« 美術鑑賞の後は | トップページ | 万能茶でデトックス »

大英博物館展 めちゃ混みだったけど、面白かった!

誕生日のギフトとして友達からもらったチケットで、友人とふたり、「100のモノが語る世界の歴史 大英博物館展」に行ってきました。

銀座線で行ったら、JR公園口というのがどこだか分からず(そもそもどこにも書いてない)、迷いまくっていたら、「公園口をお探しの方へ」という掲示があり(結構みんな迷うんだわ!)やっとこさ見つけました。

そこからは地図の示すとおりに歩くだけなので、なんてことないのですが、友人を結構待たせてしまいました。

すごい混みようで、列に並んで20分以上待ってようやく入場。

展示は、紀元前から現代まで、100個のモノで歴史を綴るという趣向で、正直「無理くり」なところもあったのですが、テーマはどうでも、やっぱり本物が見られるっていいですね。

まぁ、何点かはレプリカだったのですが、それでも満足でした。

私の好きなエジプト物もあり、棺と大好きなラムセス2世像(ラムセス像は色々あるけど、今回は小さいやつ)は見られて良かったです。

説明についているコピーがたまにダサかったので、ちょっと引きました。

日本のモノの中では、柿右衛門の象は迫力がありましたよ。

北斎漫画もあったのですが、なんで大英博物館にあるんでしょうかね?
あまりその辺の知識がないので、なんですが。

思わず笑っちゃったのは、年配のご夫婦が鑑賞されていて、そのご主人の方がヘッドフォンで解説を聞きながら歩いていて、奥さんに解説というか「こうなんだって!」とか大きな声で言うんですよ。

ヘッドフォンしているから自分の声のボリュームが分からないんだと思うのですが、「おっさん、ちょっとうるさいなぁ」って、困りました。

そのふたりがガンダーラの仏像の前に来た時、そのおっさんが「この仏像、顔が外人だよなー」って言ったんです。

思わず「ブッ!」と吹き出してしまいました。

奥さんも「本当ねぇ」なんて言ってて・・・。

その近くに奥様が外国人のやはり年配のカップルがいて、ご主人が思わず笑っていたのですが、奥さんが英語で「なに笑ってるの?」と聞いたら、「この顔が外国人みたいだって」と英語で答えていました。

日本人じゃない奥さんには意味が分からなかったらしく「えっ?どこの?」とか聞き返していたのでこっちも面白かったです。

展示物に話を戻すと、楔形文字の石版などもあったのですが、「よくこんなの解読したよなー」って、それはもう俗っぽく感心しちゃいました。

老眼か?ってこの目にはもう焦点も合わなそうな小さな字(笑)

色々楽しかったのですが、あまりに混んでいたので説明をじっくり読むことは出来ず、ショップで今回の展示品の本を買ってきました。
というより、あまり行かないけど、興味ある美術展に行った時は、結構本を買ってくるのが好きなんです。

ちょっとした解説のみですが、全部写真で載っているので、あとでゆっくり実物を思い出しながら読むのは好きです。

東京都美術館での展示は、6月28日までで、その後九州国立博物館、神戸市博物館を回るみたいです。

ご興味のある方は、お見逃しなく。

この展示の特設サイトも素敵ですよ。

Img_3914

« 美術鑑賞の後は | トップページ | 万能茶でデトックス »

コメント

この展示、気になってたので、情報があって嬉しいです♪

そうそう、日本の昔の美術品などが海外に流れてる理由ってのの一つに明治維新後の色んな動きがあるらしくて
廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって各地で寺や仏像・経文など仏に関するもの破棄されたり、
困窮した士族なども家宝などを売り払ったり、今あれば重文・国宝レベルのものが市場に二束三文の状態で出まわってたそう。
その頃来日してた外国人の中で審美眼を持った人たちが、それらを収集していったそうで…
以前ボストン美術館展の時にそういう話を読んだので、多分こちらも同じことなのかな~と。

美術品など、結構戦災で焼失したものもあるので、その間無事に保管してもらえてたと思えば
例え普段海外にあったとしても、現代でも観られる状態にあるというのがありがたかったなって思います(*^_^*)

かにたまさん、こんばんは。

どこの国でもそうですが、いわゆる仏像とか何々の像って、
文化財というよりもその宗教の象徴みたいになっちゃってると
取り壊されたりするんでしょうね。

韓国で行われた時は、日本にそれが渡ってきたわけだし(盗まれたとか言われてますけど)、どの時代にもあったわけですね。

まぁ、そうやって難を免れたからこそ今こうやって見られると思うと
なんだか複雑な気分ではありますが。

行ってきました(^O^)/
たしかにあじゃみんさんのおっしゃる通りでした(笑)
実際に観たあとに、この投稿を読むとナルホド~ってなりますね♪

で…私も「この仏像、顔が外人だよなー」って思いました(爆)
普段見てるのって、確かにこっち顔というか「仏像顔」でイメージ固定されてたので
いや~あれは私にも新鮮でした。

でも100にあんなにこだわらなくてもよかったんでは?的な
現代に近い所は「ふふふふ」ってなりましたわ(^^;;;

かにたまさん、こんにちは!

早速、行かれましたか大英博物館展♪
良いのは良いんですよねー、なんだかそこまでしなくてもって他は(笑)

空いている時にもう1回見たいような気もします。

仏像、確かに奈良の大仏とか見ていると「こっち顔」ですね(笑)
おっさんの一声も理解できる気もしてきました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美術鑑賞の後は | トップページ | 万能茶でデトックス »