« 確定申告提出! | トップページ | 肌に弾力 »

イメージングの大切さ。

フェイシャルマッサージの組み立てをして、ひとつひとつは理解していても、動作を自然にできるようになるまで練習しなくては上達しません。

お金をいただくのですから、お客様が「あーいい感じ」と思ってリラックスできなかったら、癒しのサロンの意味がないですもの。

でも、いきなり100回も200回も練習できるわけじゃないので、イメージングで上達を意図してやっています。

スポーツでもそうですけど、「なになにがうまくできない」という人に対しては「できている自分を強くイメージして」と教えるのが効果的です。

ただ技術だけじゃなくて、「自分はできる」と自己暗示にかけることで、やっている時の上達度合がグッと増すのだそうです。

これは分かる気がする。

なので、自分の顔(だと寝ているお客様とは反対なのですが)を使って、色々なパターンのマッサージを練習し、お客様の顔でしているのを想像しています。

老廃物をリンパに流すような動作は、とっても大切です。
また、全体と部分的マッサージのバランスの良い配分も大事。

最初は全体的に刺激を与えてから個々のマッサージ(皺対策とか弾力対策とか)を繰り返して、それからまた沈静化させる全体のマッサージに移行して終わり。

これだけだと数分?って思うかも知れませんが、ひとつを繰り返してしっかりとやるので、わりと時間がかかるんですよ。

終わってからはシートパックで冷やします。
その間にひじから下のハンドマッサージでリラックス。

最後は、化粧水→美容液→ホワイトニングクリームで終わりです。

今週の土曜日はエステルームで実践練習。
頑張ります。

« 確定申告提出! | トップページ | 肌に弾力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告提出! | トップページ | 肌に弾力 »