« 私の中のあなた -Gyao!で配信中- | トップページ | 最近の引き寄せ »

本当に願うことは?

以前から書いていますが、引き寄せの法則は、まず自分の望みとか願いを「こんなこと願ってはいけないのでは?」みたいな思い込みをやめて、素直に感謝して欲しいものは欲しいというというものです。

そしてそれが実際に手に入ったところを想像して、喜びを享受し、思い切り感謝する。

でも、実践してみて思ったのですが、これは第一義的なもので、それで「物」や「人」を引き寄せることが最終目的ではないですよね。

そのことをもっと意識することが大事なことに気づきました。

相対的に考えると「自分が欲しい物が手に入った事」イコール「自分の人生の幸せにつながる」とは思えません。

もちろん「XXXってお菓子」とかそんな他愛もないものならいいのですが、人生の節目に何か大きな望みをイメージする時に間違うと真剣にイメージしてもちっとも叶わないとか。。。

もし、ずっと願っていた意中の人が自分に振り向いてくれた!ということがあったとしても、付き合ってみたらその人がDV男だったりしたら?

お金も「いくら欲しい」というのはいいけれど、実際には「なぜその額が欲しいのか」って理由があるわけじゃないですか。

これこれこういう生活がしたいだからいくら欲しいって考えると分かりやすいでしょうか。
だから、お金というよりも「こういう生活がしたい」というのが自分の本当の望みなのにいくらお金が欲しいってイメージしても、あまり意味がないし、潜在意識にちゃんと届かない気がします。

思っている生活はその額が手に入ったら絶対に叶うのか?ってこともあります。

だから、引き寄せる物などはよーく考えた方がいいですよね。
「それ」が自分の本当の望みなのかどうか。

例えば、私も「痩せたい」という願望はあります。
会ったことがなくてもブログ読者の方ならご存じの通り、相当、太っていますから。

でも、痩せるということの先に何があるのかということは、あまり考えていなかった気がします。
ただ痩せたらそれでいいのか?って、そうじゃない。

例えば、好きな洋服がサイズをあまり気にしなくても着られるとか、これは「痩せる」というその先にあることなので、私の本当の望みは「痩せる」ということではなく、自分が着たいと思った服が着られる生活ができることな訳です。

それを思い描きもせず、ただ「痩せる」という手前の願望をイメージしたところで、本当の目的というのが通じなくて、叶わないのかなと思うようになりました。

シンガで思い切り解放された気分を楽しんで、1週間で7㎏自然に落ちたというのは、本当の話です。

その時の状況を考えると、本当にリラックスして旅行を楽しんでいたということくらいでしょうか。
あれだけ飲んで食べて、体重が落ちるなんて、今は考えられません。

これを考えると、引き寄せの本当の目的は物でもお金でもなく、自分が幸せな気分で人生を過ごすということに尽きるのかと思います。

美輪明宏さんがおっしゃっていましたが、「世界で一番の金持ちにあったことがあるんだけど、何でもお金で買える物は手に入るから、生きる望みがなくて廃人みたいになっちゃってたわよ」と言う通り、物が豊富にあることイコール幸せじゃないことが分かります。

まぁ、そういう状況に一回くらいなってみたいけど(笑)

物やお金の有無で左右される人生ではなく、単に「生きていることがHappy」で、毎日自分がポジティブで楽しく過ごせたら、逆に素直な気持ちでイメージできるから「こうなったらいいな」という願望もすんなり叶うのではないでしょうか。

決して、単なる願望が叶うというのではなく、その人が良い方向に行く形で。

前にも書いたのですが、仏教では絶対的幸福という呼び方があって、それは「自分の人生、なにがあっても大丈夫だと思えること」なんです。

悪いことが何も起こらない人生なんて、絶対にありません。
でも、「こんなこと何でもないわ」と思える自分がいれば、何か起こっても、たいしたことはないです。

私はそこまでの人間ではありませんが、周りの人から「慌てるのを見たことがない」と言われるくらい「安定」した印象を与えているようです。

物に動じないっていうのでしょうか。

だから、単にその人の話をじっと聞いていただけなのに「あじゃみんさんに話を聞いてもらって、すっごく軽くなりました」って言ってもらえたりするのかも知れません。

世の中には、本当に気の毒ですが、「えっ?そんなことで自殺?!」って人が多いですよね。
ご本人にとっては死ぬほどつらいことなのでしょうから、可哀想のひとことですが、もし「そんなことくらいどうってことない」って思える自分がいたら、同じことがあってもそうはならなかったでしょう。

死の病に侵されても、悠然と受け入れて残りの人生を精いっぱい生きられる人と自暴自棄になる人とがいたりします。

この差が人生の幸不幸なのかも知れないなとふと思ったりします。

だから、何に対しても感謝する心、ありがとう!という気持ちが大切なんだと思います。
人にありがとうと言われて、嫌な気持ちがする人はいないので、それを宇宙に届けるわけですね。

宇 宙にお願いとか感謝とか、バカバカしい!と思う方もいらっしゃると思いますが、人はひとりで生きているわけではないので、今自分の周りにいない人たちやさ まざまなことに感謝するというのは、どこかでその人に通じていると思うので、宇宙というと「胡散臭い」かも知れないですが、自分の関わってきた人たちが目の前にいなくても感謝の心を届けたいという気持ちを持つということかも知れません。

感謝する対象は、人だけではないですけどね。

« 私の中のあなた -Gyao!で配信中- | トップページ | 最近の引き寄せ »

コメント

でも結局、ダラダラダラダラ、ストレス溜まってる感でてますねー。
通りすがりですみませんが。
あまり相談とかしたくないタイプです。

名前も名乗らず、人に嫌なことを言えるあなたの方が人生暗そうです。

そんな人に相談なんてしてもらいたくもないですよ。
もう来ないでください。

あっ、十分楽しく過ごしておりますので(笑)
勝手にストレス溜まってるとか言われても困ります。
そしたら、そう書きますし。
そういうブログなのでー。

あじゃみんさん、こんにちは。

たいぶ以前、ビバリーヒルズに行ったときに、豪邸見学ツアーという、現地旅行会社が主催してるツアーに参加したんです。見学と言っても、外から見るだけなんですが。ビバリーヒルズは、簡単には入れないようになってて、ゲートがあって警備員がいます。このゲートを開けて貰えるのは、住民と許可された車両だけ。アメリカの豪邸ってどんなもんなのか見てみたくて、好奇心で参加しました。その中でもひときわ巨大な1件、住民のいないお宅に、庭だけですが入って見学することができました。巨大な庭園(もちろんプールあり)にいくつもの邸宅があり、あまりにも凄過ぎて、羨ましいという気持ちもわかないレベル。でも、そこに住んでた大金持ちは、あまりにもお金があり過ぎて空しくなって自殺されたとか。

有り余るようなお金を持つ経験なんてしたことないので、意味がわからなくて。そんなにあるのなら、世界中の困ってる人達に寄付するとか、慈善事業をするとか使い道は色々あると思うんですが、大金持ちの気持ちはわからないな~と思ったんです。

一生困らないお金があったらなぁ~って思ったりしますが、有り余るほどのお金があっても、幸せとは限らないんですよね。

長くなってしまって、すいません(汗)

ユーミンさん、こんばんは。

空しくなって自殺ですか・・・。
ないというのもなんですが、ありすぎるというのも困りものですね。

とりあえず「お金さえあれば」っていうのも分からなくもないけど
お金が第一義だと、人生が空しくなってしまうのかも知れないですね。

たぶん、そのお金持ちはチャリティーとか色々と慈善活動はしていたと思いますよ。
でも、それでも使い切れないほどのお金を持ってしまうと、追いつかないんでしょうね。

多額の寄付さえもたいしたことがないとなれば、群がってくる人も多かったでしょうし、自分が慕われているとは思えないでしょうから、お金がなかったとしたら自分は・・・みたいな気持ちだったのかも?

これは推測ですが。

豊かに暮らしたいという希望は決して悪いことではないけど、「自分さえよければ良い」という人間になってしまったら、大切なものは失われていくと思います。

そっか。お金があると、色んな人が群がってくるんですね。お金持ちになったことがないから、気が付かなかった(笑)

そうなると誰も信用できない。心許せる相手がいないとなったら空しいし、寂しいでしょうね。
お金があり過ぎるのも、辛いんですね。

心豊かに、穏やかに笑って暮らしたいですね。なんか、年寄りみたいだな(苦笑)

ユーミンさん、こんばんは。

いえいえ、トシは関係なく心穏やかに笑って暮らすというのはある意味理想ですよ。

引き寄せでも、物に対する罪悪感はなくそう!って言いますけど、それが人生の目的じゃないということはしつこく言ってます。

前に書いたか忘れてしまったのですが、祖母の友人があるお屋敷町(シロガネーゼとかがいるような住宅街って意味です)を歩いていた時、どうしてもトイレに行きたくなって、近くのお家に恥を忍んでお願いしたら、心よくお手洗いを貸してくださり、帰りはそのまま出ていただいて結構ですと言われたのですが、広い家だったので、間違えちゃって、玄関じゃない方に入って行ってしまったら、あるお部屋のふすまがちょっとだけ開いていて、こんなお屋敷のお部屋ってどうなっているのか?って、ちょっと覗いちゃったんですって。

でも、びっくりしたのは、中に見えたのは「座敷牢」。
格子が天井から取り付けられていて、中には布団が敷いてあって人が寝ていたそうです。

あまりにびっくりしてちょっとの間見ていたら、どうやらその方が障碍がある方だったようで、いけないものを見てしまったと、急いで帰ったそうです。

祖母がいうには、時代も時代だったので、きっと障碍のある家族を外に出さないようにしていたんだろうと。

なんとも酷い話ですが、今はまだましになったとはいえ、昔はそういう方に対する差別って酷かったようですから、お金持ちならきっと「こんな子は人様に見せられない」とでも思ったのでしょうね。

悲しい話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の中のあなた -Gyao!で配信中- | トップページ | 最近の引き寄せ »