

何も資源がないシンガは、教育こそ財産とばかりに、子供たちの教育には非常に熱心です。

結構、小さい頃に篩にかけられて、大学まで行くのは大変なんですよね。

昔、一緒に働いていたのがシンガポール人だったのですが、オーストラリアの大学を卒業したと聞いて、なんだかすごいなぁ~なんて思っていたのですが、「シンガポールの大学に進学できなかったらしいよ」って聞いて、「おやまぁ、そんな国なの?」と思ったのを覚えています。

その方はとっても優秀な人だったのですが、そんな人でも自分の国の大学に行かれないのか~と複雑な気分でしたね。

そういえば、ジェイが「自分は大学に行っていない」って、ちょっとコンプレックスみたいなことを話していたのですが、「あなたミュージシャンなんだから、別に大学に行く必要ないでしょ」って言ったら、笑ってましたっけ。

やっぱり、学歴社会ってどの国も同じなんですね。

似て非なる ボボチャチャ

Mariさんが教えてくださった情報で、成城石井にあるというボボチャチャの中国語読み、モーモーチャーチャー。

日曜日にOggiと会った時、二子玉川のTokyu Food Showと同じところに成城石井もあったなと覗いてみました。

あった!

こじゃれたケースとかではなく、普通のスイーツが置いてあるボックスにちょっとずつ置いてあったのが笑えます。

Dsc_0245

しかも、増量って書いてあります(笑)

Dsc_0246

どうやら、サツマイモなどが入っているようです。

白いのは白玉(成城石井では、自家製羽二重餅と言っています)。
下側は、ココナツブランマンジェだそうです。

Dsc_0248

イモ類とココナツブランマンジェの間には仕切りがあるので、それを取り除くと出来上がり。

早速いただきます!

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

旨い・・・・。
美味しい・・・・。

なんとも言えない上品な甘さの高級スイーツ。

でも、これはボボチャチャか?!

いや、まったくボボチャチャの雰囲気なし!

マレーシアのデザートって売りですけど、シンガじゃなくたって、こんな上品なスイーツの訳がない!!

ああ、シンガのあのボボチャチャが食べたい!

・・・いや、でもこれは美味しいよ♪

Oggiもびっくり(笑)

昨日の夕方、Oggiと二子玉川で待ち合わせをしてお茶しました。

元々は、7日に約束していたのですが、Oggiから「親戚から桃が送られてきたから、今日にしない?」というラインが来て、桃大好き!と急に決まったのです。

ニコタマって、楽天が移転してきたからか、楽天カフェは出来ているし、楽天Edyで支払いができる店があったりで、楽天色に染まってましたよ(笑)

Oggiの楽天カードで支払いをすると、楽天カフェではコーヒーとか基本的な飲み物が半額になるというので、楽天カフェに行きました。

アイスのカフェオレを頼んだのですが、半額って大きいですよね。
とはいえ、おごってもらっちゃいましたが(笑)

私は私で化粧品を渡す予定だったのと、元後輩にも渡してあげて欲しかったので、袋ふたつ持って出かけていました。

いざ、交換会!ってなった時、桃のほかに「茄子も持ってきたから」と言われて笑いました。

なぜかというと、日曜日は元彼にランチと週1の買い物に連れて行ってもらうのですが、買い物している時に茄子を見て、「茄子のにんにく炒め食べたいな」と思って買おうとしたけど、ちょっと1袋が高かったので、「やっぱり止めた」と買わなかったんですよ。

まさかOggiが茄子をくれるなんて思いもよらず・・・。
家庭菜園なんてやってるわけでもないし、友達が茄子をくれる可能性ってほとんどないですよね(笑)

Oggiも「買うの止めたってすごいね」って驚いてました。

そして、帰りには駅前のTokyu Food Showの中にある成城石井でモーモーチャーチャーを買って帰ったのでした。

まだ食べていないので、感想はまた。

稲川淳二の怪談ナイト

いやぁ~、今年もこの季節がやってきちゃいましたよ。

そうです、ミステリーナイトツアー 稲川淳二の怪談ナイト

今年はもう行くつもりはなかったのですが、サザンのコンサートの抽選に落ちてしまい、なんだかふと「そういえば、まだチケット売ってるかな」と思ってアクセスすると、完売になっていたけど機材関連の調整で席が空いた分を販売中とのこと。

迷うことはありません。

はい、ポチッとね(笑)

赤坂Blitzで18時30分開演なので、早退して行きます。

でも、ライブハウスだからか、飲み物代金が500円かかるって!!
チケット代と込みで6,000円かぁ。。。

まぁ、いっか。

今年も結局行ってしまう私でした。

淳二が辞めるまで行くぞ!!!(と、一応言ってみた→たぶん嘘)

ど根性ガエル

ど根性ガエルといえば、子供の頃に観たアニメで、中学生のヒロシが、生きたカエルの上に倒れたら、Tシャツにくっついて平面ガエルになったという、奇想天外なお話でした。

その名は、ピョン吉。

ドラえもんのように、ゴリライモ、京子ちゃんなどジャイアン、しずかちゃん路線のキャラもあり、結構楽しみに観ていた記憶があります。

そのど根性ガエルが実写になって帰ってきた!というので、いったい誰が主演をするんだろう?って思っていたら、なんとヒロシが30代になっているという設定でびっくり。

賛否あるみたいですけど、私は結構楽しんで観ています。

松山ケンイチさんのバカ息子っぷりも面白いし、何せかーちゃんが薬師丸ひろ子さんですからね。

それにピョン吉もCGで本当に喋ってるみたいだし。

ゴリライモがパン工場の社長になっていたり、京子ちゃんが離婚して出戻ってきたり。

それぞれが大人になっていると言うのに、ヒロシだけはダラダラと仕事もせず・・・。

とはいえ、このぐーたらヒロシがどう成長するのか・・・はたまたしないのか(笑)

目が離せません。

寿司屋の梅さんが、すでに50歳を過ぎ、自分の店を持っているのも面白いし、相変わらずよし子先生一筋なのも面白いです。

いつプロポーズするつもりなのか、みんなが待っている・・・いや、よし子先生も待っているのにいつまで経っても言えないでいます。

これが現実社会なら、とっくの昔に振られていることでしょうけどね。
だって、よし子先生なんて40歳ですよ!

普通、40歳までプロポーズ待つ女なんているわけないじゃないですか(笑)

この現実離れしたところも面白いです。

今日は、ガス工事

日曜日。

朝9時から来ますと昨日電話があり、ガス工事の人が2人来て作業中。

ちょっとガス臭い(TT)

昨日は、変な時間に寝てしまったので、2時頃目が覚めてしまい、何もしていないので工事の邪魔にならないよう夜中に片付けをして、結局朝ちょっと寝ただけで8時過ぎには電話。

麦茶が1本しかないので、ちょっと遠くにあるサークルKまで飲み物を買いに行き、洗濯物を干したりしたらお兄ちゃんふたりがやってきました。

しかし、暑いのに大変だねぇ。

クーラーボックスに飲み物と保冷剤を入れて「飲んでください」とは言ったものの、こういうのって遠慮して開けられないかもと思ったりして。。。

アメリカ人だったら、「Oh!Thank you」ですぐ開けると思うけどね。
欲しかったらだけど。

まぁ、ここでアメリカ人の話をしても仕方ないですが(笑)

ただ、取り替えるだけだと思っていたら、リモコンも付けるとか言って、どんなことになるんだろうか。。。。

今、水も止められている。

超古い物件なので、とにかく色々と不具合が多い。
大家さんが良心的なので、管理会社に言うとちゃんと直してくれるところはありがたい。

感謝・感謝。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »