« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

マネキンて、正直怖いよね。 -怖い話の予告編-

ほのぼの系のおじいちゃんの霊の話を送ってくれたちょっと後で、携帯のメールに「最近、首のないマネキンに追いかけられる超リアルな夢を見て怖かったけど、仕事でマネキンに会ってきましたよー」という内容の話を送ってきてくれていました。

その時は、それだけの短い内容だったので、あらー、なんか呼んじゃったのかしら?!程度に思っていたのですが、パソコンに送られて来ていた完成版(?)は、そりゃーもう、マジ?!ってくらいの話で。

そんなことあるんだなぁ~って、あまりにもびっくりする内容でした。

これからさらにじっくりと読んで、リライトしていきますね。

こまりんさんは、結構リアルに色々と書いて送ってくれますが、それをそのまま書いたら個人が特定されてしまうような情報があったり(調べようと思えば、調べられてしまう)するので、そこをボカしたり、ちょっとわかりにくいところは話の筋を変えずに意訳したり・・・。

基本的に起こってもいないことを付けたすようなことはありません。

表現方法を変えたりはあるので、そこがちょっと難しいんですよね。

でも、逆にこまりんさん側でボヤかして書いてくれちゃうと、意味がわかりにくくなってリライトしづらいので、このままでお願いしますって感じです。

では、怖いマネキンの話は、しばしの猶予をいただいて、数日のうちにはUPしますので、暑い日も続くので、楽しみに待っていてください。

・・・・とまで書いておけば、「あら、この程度?」ってなって、怖いのが苦手な方も読めるかも知れません。

占い爺さん その後の話

昨年の夏、歳の離れたいとこがお友達と結婚について見てもらいに行った東京都ではあるものの、都内からはかなり遠く離れた場所にあるお家に住んでいる占い爺さん。

占いというより、本当は「ご先祖様とお話ができる」ということで、家族で悩みを打ち明けたりも多いみたいですが、それ以外はもっぱら若い女性が多く、見てもらうのは結婚が一番。

そりゃー、私もずーっと若い頃は結婚について考えたこともあるので、20代から30代の女性は、自分の結婚がどうなるのか、良い人に巡り合えるのかが一番知りたい内容ですよね。

その方(Iさん)は、大正生まれなのでお仕事について相談してもあまりピンとくる感じではなく、やはり人間関係というか、そういうのが得意みたいです。

その時、前にも書いたように、うちは先祖が何かしでかしたらしく、4人もの人に恨まれているので、その人たちに許されない限り、良縁に恵まれるのは難しいとのことで、いとこはお花を供えて、許しを請うように諭されて帰ってきましたが、お友達はそういう結婚を阻んでいるような先祖の障害はないとのことで、良縁をお願いしておきましょうと言われ、ふたりとも帰ってきました。

その話を以前会社の子にしたら、いつもお昼を一緒に食べている2人のうち30代前半の子が「私も行きたい!」というので、いとこに話して電話番号を聞いて教えたのです。

ただその子は彼がいるので、「行きたい」と言ったものの、実際に行動には移していませんでした。

もう1人は結婚しているし、夫婦仲も良好なので、占いなんて不要って感じだったので、先日までその話は忘れていたんです。

ちょっと前のランチの時、「それ行きたい」と言った子と同じ部署の20代の子が「彼氏ができない」ってことを話したので、誰だったか忘れましたが「占い爺さんのところで見てもらえば?」みたいなことを言ったので、「なんですか?!」と食いついてきたので、「あのね」とまたその時の話をかいつまんでしたのです。

すると「絶対行きたい!」と叫び(笑)、今一つ乗り気じゃなかった電話番号を最初に教えていた子に「行きましょうよ!」と何度も言ったのです。

「えー、行くのー」

言われた彼女は道連れができたらまぁいいかなぁー程度の返事だったのですが、その後部屋に戻ってからも「私電話掛けますから!」とすぐに電話をかけて、ちょうどキャンセルが出たある日の土曜日の午後3時に予約したそうです。

それを聞いて大笑い。
行動力あるなぁ~、若いっていいわねーなんて思って、いとこに早速「会社の子が本当に行くことにしたよ」とLINEしたら、「そうなんだ。私と一緒に行った子は、結婚決まったよ」とのこと。

えーっと驚いて、そのことを2人にメールすると、20代の子からテンションMAXで「素晴らしい!」と返信が来ました。

盛り上がってます。

さて、いとこと一緒に行った子ですが、ずっと彼もいなくて、本当に結婚できるのだろうか?と悩んでいたこともあり、障害はないし、良縁をお願いしておいてあげると言われて期待が大きかったみたいです。

その爺さんは、「●区の●●さんというのが相手」と名前を教えてくれるのですが、それは絶対にその人というより、そういう人が縁になる可能性がある程度に考えるといいとのことなのですが、あまりそういう説明がないので1度だけ行った人は「●●さんが私の相手!」となってしまい、会う人会う人「えっ?この人?!」みたいになってしまって逆効果な時もあるようです。

その子もそんな感じになってしまい、でも出会う人が全然違うし、恋愛には発展せず、やっと交際にまで至った人とはすぐにわかれることになってしまったことから、頭に来て「えーい、もうなんでもやってやる!!」と、なんと無料の出会い系サイトに登録して、ある男性と知り合ったのだそうです。

通常、そんなところはサクラも多く、ロクな話を聞きませんけど、その男性はとっても人柄が良く、なんであんなのをやっていたのか?ってくらい良い人だったようで、ものすごく気が合って話がとんとん拍子に進み、お互いの両親まで仲が良くなるくらい良いご縁だったようです。

良縁をお願いしてくださった占い爺さんの願いを聞いたご先祖様が、爺さんが伝えた名前よりももっと良い人を見つけてくれたのかも知れませんね。

普通なら、そんな出会い系なんてやるような子でもなかったそうですから、これも引き寄せでいうところも「直感の行動」と同じことなのかも知れません。

やっぱり、こういう意味では「行動」って大切なんですね。

ふたりの結果が楽しみです。

残念なお知らせ

せっかく孵った白鳥の雛ですが、なんと蛇に飲み込まれてしまいました。

写真を見たのですが、なんとも痛ましいです。
Oggiはショックでずっと泣いていたとか。

自然にというのが公園の方針なので、特に保護などはしないらしく、3つの卵のうちやっと2個孵ったのに、両方とも蛇の餌になってしまったようです。

もう1個は、ずっと見守っているおじさんによれば「あれは孵らないね」とのこと。

親鳥は、戦ったようですが、ダメだったみたいです。

でも、蛇に食べられたというのが理解できなかったみたいで、池に入ってすごい勢いで探していたとか。

1羽なんて、2時間くらいの命だったそうで、自然の摂理とはいえ、がっかりですね。

でも、蛇は蛇で生きるために食べるわけだから、可愛いというだけで蛇は悪者というのも可哀想です。

運命ということにして、また次に生まれることを祈ることにしましょう。

笑う老人

最恐女こまりんさんから、心霊話が送られてきましたよ!

今回は、怖さというのはないのですが、そのかわりちょっとほのぼの系のお話です。

****

少し前に女友達のご主人の実家から依頼され、家のチェックをするために伺いました。
都内の高級住宅街にある鉄筋コンクリート5階建の豪華なお宅です。

眼科を開業されていて、2階までが病院のスペースで、3階以上が住居となっていました。
思わず圧倒されて見とれていると、家の若奥様(このお家の娘さん)が出てきて、案内してくださることになりました。

すっごく広いお庭の横を通る時、お宅のおじいちゃんでしょうか、ゴルフの素振りをしているのが見えました。

『おじいちゃん元気だなぁ~』

リビングに通されると、その家のおばあちゃんも出てきて、一緒にお茶を飲みながらしばらく雑談した後で、今回の訪問の目的であるこのお家の状態について話をしました。

依頼された内容というのは、外観がヒビだらけになってきて怖いので、見てもらえないかというものでした。

この手の依頼は結構多いので、私も慣れたものです。
このような場合は、外だけではなく、部屋の中から外と一通り見せていただいた上で診断します。

手順を説明すると、早速若奥様とおばあちゃんと一緒にお部屋から見せていただくことにして、一部屋一部屋見て回りました。

メモを取りながらゆっくり回り、おじいちゃんとおばあちゃんのお部屋と思われる和室に入りました。

バルコニーに出ると、さっき、庭ですぶりをしていたおじいちゃんがやってきて、「ここからの眺めが気に入っていてね」とニコニコしながら話しかけてきました。

そうなんですか・・・・そう返事をしようとしたところ、横にいたおばあちゃんが「おじいちゃんがお気に入りの場所だったのよ」と言ったのです。

メモを取りながらだったので、最初は「へぇ・・・」って思ったくらいだったのですが、ふとメモを取る手が止まりました。

『お気に入り・・・だった?・・・・えっ?いや、おじいちゃんここにいるし』

普通に話して、普通にここに立ってるし!って言おうとしたら、「うちのおじいちゃん、去年亡くなったんだけど、ほら、あそこのヒビをすごく気にしてたのよ」と指さすと、横に立っているおじいちゃんは、ずっとニコニコ笑ってうなずいていました。

本当に亡くなってる人?と思うくらい、とにかくはっきり見えています。

とりあえず「きっと亡くなったご主人も気にかけておいでなんでしょうね。今も心配なさっていると思いますよ」と返事しておきました。

するとおじいちゃんが、「ばあさんはよく足を引っかけて転ぶから、玄関もちょっと見てみて」と言ってきたので、一通り部屋を見せていただいた後で、玄関を見せていただきました。

ちょっと段差がきつい玄関だったので、おじいちゃんが心配していたのはこれかなと「この段差は大丈夫ですか?」とおばあちゃんに聞いてみたのですが、おばあちゃんは驚いた顔をして「あら、あなたおじいさんと同じこと言うのねぇ~。おじいさんもこの段差のことよく言ってたのよ」と言ったのです。

迷いましたけど、私が見たことをお話することにしました。
今もこの家にいて、ニコニコ笑っていること、おばあちゃんを心配していることなど・・・。

すると、おばあちゃんは涙をポロポロと流し、それを見た娘さん(若奥様)も涙・・・。
お茶をいただいたリビングに戻ると、隅にあった仏壇の扉を開けてくれたのですが、中におじいちゃんの写真があり、やっと亡くなった方だということが分かりました。

「私もそちらに行くまでにそんなに時間がかからないでしょうから、もう少し待っていてくださいませ」

おばあちゃんは手を合わせてそう言いました。

するとおじいちゃんは『いやぁ~、まだまだばあさんには長生きしてもらわんと~。わたしの分もうまいものたくさん食べて、元気でいてくれな』というので、そのことをおばあちゃんにお伝えしました。

「まぁ、話し方とかそっくり。おじいさんが生き返ったみたいだわ。ありがとう」

おばあちゃんにそういわれて、普通はこういうことで感謝されることがあまりないので、嬉しくなりました。

でも、よく考えてみれば49日を過ぎても自宅にとどまっているというのは、どうなんでしょうか。。。

おばあちゃんが心配だから、一緒に逝くまで留まっていると思うことにして、その自宅を後にしました。

万が一、この家が手放されたりしたら、それでもおじいちゃんはこの家に住み続けるのでしょうか。。。。。

K美とのご飯の時にびっくりしたこと。

昨日のご飯の時、K美が「誕生日おめでとう」とギフトをくれたのですが、ちょっと袋も大きかったので、自宅に帰って開けることにしたので、その時は何を貰ったのかは分からなかったんです。

家に帰ったのが夜中だったので、袋は今朝起きた時に開けてみました。

「えぇえぇぇぇえぇ!?」

いやぁ~、マジでびっくり(ちゃんとした日本語で言うと、“本当に驚きました”)。

Dsc_0174

入っていたのは、ルームディフューザー。
香りは大好きなクラシック・ムスクでした。

大人の上品な香りheart

Dsc_0177

ちょっと片付けてないのでなんですが、早速玄関に飾りました。
ほんのり良い香りが漂っております。

なぜそんなにびっくりしたかというと、先週、会社の食事会があったのですが、私はパスしたんです。

それで、翌日「あじゃみんさん、石鹸とディフューザーとどっちがいいですか?」と記念品を選んでいいというので、石鹸を作っている私としては、香りは好き好きだからなぁ~と石鹸をいただくことになったんです。

「本当に石鹸でいいんですか?」なんて聞かれたのが変だったのですが、「はい、石鹸で」と答えて石鹸をいただいて帰りました。

でも、本当は受け取った後で「ディフューザーの方が良かったかなぁ」って思っていたんですよ。

とはいえ、2回も聞かれたのに今さら「やっぱり」なんて言えないし、後悔先に立たずってやつで、それから「ディフューザーのが良かったかなぁ~」って何度となく考えていたんです。

もちろん、この話は一切どこにも誰にもしておらず、ましてやK美が知る由もありません。

「あー、引き寄せちゃった♪」

心の中で感謝の気持ちを強く持ちました。

本当に宇宙さんて、信じられない方法で欲しいものを届けてくれるんですね。

K美と近所でご飯。

Dsc_0168

写真:ほたてとしらすのアヒージョ

昨日は、超久しぶりにK美とご飯。
近所のイタリアン(最近はもうイタ飯というと笑われるのね、知らなかった)で待ち合わせして、お酒メインの夜です。

アレルギー体質でアルコールを飲むと鼻水が止まらなくなる私ですが、最近せっせと万能茶を飲んでいるおかげか、あまり酷くならず、最後まで楽しく飲めました。

Dsc_0170

写真:黒毛和牛のステーキ、ポテトグラタン添え

肉が食べたいというK美でしたが、肉で置いてあるのはチキンが多く、他はお勧めメニューで出ていた黒毛和牛のステーキだったので、それを頼んでみました。

柔らかくて、ちょっと甘めのソースがよく合っていて美味しかったです。

Dsc_0172

写真:生ハムのカルボナーラ

〆はパスタ。
普段は食べないカルボナーラ。

K美のリクエストで食べたのですが、たまに食べると美味しいですね。
麺もモチモチで弾力があって良かったです。

K美とはめったに会わないので、お互いの近況をちょこちょこ話してから、隣町に移動してカラオケに向かいました。

ちょっとびっくりすることもあり、なかなか印象的な夜でした。

 

孵った!

1432955206573

Oggiから、あの白鳥が孵った!って、写真が送られてきました。

可愛い♪

1432955212142

一羽は無事に小白鳥(笑)になりました。

でも、卵はいつもカラスに食べられていたそうですから、この子も無事に育ってくれるかはまだわかりません。

無事に大きくなってねー!

願った通りに道は開ける・・・は、ちょっと大げさ(笑)

引き寄せの法則!とかいうと、やっぱり響きだけで胡散臭いって思う人多いかも?

でも、「物は考えよう」っていうのであれば、「ああ、あるある!」って思うんじゃないでしょうか。

結局、その人がどう思って、どう感じて日々を過ごすかだけの話だと思っています。

一番大切なのは「叶った夢について宇宙に感謝すること」なんですけど、これ、まだ叶ってないのに感謝するんですよ(笑)

だから、できない人は結構多いかも。

私もあえて否定はしていないつもりでも、イメージしたものは「既に私のもの」とか言っても、全然カケラもないと、実感わかなくて感謝の気持ちが湧かないこととかばっかりです。

口で言ったり、頭でちょっと思ったりではダメなんですよね。

とはいえ、結構楽しくやってるので、徐々に気持ちも深まりつつあります。

では、軽い話をひとつ。

先週の土曜日、Oggiの家に最後のパソコン仕事をしに行く約束をしていました。

その日は、レーザートーニングの日だったので、16時半にOggi宅で待ち合わせにしていました。
Oggiも出かける用事があって、だいたいそれくらいとのことで、少し早く戻れるようならLINE入れるね・・・ということになったのですが、私ったらスマホを家に忘れてしまい、連絡つかず。

最近は、何でも携帯とかスマホとかで済ませるから、人の電話番号なんて何一つ覚えていないし、控えてもいないから、どうにもならない(笑)。

一応約束はしていたので、16時半を過ぎたくらいに着くように、ちょっと時間をつぶして戻りました。

Oggiの家についたのは、たぶん16時40分くらいにはなっていたと思います。

ピンポーン!

部屋番号をプッシュして呼び出しボタンを押しても、全然反応なし。

『連絡つかないから帰ってくるのやめちゃったのかなぁ~』

でも、パソコンでSkypeのマイクが使えなくなったというので、これって事情があって結構困ることなんですよ。

だから、今日設定しないとまたいつというのがあるので、おかしいなぁ~と思って外でかなり長い間待っていたんです。

それでも帰ってくる気配もなかったし、いい加減疲れてしまったので、とりあえず帰りの道でばったり会ったイメージをして、帰途につきました。

Oggiの家は駅から結構遠く、わりとまっすぐな道ですが、車の通りやら住宅地の中やらと、何本か通る道があるんです。

だから、私がAという通りを歩いていて、OggiがBという通りから帰ってきたら会うことは不可能です。

まー、そうなったらしゃーないわ。

と思いつつ歩いていたら、おっ!・・・見知った顔が向こうからやってくるではないですか!

「あー!!」

Oggiも思わず叫びました。

「全然連絡つかないから、どうしたかと思ったよ!携帯忘れたとか?」

というので、うなずくと「まったく、携帯忘れるなんてもー」って(笑)

休みの日とかは、ほとんどほっぽらかしてあるから、いつも忘れちゃうんですよね。

気を取り直してOggi宅へ戻り、Skypeのマイク設定をして、美味しいお好み焼きをご馳走になって帰りました。

しかし、疲れた・・・・。

Windows8.1をOggiのパソコンに入れた。 その2

それで、もう触るなということにして、私が行くことになったのですが、話を聞くといまだにVistaを使っていて、しかもウィルス対策ソフトも何にも入れていないとのこと。

アドウェアは、ウィルス対策ソフトで駆除できないことが多いのですが、それでインストールされたウィルスがあった場合、それは駆除してくれたりしますから、何もいれずに使っているというのが驚きでした。

とりあえず、さすがにVistaはやめなよと言って、2日後に一緒にOSを買いに行くことに。

既に店頭では8.1しか売っていないので、7とはまったく違う仕様なので最初は使いづらいかもしれないけど、この際それにするしかないねとWindows8.1を購入し、Oggiの家に。

インストールする前に今までインストールしてしまったアドウェアなどを駆除したのですが、なんと1200くらい検出されました。

私もうっかりということはありましたけど、1つか2つだったのに(笑)
ふたりで大笑い。

しかし、入れ直したのはいいのですが、私も8は触ったことがないので、勝手が分からなくてさっぱり分からず、Windowsのアカウントも取ったし、これでいいはずなので、TOPにあるメールというアイコンをクリックすると、「アカウント認証を最終化してください」といって、メール送信ボタンが出ています。

「受信トレイって、これがメールの設定じゃないの?」とふたりで途方に暮れ・・・。

メール設定をしようとしているのに、メールソフトに送ったと言われても(爆)
結局、後で調べたらそれはWeb上での旧Hotmailとかそういうのをパソコン上で見られるよというのをセットするものだったようで、OutlookはOfficeに入っているというので、Officeを先に入れないといけなかったようです。

Outlookがどこに入っているとか、遠い昔にしかやったことないのですっかり忘れていて、Microsoftのページを見ても全然分からないし、とりあえず調べるよといって、それは保留。

そこまでで相当遅くなったので、Officeは自分で入れてねーといって帰ってきました。
その時入れていれば、もっと早く気付いたのにね!

育て、白鳥!

1432438354896

馬事公苑散策中のOggiから送られてきました。

1432438349978

たまごを温めていました♪

ちゃんと育つといいなぁ~。

もちあわトマトスープ

鳥の餌かよーって思っちゃう雑穀ですが、これが美味しいんだなぁ~。

という訳で、久しぶりにもちあわを使ってスープを作りました。
これは、つぶつぶ料理で有名なゆみこさんのレシピを基に適当に作りました。

材料:もちあわ(茶こし1杯)、たまねぎ1個、トマト小さいの2個、塩、だし昆布

たまねぎを適当に切り(スープにした時に飲みやすい大きさでOK)、だし昆布と一緒に鍋に入れ、水を入れたら火にかけます。

沸騰してきたら、茶こしごと洗っておいたもちあわと塩(小さじ2杯くらい←水の量で調整)を入れてやや強めの火で20分から25分。

普通、昆布は沸騰する前に取り出すところですが、このスープではとろみとうまみがしっかり残って欲しいので、トマトを入れるまで取り出しません。

時々、ヘラなどでざっくりと混ぜます。

時間が経ったら、トマトを切って入れ、5分くらい中火で煮る。
トマトがいい感じになってきたら、火を止めて出来上がり!

ポイントは、塩は質の良いものを使うこと!
そして、トマトを入れたら煮過ぎないように注意です。

超簡単で栄養満点!

Soup

写真がうまく撮れなくて、めっちゃ残念!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Windows8.1をOggiのパソコンに入れた。 その1

ある日、Oggiから「なんか変なことになった」と自分のパソコンの不具合報告が来ました。

チャイナエアラインのHPを見た時、何かポップアップで出たので、何の気なしに「はい」を押してしまったとのことなのですが、それから変なページが表示されることになったというのです。

HaO123とかなにこれ?と言われ、私も分からないうちにインストールしてしまったことがあるので、ああ、あれやっちゃったのね・・・と笑っていたのです。

HaO123は、中国の検索エンジンBaidu(百度、バイドゥ)が提供するポータルサイトです。
検索エンジンBaiduは、以前「打ち込んだすべての言葉・文字を吸い取って情報収集している」というので話題になった検索エンジンで、日本の役人が何も考えずにこれをPCに入れていて大問題になったものの提供会社です。

結構、色々な物にひっついて勝手にインストールされることが多く、私もHao123についてインストールした覚えがないのにいきなりブラウザのTOPページがHao123になってしまったことがあって、まったく困ったものですが、私の場合はすぐに削除してそれ用のソフトも使ってレジストリーも削除したので大したことにはなりませんでした。

しかし、パソコンとかにそんなに強くない人だと「なんだこれ?」で止まってしまい、自分では対処できないこともありますよね。

Oggiは、それを放置したのもそうですが、それにくっついてダウンロードされてしまったReimageというアドウェアにもやられたのを放っておいたためにブラウザを開くたびに勝手に色々な物がインストールされてしまい、「パソコンの不具合が発見されました」という修理をうながく偽情報にまた「はい」とやってしまったようで、購入をうながすページでさすがにおかしいと被害には合わなかったようですが、それ以来、物凄い数の何かがパソコンにインストールされてしまったのでした。

とりあえず、それを削除するソフトのURLを教えて、これをダウンロードして実行してと言ったのですが、やってみた画像を送ってきたら、何か全然違う画面。。。

しばらくしてから、「助けてー!」というメールが。
どうも、また違うページのものをインストールしてしまったようで「突然外人が出てきて勝手に喋りだした!」というのです(笑)

つづく

ピリッと辛いよ、サンラータン

火曜日の夜にOggiと渋谷で待ち合わせして、ビックカメラでWindows 8.1のパッケージ版を買いました。

なぜかというのは、その前にひと騒動あったのですが、それはまた書くとして、その帰りに田園都市線・駒澤大学駅から徒歩10分の中華料理屋「洛餃子 Roku」に行ってきたのでご紹介します。

この店は、Oggiの紹介なのですが、今住んでいる物件の前に候補にあった物件が駒澤大学にあり、そこでちょっと入ってみたら美味しかったので頻繁に通っていたとか。

中華料理といっても、高級路線ではなく庶民派。

夜でも常連さんとか分かる人にはセット900円とかの料理を出してくれます(別に常連さんじゃなくても、セットがいいといえばOKという意味ね)。

今回、私がOggiの家に行ってパソコンのセットアップをしてあげることになったので、その前哨戦として、ディナーをおごってくれたわけです。

チャーハンと酸辣湯麺(サンラータンメン)、杏仁豆腐の3点のセットと、餃子って名前がついているくらいだから餃子1人前(5個入り)、この餃子が具がたーっぷりのジューシーなものでした。

Dsc_0155
ちょっと強めのトロミが美味しい。
そして、辛い!(笑)

酸っぱさと辛さのバランスが絶妙でした。
シイタケの出汁もいい感じで出てます。

Dsc_0153
セットのチャーハンなので、ちょっと小さめ。
でも、実はこっちが先だったので、結構お腹が空いていた私はがっつり食べてしまったので、麺を食べる時に「ぐっ、ぐるじいぃぃ」となったのでした(笑)

Dsc_0157

1個ずつ食べてから写真を撮っていないことに気付く(笑)

この餃子、めっちゃ具が詰まっていて、すごーくジューシー♪
餃子はお酢だけで食べる私ですが、そのジューシーさがお酢をマイルドにしてくれて、美味しかった~♪

中国人店主が絶対の自信を持っているみたいで、近くの餃子専門店(チェーン店)について「アレハ、ニセモノネ」って言ってました!

庶民的なお店なので、劇的な美味しさというほどではないけど、レベルは高いですよ。

ランチもお勧め

洛餃子 Roku (ロクギョウザ ロク)

東急田園都市線 駒沢大学駅 西口 徒歩7分
電話:03-3410-7388

月~日
ランチ 11:00~15:00
(L.O.14:40)
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:40)

最近は日曜の午前中だけとかに休んだりすると言ってました。

バッグのことをもう少し

COACHって、有名ブランドの中でも比較的リーズナブルなお値段のものが多いですよね。

今よりずっと収入が多かったのに買わなかったのは、旅行にお金をかけていたので、どんなものであろうとバッグに数万円も出す気になどならず、そこまですっごく欲しいという物ではなかったし、それがないとどうかっていうのもない物だったので、購入するまでには至らずというのが本当のところでした。

前の会社の上司が、シンプルな革のCOACHバッグを持っていて、やっぱりシンプルなのはいいなー程度に思っていたのです。

これ見よがしのシグネチャーは全然欲しいと思わないんですけどね。
無地の革のやつは長く使えそうだし、いいなぁ~とずっと思っていました。

それからもう何年?という感じですが、海外に行ったり、ネットで「バッグ欲しいなぁ」と思う時に結構COACHのバッグも目に入っていたんですね。

引き寄せを少しずつ実践している昨今では、「欲しい物」についてのイメージの仕方とか手に入れた時の感謝の気持ちとか、何でも物ごとをポジティブに考えるようになったからか、ちょっとした願いはあえて「イメージしなくちゃ!」って思ってしなくても、手に入るようになっています。

きっと無意識にでも具体的な望みを思い描いているので、そちらの方が潜在意識に届きやすいのかも。
でも、以前は叶わなくて今は叶っているのはなぜかっていう疑問はありました。

面白いのですが、願いが叶う時って「予兆」があるんです。
例えばAという物が欲しいってなった時、日常の生活の中でやたらにAが目についたりして「あれ?なんでこればっかり見るのかな?」って思うと、最終的にAがやってくるとか。
以前はそれを目にしたとしても何も考えなかったので、サインを見逃していたと思います。
でも、欲しいと思った物について何か予兆がある時は「もうすぐやってくる」と強く確信するとか、疑わないということがサインがあっても最終的に叶うかどうかの分岐点のようです。

今回、何の気なしに入ったセレクトショップで、欲しいと思っていたCOACHの革バッグを発見し、「やっぱりいいなぁ~」と思ってそのことをOggiに話さなかったら、今もバッグは私の手元には来ていないでしょう。

Oggiに話した時はまさかそんな展開になるなんて夢にも思っていなかったし、OggiがCOACHのバッグを持っているところなんて見たこともなかったのに、お店で目にしたのがきっかけで自分好みのバッグをゲットしてしまったのだから、サインが出たら逃さないようにするのは大切なのかも知れません。

引き寄せの法則は、必死になって努力する必要はまったくないのですが、かといってただ寝ていても欲しい物が手に入るわけじゃないんですよね。

ちょっとしたサインをきっかけに直感の行動が大切なんだとか。
これを何度も繰り返して、自分がいかに良い方向に行っているか(物が手に入るから幸せではなく、幸せな状況に物はやってくる)を実感し本当の意味で感謝できると、ポジティブに生きる生活が続けば、きっと大きな願いや望みもちゃんと叶うのかも知れません。

大阪都構想

反対多数で否決されましたね。

橋下さんも任期満了で政界引退だそうです。
潔いです。

行政の無駄を削減するとか、以前までのグダグダの行政にメスを入れて、色々なことにチャレンジしてきた橋下さんですが、ちょっと強引過ぎて、敵を作りすぎましたね。

都構想も決して悪いとは思いませんでしたけど、最後は色々な組織が「反対」に力を入れたようです。

0か100かってコミュニケーションて、反発も大きかったのだと思います。

せっかくのポジティブな願いも、人に嫌われてはうまくいきませんよね。
なんだかとても残念です。

こびへつらえということなど思わないのですが、しっかりと相手に話をすることは可能だったはずなのに、だったら対案出せ!とかお怒りモードじゃ、正しいことを言っていても、なかなか「そうだよね」とは思ってもらえなかったのではないでしょうか。

まぁ、ご本人はやり切ったとすがすがしいお顔でしたから、また弁護士に戻って、その道で活躍なさるでしょう。

お疲れさまでした。

引き寄せたバッグとディナーの話

Image1

Oggiに譲ってもらえることになった、COACHの革バッグ。
二子玉川で待ち合わせをして、受け取りに行ってきました。

実物も、写真同様結構大きくて、私の希望にぴったりでした。
昔買ったもので、使用感はありました。
革ですから、使い込んだ感じはあったのですが、当初よりまたお値引してもらえたので、喜んで買い取りました。

実店舗に持って行くとお手入れしてくれるというので、タマ高のお店に行ったら、クリームでしっかりとお手入れしてもらえて、綺麗になりました。

誕生日が来週なので、今日は元彼とディナーで、しゃぶしゃぶを食べに行きました。

Dsc_0132
付き出しは、わかめ豆腐

Dsc_0134

木曽路なので、3種類のコースの中から中くらいの上しゃぶしゃぶで
国産霜降り和牛のコースにしました。

Dsc_0136

お肉のおかわりするかどうかなんて言っていたのですが、
結構お腹がいっぱいになってしまい、十分満足。

写真を撮り忘れたのですが、食べ終わった後はちいさなお餅ときしめんをスープで食べ、最後はデザートです。

Dsc_0139

最後は定番の抹茶アイス。
元彼はメロンシャーベットにしたのですが、「甘すぎる」って後悔していました。
シャーベットというので、いつもある柚子のをイメージしていたから、甘いメロンシャーベットにちょっとがっかりしたようです。

お腹いっぱいで、幸せな夜でした♪

ボケまくり狂想曲

最近、ボケてるでー。

この前の土曜日、レーザートーニングの予約をすっかり忘れ、スマホに電話がかかってきてびっくり!

なんか、感覚的に翌週だと思ってたので、電話が来て初めて「あっ?!」となったので、まったく間に合わずにキャンセル・・・。

せっかく順調に効果が出てきているのに、嫌になっちゃうわ!

そして先日は、万能茶を作った水筒をテーブルの上に置いたまま出勤。

「あっ・・・・」

到着してからやっと気づいたオオボケぶりに自分で失笑(笑)

( ´艸`) ヤダモー!

仕事で依頼されていたことをすっかり忘れて催促の電話がかかってきても何を言われているのかさっぱり!

あっ・・・と思いだした時には遅し(笑)

こんなんばっかで、ほんまにもー、やってられんわ!

悪質コメントについての見解

ブログを始めて、結構長い年月が経ちました。

なぜ続けてこられたかといえば、今思っていることとか気になったこととか、とにかく自分が書きたい!と思ったことを正直に書くというのだけを決め、あとは何でも好きなように書いてきたからだと思います。

私は芸能人でもないし、何か特別なことをしているわけでもない、単なる関東地方に住んでいる太ったおばちゃんです。

以前のシンガブログは旅行関係で参考にしていただけることもあったかも知れませんが、このブログは単に「特に参考になるようなことはない、ただほざいているだけブログ」と言えばそう言えなくもないです(笑)

だから、アクセス数など気にしていないので、アクセス解析も年に数回思い出したように見るか見ないかで、宣伝など何もしてないので増えるわけもないんですよね。
だいたい100名とか150名くらいの間を行ったり来たりみたいです。

でも、逆を言ったら単なるおばちゃんがほざいているブログをコンスタントにのぞいてくださるって、結構すごいことだとも思ってるんですよ。

嬉しいなと素直に思ってます。

ありがとうございます。

でも、本当にたまにですが、投稿内容とは全然関係ない、人を傷つける目的としか思えないようなコメントを残す人がいます。
品性を疑う行為ですが、他にブログをしている人のを読んでも、こういう人は一定数いるみたいだし、相手をしても仕方ないので見つけたら即削除することにしているのです。

今回、嫌味なコメントに返信までして残しておいたのは、単に気分・・・(笑)
でも、言いたかったのは、嫌いなら来ないでくださいということです。

上記の通り、私は有名人でも何でもないし、人気取りをするような商売でもないので、人に気を使って何かを書いているわけではありませんから、そういう物言いが気に入らないなら、読まなければいいわけです。

これが社会的に影響力のある人だったらそうはいかないと思いますけどね。

私はなーんの社会的影響力もないただのおばちゃんですから、何でそんな嫌味なコメント残す必要がある?って思うわけです。
だったら見なければいいだけ。

投稿内容に準じた反対意見とか、それは悪質コメントではないですよね。
でも、残念ながら、そういう真摯なコメントではないので、即削除しています。

連続して攻撃されるとか、そこまで酷い誹謗中傷ということはないのでブロックするくらいで終わっていますが、今後もし酷いコメントなどがあった場合は記録を取って通報します。
自分で調べても都道府県くらいしかわかりませんが、プロバイダーは分かるのでプロバイダーに連絡して警告していただくことはできます。
プロバイダー自体はこちらに誰とは絶対に教えてはくれませんが、個人情報は把握しているので、誰がしたかは分かるんですよ。

なので、品性のないマナーのない、くだらない行為はやめてください。

最近の引き寄せ

実践していると色々と気づくことが多い引き寄せですが、そもそもそんなに必死になってやってるわけじゃない・・・・から成功するんですよね。

欲しい欲しい・・・これはダメな例ですもん。

というわけで、最近楽にちょこちょこと思っていたこと2つが叶ってしまいました。

以前働いていた会社の後輩が先月アメリカ出張で、その前に焼肉とか言っていたのですが連絡がないので「どうしてるかなー」程度に考えていたんです。

アメリカだとご飯が肉中心になるので、焼肉じゃないかーって感じで、そのうち連絡が来るだろうと思っていました。

彼女は、以前紹介した荏原町のRajiという美味しいカレー屋さんに歩いて行かれる距離のところに住んでいるので、そこにも行きたいしなぁ~って考えていたんですね。

そしたら、昨日の夜「あのー、久しぶりにカレーを食べに行こうと思ってるんですけど、あじゃみんさんもご一緒にいかがですか?」ってLINEが入りました。

(◎´∀`)ノ 思わず大笑い。

というわけで、今日のランチはRajiのカレーでした♪

ふたつめ。
お茶を飲んでおしゃべりをしてさて帰るか・・・と歩いていて見つけたUSEDのセレクトショップにディスプレイされていた洋服が見たいというので付き合ったのですが、店内の棚にCOACHのバッグがあったんです。

ちゃんと免税店の証明書も付いていましたし、ほぼ新品同様なのに3万円という破格値で、シグネチャーは好きではないのですが、それはシンプルな赤系の着色の革バッグだったので、思わず買ってしまおうか!と思ってお財布に手が伸びました。

でも・・・グッとこらえて「今はそんな買い物している場合じゃないわ!」と自分に言い聞かせました。

今の私は昔と収入の差が相当あるので、3万のバッグなんてめっちゃ贅沢品なわけですよ。

『将来買えるようになるから今はいいか!』
と自分に言い聞かせ(笑)

それに、大きさとかは良かった(大きいバッグが欲しいんです)のですが、色が若干好きな赤じゃなかったので、割とすぐ諦められました。

自宅に帰ってから、OggiにLINEでこの話をしたら、「昔買ったコーチのバッグ、大きくて邪魔になってる」というので見せてもらったら、結構大きくて好みのタイプ。

シンプルな茶の革だし。

持ち手のところが若干汚れがあるくらいで、皮自体は良好というので、そんなのは気にならないと言うと、なんと1万で譲ってくれるというじゃないですか!

Image1

写メ送ってもらっちゃいました!
明日、受け取りに行ってきまーす♪

本当に願うことは?

以前から書いていますが、引き寄せの法則は、まず自分の望みとか願いを「こんなこと願ってはいけないのでは?」みたいな思い込みをやめて、素直に感謝して欲しいものは欲しいというというものです。

そしてそれが実際に手に入ったところを想像して、喜びを享受し、思い切り感謝する。

でも、実践してみて思ったのですが、これは第一義的なもので、それで「物」や「人」を引き寄せることが最終目的ではないですよね。

そのことをもっと意識することが大事なことに気づきました。

相対的に考えると「自分が欲しい物が手に入った事」イコール「自分の人生の幸せにつながる」とは思えません。

もちろん「XXXってお菓子」とかそんな他愛もないものならいいのですが、人生の節目に何か大きな望みをイメージする時に間違うと真剣にイメージしてもちっとも叶わないとか。。。

もし、ずっと願っていた意中の人が自分に振り向いてくれた!ということがあったとしても、付き合ってみたらその人がDV男だったりしたら?

お金も「いくら欲しい」というのはいいけれど、実際には「なぜその額が欲しいのか」って理由があるわけじゃないですか。

これこれこういう生活がしたいだからいくら欲しいって考えると分かりやすいでしょうか。
だから、お金というよりも「こういう生活がしたい」というのが自分の本当の望みなのにいくらお金が欲しいってイメージしても、あまり意味がないし、潜在意識にちゃんと届かない気がします。

思っている生活はその額が手に入ったら絶対に叶うのか?ってこともあります。

だから、引き寄せる物などはよーく考えた方がいいですよね。
「それ」が自分の本当の望みなのかどうか。

例えば、私も「痩せたい」という願望はあります。
会ったことがなくてもブログ読者の方ならご存じの通り、相当、太っていますから。

でも、痩せるということの先に何があるのかということは、あまり考えていなかった気がします。
ただ痩せたらそれでいいのか?って、そうじゃない。

例えば、好きな洋服がサイズをあまり気にしなくても着られるとか、これは「痩せる」というその先にあることなので、私の本当の望みは「痩せる」ということではなく、自分が着たいと思った服が着られる生活ができることな訳です。

それを思い描きもせず、ただ「痩せる」という手前の願望をイメージしたところで、本当の目的というのが通じなくて、叶わないのかなと思うようになりました。

シンガで思い切り解放された気分を楽しんで、1週間で7㎏自然に落ちたというのは、本当の話です。

その時の状況を考えると、本当にリラックスして旅行を楽しんでいたということくらいでしょうか。
あれだけ飲んで食べて、体重が落ちるなんて、今は考えられません。

これを考えると、引き寄せの本当の目的は物でもお金でもなく、自分が幸せな気分で人生を過ごすということに尽きるのかと思います。

続きを読む "本当に願うことは?" »

私の中のあなた -Gyao!で配信中-

2009年公開の映画「私の中のあなた(My Sister's Keeper)」。

飛行機の中で見て号泣してしまった映画です。
原作のある映画ですが、結末は映画オリジナルのようです。

原作との違いを読みましたけど、映画の方がよりリアリティがあるような気がしました。

11歳のアナは、幼い頃から白血病を患っている姉のケイトの“ドナー”となるべく計画的に生まれた妹。

生まれた時の臍帯血から始まり、幼い頃から姉のためにリンパ球やら血液やらを提供し続けてきた。

そんな彼女が11歳の時に腎機能が止まってしまった姉のために腎臓の提供をさせられることになった時、彼女はある行動に出ます。

アナは、自分で持っているアクセサリーなどを売ったお金700ドルを持って、勝率91%の弁護士に「私はもう自分の体を提供したくない!」と両親を訴える意思を伝えました。

生きるってなんだろうなぁ~って、冒頭から考えさせられる映画です。
まだ小さい頃からずっとずっと病気と闘ってきて、治るのが難しいと分かっていつつも、自分というより、回復を願う母のために治療し続けなくてはいけない人生なんですよ。

もちろん、家族に愛され、できる限りのことをしてもらい、自分でも努力するのですが、病気自体に治癒の見込みがあるのかも分からない中で辛い治療を受けさせられ続けるのはどういう気持ちだろうなと。

一方、母の側からしたら、なんとかこの子を助けたいとドナーになるように生んだ妹までいるわけですから、なんとか頑張って少しでも長く生きて欲しいという気持ちも分からなくはないです。

でも、結局、姉のためだけになっている自分や家族の人生については、どうしても見えなくなってしまっているんですよね。

死生観が違うので、日本ではこの手の映画はどうなのか・・・って思いますけど、それでも「生きてさえいてくれれば」という気持ちはどの国のどの人でもあるかも知れないので、こればかりはなんともいえません。

人それぞれ感想は違うと思うのですが、私が観終わって思うのは、人生って長短ではないのかもってことですね。

別に太く短くって思っているわけでもなく(もう短いともいえないと思うけど、長生きとまではいかないし)、病気になったら治療はするだろうけど、“延命”はNo Thank youって感じですね。

その時になってみないと分かりませんが、人はいずれ死ぬわけですから、最後の最後に良い人生だったと思えるようにあとひと踏ん張りしないとなって思いました。


私の中のあなた(2009)

監督:ニック・カサヴェテス
脚本:ニック・カサヴェテス、ジェレミー・レヴィン

【出演】
キャメロン・ディアス(サラ・フィッツジェラルド)
アレック・ボールドウィン(キャンベル・アレグザンダー)
アビゲイル・ブレスリン(アナ・フィッツジェラルド)
ジェイソン・パトリック(ブライアン・フィッツジェラルド)
ソフィア・ヴァジリーヴァ(ケイト・フィッツジェラルド)
ジョーン・キューザック(デ・サルヴォ判事)他

配信期間:5月21日まで
視聴は、こちらから

これは旨いよ 落花生のスナック from China

1431237431583

前にも紹介したことがありますが、ピーナッツのピリ辛スナックです。
山椒と唐辛子のピリピリした独特の風味で、ちょっとしたおやつに美味しいです。

横浜中華街でも見かけたことがありますので、もし興味があったら探してみてくださいね。

久しぶりの叙々苑ランチ

恒例の日曜ランチ。

昨日焼肉だったOggiに触発されて、焼肉をリクエスト。
いつもの叙々苑に久しぶりに行きました。

Dsc_0115

Sランチ 1,600円(税込)
Sって普通一番高いイメージですが、これは一番安いやつ(笑)

Dsc_0116

一番安いこの肉は、合わせ加工肉です。
とはいえ、まずくはないんですよ。

よく焼いて食べないとダメですが・・・。
それ以外は2,400円とか4,000円もするので、さすがにランチには・・・。

とはいえ、周りを見ると皆さん結構高い方を注文されているみたいでした。
リッチだなぁ~。

先日のランチは、とんかつ屋のメンチカツ・カレー

昨日、友人Oggiがお母さんのところに行って、夕飯は焼肉にしたらしく、「今、焼肉屋」とLINEが入りました。

焼肉いいな!という訳で、今日のランチは恒例「叙々苑焼肉」なんですが、こちらは先週だったか先々週だったか・・・とんかつ稲に行って、元彼が食べた一品。

Dsc_0111_2

ほとんど辛さのない(笑)カレーとメンチカツのコラボ。
このメンチをちょっと貰ったのですが、ジューシーでめっちゃ美味しかった!

とんかつのお店ですが、メンチもこんなに美味しいなんて。。。
何食限定みたいなやつでしたけど、お勧めです。

女性にはちょっとハードかも?!

私は普通にロースかつ定食で、おろしソースに付けて食べました。
かつやヒレよりロース派です。

皆さんは、どちらでしょうか?

母の日

記念日とかそういうのに特別何かしたこともないのですが、会社の放出品の傘とバッグがあったのと、会社の人が怪我をして入院している母(既に退院)のために美容液をくださったので、それを入れて送りました。

お礼の電話はかかってきましたが、そこは私の母「たまにはお小遣いもよろしく」という一言が追加されていました。

この性格、もう死ぬまで治らないでしょうね。
とりあえず、元気でこちらが面倒みなくてよい状態なので助かっています。

新しいパートナーの方には、感謝・感謝・感謝です♪

たぶん、母と同居したらストレスで死ぬかも知れないので、この平和な日々が続くことを切に祈っている今日この頃です。

痩せるための潜在意識

ユーミンさんのブログにお邪魔した時、コメント欄にちょっと書き込みした話です。

何年も前にシンガに行き、1人で1週間くらい滞在した時のこと。

毎日歩き回って、美味しい物を食べまくって、その時はなんだかすごーく充実していたというか、ずっと気分が良かったんですよね。

その他に何10回と訪星しましたけど、好きでというのプラス、正直言ってストレス発散目的になっていたので、この時とはちょっと違う感じがしています(今、振り返ればですけどね)。

特段何がというわけでもないのに、楽しく過ごした1週間、なんか体が軽いというか、服を着る時に「あれ?」と思ったことがあって、浴室にあった体重計にのってみたら、「えっ?!」とびっくり。

訪星前にいやいや量っていたのですが、その時はもうずっと前から変わらない悲しい数値でした。
それで、その体重計の数値を見たら、なんと7㎏も痩せていたんです。
壊れてる?って思ったのですが、そうでもないようでした。

すごーく、びっくり!

でも、体調はすこぶる良くて、全然なんともないし、病気ってことはないだろうなと。

帰国してから、自宅の体重計にのったら、やっぱり痩せていました。
まぁ、痩せたといっても、私の場合人様より随分と多い体重なので、世間的には痩せたって言えるもんじゃないのですが、私自身からしたら、いきなり7㎏も・・・。

会社に行ったら、口々に「痩せた?!」って言われて・・・・。

その時は引き寄せもへったくれも何もない時だったし、何故痩せたのかなんて全然考えていなかったので、また現実世界に引き戻されたらすっかり元に戻りました(笑)

最近、会社の女性が何の苦もなく半年で20㎏も痩せ、しっかり食べて飲んでいる姿を見て、なぜ?って色々考えたのですが、引き寄せの法則からも考えると、結局「脳」にしっかりとその情報が伝わるか否かだと思うんですよね。

解放されるというか「自分のベストはこれ」というのが伝わるかどうか。

まず、太るとかいう「思考」を止める。

これは普通にしていると難しいけれど、「これを食べたら太るかな」という思考を続けていると、自分の脳(つまり潜在意識)に「私は物を食べると太る体質」と思い込ませているようなものなんだそうで、開き直って「私はスリム~!」って言っちゃうと、何を食べても太らない体質になるんだそうです。

引き寄せのコーチングをしている人などでも、「何の努力もしないで引き寄せられるわけじゃない。例えば痩せた人はポジティブな状況にいるから自然と食べる量が減ったということがあるはず」なんて書いている人がいたのですが、これは違うと思います。

私がシンガで痩せた時は、普通よりもずっと多く食べていたし、シンガですから麺だのなんだの炭水化物祭状態でしたもん。

あんなに炭水化物ばっかり採りまくっていたら、普通は痩せたないですよ。
歩き回ったとはいえ、そんなにすごい運動量ってほどでもないし、その時と他の訪星時と特に変わらないんですから。

また、本を色々読んだ時、何年もダイエットをしては失敗していた女性がメンタル面で受けたセミナーの後、自分がなりたかった体重にあっという間になってしまって、以来リバウンド一切なしというのもありました。

歌手のマルシアさんは、妊娠中19㎏も太ってしまったそうですが、お仕事を始められた時は以前と変わらないスリムな体型でした。

何かの番組で、どうやって痩せたのかを聞いたところ、何をしても痩せなくてどうしよう・・・って思っていたのに、マネージャーが〇月〇日のXX番組で復帰ですって具体的なスケジュールを言ってきたのをきかっけに、何もしなくてもどんどん痩せて行って、元の体重に戻ったと話されていました。

マルシアさんの場合は復帰の日が引き金になって、「人前に出るなら前の体重じゃないと」というのが脳を動かしたんだと思います。

だから、女性の場合姿見を置くのはかなり良いみたい。
つねに自分の素をさらして、自分の脳を刺激すると良いようです。

ちなみに叶姉妹のお家には、いたるところに姿見が置いてあるそうです。

そういえば、私は姿見など持っておりませんでした。
でも、今から買ってこんな姿を自分で見るのも勇気がいりますわー(笑)

私のいとこで32歳の子がいるのですが、元々スポーツをしていたので太ったことがなく、スポーツ自体は止めて久しい今日この頃も全然太る気配なしで、安室ちゃん似で可愛いので服装とかお洒落も好きみたいです。

彼女と話をした時に「物を食べる時に太るとか考えたことがない」って言ってました。
ダイエットとも無縁みたいです。

やっぱり、「食べたら太る、我慢」って考えるのが、一番「太る原因」なんでしょうね。
私はいまだに「思考で痩せるわけない」っていうネガティブ思考が邪魔しております(根深いんだな、これが)。

信じるか信じないかは、あなた次第です(笑)

肝斑にレーザートーニング

もともとメガネをしていることもあって、太陽光などの光がレンズを通って頬に当たっていました。

UVとかケアしているつもりだったのですが、あまり真剣に考えておらず、超失敗したと思った時には時既に遅し(泣)

私の両頬には、広範囲のシミが出てきてしまい、それも年齢とともに濃くなって、お化粧でも隠せない状態に。

美白化粧品というのは、ある意味「防御」的な意味で使うものなので、ここまで広がった濃いシミをそれだけで取ろうと思っても、相当無理があります。

色々調べて、肝斑については以前はできなかったレーザー治療ができるようになっていたことを知り、新宿のある美容皮膚科を予約しました。

1回目の費用は5,800円(税込)で、2回目以降が通常料金の7,800円(税込)です。
これは、顔全体。

他の病院だと頬だけというところもあるみたいですが、金額自体はほとんど変わらないので、だったら全体の方がいいかなと。

最初は医師の診断があり、「肝斑ですね」ということで、予約したレーザートーニングをそのまま受けることに決まりました。

1回受けたら、1週間置いて次という感じです。
ただ、1週間で受けないといけないということではなく、シミ自体に目に見えて効果があるのが10回くらいからなんだそうで、続ける必要があるということです。

効果を高めるため、最初は間をあまり開けないで受けてくださいと言われたのですが、平日は診療時間が19時で終わりなので、絶対に間に合わないため、土曜日限定で考えると毎週土曜日はちょっと難しいので、2回まで続けて行って、その後は1週置きにしました。

施術15分で、お冷しも入れて30分弱。
初日は診察と写真撮影が入るので、もうちょっとかかります。

4回目でもう1回撮影、5回目はまた医師による診察がありました。
診察といっても、ちょっと座って様子を見るだけですけどね。

正直言って、3回目が終わった後も「本当に効くの?」ってくらい何の変化もありませんでした。

肝斑自体に効果が見えるのが10回目とは説明されていても、肌のトーンが変わってくるとか毛穴が引き締まるとかそういうのも説明にあったので期待したのに、なんだかなぁ~って思っていたんです。

開いた毛穴も変わらないし。

でも、1回7,800円も使って苦しい中行ってるのに、これで止めたらもったいない!って思って、とりあえずもう少し回を重ねてから考えようと。

口コミを検索してみたら、「全然ダメだった!」なんて投稿もあったので不安でしたが、他人は他人と我慢。

そして、今5回目を終わったのですが、目に見えて薄くなってきました。
人にも「薄くなったね」って気づいてもらえるくらいまでになり、効果が出ているようでホッとしました。

そして、ふと気が付くと、結構毛穴が引き締まってます!
鼻の両側の毛穴がたるんで大きく広がっていたのですが、目に見えてキメが整ってきています。

これは嬉しい!

肌のトーンが上がったので、今まで分からなかったシミが目だったりしてちょっと・・・ってこともありますが、とりあえず続けることにします。

とはいえ、こんなことしなくてもいいように、UV対策はしっかりとしてくださいねー!

万能茶でデトックス

アレルギーが酷くなって、頭皮の皮膚炎もぶり返し、まったくもって嫌な感じの日々です。

皮膚科に行ってローションタイプのステロイド剤をもらいましたが、一向に効かず困っています。

対処療法ではダメだと、とりあえず体の中からデトックスしかないなと思って、随分前に友人から紹介してもらった山梨のあるお店から電話でお取り寄せをすることを考えたのですが、ネットなどでは取り扱っていないので毎回電話をするのは面倒くさいし、煮出すのも面倒くさい。

そのお店で扱っている野草茶は、材料が1点1点別れていて、それをセットで買って、それを自分で配合して自分で煮出して作るので、ちゃんとしたものだと一目で分かるし素晴らしいのですが、何種類もの材料を買うので正直お値段が・・・。

効果とかそういうのは飲んだことがあるのでばっちりなのですが、飲み続ける必要があるのにお値段だけじゃなく、その手間のかかるのもあって、なかなかリピートできませんでした。

このため、そのお店の野草茶は断念。

それで、何かないかなぁ~と日々思っていたのです。

先日、駅前のスーパーに行った時、そういえばお茶がないなとお茶のコーナーに行ったら、「大阿蘇万能茶」という袋がありました。

ティーバックタイプで急須でOKな野草茶です。

もちろん煮出して作るタイプよりは、ひとつの袋の成分は少なくなりますが、5gのパックが26袋入って540円だったので、どうせ長く飲み続けるのであれば、これで十分と思って買いました。

びっくりしたのは、美味しいんです。

以前の野草茶って、飲めなくはないのですが、渋みとか野草独特の苦みがあって、ちょっと飲みづらかったのですが、これはそういうのがなくてゴクゴク飲めました。

カフェインもないので、安心です。

原材料: どくだみ、柿の葉、とうきび、はと麦、くま笹、あまちゃづる、はぶ茶、甘草、大豆、田舎麦(大麦)、桑の葉、枸杞、ウーロン茎、びわの葉、浜茶、甜茶

と書いてあって、以前買ったものとほとんど同じ。

以前もあったのかなぁ~って思いましたけど、とりあえず思っていた物が手に入ってラッキーです。

もうひとつ、別にアンチエイジングとか気にしているわけじゃないけど、結果的にとても良いということが分かった食べ物があります。

それはドライいちじく。

ドライマンゴーも好きですが、酸っぱいからあまり食べると飽きちゃうのですが、ドライいちじくは物凄く好きで、毎回スーパーで買って食べていました。

中でもトルコ産の大きな果肉の柔らかいタイプが好きなんですけど、最近スーパーに置いてある物の品質が同じ物だけど以前より???になってきて、円安のせいもあって値段も上がったし、どうせならちょっと高くても良い物が食べたいなと思って、ネットで色々探して兵庫県の業者さんから買いました(アマゾン経由)。

500gで1,380円(送料込)でした。
ヤマトのメール便(終わったんじゃないのか?)で届いたのですが、大粒で柔らかくてすごーく美味しいです♪

このドライいちじく、ビタミンB1、B2、C、抗酸化作用が強いポリフェノールも含有していて、タンパク質分解酵素や食物繊維も含むそうで、食後にいいみたいです。

また、鉄分やカルシウムも豊富で、これは生のものよりドライの方が倍近くになるので、ドライの方が栄養価が高いみたいですね。

また、エストロゲンの減少で更年期で苦しむ女性には、このエストロゲンが豊富に含まれているので、とってもお勧めです。

こんな風に自分がただ美味しい!と思って食べていたものが、今の自分に必要だったとわかって、なんだか嬉しくなりました。

大英博物館展 めちゃ混みだったけど、面白かった!

誕生日のギフトとして友達からもらったチケットで、友人とふたり、「100のモノが語る世界の歴史 大英博物館展」に行ってきました。

銀座線で行ったら、JR公園口というのがどこだか分からず(そもそもどこにも書いてない)、迷いまくっていたら、「公園口をお探しの方へ」という掲示があり(結構みんな迷うんだわ!)やっとこさ見つけました。

そこからは地図の示すとおりに歩くだけなので、なんてことないのですが、友人を結構待たせてしまいました。

すごい混みようで、列に並んで20分以上待ってようやく入場。

展示は、紀元前から現代まで、100個のモノで歴史を綴るという趣向で、正直「無理くり」なところもあったのですが、テーマはどうでも、やっぱり本物が見られるっていいですね。

まぁ、何点かはレプリカだったのですが、それでも満足でした。

私の好きなエジプト物もあり、棺と大好きなラムセス2世像(ラムセス像は色々あるけど、今回は小さいやつ)は見られて良かったです。

説明についているコピーがたまにダサかったので、ちょっと引きました。

日本のモノの中では、柿右衛門の象は迫力がありましたよ。

北斎漫画もあったのですが、なんで大英博物館にあるんでしょうかね?
あまりその辺の知識がないので、なんですが。

思わず笑っちゃったのは、年配のご夫婦が鑑賞されていて、そのご主人の方がヘッドフォンで解説を聞きながら歩いていて、奥さんに解説というか「こうなんだって!」とか大きな声で言うんですよ。

ヘッドフォンしているから自分の声のボリュームが分からないんだと思うのですが、「おっさん、ちょっとうるさいなぁ」って、困りました。

そのふたりがガンダーラの仏像の前に来た時、そのおっさんが「この仏像、顔が外人だよなー」って言ったんです。

思わず「ブッ!」と吹き出してしまいました。

奥さんも「本当ねぇ」なんて言ってて・・・。

その近くに奥様が外国人のやはり年配のカップルがいて、ご主人が思わず笑っていたのですが、奥さんが英語で「なに笑ってるの?」と聞いたら、「この顔が外国人みたいだって」と英語で答えていました。

日本人じゃない奥さんには意味が分からなかったらしく「えっ?どこの?」とか聞き返していたのでこっちも面白かったです。

展示物に話を戻すと、楔形文字の石版などもあったのですが、「よくこんなの解読したよなー」って、それはもう俗っぽく感心しちゃいました。

老眼か?ってこの目にはもう焦点も合わなそうな小さな字(笑)

色々楽しかったのですが、あまりに混んでいたので説明をじっくり読むことは出来ず、ショップで今回の展示品の本を買ってきました。
というより、あまり行かないけど、興味ある美術展に行った時は、結構本を買ってくるのが好きなんです。

ちょっとした解説のみですが、全部写真で載っているので、あとでゆっくり実物を思い出しながら読むのは好きです。

東京都美術館での展示は、6月28日までで、その後九州国立博物館、神戸市博物館を回るみたいです。

ご興味のある方は、お見逃しなく。

この展示の特設サイトも素敵ですよ。

Img_3914

美術鑑賞の後は

前の会社の友人と上野の東京都美術館に大英博物館展を見に行きました。
かなり混んでて、2時間くらいかかって終了。
お互いにヘロヘロで、喉もカラカラ(笑)

お茶でもと歩いてもお店がいっぱいで、座れそうだったエビスバーに入り、ハーフ&ハーフを一杯❤


1430729990753.jpg

ランチは新大久保で。

2015年4月25日(土)

この日は、新宿でレーザートーニングの予約をしていて、午後3時半からだったので、終わってからちょっとお腹が空いたなぁ~とランチも食べていなかったので、新大久保まで歩いて行って、冷麺を食べることにしました。

どのお店でもいいけど、いつも入りやすいのは明洞のり巻なので、迷わずそちらへ。

Dsc_0102

サービスのお通し。
普通、居酒屋だとお金を取られますが、韓国料理店は無料なので嬉しいです。

このお店については、3種類がマックスだと思いますけど、頼む物によって1種類しか出なかったり、ちょっと分かりません。

私は、冷麺と餃子しか頼んでいませんが、今回は3種類。
隣の2人で来ていた女性は、ビールなどアルコールも頼み、色々と食事も頼んでいましたが、なぜか1種類でした。

Dsc_0107
ぷりぷりで、ニラたっぷりの餃子。
温かい水餃子です。

ニラってあまり好きじゃないのですが、これは美味しくて苦みも感じないし大好きです。

Dsc_0105

さっぱり冷麺。
このふたつでお腹いっぱいになり、幸せな気持ちでお店を後にしました。

この日は土曜日だったので、結構道も混んでいたのですが、「●日に閉店」なんてところもあって、一時の勢いは全然なくなっていました。

松岡修造は、やっぱすごい!

ここまで出来るって、本当にすごい。

いろんな名前のバージョンがあるみたいなので、修造さんに応援して欲しい人は、サントリーのサイトでぜひ自分の名前を探してみてくだされ。

引き寄せたものをまとめてみた。

ブログの中にちょこちょこ書いている、実際に起こった引き寄せ結果。

ちょっとまとめてみようと思います。

1.電車で座れる率が高くなった。

これは笑っちゃう話ですが、「目の前の人がすっと立って私がにんまりと座れるイメージ」を描けるようになったら、結構座れちゃってます。

朝などはすごい混み具合なので、イメージするのもやめていますが、自分の周りにスペースができて余裕があるというイメージで、読書タイムは確保できています。

2.酷い腰痛が一瞬で治った。

一瞬は大げさかもしれませんが、痛すぎてまっすぐ立つこともできず、「会社に行かれなかったらどうしよう」という状態のとき、すっきり治っているイメージで寝たら、翌日少しは治まったものの「やっぱりまだ痛い」という感じだったのに、歩き始めたら「全然痛くない!」って状態に。

3. レモンジーナ

なんだか知らないけどネットで「売れすぎて販売休止」なんて飲み物を紹介していて、つい最近スーパーで山積みで見たけど?と行ってみたら見事に全部売れていて残っていなかった。
会社の同じ部の女性から「何気にメールルームにあるし」というので見ると、会社の自動販売機がいつの間にかオランジーナからレモンジーナになっていた。

4.パンケーキへのお誘い

何度もパンケーキの看板とかを見て、美味しそうだなぁ~って思っていたら、こまりんさんからパンケーキを食べにいきましょうとのお誘いがきた!

5.大英博物館展のチケット

同僚女性がイギリスとフランスに旅行に出かけるというので、自分が大英博物館1週間通いづめという夢を思い出し、いいなーと思い続けていたら、友人からの電話で「今年の誕生日のプレゼントは大英博物館展のチケット2枚ね。ちょっと早いけど、GW前のが良いだろうから送るね」と言われ狂喜乱舞。

6.道連れ

で、チケットは2枚というので、美術館なんて行く友人いたっけ?って、いったい誰を誘えばいいのかと悩んでいたところ、前の会社の同僚が会社を辞めるというので、過去に2回くらいしか一緒に飲みに行ったことがなかったのに、数年ぶりにふたりで飲みに。
すると、なんと子供の頃は「エジプト考古学者になりたかった」というではないですか!
4日に行く約束をしました♪

7.塩

塩ってなんだよって(笑)、はい、そのまんま、塩です。
私、砂糖と塩は精製されたものを使わず、結構こだわって良いものを使っているんです。
わりと高いんですけど、調味料って大切ですものね。

この前、もう少しで塩がなくなりそう・・・って思っていて、ミネラルたっぷりの塩を買わないとって考えていたんです。
先週の木曜日、出社すると机の上になんと塩が!

沖縄に行ってきた人がお土産にオーストラリアの海水天日塩に海洋深層水を寝かして浸透させたというお塩をくれたんです。

これにはびっくりしました(笑)

8.買い物

元彼とのランチは、毎週日曜日なんです。
ランチの後は駅前のスーパーに買い物に行くのですが、自宅が駅から遠いので重たい荷物を持っていくのが大変だから、たくさん買い物をして車で帰るわけです。
いつもお弁当も含めて1週間分の食材を買うのですが、お腹がいっぱいなので量が今一つ決まらない時もあるんです。

前回の買い物で結構買ったつもりだったのですが、やりくりしても食べ物がなくなってしまい、今日1日を残して自分でスーパーまで行かないと食べるものがない状態になってしまいました。

近くのコンビニもなくなってしまったので、スーパーまで行くしかありません。
仕方ない・・・と思っていたら、元彼からLINEで「明日は予定が出来たから、買い物だけ今日行く?」というメッセージが!

無事、買い物を済ませることができました。

本当に小さなことばかりですが、こうやって経験することで、実際に考えていることが実現するというのを心から実感することで、大きな願いも叶うようになるのだそうです。

まず、引き寄せの法則は「今まで罪悪感があった物欲なども、悪いことではないと信じられるようになる」のが最初のステップみたいで、それにはお金とか物とかそういうことも別に欲しいなら欲しいと言っていいという実感ができるようになると、逆に「お金は単なる交換の手段」と大事なものではないことも分かるのだとか。

「こんなこと願ったらいけないのではないか」というネガティブ思考が却ってたいしたことがないことも大きなことのように思ってしまうのだそうです。

自分としては大きな願いがふたつあるのですが、それはカケラさえ見えません。
まだどこかで「叶う訳ない」って否定する気持ちが働いているのが分かるので、自然に信じられ、叶った喜びを感じられるようになるまで、気長に待とうと思います。

823年ぶり、5月のカレンダー(えー、マジ?!)

友人からLINEでこんな話が送られてきました。

823年ぶりの5月のカレンダー?!

今年の5月には、

 金曜日が5回あります。
 土曜日が5回あります。
 日曜日も5回あります。

こんなことは823年に一度起こることで、これを「財布」と呼びます。

これを大切な人に回すことで金運を招くと言われています。

とのこと。

へー。
とカレンダーを見ると、確かにそうですね。

全然気づきませんでした。

823年て誰が数えたんだろうか?

ということで一応調べてみたら、2009年の2月とか、他にも色々5並びの金土日があって、それらも823年ぶりとか言われているらしく、すっかり騙されそうになりましたが、やっぱりガセでした(笑)

「5月」っていうのが味噌なんですけどね。

この手のチェーンメールって、たまに出現するから「そうなの?」ってなっちゃいます。
しかも、普通はそんなの送ってくるような人じゃない人から来たら、マジに受け取っちゃいますよ。

1人にだけ送っちゃったけど、「やっぱ変」と思って調べたら・・・・。
お詫びメールを出すはめになりました(笑)

どうしても否定してしまうこと。

自分のことをおばさんだと自覚もありますし、見た目についても、前にも書いた通り、若くありたいというより、みっともない姿は嫌だと思っている程度です。

何歳だからこういう服じゃないととか、そういう考え方はありませんので、似合うかなと思えば別にそれでいいって感じです。

とはいえ、あまりお洒落な方ではないので、洋服とか「なにを着たらいいのかなぁ~」といつも悩みます。

今は薄給なので仕方ないのですが、収入が十分にあった以前から服にはあまりお金をかけたことがなく、いわゆるお洒落な服などほとんど持っていません。

シンガポールで着るリゾート服は結構ありますが(笑)

今は化粧品会社なので、マスコミやブロガーなどを呼んでの大きなPRイベントなどもあり、会社の人からぜひ観に行ってと言われるのですが、「スタッフは黒かX色の服」とかドレスコードがあるので、面倒くさいから行っていません。

芸能人やモデルなど有名な人も来たりするので、結構ニュースにも取り上げられているから、そういうのが好きな人は「もったいない」って思うと思います。

でも、全然興味なし(笑)

そんなこんなで、服なんて自分が良ければいいんじゃない?っていうのが基本なんですけど、どうしてもというか逆の意味で「これはちょっと」って、心でですけど、否定してしまうことがあります。

街で見かけるのですが、目の前を通る女性にふと目がいった時、最初に服が目に入ってなんとなく顔にも目を向けたら、服は20代前半の子が着るようなカジュアルな感じで、デニムスカートもちょっとミニ系・・・なのに顔というか実際は40代とか50代とか、普通におばさんなんですよ。

似合っているならまったく問題ないのですが、服と顔と肌のギャップがありすぎて、本当にびっくりしてしまいます。

たまに正真正銘の“おばあちゃん”が花柄のフリルのついたスカートとか「なんとかハウス」ばりの洋服を着ていて、白髪頭をぼさぼさにさせながら歩いているのを見かけるのですが、そこまでいくともうどうでもいいやって気がしてスルーできます。

でも、そんな無理な服着なくても、素敵な服装ってできそうなのに・・・って人が無理して若作りをしていると、歳が近いからかすごーく複雑な気分になってしまうんですよね。

まぁ、これって本当に大きなお世話だとわかってはいるのですが・・・。

たまにしか見ないので、そんなに率は高くないのかも知れませんが、だからこそたまに見ると毎回びっくりしてしまいます。

先日も渋谷駅が目の前を通り過ぎて行ったので、びっくりして思わずガン見してしまいました。

だからなんだって話じゃないのですが、物にこだわらない割にこんなことでびっくりする私ってなんなの?って思いもあったりして。

結論のない話でした。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »