« 生活の変化は、心の変化から。 | トップページ | 幸せの分岐点 »

石鹸をなめている母

うちの母が骨折し、ずっと入院していたのですが、ようやく来週退院が決まったと電話がありました。

千葉の田舎(千葉って広いから都会と郊外でめっちゃ差があるみたいです)なので、まだ病院で「お礼」をする習慣があるらしく、結構箱詰めのお菓子とかみなさん豪華にやっているようなんですよね。

「でも、うちはそんな余裕ないし、お前、XXXで有名なXX石鹸買って送ってよ」

って、うちはそんな余裕ないって言っておきながら、当然のごとく私に買わせようといういつもの自己中電話だったですが(笑)、箱菓子10個とかかなり高くなってしまうので、ある珍しいと思われる石鹸をテレビか何かで見て、ちょっと配るなら珍しい物だったら大きな物でなくても喜ばれるんじゃないかっていうんですよ。

その石鹸は知らなかったので、調べてみると一旦電話を切ったのですが、ネットで見てみたら、やっぱり1個1000円近くするんです。

母は250円とか300円くらいと思っていたようなんですが、石鹸を作っている私としては『そんな訳なかろうが!』と思っていたら、案の定・・・。

再び電話して、誰に配るものなのか聞いたら、お世話になった看護師さんたちだというので、だったら化粧品でもいいでしょ?と聞いて、手持ちのファンデーションや口紅などを1点1点可愛い袋に入れて送りました。

まぁ、全部合わせたら数万円分ですから、こっちのが相当ゴージャスですけどね。
口紅なんて1本4000円くらいするし。
ファンデーションも6000円くらい。

無料で貰ったやつだったので、ラッピング用品と宅配便代金くらいで済みました。
つくづく、今の職場で良かったと思いますよ。

あまりにプライベートなのでブログに書いていないのですが、職に関しては本当に不思議だと思うことが色々とあります。

これも引き寄せかも?

しかし、石鹸をなめてはいけませんよ。
作るのに手間がかかるし、材料によっては石鹸にするのにも結構大変だったりしますからね。

良質のコラーゲンが手に入ったので、そろそろ石鹸を作ろうかと計画中です。
待ってくださっている方もいらっしゃるので、質にこだわった石鹸はこれからも少しですが制作予定です。

« 生活の変化は、心の変化から。 | トップページ | 幸せの分岐点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活の変化は、心の変化から。 | トップページ | 幸せの分岐点 »