« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

初めて聞いたよ、そんな話。

ゴールデンウィークですねー。

とはいえ、私はGWにほとんど予定を入れたことがないので、ただ休みってだけなのですが、今回は美術館に行くこともあり、ちょっとは活動できるかなって感じです。

月曜日の夜に以前の会社の友人と会ったことは書きましたが、その時にびっくりしたことがありました。

私が誕生日のギフトにエジプト展のチケットを貰った話をしたら、なんと彼女が「私、昔エジプト考古学者になりたかったの」と言いだしたのです。

個人的にはそこまで仲良くはなかったのですが、職場で長いこと会っていて、そんな話は一度も聞いたことがありませんでした。

本もたくさん読んでいるし、実際にエジプトに行ったこともあったようです。

「えー!!」っとびっくり。

実は、チケットを2枚くれると言っていたのですが、正直誰と一緒に行こうかって悩んでいました。

私の周りにこの手の美術鑑賞が好きな人が思い浮かばず、なんなら自分で2回行くかなんて考えていたのですが、近いわけじゃないので、どうせなら友達と行ってお茶くらいしてその話をしたいなと思っていたんです。

「誰かいないかなぁ~」って、数日考えても思い浮かばず。

まぁ、私ってもともと友達と呼べる人が少ないこともあるんですけどね。

じゃあと誘ったら、「ぜひ!」って。

まだチケットが届かないので、日は決まっていませんが、なにはともあれ、道連れが決まって良かったです。

またしても引き寄せてしまいました。

誰もが昔は。

またまた超久しぶりな友人と新宿の居酒屋で飲みました。

最近、アレルギーが酷くなった私は、アルコールを摂取すると鼻の周りとか体がかゆくなってしまうので2杯が限度ですが、話も弾んで飲むお酒はやっぱり美味しいですね。

飛び込みで入ったちょっと残念な店ではありましたが。。。。

彼女は私より1歳上なのですが、長年フラメンコをやっていることもあって、全然贅肉というものがなく、うらやましい限り。

いつも細身のパンツを履いています。

私があんなの履いたら・・・いや、そもそも履けないか(笑)

でも、お互いいい歳なので、あんなところやこんなところが気になるねという話で盛り上がり、おばあちゃんたちが「どこそこが悪くて」って話で盛り上がっている気持ちがちょっと分かりました。

まだそこまではいきませんが・・・(笑)

私は写真というのをあまり撮らなくていままで来たのですが、それでもたまーに昔の写真を見ると「若いなぁ」って思いますし、これならまだ見られるじゃん・・・なのにこれがどうしてこうなるんだろうか・・・なんて考えちゃったりして。

まぁ、それが加齢ってことなんですけどね。

私は歳を取ることが楽しいと思っている人間なので、若さにしがみつきたいみたいなのは一切ないのですが、いきなり「あっ、この肌の衰えは」とか「こんなところに皺が!」みたいなのには日々驚いています。

人って、こうやって老いていくんだなぁ~って。

そういえば、断捨離の時、30年前くらいの元カレの写真が出てきてびっくりしたのですが、それがめっちゃ格好良くて、「どうしてこんな人があんなオヤジに?」って(笑)

よく取ってあった・・・というより、持っていることを忘れていたからだと思いますが、なんかもったいなくて捨てずに飾ってあります。

本人にも「これ見てー」って見せたら「おー、いい男だねー」というので「それがどうしてこうなっちゃうんだろうねー」って言ってやりました。

「ホントだねぇ」だって(笑)

まぁ、私だって多少可愛かったわけですから、誰もが昔はキラっとしていたんでしょうね。

白髪染め 汚いおばちゃん さようなら

ファミリーセールで白髪染めが安かったので2箱買っていたのですが、頭皮の調子が今ひとつだったのでしまったままでした。

頭のてっぺんが白くなってしまい、さすがにこれでは汚いおばちゃんだわ!と白髪染めを決意。

しまってあった箱を取り出しました。
箱の裏をまず見たら「・・・・えっ?eye」と固まった私。

そこには「徐々に白髪が染まる トリートメントタイプのうんちゃらかんちゃら」と書いてあるではないですか!

「あちゃー!やっちまった!しかも2箱も・・・」

以前、別のところで口コミに釣られて買った同じような物(1本3000円くらいした)は、すぐに取れちゃうし、染まりも悪くて「いったいいつになったら染まるの?!」って思って結局捨ててしまったので、今回は安くなって600円くらいだといってもなぁ~と。
(とはいえ、本来は2,000円以上するんですけどね)

がっかりしつつも、今はこれしかないから仕方ないとシャワーの最中に10分くらい放置してトリートメント使用しました。

乾かしてみると・・・あれ?結構ちゃんと染まってる!

「さすがー」

ヘアケア製品は他と違うよと聞いていたのですが、すごい!
黒髪のところはそんなに色はつかないみたいなのですが、もともと明るい色にしたいわけじゃないのでOK。

白髪のところは色がちゃんと乗っている感じで、完璧じゃなくても以前買ったもので「なにこれ?」となったようなことはなかったので、2個も買っちゃってどうすんのさと思っていたのが杞憂に終わりました。

ホッ。

次回もあったらこれ買おう♪

大英博物館を引き寄せた!

職場の女性が今日から休暇でイギリス(ロンドン)とフランス(パリ)旅行に出かけました。

初のヨーロッパということで楽しんできてねーと送り出したのですが、実は私、以前からの夢でイギリスに行ったら大英博物館に1週間通い詰めるっていうのがあるんです。

中でも昔からエジプトに興味があってドキュメンタリーとかエジプト関連の本とか果てはミイラの作り方の本まで読んでいる私なので、エジプトは怖いし遠すぎるから、せめてイギリスでエジプトの展示が見たいと思っているわけです。

しかし、飛行機は乗っても7時間が限度、今はそんな休みも取れないしお金もない。
だから、イギリス旅行と聞いて、「いいなぁ~」と思い、大英博物館通いつめの夢を思い出して、ずっと「いいなぁ~大英博物館!」とかって考えていたんです。

今日、自宅の最寄り駅に着いた時、スマホがブルブルと震えたので見ると久しぶりの友人でした。

「あじゃみーん、元気?」

お互いの近況をちょっとだけ報告しあって、なんでこんな久しぶりに連絡してきたのかと思ったら、「あじゃみんの誕生日プレゼントにあーこれがいいって思うのがあってもう手元にあるんだけど、GWだから休みの日にどうかと思って、ちょっと早いけどこれでいいかなぁ~?」なんていうので「えーなに?」と聞くと、なんと今東京都美術館で開催されている大英博物館展-100のモノが語る世界の歴史のチケットだというではありませんか!

「やったー!!めっちゃ嬉しいheart

エジプトオンリーではなく、色々な傑作美術品が展示されているみたいで、心は躍りました。

すっごい嬉しいです。

その友人は美術系に詳しいというか、美術館や博物館によく行くし、日本画やその他絵画にも非常に詳しいんです。

私はただ興味があるだけで、知識は全然ないのですが、その友人のお勧めに行ってみて外したことがないのです。

正直な友人は「オークションでチケット安く落とせたんだよねー」だって(笑)

まぁ、ご愛嬌です。

私が好きなものって考えてくれたんで、値段は二の次三の次。

これで何の予定もなかったGWがちょっと楽しみになりました。

国立新美術館で開催中のルーブル美術館展のチケットもあるので、GWは芸術ウィークになりそうです。

哀れなるかな…なのかな?

少し前のことになりますが、「そういえば、あの人どうしてるかな?」なんてふと思った友人に、久しぶりに連絡してみました。

「元気~?久しぶりに思い出したから連絡してみたよ」

そんなメールを送っておいたのです。

しばらくしてから返事が来たのですか、なんと❗足の骨を折って休養中とのことでびっくり⁉

お大事にというのと、超ささやかなお見舞いを送りました。

数日前、あれからどうしてるかなと、今、どんな感じ?ってまたメールしたら、「まだまだ松葉杖だけど会社には行き始めた」とのこと。

良かった良かったと読み進んだら、「でもさ、今日、駅のホームにあるキオスクの前に立ってたら、全然知らないおじいちゃんに声を掛けられて、“お菓子買ってあげる”って言われたんだけど…そんなに哀れに見えたのかしら?」だって。

そんなに哀れに見えたのかもね(笑)

えっ?!そう?

こまりんさんと待ち合わせして、数分遅れで店に入った私。

久しぶり~と手を振って近づくと、こまりんさんが開口一番

「地味になった?」

と・・・・。

えっ、そうかしら・・・・。

その日は紺の薄いニットにグレーのパンツだったので、確かに地味かもね。

でも、よく考えてみれば、こまりんさんとはシンガとか外国で会う方が多かったからか、リゾート仕様の服の方が良く見ていたと思うので、日本での普段着は確かに地味かも。

とはいえ、歳取ってそんな地味にしていると暗くなりそうなので、ここはひとつ明るい色の服でも着ようかな。

なんていっても今日は黒のTシャツだけど(笑)

これから病院なんで。
といっても、前の病気とは関係ないので近くのクリニックですけどね。

ところで大きな望みはいまだ叶わないというか、やっぱ無理かもとどうしてもネガティブ思考が出てきてしまうので、今は放置状態ですが、相変わらずどーでもいいような願いは叶いまくってます。

この前、ポケットティッシュがなくなって、なくてもまぁいいかと思っていたものの、やっぱり持って歩かないとと思っていたんです。

Oggiと待ち合わせしていたので駅に向かうとお兄さんがティッシュを配っていたので「おっ!」と思ったのですが、向かいから歩いてくる人が多くて、そのお兄さんが配ってる場所には行かれずもらいそこね・・・。

「あーあ」

と思っていたら、帰りに東急の中に入ったらエスカレーターの前でお姉さんが配っていました。

ここなら絶対取り損ねる心配なし(笑)

「何度も繰り返し思っていることは潜在意識に通じる」って、本当だね(笑)

サンダル

Img_3905

Oggiが以前お店で見て、「これがいい」と言っていたサンダル。

履いてみたら、すごーくいい感じです。
しっかり足の甲をホールドしてくれるし、クロックスライトという素材がフカフカした感じで足が楽です。

Img_3906

クロックスのネットショップにはなかったので知らなかったのですが、お店にはありました。
半額券があったので税込3500円弱だったのですが、6200円はちょっと高いような・・・。

疲れないサンダルは貴重なので良かったです。
Oggiは白っぽいのを買いました。

おばさんふたりでお揃いってのもナンですが・・・(笑)

切り替えて楽しく過ごした今日の午後

半年間待ちに待った講座がドタキャンになり、なんだか気が抜けたのですが、今までのことを考えるとこの件も絶対に意味があるんだとポジティブに考えることにしました。

そこで気分でも切り替えましょうとお買い物にでも行こうとOggiを誘って二子玉川へ。

クロックスの半額券をいただいて、1枚で2足買えるので、Oggiが以前お店で見たサンダルを1足ずつ買おうかと話していたのです。

その前にOggiが見つけた公園を散歩することにしました。

しかし、その昔は駅と駅前のタカシマヤくらいしかなかったのに(私の子供の頃は遊園地もありましたけど)、今やバブリーな雰囲気で、いかにも東急が開発しましたって感じの金妻タウンに変身しました。

えっ?金妻って何って?

いいんですよ、若い人は分からなくても(笑)
同年代の人は分かってくれるよね・・・って思いで書いてるんですから。

私が嬉しいのは、映画館がもうすぐオープンすることです。
2015年なんて遠いなぁ~なんて思っていたけど、もう2015年ですもんね(笑)

Img_3873

誰が住んでるんだろう?ってタワーマンションの前の階段を上がって行くんです。

Img_3876

綺麗な歩道が長く続いています。

Img_3877

右側に行くとちょっとした広場というか公園になっているのですが、手前には日本庭園がありました。

Img_3878

なんだか大層な感じですが、まぁ、そうでもなかったです(笑)

Img_3879

入口はこんな感じです。
とはいえ、日本庭園には帰りに寄ることにして、まずは散歩。

Img_3882

人のいないところを狙って撮っていますが、家族連ればかりたくさんいらしていました。
ビニールシートを敷いて、食事をしている家族も。

Img_3888

なーんとこんなところにスタバ。
でも、Oggiがコーヒーを淹れてきてくれたので、ベンチに座っていただきました。

コーヒーって買っちゃうと飲み干さないといけないので、ちょっと欲しいという時には多いんですよね。

水筒に入れて持ってきてくれたので、ちょっとした休憩って感じでちょうど良くて良かったです。

Img_3883

多摩川べりなのがまたいいですね。
こんなに開発されちゃったら、家賃が高くて住めないだろうけど。

タワーマンションの1ルームが16万で出ていました。
投資目的で買った方が貸し出しているんでしょうね。

でも、ちょっと狭い。

部屋が何個かあると30万くらいって、いきなり高くなるんですけど(笑)
分譲賃貸だとなんでもありですね。

タワーマンションは億ションもあったみたいですけど、もう売れちゃってるみたいですよ。

風が強かったけど、気持ちの良いお散歩でした。

久しぶりの再会とクリームたっぷりなパンケーキ

若い頃にもケーキ食べ放題とか行ったことがない米食い星人のこの私がパンケーキを夕食にするなんて驚きです(笑)

数年ぶり(な気がしないけど)に再会したこまりんさんとの待ち合わせは新宿ミロードにあるハワイアン・パンケーキのお店。

ブルー基調の可愛い感じのお店で、「若い女性ばかりで入りづらい」というこまりんさんの言葉通り、確かに若い女性ばっかり!
カウンター席もあってひとりでも可能とはいえ、ちょっとねーというのは私もこまりんさんと同意見でした。

Dsc_0097

これはこまりんさんが注文したストロベリー&ホイップ。
ドドーンとホイップが山盛りです。

このクリーム、相当甘さ控えめで、きっと現地の人が食べたら「なんじゃこりゃ?!」ってなるんじゃないでしょうかね。

でも、日本人にはちょうど良い甘さでした。

Dsc_0094

飲み物はこちら。
マンゴーとパインの入ったレモネード(でも炭酸)。

すっきり爽やかで美味しかったそうです。

Dsc_0098

そしてこちらはワタクシのバナナ&ストロベリーでございます。
こちらも負けず劣らずホイップ、バーン!(笑)

3枚のパンケーキ(つーか、ホットケーキ?)はさすがに重くて、あとちょっとというのにギブアップしました。

Dsc_0095

やっぱり、甘いものにはコーヒーでございますわ。
甘い食べ物に甘い飲み物は好きじゃないので、これで正解でした。

というより、コーヒーじゃなかったらもっと残していたのかも。

とっても美味しかったのですが、若い頃みたいにがっつりは食べられないので、もうちょっとスモールなのがあれば良かったですね。

残すのもったいないし。

でも、普通ならあまり入ることはないお店に誘っていただいて、楽しいおしゃべりに花が咲きました。

こまりんさん、どうもありがとう!

大ショック!、でも負けません。

半年待って、やっと申込み開始になったので申し込んでいたカウンセリングの講座が土日のコースは人数が集まらなかったためにキャンセルになったとのメールが来ました。

平日は、満員御礼みたいですが、2日続けて丸1日というのが難しいのかも知れません。
ここのセンターのコースは、私が学びたい内容がまさにどんぴしゃりで、しかもお金儲けとは無縁の金額設定で非常に信頼できるため、とても楽しみにしていました。

まさか2日前にドタキャンメールが来るとは・・・・。

20日(月)は休みを取っていたのですが、出勤することにします。

6月から別のコースがあって、ほぼ同じ内容というので、それも検討しますが、そっちも人が集まらないとNGなので、コース終了後に資格勉強を始めようかと思っていましたが、先にこちらを始めて、行かれる講座があれば受けることにして、臨機応変にやっていこうと思います。

めげてる場合じゃないので、夢に向かってGO!あるのみ!

書けないけど、書いちゃう。

つい昨日のことなんですけど、「えぇ~?!マジで?!」ってことがありました。

なんて書いても、何があったかというのは公に書けるものではないのですが、色々あって「こうなるのがベスト」っていうやつをイメージしていました。

本なんかには、爆発的な喜びと感謝なんて書いてありますが、理性が邪魔してそんな滑稽なことはできないわ!って感じで、今まで起こって欲しいことをイメージして「叶った」ことに感謝したとはいえ、正直言ってそんなにすごく心が動いた感じはありませんでした。

だから、電車で空間ができるとか、座れるとか、そんな小さなことならいくらでも叶うけど、その他に目に見えて変化はなかったのかも知れません。

やっぱりどこかで「そんなバカな」って言うのがあるんでしょうね。

それが今回のことで、何でだか分からないのですが、イメージした時に今までと違った心持ちでイメージできたんですよね。

そして、えっ?!って方法でそれが届けられました。

「ありがとーーーー!」

思わず、宇宙に歓喜の叫び(心でね)でした。

いやぁ~、すごい。
この願いが叶わなかったら、ちょっと「どうしたもんか?」って状態だったので、まじめな話、震えました。

どうしたらいいのかなぁ~って状況になって、最初はへこみそうになったんですけど、「これじゃーダメだわ」と思い直して、自分がどういう状況だったらベストかをイメージ。

必死さがあってはダメというのですが、正直どうかなというのもあって、割とリラックスできたのがいいのかも知れませんね。

これも自分が招いたことではあるので、自分で解決できたのは良かったです。

あと、今日こまりんさんから新宿のパンケーキ屋さんに行きませんか?とのお誘いメールがあり、以前から興味があったけど「1人で入るのは」という感じだったから、時間が合えば喜んでということで、今度一緒に話題のパンケーキを食べに行くことになりました。

新宿なんですけど、駅でパンケーキのお店の看板を見る度に「美味しそうだなぁ~」って思っていたから、これも引き寄せでしょうか(笑)

楽しみです。

葡萄 サザンオールスターズ

Dsc_0093

ついに届きました!

限定生産盤B(1万近くするAもありますが、何が違うのかまでは調べていません)!

ずっと聴いてます。

し・あ・わ・せheart

シェフ 

最近、忙しいのと特に観たいなと思う映画がなくて、映画館から足が遠のいていました。

新作、あまりチェックもしていなかったのですが・・・。

この前の水曜日、渋谷シネパレスの入ったビルの前を通りかかった時、入口には上映中の映画のポスターが飾ってあるのですが、宮部みゆき原作のソロモンの偽証とジヌよさらばという邦画がかかっていました。

上映時間もとっくに過ぎていたし、どちらも観る気がしなかったので、「何かいいのないかなぁ~」とボーっと観ていたら、奥のポスターにちょっと惹かれました。

Dsc_0092_2

正直、この手のポスターの映画って、監督の思い入れが強い映画が多く、面白いか面白くないかのどちらかなのです。

だから迷いましたが、最近映画すら観てない乾いた日常だったので、よし!賭けてみよう!と入りました。

他の映画館て、消費税増税以来レディースデーも1100円に値上がりしたのですが、ここは今でも1000円。

良心的です。
まぁ、10%に上がったら、さすがに値上げするんでしょうけど。

こうやって書いていることからも分かると思いますが、この映画の事前情報まったくなしです。

最近、映画サイトのチェックもせず、日常は楽しく生きているといっても、好きな映画もチェックしない状況でした。

後から分かったことですが、この映画、結構話題で絶賛されていたんですね。
私も久しぶりに私好みの観て良かった~♪♪と思えた映画でした。

主演のジョン・ファヴローは、アイアンマンとかを撮った監督でもあり、俳優もやっている人ですが、最初よく分からなくて「この人見たことあるけど、なんて人?」ってポスター見ながら思ったのですが、文字を見たらダスティン・ホフマンだとかスカーレット・ヨハンソン、しまいにはロバート・ダウニー・Jrまで出ているみたいで、なんだかすごい豪華キャストなのねぇ~と。

知らないって怖い(笑)

ジョン・ファヴローの役は高級レストランのシェフ、カール・キャスパー。
料理は至上の喜びと、この仕事を天職と思っているのですが、勤めているレストランのオーナー(ダスティン・ホフマン)は、変化を嫌う頑固ジジイで、大人気の批評家が来店するというので、張り切って創作料理を出す準備をしていたキャスパーに「定番料理を出せ」と命令します。

ここまでは良くある展開ですが、ここから先は「現代の映画だなぁ~」と思わせるストーリーで、よくよく振り返ると、それ以外は昔の映画の焼き直しみたいな特に新しさも何もない展開(といっても面白くないわけじゃないけど)なのに、ツイッターなどのSNSを絡めていくことで、「これありそー!!」ってにやり感をうまく出していました。

さて、せっかく考えて部下からも絶賛された新作料理を諦め、やってきた批評家ラムジーに面白くもなんともない何年も変わらない定番メニューを出したところ、元々はキャスパーファンだったラムジーにボロクソにこき下ろされてしまいます。

息子に教えてもらったツイッターで、部下の止めるのも聞かずラムジーに酷い言葉のメッセージを送るのですが、ツイッターを始めたばかりのキャスパーは、それがみんなに公開されることを知らずプライベートメッセージだと思っていたのですが、それを見たラムジーは「公開バトル」を仕掛けられたと応戦し、そのやり取りはどんどんリツイートされ、あっという間に世界中に拡散していきます。

ホント、知らないって怖い(笑)

そこからは、ぜひ観て欲しいのですが、魅力的なキャストと美味しそうな料理で最後までワクワクな映画でした。

それにハッピーエンドなのが最高♪
最後はちょっと出来すぎ?って気もしないでもないのですが、まぁ、これならありかなって。

個人的にはちょっとした役で友情出演みたいなロバート・ダウニー・Jrのハマった感いっぱいの役に笑いました。

しかし、飛び込みで入って何も食べていなかったので、美味しい匂いもしてきそうなシーン連発にちょっとつらかった。

キューバサンドなんて見たこともなかったのですが、これはぜひぜひ食べてみたいサンドイッチになりました。


映画情報は、こちら

レモンジーナを引き寄せた♪

笑っちゃいますよー。

ニュースで、レモンジーナーが売れすぎて一時販売ストップというのをやっていました。
そのニュースを読む2日前くらいに、駅前のスーパーで段ボール箱でどーんと積まれたオランジーナとレモンジーナを見て、「へぇ、レモンバージョンもあるんだ」と思ったのですが、別に飲んでみたいとも思わず、買いませんでした。

でも、それからすぐに「売り切れ続出!」とかいう記事が出て、「あんなにいっぱいあったけど?」と不思議に思いましたが、そう思って翌日行くと、オランジーナは残っていたけど、レモンジーナは1個もなくなっていました。

みんな見たんだろうなー(笑)

そこまで恋こがれていたわけでもないのですが、「1本くらい買っておけば良かったなぁ」とか「そこまで言われるとちょっと飲んでみたい」なんて思っていました。

昨日、荷物が届いていないというので、メールルームに同僚の女性と一緒に行ったのですが、その女性が「あそこにあるんですよ、レモンジーナ」というので「へっ?」と見ると、メールルームにある自販機に2本並んでレモンジーナがありました。

以前までオランジーナがあって、好きだったのでよく買っていたのですが、最近なくなってお茶とかになっていたので、意識して見なくなっていたんですよね。

まさか、全然売ってないと言われているジュースが2本も並んであるなんて思ってもいませんでした。

『ずっと言ってたから引き寄せた(笑)』

そして早速購入。
その後で聞いたのですが、ネットでは「土の味がする」とか言われてるんですってね。

でも、炭酸レモネードって感じで、美味しかったですよ。
とはいえ、どっちかといえばオレンジのが好きかな。

一応、話題の商品なので、紙コップに入れてお裾分けしました。

Dsc_0090

成功者の無責任で笑えない発言については。

決してふざけて書いてあるわけではないけれど、引き寄せの法則本を読んでいた時に「えー」と気になったことはあります。

それは「すべて自分の思考が原因」で何事も起こるということから、事件や事故、災害などに遭ってしまったのも、過去の自分の思考が引き寄せたというもの。

この点に関しては「非常に不愉快」とコメントをしている人もいました。

確かに「なんでもポジティブ!」なんてノー天気な感じで、そんな不幸もみんなあなたの責任と言われるとカチンとくるし、被災者のご家族には間違ってもそんなこと言えませんよね。

そんなのは言わなくていいのに・・・と思うようなことがはっきり書かれていて、私自身もちょっと前なら「不愉快」って思っていた部類に入ったような気もします。

それ自体を肯定するとかではないのですが、今まで生きてきた長い年月で「原因」と「結果」は常に一対だし、「運命」とか「宿命」とかそんなのは多かれ少なかれみんなが持っているものだと思っています。

死んだら終わりと思っている人は笑うと思いますが、人は生まれてくるときに自分と同じ境涯の人を親と選んで生まれてくるって言いますよね。

確かに自分の人生の傾向を見ても、知り合いのを見ても、全部同じとかそんなのではなく、やっぱり親子だから似ているのかな?でも、大人になってからのことなのになぜ?と思うことがあります。

小学生の頃、同級生のお母さんがあまりにも若いのでびっくりして「何歳?」って友達に聞いたことがありました。
10代で彼女を産んでいたのですが(それはうちの母も同じですが)、それから離婚して・・・というのです。

その子も高校を卒業した後、すぐに同級生と結婚して、子供を産んで離婚。
みんな「親と同じだね」って(悪いけど)噂し合ったのを覚えています。

こんなのはほんの一例で、こういうのは左右見回しても結構多いんですね。
普通「反面教師」なんて言いますけど、全然反面にならない人が多いんです。

殻を破らないと、たとえ一見「良い方」に行ったとしても次から次へと色々なことがあり、それこそ正負の法則で、イコールでしか生きられない。

とはいえ、そうじゃない人というのも確かにいるんですね。
究極の幸せというのは「何があっても大丈夫」という人間になることだと昔言われた話は以前から書いてますけど、確かにそうなんだとこういう諸々を見て、引き寄せだのという考え方を学んでから思います。

引き寄せだの言ったって、人生に悪いことがまったく起こらなくなりますよーなんて言っているわけじゃないので、本当に単純に「考え方」を変えるというだけで、こんなに日常が変わるというのは、「それは言わなくていいんじゃない?」ってことがあったとしても、生活に取り入れたい考え方です。

とはいえ、イメージの仕方とか感謝・感謝と連呼されると身に着いたネガティブ思考回路にスイッチが入りそうになるのはなかなか止まりません。

うさんくさーいって、本当に人間てネガティブ(笑)

うまくいっている人はノー天気に顰蹙を買うようなことを言いがちですけど、受け止めるこちらも「その意図」を汲んで、良い方に受け止められるようになれば、きっと良いことが起きるのでは?と最近は思っています。

やっとこさ発表 カウンセリング入門コース

私の夢の第1歩、カウンセリング入門コースの日程がやーーっと発表になりました。

本来は夜間で5回通って1万円なのですが、私は夜が遅いので、土日集中で受講することにしました。

5回コースよりも短い時間でお値段変わらずなのですが、まぁ、しょうがない。
特に申込み方法などが書かれていないので、問い合わせ中。

ちょうど、空けてあった週末だったので、良かった。
でも、土日両方出かけるって、それはそれでキツイ気もしますけどね。

頑張ろう♪

サザンオールスターズ 「葡萄」

早く来ないかなぁ~。

久しぶりのサザンCDを買っちゃいました。
土曜日の午前中に届くように指定して、あと1週間弱待ちますよーん。

がっつりステーキ!@ハングリータイガー

日曜日恒例、元カレとのランチ。

今日は、ステーキが食べたかったので、ハングリータイガーに連れて行ってもらいました。

日曜日はいわゆるランチメニューがないので、通常の値段だから結構高いんですよね。
近くにステーキガストもあるのですが、以前行って私には今ひとつだったので、ハングリータイガーをリクエストしました。

元カレは、毎週恒例になっているのが面倒くさいのか、早く私に今カレが出来て欲しいみたいですが(笑)、残念ながら、出会い全くなしなので、とりあえず恒例が途絶える予定はなしです。

とはいえ、自分がこれからカウンセラーになるにあたって、そういうことを話し合えるようなパートナーがいたらいいなぁ~とは思い始めています。

いえ、結婚したいとかそんなのじゃないんですよ。
さすがにもう・・・。

でも、同性の友人は年齢的に自分たちの生活で精いっぱいで、そんなことを話す感じじゃないですし、そういう話題にも精神的にサポートしてくれる人がいたらいいなぁ~って思います。

元カレは絶対無理なので(笑)
それに元ですからね、所詮は・・・。

でも、そういう関係じゃなくても、たとえばせっかく入院したんだから、医療面でアドバイスを貰えるとかそんなことを考えると、お医者さんとか看護師さんと仲良くなっておけば良かったなーと、今さら考えています。

そういう時は、相当に愛想が悪い私って、人生損してますね(笑)
とはいえ、その時のことを思い出しても、そんなこと考えていた覚えがないので、カウンセラーにどうのっていうのは、退院した後だった気がするけど・・・。

あっ、話が大幅にそれました!
ステーキですよ、ステーキ!
Img_3315

レギュラーセットは、パンかライス、そして飲み物だけなので、野菜を食べたい私はグリーンサラダも頼みました。

Img_3316

これは、ヤングスターという若い人向けの「量」重視のステーキです。
部位はどこなんだろう?

サーロインとかは4,000円くらいするので、さすがにランチでは・・・sweat01
300gもあるので、さすがにこれは無理と、ハンバーグを頼んだ元カレと半分ずつ交換しました。

うーん!
がっつり肉・肉・肉って感じで美味しかった♪

いつもご馳走さまー!
今日も幸せなランチでした。

突っ込み癖

用事があって新宿まで行き、終わってからBOOKOFFに寄って何かないかと物色していました。

自宅に読んでいない本もたくさんあるので、見ているだけで買うということはないのが普通なのですが、本屋が好きでつい行ってしまいます。

目下欲しいのは「昭和天皇実録」なのですが、これは古本屋ではなく、紀伊國書店に行かないとありませんから、こっちは暇潰しです。

ゆっくりと色々な本を見て回ったのですが、その中に「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本というのがありました。

『そんな面倒くさい時に本なんか読むかよ!』

と思わず心で突っ込みました。

だって、なーんにもしたくなーい!!って時に本なんか絶対読みたくないじゃん!と思ったわけです。

まぁ、よく見たら仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本だったんですけどね(笑)

こうやって、すぐ突っ込んでしまうのは、お笑いの血でしょうか?(そんなバカな)←これもそう(笑)

そして今年も稲川淳二

まだ4月になったばかりなのに、eplusでチケット発売の予告があって驚きました。

オリンピックの関係で、日本青年館が閉鎖されてしまったので、今年はどこでやるんだろうと思っていたら、8月も毎年別の月にやるけど行きにくいからと思っていたメルパルクホールになっちゃいました。

でも、赤坂ブリッツでもやるみたいなので、そっちでもいいなと。
もう何年もずっと通っているので、夏に稲川さんの話を聞かないと夏!って気がしないんですよね(笑)

楽しみだなぁ~。

観客もそんな常連ばっかりなので、盛り上がりハンパないんですよ(笑)

幸せの分岐点

昨日は、渋谷のグリーングリルに行って、超久しぶりの友人に会いました。

以前いた会社の元同僚なのですが、私は1年で部署を変わったのにずっと仲良くしてくださっていた年上の女性Sさんです。

既に還暦を過ぎているとはいえ、全然そんな風に見えない若々しい方なので、他人のことなので詳細は書けませんが、とにかく若い頃から色々なことをやってきて、今はマクロビオティックの勉強をして定年後に契約社員として働いている会社をやめた後は、お料理で食べていこうかどうしようかみたいな感じなんだとか。

少し前に何年かぶりで会ったNさんも元同僚だったのですが、その人と同じ部署なので彼女から私に会って「引き寄せの法則」の話を聞いたというので、その話も聞きたいと言っていたんです。

Nさんに話したといっても、そんなに力を入れて話した訳ではなく、Oggiが「あじゃみんが面白いことを話していた」というのを言ったらしく、それなに?というのがきっかけで、会社の20㎏痩せた女性の話をして、その本を紹介したというのがその時の話でした。

読んでみる!とNさんは言ったのですが、私はどうかな?と思っていたんです。
Nさんて本当はとっても優しくて可愛い性格で、素敵な女性なんですが、プライドが高いからそれを素直に出せないところがあるんですよね。

だから、私から話を聞いたからといって、素直に読んだり実行したりは難しいのではないかと思ったんです。

案の定、Sさんによると、Nさんは本は買ったけど読んでいないとのこと。
ものすごく忙しい人なので、読書する気にならないのだと思うのですが、私は自分ですごく興味があったので、すぐに会社帰りに本屋に直行してゲットし、電車の中で読み始めたんですよね。

彼女の性格だと「面白い話は聞いたし、興味あるけど」程度の心持ちなのはすごく分かります。

一方、Sさんは引き寄せについて自分の考えも色々と話してくれて、会話が弾んで楽しかったです。
最近、年齢もあってマイナスに考えていたというのを会話の中で気づいて、「私ネガティブだったわー。分かってるはずだったのにダメね」とパッと明るくなっていました。
それに帰りに紹介した本を「Amazonで注文したわ!すぐ読んでみる」とLINEで連絡をくれたんです。

自分自身の思考が本当に未来を決めるんだなと思いました。
未来って、1分先でも未来じゃないですか。

「あっ、私ってネガティブだったんだ」って気づいて、「この本読んでみよう!」とか前向きになれたのはちょっと前の思考が変わったからですよね。

だから、いかにその思考の変化を意図的に作り出していくかが、そしてそれを実行に移すかが「幸せの分岐点」だと思います。

仕事や何かで色々あって、ガッツだ根性だなんて言われてできない・・・というのはわかります。

でも、思考は別に努力するようなものじゃなくて、楽しくポジティブにを潜在意識に伝えるだけですから、能力なんて不要。

だから、やるかやらないかってだけなんです。

でも、こんなに簡単だからできないとも言えますけど。
私もまだ「これはダメかも」が出てくるのもあるし(ちょっと大きな願いだと必ず出てきちゃう)、焦らず小さいラッキーを積み重ねようと思えているからめげずにやっていられます。
失敗と思うことでも、すぐリフレッシュすることで、逆にその時ダメだったことが功を奏したりするので、あまり気にしません。

たぶん、こういう内容が好きではない方は、私のブログから離れた方もいらっしゃるだろうし、読んでいても「偶然そうなっただけでしょ?」って笑っている人もいるのではないかと思います。

正直いって、偶然か必然かなんてどうでもいいんです。
自分がそれによって「願いが叶った!」って幸せを感じられることが大切だと思うし、押し付けるものでもないので、信じない人に対してどうこう言うこともありません。

自分の考えがどうというのが基本ですから。

だから、会社でもプチ体験を面白おかしく話していますけど、引き寄せの法則がどうのなんて話にはしていません。

でも、話自体は結構ウケていて、「あじゃみんさんは念力が使える」ってことになってます(笑)
始めは、ちょっとバカにした感じだったのですが、私のエピソードが身近で面白いので、ちょっと気になっているようなんです。

それを聞いた子たちが何か話している時に「現在形とか過去形にしないといけないのよね!」とか、「否定形はダメなんだよね」とか自分から言うようになったんですよ。

私が話の中で「否定形で考えるといけないらしいから、こういう風にしたんだけど」みたいに話しているのが残っているみたいです。

少しでもみんなが楽しく働ける職場に変わるといいなぁ~と思っています。

石鹸をなめている母

うちの母が骨折し、ずっと入院していたのですが、ようやく来週退院が決まったと電話がありました。

千葉の田舎(千葉って広いから都会と郊外でめっちゃ差があるみたいです)なので、まだ病院で「お礼」をする習慣があるらしく、結構箱詰めのお菓子とかみなさん豪華にやっているようなんですよね。

「でも、うちはそんな余裕ないし、お前、XXXで有名なXX石鹸買って送ってよ」

って、うちはそんな余裕ないって言っておきながら、当然のごとく私に買わせようといういつもの自己中電話だったですが(笑)、箱菓子10個とかかなり高くなってしまうので、ある珍しいと思われる石鹸をテレビか何かで見て、ちょっと配るなら珍しい物だったら大きな物でなくても喜ばれるんじゃないかっていうんですよ。

その石鹸は知らなかったので、調べてみると一旦電話を切ったのですが、ネットで見てみたら、やっぱり1個1000円近くするんです。

母は250円とか300円くらいと思っていたようなんですが、石鹸を作っている私としては『そんな訳なかろうが!』と思っていたら、案の定・・・。

再び電話して、誰に配るものなのか聞いたら、お世話になった看護師さんたちだというので、だったら化粧品でもいいでしょ?と聞いて、手持ちのファンデーションや口紅などを1点1点可愛い袋に入れて送りました。

まぁ、全部合わせたら数万円分ですから、こっちのが相当ゴージャスですけどね。
口紅なんて1本4000円くらいするし。
ファンデーションも6000円くらい。

無料で貰ったやつだったので、ラッピング用品と宅配便代金くらいで済みました。
つくづく、今の職場で良かったと思いますよ。

あまりにプライベートなのでブログに書いていないのですが、職に関しては本当に不思議だと思うことが色々とあります。

これも引き寄せかも?

しかし、石鹸をなめてはいけませんよ。
作るのに手間がかかるし、材料によっては石鹸にするのにも結構大変だったりしますからね。

良質のコラーゲンが手に入ったので、そろそろ石鹸を作ろうかと計画中です。
待ってくださっている方もいらっしゃるので、質にこだわった石鹸はこれからも少しですが制作予定です。

生活の変化は、心の変化から。

最近、引き寄せの法則を意識しながら生きているのですが、変わったことといえば以下の通りです。

【ポジティブなことに意識を向けることが多くなった】

引き寄せの法則とかいう言葉を聞くと、なんだか現実離れしているように思えますけど、結局は「考え方を変える」ってだけなんですよね。

物事にはすべて原因と結果があるのは引き寄せがどうとかじゃなく、世の中の当たり前のことですが、引き寄せの法則もこの「原因」と「結果」について言及しているだけです。

過去の自分の思考の結果が現在の自分の生活に現れている。

だから、未来を良くしたければ今の思考を変えればいいというわけです。

そうなると今までイラっとしていたことも、もし「イラっと」した時があったとしても、すぐに考えを良い方に持って行けるようになりました。

相手じゃなくて、原因は自分の思考だとわかれば、嫌なことがあっても相手に対する嫌悪ではなく「何か間違った思考をしちゃったのかも?」程度で済みます。

そして、望む結果をイメージして仕切り直し。

先日、海外からのビジター(超わがまま)の帰りのタクシーの予約時間を変更したのを本人に伝えるのをすっかり忘れ、ホテルで話してくれることにはなっていたのですが、本人はそれでは間に合わない!と思い込んで自分で勝手に別のタクシーで帰ってしまい、アテンドしてきた女性に怒りのメールを送ってきて、その女性も知らなかったことなので私に事情を問い合わせてきました。

転送されたメールを見て「あちゃー!そういえば、“帰りのタクシーのことなんてどうでもいい。でも、何かあったら怒るかな”とか考えてたわ」と自分がうんざりしていたことに気付いたんです。
時間変更したのは、それで十分な時間が空港で確保できるから、そんなに早くチェックアウトしなくていいということで相手のためだったのですが・・・。

そこで、お詫びメールを(しぶしぶ)出すことにしたのですが、相手から「そうだったんだ。OK!」みたいな返事がくるのをイメージして、事情を説明し、謝りました。

そして、返事ですが、そうです。

「ハロー、あじゃみん。ありがとう!Big Kiss for you!」

だって(笑)

続きを読む "生活の変化は、心の変化から。" »

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »