« 大阪都構想 | トップページ | ピリッと辛いよ、サンラータン »

バッグのことをもう少し

COACHって、有名ブランドの中でも比較的リーズナブルなお値段のものが多いですよね。

今よりずっと収入が多かったのに買わなかったのは、旅行にお金をかけていたので、どんなものであろうとバッグに数万円も出す気になどならず、そこまですっごく欲しいという物ではなかったし、それがないとどうかっていうのもない物だったので、購入するまでには至らずというのが本当のところでした。

前の会社の上司が、シンプルな革のCOACHバッグを持っていて、やっぱりシンプルなのはいいなー程度に思っていたのです。

これ見よがしのシグネチャーは全然欲しいと思わないんですけどね。
無地の革のやつは長く使えそうだし、いいなぁ~とずっと思っていました。

それからもう何年?という感じですが、海外に行ったり、ネットで「バッグ欲しいなぁ」と思う時に結構COACHのバッグも目に入っていたんですね。

引き寄せを少しずつ実践している昨今では、「欲しい物」についてのイメージの仕方とか手に入れた時の感謝の気持ちとか、何でも物ごとをポジティブに考えるようになったからか、ちょっとした願いはあえて「イメージしなくちゃ!」って思ってしなくても、手に入るようになっています。

きっと無意識にでも具体的な望みを思い描いているので、そちらの方が潜在意識に届きやすいのかも。
でも、以前は叶わなくて今は叶っているのはなぜかっていう疑問はありました。

面白いのですが、願いが叶う時って「予兆」があるんです。
例えばAという物が欲しいってなった時、日常の生活の中でやたらにAが目についたりして「あれ?なんでこればっかり見るのかな?」って思うと、最終的にAがやってくるとか。
以前はそれを目にしたとしても何も考えなかったので、サインを見逃していたと思います。
でも、欲しいと思った物について何か予兆がある時は「もうすぐやってくる」と強く確信するとか、疑わないということがサインがあっても最終的に叶うかどうかの分岐点のようです。

今回、何の気なしに入ったセレクトショップで、欲しいと思っていたCOACHの革バッグを発見し、「やっぱりいいなぁ~」と思ってそのことをOggiに話さなかったら、今もバッグは私の手元には来ていないでしょう。

Oggiに話した時はまさかそんな展開になるなんて夢にも思っていなかったし、OggiがCOACHのバッグを持っているところなんて見たこともなかったのに、お店で目にしたのがきっかけで自分好みのバッグをゲットしてしまったのだから、サインが出たら逃さないようにするのは大切なのかも知れません。

引き寄せの法則は、必死になって努力する必要はまったくないのですが、かといってただ寝ていても欲しい物が手に入るわけじゃないんですよね。

ちょっとしたサインをきっかけに直感の行動が大切なんだとか。
これを何度も繰り返して、自分がいかに良い方向に行っているか(物が手に入るから幸せではなく、幸せな状況に物はやってくる)を実感し本当の意味で感謝できると、ポジティブに生きる生活が続けば、きっと大きな願いや望みもちゃんと叶うのかも知れません。

« 大阪都構想 | トップページ | ピリッと辛いよ、サンラータン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪都構想 | トップページ | ピリッと辛いよ、サンラータン »