« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

窓ガラスがまた割れた。

割れたというか、ヒビが入ったのですが、いつも使っているパソコンを置いている部屋のサッシのガラスは、もともと下半分だけ2枚とも大きくヒビが入っていたんです。

その前にも1枚同じような状態で、それを換えていただいてから、気づけばまた2枚がヒビ割れ。

サッシは上と下でガラスが分かれていて、ヒビ割れたのは下側なのですが、ワイヤーが入っているために室内外の温度差とかそんなので収縮して耐え切れなくなって割れたのではないかとのことでした。

完璧に割れているわけではないので、1回換えてもらったし悪いなというのがあったので言わないでいたのですが、先日のマンションの更新時に言って直してもらっていたのです。

今日、洗濯をしようとベランダに出て、そういえばガラス・・・と見てみると、「ゲッ!」と思わず本当に口にしてしまったくらいびっくりしてしまいました。

また長い枝みたいなヒビが大きく入っていました。

これは何かの呪いなのか?・・・・なんて思うほど、心霊現象っぽい状態。

もともと、このサッシは大きさがちょっと特殊らしいので、普通のサイズのガラスでは入らず、それ用に切り出して使っているみたいなんですよね。

とはいえ、それはプロがやっているので隙間が開いたとかではなく、どうやらワイヤーが入っていることで、温度差その他でそのワイヤーのどこかがゆがんでピキッとなってしまうみたいなんです。

そのワイヤーが入っていないものであればこんなことにはならないのですが、消防法でそういうガラスを使わないといけないことになっているそうで、見にきた管理会社の人も困ったなぁ~と。

そのガラス、1枚25000円もするそうで、「さすがに大家さんには言えないので、業者に直せっていいます」と言ってました。

交換から1週間しか経っていなくてこれだったので、今度は早く言った方がいいなとすぐに電話をして正解でした。

また来週業者さんが来て、その後また・・・・ってことになりそうです。

呪われた窓ガラスって短編でも書こうかしら(嘘)
しかし、面倒くさいわ。

春だ!桜だ!お花見だ!(バナナマンの番組風)

昨日、Oggiとふたりで砧公園に行ってきました。

ちょーっと早いかなと思ったのですが(日曜日の今日はまさにお花見日和なのに)、ふたりの時間が合う日がこの日しかなかったので、桜のお花見です。

Img_3300

途中、1本の木にピンクと白の可愛いお花を咲かせたのを見つけました。
今まで見たことないんですけど、なんていうんだろう?

Img_3306

砧公園の桜はこの通り、まだ五分~八分咲き。
今日あたり、綺麗だろうなぁ~。

Img_3305

Oggiがオープンサンドの具を作ってくれました。
私は、食べるだけ(笑)

バケットと食パンを持って行ったのですが、どちらも美味しかった♪
マスタードたっぷりつけて、野菜をたっぷり載せて・・・もう、お腹いっぱい。

ピクニック気分の人は大勢いたようですが、結構みんな爆睡してましたね(笑)
天気は良かったし、お昼寝には最高でした。

Img_3308

もうすぐ咲くよ~♪
という蕾をパチリと撮ってみました。

その後、Oggiの家に移動し、お礼のフェイシャル♪
帰宅してからLINEで「お肌光ってる!」とのお言葉をいただき、良かった~となりました。

恒例の週末ランチとお買いもの日の今日は、駅前の桜が見ごろでしたよー。

諸々のお話

表に現れる顕在意識と心の奥にある潜在意識。

引き寄せのビジュアライゼーションで働きかけなければいけないのはこの潜在意識なのですが、いやぁ~、ある意味ポジティブ思考が何かというのが分かったためか、逆に自分がいかに疑り深いというか、ネガティブ思考なんだなというのを最近つくづく思い知っています。

もし叶わなくても「また挑戦しよ!」と思えるから、引き寄せの練習は小さいこと(物)からというので、ちょこちょこビジュアライゼーションをしております。

先週の土曜日のこと。
古いベッドのスプリングが最近「やばい」状態なのですが、それの影響で「あれ?なんか腰が痛いな」と思っていたのですが、だんだん酷くなって立ち上がるのも大変なほど腰が痛くなってしまいました。

でも、翌週(つまり今週)は色々と大変なことが多いので、絶対休めないしどうしようsweat01って焦りました。

立ち上がる時もまっすぐに立ち上がらないと腰に激痛が走るので、まるで「曲がらないロボット」状態でした。

イテテテテ・・・・と毎回声が出てしまうほど痛くて、ロボットのような不自然な動きになってしまって、本当に辛かったんです。

そこで「腰の痛みがなんだったのか分からないほど痛くなくなって、“あれ?痛くないぞー!”って喜んでいる自分」をイメージしてみました。

目を開けても特に変わったこともなく(当たり前だけど)、腰の痛みが消えてもいなかったのですが、なんとなく前より軽くなっているような???(今やったばっかりなのに)

でも、その程度では気のせいかも知れないし、参ったなぁ~と思っていました。
とはいえ、本当にロボットのような感じではなくなってきたので、痛みはありましたがだましだまし動いていました。

月曜日の朝、起き上がってベッドから出る時、やっぱりちょっと腰が痛い。
でも、そこまでじゃないなぁ~なんて思いながら外に出ました。

「・・・・・・・・・・・・・・あれ?」

駅までの道は15分くらいかかるのですが、まったく痛みもなく、嘘のように治ってしまっていました。

まったくびっくりです。

こんな風に引き寄せに成功しているのですが、本当に「これが叶ったら」という願いは、やってみようとしても実際にビジュアライゼーションの時に「気持ちが乗らない」んです。

どうしても、明確なヴィジョンを見ることができないんです。

こんな願いは叶わないかも?とか、無意識にでも考えてしまっていることに気付いたのですが、その思考をプラスに持って行くのが難しい!

もうちょっと先にならないと慣れないのかも知れませんね。

今さら、叶姉妹が気になる。

いえ、あの外見とか話しているような生活には1㎜も興味はないというか、あこがれとかそんなのは一切ないのですが(あまりに価値観違い過ぎて)、最近、Youtubeで「意外にも、めちゃくちゃ励まされる叶恭子の名言集」というのを上げている人がいて、思わず見てしまったのです。

ふーん。

我が道をゆく恭子さんならではのお言葉のオンパレードで、確かに「思い込み」でいっぱいになった頭に「人は違って当たり前」というのを再度知らしめてくれる動画になっていました。

叶姉妹については、以前叶姉妹出演番組の企画をした人などを知っていたので、正直裏も知っているのですが、それはそれとして(こんなところに書いて訴えられても困るので)、あのブレなさ加減は立派だと思います。

また、よく言われることですが、「叶姉妹は人の悪口を言わないから好き」というのもうなずけます。

これだけ悪口とか汚い言葉が散乱している世の中で、綺麗な言葉で話すおふたりに好感が持てます。

以前、デビ夫人は「あのふたりはセレブなんかじゃない」なんて言ってましたけど、姉妹ユニットだって言ってるじゃないのって思ったのを覚えています。

無粋なことはいわずに、あの異次元の世界を楽しめばいいのではないでしょうか。

・・・・にしても、恭子さんと年齢が近い私はあの腹筋はおみごとといわざるを得ません(笑)

腹に筋肉なんて全然ねーし!(あっ、言葉使いが・・・・)

ファミリーセール

激安のファミリーセール。

なんで「ファミリー」というのか不思議ですが、いつもは高くて手が出ないものも半額以下になったりするので、心躍りますよね。

派遣先企業のファミリーセールがあったので行ったのですが、今回は今一つの品ぞろえで、そこまでの買い物はしませんでした。

いつもの時期じゃなかったので、在庫一掃みたいな噂(あくまで噂)だったのに残念!と思っていて、招待状をあげた友人たちにもなんだか申し訳ないなと思ったのですが、実際に来た友人たちはかなり買い物をしたみたいで、写真付のメッセージまで届き、良かったとホッとしました。

中にいると有難みも薄れちゃうかも知れませんが、普通はあれだけ安いと普段は買わない物は買ってみようと思うんでしょうね。

とりあえず、喜んでもらえて良かったです。

私も化粧品を少しとでっかいシャンプーを1本買ったのですが、シャンプーはまだあるし重たいので会社の机に置いて帰りました。

ボトルはポンプが付いていないのですが、以前、総務の前のキャビネの上にご自由にお持ちくださいと放出されていたので、同じブランドのシャンプーが無料で貰えたので使ってみたら結構良くて、今回はエイジング対象のシャンプーだったので迷わず買いました。

ネット通販でも5,000円弱するので、1,800円はお得。

いとこもヘアケア製品をどっかと買って帰っていました。
サロンでしか買えないものも多いので、何かの時にギフトとしてもすごく喜ばれるとか。

その手があったかと思い、次回はギフト用目的で買おうかなと思いました。
それまでいればですけども(笑)

しがない3か月更新ですからね。
どうも予算調整で毎年9月頃に派遣切りをしている部署らしく、「この前は3人切られたし、今年もやると思うよー」って派遣仲間から聞きました。

電車で座れたとか、小さいけど嬉しい。

昨日、用事があって新宿まで出かけたのですが、前日ちょっと夜更かししたのに朝は結構早く起きなくてはならず、疲れ切っていました。

先日のマンションの契約更新の際にヒビ割れている窓ガラスと劣化したコンセント(を挿すところってなんていうんだっけ?)のことを話したら修理・交換してくださることになり、昨日の朝10時からの予定でした。

ちゃんと起きて片付けもしないといけないので、早めに起きたのですが、窓ガラスの交換なので寒風にさらされ、めっちゃ寒い中で時間を過ごし、なんだか具合も悪くなっちゃって最悪~って感じでした。

ぐったりと疲れていたけど、予約を取っていることだったので頑張って出かけることにしました。

電車で準急が来たので乗ったのですが、乗る前に「こんなに疲れているから座りたい」と思い、こうなったら「ビジュアライゼーションだ!」と(笑)

自分が立った前の人が降りて、にんまり笑って席に着くのをイメージしてから乗りました。

不思議な感覚というか、ドアが開いて電車に乗り込むと、土曜日の13時過ぎということで、激混みではないにしても、席は空いておらず『やっぱり座れないかー』とちょっとがっかりしたのですが、座っている人たちの中で目に入った女性が『あっ、この人はすぐ降りる』となぜか思ったんです。

でも、その女性のすぐそばには、同じ駅から乗った私よりも年配の女性が立ったので、その人が本当に降りたとしても、自分が行って座るわけにはいかないなと思ったんですよね。

次の停車駅で停まった時、本当になぜか本当にその女性が降りたのですが、その席には先の女性が座ったんです。

他の人は降りる気配がなく、『あーあ』と思っていたのですが、急に目の前に座っている男性がキョロキョロし出して、えっ?と思ったら席を立って降りてしまいました。

思わずにんまりして席に着いた私。
本当にイメージした通り、にんまりして席に座っちゃいました(笑)

帰りは渋谷駅からは急行だったので、すぐだしまぁ、座れなくてもいいかと思ったのですが、とにかく疲れていて『やっぱり座りたい』とまたイメージング。

しかし、次の駅で停車した時は私の前の人以外の席がちらほら降りたのに、すぐ近くの席とかも全然空く気配なし。

だめかぁ~と残念に思っていたら、次の駅で目の前の人が降りてくれたので、まだ数駅あったので助かりました。

小さなことですが、偶然だろうとなんだろうと、ものごとが思い通りになるというのはいいものです。

お肌の調子、その後のその後のその後

なんか、意に反して最近の私のブログはなぜだかスピリチュアル(笑)

日常の色々を綴るのが基本なので、ちょっと方向性ちがくね?・・・的になってきたので、どっぷりと日常の話を書きましょう。

スチームでお肌のお手入れを始めて、ほとんど欠かさずやっていますが、本当にいい感じです。

とはいえ、寝不足が日常なのでその疲れは顔に出ちゃってるんですけどね(笑)

首の皺は手ごわいですが、顔については自分でも嬉しくなるくらい状態がいいです。
肌が綺麗だとお化粧のノリもいいし、まぁ、その他のマイナス要因はもう考えないことにしているので、ここんところ私はいつでもいい感じです。

親しくなってくると、やっぱり日本人?は人の年齢が気になってくるみたいで、先日営業の女性2人に「あじゃみんさんて、歳はおいくつなんですか?」ってとうとうストレートに聞かれちゃいました。

私は別に歳は隠していないのですが、ことさら自分から言うこともないので、聞かれたら答えるって感じなんですけど、その時は「どうしようかなー」とか言って抵抗するフリをしたりして、会話を楽しんだのです。

だって、その2人は1人は美人でもうひとりは可愛いというタイプで、いつもお洒落で可愛らしく自分の魅力を見せている人で、そんなふたりからいきなり年齢なんて聞かれたので、どうしようかなーなんて一瞬思ったりして。

まぁ、ふたりが可愛いことと私の年齢は全然関係ないんですけども。

ノートを広げて干支だのなんだの話し出したので、そこまでやるか?・・・と、「じゃー教えてあげる、これ」と自分の干支(年入り)を指しました。

「えーーーーーーーーーー!!!」

ふたりとも同時にこんな感じ(笑)

「全然見えない」
「まったく見えない。お肌ツルツル」

って言われて、お世辞にしても、ちょっと嬉しい。
毎日の成果かも?

ひとりは口をあんぐり開けて、本当に驚いているようでしたけど。

美人でなくてもお肌の調子がいいと若く見えるから、得はしてるのかな?
皆さん、いきなり綺麗にはなれませんから、今から始めましょう!

なんちゃって。

占い爺さんの話

昨日は、勤めているビルの中でやっていたファミリーセールにいとこが来たので、帰りにご飯を食べることにしていました。

いとこといっても歳が離れているので、感覚としては姪っ子みたいです。
うちの母は結婚が早く、その妹である叔母は遅めだったのでこんなことになりました。

先日誕生日だったので33歳になったのですが、一向に運命の人には出会えないみたいで(笑)

焦っているわけじゃないみたいですが、年齢的にお友達も結婚・出産というのが続いているので、やっぱり「どうしよう」的な感情はあるみたいで。

そのいとこが、伝説の占い爺さんに占ってもらった時のことを話してくれて、結構笑えました。

そのお爺さんは「先祖と話ができる」という人らしく(ここらへんで私はもう無理)、女性だとやはり結婚相手とかそういうのが気になって占ってもらうらしいのですが、いとこについては、先祖と話したところによると4人の人が結婚とかそういうのを邪魔しているんだそうです。

叔母は離婚しているし、いとこを産んだ時もすごい難産だったのですが、それもその人たちが原因なんだとか。

だから、お花をあげてその4人に謝りなさいと言われたそうです。
しかも、4人の名前付で・・・。

「1年くらい前からやってるけど、まだ兆し見えず」

だって(笑)

ん?・・・ということは、いとこが謝ってくれれば、私の男運も良くなるのかしら???
これは期待大(笑)

( ̄▽ ̄) ハッハッハッ#

その占い爺さんは一切お金を受け取らない人で、ボランティアでやっているとのこと。

口コミというか紹介以外では会えないみたいで、行く時はお菓子でも持って行けばいいのだそうです。

結構遠いので、最初はいとこも「そこまで行くのもなぁ」って感じだったそうですが、行った人が本当に出会って結婚したというのを聞くにつけ、「お爺さんだからいつまで生きてるか分からないし、やっぱり会う!」となったみたいで、お友達とふたりで電車を乗り継いで行ってきたそうです。

いとことはその4人に許された暁には「XX区かXX区のXXさんとか?」とある名前を言って、その人が結婚相手になるだろうとのことで、聞いちゃった私もちょっと楽しみ。

いとこにその爺さんの紹介をしてくれた女性は、やはり結婚相手を見てもらって「XX区のXXさんという人」と言われたそうなんですけど、ある日女性の友達と待ち合わせをしていたら、相手が10分遅れると連絡があり、まぁ、そこで待っていようかなとその場にいたら、ある男性にナンパされたのですが、普通は絶対にそんな人を相手にしないのに10分あるしと「友達待っていて10分だったらいいですよ」とその場でおしゃべりしたら、すっごく気が合ってまた会おうということになり、その時に名前と住んでいるところを聞いたら、その爺さんから言われた「XXX区のXXさん」だったんですって。

本当に結婚するらしいです(笑)

これって、考えるとやっぱり引き寄せ効果?
XX区のXXさんと聞いたことで、その人の頭の中ではXX区のXXさんと結婚するビジョンが描かれたんじゃないでしょうか。

でも、どういう風に現れるかというのは爺さんにも分からないわけですから、その女性もXX区のXXさんということだけずっとイメージしていたんでしょうね。

いとこの相手XX区のXXさんが良い人だといいですが。

母親(つまり私の叔母)には、その話はしていなくて「だって、そんなこと話したら“気持ち悪いからやめなさい!”とか絶対言うし」というので、たぶん叔母はここ1年くらいいつも花が家にあるなって不思議に思ってるんじゃないでしょうかね(笑)

結果が楽しみです。

シンプルなのがいいみたい。

引き寄せの法則に関連した話を色々と調べてみましたけど、正直言って「もういいわ」って感じてしまうくらい、あれもこれもって視点があって「言ってることはわかるけど、結局どうしたらいいわけ?」的な内容が多すぎます。

引き寄せの法則自体はみんな同じことを言っているのですが、どうしたらいいのかみたいなのは欧米の価値観で書かれているので、日本人には合わないっしょ!ってことばかり。

だって「小切手が届くのを待ちましょう」なんて言われても、日本は小切手文化じゃないですし、「いつだってハレルヤ!と叫ぼう」とか言われても、そんな習慣日本にないっつーの(笑)

まぁ、これは一例で、本当にそうしなくてはいけないということでないのは重々承知ですけど、それにしても、結局なんなのよ?ってなっちゃうんですよね。

まぁ、本にして売るわけですから、法則はこれこれこうってだけだと1ページで終わっちゃいますから、それじゃあ、売れませんよね。

だから、あんなこともあったとかこんなこともあったっていう感じなんでしょうけど、最初はシンプルにこれだけっていうのが、次に行くと「行動しないと叶わない」とか「あれ?」みたいな感じ。

でも、そういうのを全部引っぺがしてみると、引き寄せの法則というのは

① 自分の望む物を明確にイメージする
この「明確に」っていうのが一番大事で、漠然と「お金」じゃなくて「100万円」というように具体的に思い描かないとダメなんだとか。
何かの本に体験談が書いてあったのですが、「男性と手をつないで歩く」っていうイメージを出したら、介護の仕事でおじいちゃんと手をつないで歩くことになってしまったという笑い話がありました。ご本人としては、もちろん恋人とかそういうのを思っていたのにイメージする段になって具体的に描き出すのを忘れてしまったんだそうです(笑)

② 言葉は現在形を使う
「欲しい」という言葉はそれ自体が願望なので「XXXが欲しい」と言ってしまうと「欲しい」という状態がずっと続くことになる(つまり“欲しい”“欲しい”という状態ばかりが続いて一向に得られない状態)ので、例えば100万円が欲しいのであれば「100万円受け取りました!嬉しい!ありがとうございます」って既に受け取ったように感じ、大げさに喜び、感謝します。
「最高のパートナーと巡り合えました!」みたいな感じで、本当は手に入っていなくても既に持っているように振る舞うのが肝心。

③ 受け取る、そして感謝する
最後は実際に手に入るわけですが、その時には素直に喜ぶと同時に深く深く感謝すると、次はもっと感謝するに値することを引き寄せられるのだとか。

イメージする時はものすごく具体的にするのですが、1回やったら後はもう忘れてもいいとのことで、理由は「ずっと考えているんと“やっぱりそんなこと無理かな”とかネガティブな思考が出てきてしまいがちなので、しっかりイメージしたらもう忘れちゃうくらいがいいのだとか。

それに関連して、「信じて疑わない」というのももっとも大事なことなんですって。
思考が現実になるわけですから、せっかくイメージしたのに「だめかも?」なんてチラチラ考えているとそれが通じてしまって、せっかくの願いも否定されてしまうんです。

上手くいかないときは、どこかで感情が自分の願望をブロックしていることが多いそうです。
まぁ、願ったはいいけど、どうやってそうなるのかというのは分からないわけですから、疑問が湧いてもしょうがないですよね。

でも、どうやって届けられるかはお任せ事項なので考えちゃいけないんです。
だから、シンプルにシンプルに「具体的に欲しい物なりたいものetcを明確にイメージ」したら、「既に持っているかのように現在形で文章にして、受けった時の気持ちを表現する」と叶いやすいんですって。

私はもう本を読んだりするのを止めました。
だって、言ってることは全部共通で、それらしい体験談とかも載ってはいますけど、結局自分が実践していく以外にないので、基本をきちっとマスターして、小さいことから始めて、徐々に大きな願望に持って行くというのを実行しようと思います。

叙々苑にも円安の波?

このところ毎週日曜日が元カレとのランチデーになっているのですが、よく叙々苑のランチに行きます。

昨日も焼肉ランチ(実は前日の夜ステーキだった!)で行ったのですが、3月17日からメニューが変わるって書いてあって、よく見るとお値段は変わらないのですが、「具」が減ってました(笑)

今、一番安いランチが国産牛の合わせ加工肉を使った焼肉セットで海老が2尾付くんです。
それがなくなってた!

これでメニューが変わりますって宣言するのもどうなのか(笑)

以前は、この内容で1400円(1450円?)とかだったのが、消費税が上がってからなぜか税込1600円になって、さすがに海老が増えてたんですけど、1600円のままで海老が消えるみたいです。

まぁ、これ以上の値上げだとランチのお得感なくなるでしょうし、えーって反発もありそう。
だから、元のセットに戻すけど、お値段は1600円ねってことなんでしょうね。

まー、仕方ないか。
元カレランチは私がお金を払うことないし(笑)

最初、海老いらないって思ってたけど、あればあったで美味しく食べていたから、ちょっと残念な気持ちではありますけどね。

愛の裏には憎しみがある。

引き寄せの法則って、「愚痴や悪口を言わず、感謝と愛で生きる」っていうのがまとめて言うとそんなところなんですけど、愛っていうものの裏には憎しみもあるわけで、ここらへんが言ってる人が欧米人で、やっぱり西洋思想なんだなって感じます。

よく、引き寄せの法則を意識してポジティブにと思ってやってみたけど、却って悪い感情が出てきてしまったというのを目にしますが、それはまぁ、当たり前ですね。

人の感情って、片方だけでできているわけじゃないですから、「無理やり押さえつけようとすると吹出す」というのがあるんです。

本でも紹介されていましたけど「抵抗するとあらがう」というのは自然の摂理ですよ。

だから、宗教の活動とかで「神様がこうおっしゃってるから」と自分の感情を抑えつけて「愛」だなんだと言ってると、自分に嘘をついてることになるので、精神衛生上よくないと思います。

そういう人がちょっと痛いところを突かれると烈火のごとく怒りだすなんていうのを証明しようと実験?した意地の悪い友人がいますし(笑)
(前に書いたと思いますが、いつだか忘れました)

だから、いくらなんでも無理をしてポジティブにするというよりは、そういう悪い感情が出てきても、少しずつ見方を変えていけばいいんだと思います。

人のことがどうのっていうよりは、どうしたら自分が気分良くいられるかなので、好きなことをして気分を上向きにしつつ、その状態で自分が感謝できることを挙げてみるとか。

なんでもいいと思いますが、感情は無理矢理抑制するものではないので、間違えないように注意したいものですね。

もちろん、本に無理にそうしろって書いてあるわけじゃなくて、読んだ人が極端に走ると悪い結果しか招かないってことを言いたいんです。

とはいえ、努力はいります。
ネガティブ思考の人って本当にいますから、その人がポジティブに物を見るのは容易ではありません。

そんな時はちょっと無理してでも、物事の良い方を見る時間をつくって、その方が自分が心地よいと思えるまで少しずつやっていくと良いのではないでしょうか。

はじめは10分とか短い時間頑張ってみて、あとは自然の流れに任せるとか。
でも、その時間を繰り返すうちに「良いことを考えている時は楽しい」ってことに気付ければいいのだと思います。

だから、自分の好きな食べ物でも、好きな芸能人でもなんでも、とにかく自分がポジティブに捉えられるものから始めたらいいんですよ。

そういう習慣がつくと、例えば自分が不満を言っている時に「あれ?なんか嫌な気分だな」って気づけるようになるのではないでしょうか。

そうするとそんなに気分が悪くなることはやめようって思うと思います。
とりあえず「自分の人生を良くしたい」っていうのが前提ですけどね。

これも前に書いたような気がしますが、私が知っている人で影で人の悪口ばかりいって、人を陥れようとしたり、汚い言葉を吐いたりしていた人が今は持病が悪化してあまり仕事にも来られていないというのを先日聞きました。

引き寄せなんて言わなくても、因果というか物事にはすべて原因と結果があるわけですから、自分がそういう風に引き寄せた報いを今自分で今受け取っているだけです。
気の毒ですが、仕方ありません。

自分で気づかない限り、その人は良くならないでしょう。

フェイシャルの練習

Oggiのセレブマンションは、セラピールームがあって、エステサロン仕様のベッドやホットタオルを作る機器もあり、本格的な施術ができるお部屋でした。

タオル類は全部持って行かなければいけないのですが、何時間使っても500円というのは、練習する方にとってはすごくいいです。

ただ、フェイシャルのスチームがないので、そこはちょっと残念でした。

今日は練習だったので、ひとつひとつの動作を繰り返したり、「こっちを追加した方がいいかな」というのをやらせてもらったりしたので、コースの組み立ての改善とかにとっても役立ちました。

エイジングのお肌の場合は、肌を活性化させるために整膚のマッサージを中心にやった方がいいみたいです。

通常のなでる、さするみたいなのだと物足りない感じ。
終わってから、しばらく冷たいシートパックで肌を沈静化させ、化粧水→美容液→クリームで締めました。

もちろん、使用する化粧品は本番の物を使いましたよ。

普通、マッサージだと滑らせるためにオイルやそれ用のクリームを使うのですが、私は通常のお手入れに使うクリームなどをたっぷり使用してするので、かなり贅沢。

最初は「クリームって、今ひとつ良さが分からない」なんて言っていたOggiですが、終わってから頬を触ったりして「なんかすごーくいい感じ、リフトアップしてるみたいだしheart」って鏡を見ながら言ったのには笑いました。

エイジングの肌には、1回で結構違いがわかるんですよね。

ボディーは、自分も何度もエステに通っているし、お手入れに自信があるのですが、フェイシャルは自分でもあまりしてこなかったので、たくさん練習が必要です。

これからは、お友達も紹介してもらって、いろんな骨格で練習させてもらおうと思っています。

Oggiは、すごく気に入ってくれて、「またやってねー」って何度も言ってました(笑)
まぁ、無料だからね(笑)

もっともっとたくさん練習しなければ。

こまりんさんから、シンガのお土産いただきました!

Img_3298

Mickieさんのブログで紹介されていたオレオをお土産に買ってきてくださいました!

シンプルなのは食べたことがあるので、ストロベリーとゴールデンを食べてみましたよ。

ストロベリーは、中のクリームがいちごで、ゴールデンは、ううむ。
ビスケット部分がゴールデン?

(*^m^)プッ

美味しかった♪

シンガポールでオレオ、いい感じです。

ありがとうこまりんさん!

肌に弾力

エイジングケアで使用予定の美容液とクリーム。

人に使うのだからと自分の肌で毎日使ってマッサージしております。

2週間くらいですけど、肌にめっちゃ弾力つきました。
引き締まってきたというか、整膚マッサージの相乗効果かも知れません。

年齢とともにたるんでくる皮膚ですが、しっかりと筋肉に張り付いたようになってきました。

どうしてもたるみがちなエラのあたりは、すべてではないのですが、たるみが徐々に小さくなってきて、これからが楽しみです。

お化粧品は、どんなに良いものでも、個人の肌によっては合わないこともあるので、その点はちゃんとお話ししないと「嘘つき!」とかになったら困りますね。

私の使うお化粧品は、敏感肌用みたいな分け方がないんです。

一応、どんなお肌にも優しいというのがコンセプトなので、あえて分けていないんだそうです。

確かにUVクリームとか、SPF50とかですけど、全然刺激もないし、今までのイメージが変わりました。

化粧品て、本当に奥が深いです。
メイクより、スキンケアに興味があるので、もっとしっかり勉強していきたいです。

50代、60代の女性向けのお手入れも考えていますが、どうしてもお値段がそれなりになってしまうので、ちゃんとしたサロンを開いてからにしようかなと思っております。

雰囲気とか、そういう環境も含めてのリラックスタイムを過ごしていただきたいですから。

それより、本当はエステがメインじゃなくて、カウンセリングのプラスαがエステなので、早く講座が始まるのを待っているのですが(笑)

なかなかお知らせが出ません。。。。

イメージングの大切さ。

フェイシャルマッサージの組み立てをして、ひとつひとつは理解していても、動作を自然にできるようになるまで練習しなくては上達しません。

お金をいただくのですから、お客様が「あーいい感じ」と思ってリラックスできなかったら、癒しのサロンの意味がないですもの。

でも、いきなり100回も200回も練習できるわけじゃないので、イメージングで上達を意図してやっています。

スポーツでもそうですけど、「なになにがうまくできない」という人に対しては「できている自分を強くイメージして」と教えるのが効果的です。

ただ技術だけじゃなくて、「自分はできる」と自己暗示にかけることで、やっている時の上達度合がグッと増すのだそうです。

これは分かる気がする。

なので、自分の顔(だと寝ているお客様とは反対なのですが)を使って、色々なパターンのマッサージを練習し、お客様の顔でしているのを想像しています。

老廃物をリンパに流すような動作は、とっても大切です。
また、全体と部分的マッサージのバランスの良い配分も大事。

最初は全体的に刺激を与えてから個々のマッサージ(皺対策とか弾力対策とか)を繰り返して、それからまた沈静化させる全体のマッサージに移行して終わり。

これだけだと数分?って思うかも知れませんが、ひとつを繰り返してしっかりとやるので、わりと時間がかかるんですよ。

終わってからはシートパックで冷やします。
その間にひじから下のハンドマッサージでリラックス。

最後は、化粧水→美容液→ホワイトニングクリームで終わりです。

今週の土曜日はエステルームで実践練習。
頑張ります。

確定申告提出!

いやぁ~、今年はなんだか面倒くさくて、確定申告の書類を作るのが相当大変でした。

ほとんど利益はないので、経費もそんなに掛かっていないし、項目もそんなにないのですが、書類を揃えるだけでも面倒くさい。

面倒くさい病にかかったんじゃないかと思うくらい、面倒で、ギリギリやっと投函しました。

はーぁ、終わった。

引き寄せの法則がどうたら言ってた割には、こんなことが面倒なんて、人って勝手ね(笑)

引き寄せについては、強烈なアンチもいたりして、その違いを調べたりするのも面白いです。

ちょっと読むと「幸せになるのは簡単だ」って書いてあるけど、よくよく読むと「努力しないと夢など叶わない」とわかる。

当たり前。

でも、気分良くやっている時はそれを自分が努力しているとも自覚せず楽しい気持ちで行っているというのも、体験してみたいもんだって思います。

関連本のレビューとかを読むと「感謝」の行(修行)みたいな本とか「愛」についての本とか・・・(笑)

まぁ、物事に感謝するのはとても大切なことですし、愛というのもここでは人間としてとかそういうことかも知れませんけど(読んでないから分からない)。

感謝バージョンのレビューでは「宗教みたいでうんざり」っていうのもありました(笑)

確かに「感謝」ばかり連呼しているみたいなので、うんざりする人もいるだろうなと納得。

それより私は「寝不足」だと1日が楽しくないし、仕事もミスるって分かったので、眠ることに専念します(笑)

微々たる還付金を楽しみに・・・えへ。

安倍総理のメッセージ


すべて賛成ではないけど、外国で日本の恥をさらし続けている元首相に比べたら、10000倍マシ・・・というか、比べたら失礼ね。

それはそうと、東北はまだまだ苦しいようです。
私も何かできないか考え中。

信じるか信じないかは、あなた次第・・・な感じかも?

パム・グラウト著「こうして思考は現実になる」をご紹介しましたが、それからこういう本てどんだけあるの?って色々気になって(凝り性なんですよ)、普通の書店とか古本屋とかに行ってみたのですが、きゃーもーすごーいたくさんあってびっくりしました。

いや、その本を買った時も色々あったんですけどね、毛色が違うというか(笑)、日本人が書いたもので、女性向けの物は圧倒的に恋愛とか結婚関係・・・。

もちろん、それらは全部スルー(笑)

棚を色々見て行くと、そういえばこれってっていう本があって、それは「ザ・シークレット」という題名の本でした。

表紙がシーリングワックスでSの字をかたどって、Secretって書いてあるんですよ。

古代から気づいた人はこの秘密「引き寄せの法則」を使ってうんちゃらかんちゃら・・・まぁ、書いてあることは「こうして思考は現実になる」とほとんど同じですから、特にわざわざ読む必要もないくらいです。

違いは、パムの本は現実的に実験して体感するという趣向なのに対し、成功した人がたくさん出てきて、宇宙の法則は「引き寄せの法則だ」というので色々な体験や話をしていくというパターンです。

この本は、科学だとか偉人だとかそういうのを引き合いに出して、引き寄せの法則がいかに正しいかみたいに書いているのですが、偉人や科学の言っていることの一部を抜粋したりしているらしく、批判本も出るくらいの決めつけた内容なんです。

今日は、長くなるので下に続けます。
(PC閲覧用です)

続きを読む "信じるか信じないかは、あなた次第・・・な感じかも?" »

訪星中のこまりんさんから、シンガ情報入りました!

お友達と3人で訪星中のこまりんさん。

シンガはすごーく久しぶりだそうですが、あまりの物価の高さに超びっくりして、メールをくれました。

お友達は1人は20年ぶりというのと、もう1人は海外が初めてだそうなので、特に気にはならなかったみたいですが、昔を知っているこまりんさんはあまりの変わりっぷりにびっくり。

まず、今は既に1Sドルが88円くらいですが、こまりんさんが空港で両替した時は116Sドルだったそうですから、86.21円くらいですね。

高級なお店はカード払いとかでしょうから概算でしょうけど、リージェントのシャンパン付ハイティーが3人で198.75ドル(66.25/人)で、ひとり5300円ちょっと・・・・。

日本のコンラッドでシャンパン付は6,800円ですから・・・。
グループで考えると日本だとフォーシーズンズになるのでしょうが、ダイニング改装中なのでお食事できないんですよ(笑)

Webに料金が載ってないので分からないのですが、普通のアフタヌーンティーはいったいいくらになっているんだろうか。

そして、チャイナタウンのマックスウェルでのチキンライスが10Sドル(えっ?!)、大きいのは12Sドル・・・(嘘!)

この前まで4.5Sドルだったのに・・・。

ジャンボシーフードでは、お酒グラス各1杯付けてチリクラブ食べて、バンズとサラダ・デザートで302.80Sドル(87円計算で約26,400円?!1人8,800円弱)

足つぼマッサージ+肩のマッサージ1人40分のコースで67ドルくらいだったとか。
いつも行くSPAも行かず、いつもブランド品などを大量買いされるこまりんさんが「スーツケースいっぱいにならない」って(笑)

リージェントにふたりで泊まった時、エルメスの馬のぬいぐるみをかついで帰ってきたこまりんさんが懐かしい(当時7万くらいだったのかな?)

リッチなこまりんさんがここまで実感するくらいだから、シンガの物価はもう日本と同じか高いくらいですよ。
安いのは交通費くらい。

お知り合いが現地で今も現場監督をされているそうですが、ここ10年でシンガの人の年収は3倍くらいになっているそうです。

そこまでだと収入も上がらないとやって行かれないですよね。
日本も増税がなかったらアベノミクスの恩恵をみんなが受けているはずですが、物価だけ上がって今いる人のお給料はほとんどが上がっていない(新しい人だけ)ので、個人消費は伸びてないそうです。

私は今派遣なのですが、「景気が良くなってくると、クライアントは逆に強気になるので(替えはいくらでもいるからと)時給は余計上がりません」って言われてます。

非正規には関係ないんですよ、アベノミクス。
でも、私は割り切っているので、モーマンタイ(無問題)。
毎日リッチな気分で過ごすことに決めてます(気分だけね、あくまで(笑))



小さなことからワクワクと。

引き寄せの法則とやらを自分で試す場合、小さなことから始めるとやりやすいそうなので、ちょびちょびやってみています。

例えば、毎朝バスに乗っているのですが、自分のお気に入りの席があるんです。
運転席の後ろの高い席のひとつ後ろはちょっと足元が他より広いのでここがお気に入り。

先日、ちょっと長い列の後ろに並んだので、この分だとその席に座れないかなぁ~って思ったのですが、「よし!ここで試してみるか」と、自分がその席に座った姿を想像したんです。

ドアが開いて、どんどん人が乗って行って、私の前の2人の女性が中に入った時点では、まだその席が空いていましたから、もしかしたら!と思って、乗り込んだんです。

すると、私の前に並んでいた女性がその席に座ろうとしたので『あーあ』って思わず心の中でがっかり・・・・と思いきや、いきなりその女性が「あっ!」みたいな感じで後ろを向いて、そのまま座ろうとしていた姿勢を改めて後ろに歩いて行ってしまったんです。

すぐ後ろにいた私は、すっとその席に座れました。

別の日。
すごく混む電車に乗っているのですが、本を持って歩いているので、電車の中で読みたいんですよね。

でも、普通なら無理。
とにかく満員なので、おとなしく突っ立っているしかないんですよ。

だから、「自分の周りに空間ができて、ゆったりと読書をする」というイメージを描いて電車に乗るようにしたら、その時からどんなに混んでいても、なぜか私の前や横に十分な空間ができるようになって、本を読みながら乗っていられるようになりました。

そうそう。
こうして思考は現実になる・・・を実践して半年で18㎏痩せた人ですが、さらに2kg減って20㎏なーんにもしないで痩せたそうです。

考え方は変えたから、何もしてないっていうのは違いますね。

出入りの業者さん(女性)が「あのー。あのー」って言いにくそうにしているから、「なんでしょうか?」と優しく言ってみたら、「こんなことを言うのはなんですけど、お痩せになりましたよねー」ってしみじみ言われて、また冗談で「ダイエット本書こうと思ってるんですよ」って言ったら、「買います!」って叫ばれちゃったとか(笑)

がっつり天ぷら食べてるし、昨日なんて鶏南蛮なんて油っこいものしっかり食べてるし。。。
これでそんなに痩せてるんだから、素直に実行できるって、うらやましいですよー。

あと、何をするにしても、心から信じて楽しまないとだめなんだそうですよ。
今持っているもの、今ある事柄に素直になって信じるというのが、引き寄せの法則のラインに乗ることだそうです。

素直にねぇ・・・・(ここまでにしておきます)

フェイシャルの組み立てと使用する化粧品

昨日は、私を指導してくださっているトレーナーにフェイシャルの組み立てについて相談しました。

化粧品の違いで、使うものに最適のマッサージがあるのですが、美容部員さんは店頭でやるので一番効果的な組み立てのものを15分程度で終わるんです。

でもね、フルでやる場合は本国(内緒)ではサロンで同マッサージを日本円だと26,000円くらいで提供しているんですよ。

もちろん、サロンのゴージャスな雰囲気も込みですが、使っている美容液やクリームが半端なく良いんです。

ラグジュアリーブランドなので、客層も年齢層が若干高めの方が多いので、偽物じゃ満足なさらないお客様ばかり。

そりゃぁ、1回で数万円~10万くらいになる商品をポンとお買い上げされる財力は、(普通は)若い方にはないですよね。

私もありません(笑)

だから、クリームひとつでも「効果がはっきりわかる」物が多いんです。

エイジング・ケアの商品はかなりお勧め。
ここに書けないのが辛い・・・。

トレーニングの時に1個5万円のクリームを使ってマッサージをしてもらったことがあるのですが、最初「お値段が高いだけじゃん」と、実をいうとあまり信じていなかったというか、ふん!って感じだったのですが、マッサージが終わった自分のお肌があまりのモチモチ感ですっごく驚きました。

嘘-?!って感じ。

なんだ、高いだけあるじゃんて(笑)
現金なもんだ。

まぁ、効果を実感するのは個人の感覚なので、すべての方とは言いませんけど、かなり多くの方が口コミでも「効果を実感できる」と書かれています。

まぁ5万円のクリームはとても使えないのですが、それに準じるくらい良いリッチな美容液とクリームをセットで使うことにしました。

そのエイジングケア用のクリームをたっぷり使って皺、たるみ、ハリのお悩みに効果のあるマッサージを組み立てて、クレンジングからお仕上げまで1時間弱のコースです。

しっかりとお肌を活性化するマッサージをメインにするので、つめたいシートパックで冷やすのですが、その際はコラーゲン60%配合のジェルで肘から下のハンドマッサージ付です。

まずは、コースの手順をしっかりとこの腕に叩き込まなくては!
なぜこういう内容にしたかというと、私の友人知人は40代~50代くらいの人が多いんですよね。

若い子もいますけど、若いといっても30代(笑)
まぁ、お友達に営業するつもりはないのですが、練習台にはなってもらうつもりです。

そして、自分が良いと思ったら、お勧めよろしく!ってことで(笑)

練習といっても、実際に使う美容液やクリームをすべて使います。
お値段も本来の金額はこのくらいのコースで2万円くらいいただいても良いくらいのものですが、それじゃー私がやる意味がないので、基本コースで1万円(税込)くらいでご提供するつもりです。

これなら、3か月で2回くらいエステ行きたいなっていうのにお応えできると思います。
もっとリッチにやって欲しいというお客様には、オプションをご用意します。

ブログ読者の方で「やってもらいたい」と思ってくださったら、予約の時に「ブログ見てます」で初回20%オフとかにしようかなと思っています。

当面は、渋谷か青山の貸サロンで夜だけのつもりです。
たぶん基本コースは渋谷になると思います。
青山はかなり独立したサロンみたいにできるのですが、お値段が渋谷の倍なので、これだけだと赤字になっちゃうので(笑)

ボディーも始めて、リッチなコースもメニューに出すようになったら青山を考えると思います。

もともと、カウンセラーになったら夜だけの女性専用癒し空間としてカウンセリング・エステを実施する予定でしたから、もし次の日はちょっと特別なデートっていう時は前夜にしっかりしたお手入れで臨むというのはいかがでしょうか?

デートじゃなくても、特別な日が待っていたら、オプションで少しリッチにしてもいいかも知れないですね。

エイジングケアが評判が良ければ、先には最高級クラスの美容液とクリームを仕入れようかと思っていますが、お安く入れてもらえたとしても、シリーズで揃えたら10万近くかかるので、これは投資になっちゃうんですよ。

なので、これは当面考え中って感じかな(笑)
でも、あのモチモチ感を体験して欲しいわーーーー。

とりあえず、まだ先の話なので、ぜひ、お楽しみにね!
体験していただいた方のコメントはブログでご紹介します。

整膚フェイシャル

マッサージの基本を習った時、すごく驚いたことがあるのですが、今までエステとかでは受けたことないのにーという方法なんです。

ほうれい線とか首の皺とか、普通にマッサージをする場合は押したり伸ばしたりするじゃないですか?

でも、そのマッサージでは「引っ張る」んです。

ちょっとつまんで優しく引っ張る。

基本のマッサージで、ちょっとつまんで引っ張りながら、手を動かしてマッサージの位置を変えて行くというものなんですけど、ほうれい線などのところは、丁寧に線に沿ってつまんで引っ張ります。

引っ張るといっても、痛いのはご法度。
気持ち良い程度につまんでいきます。

これは、皮膚を引っ張ることで、血行を促し肌に弾力を蘇えらせる効果があるそうです。

私を指導してくださっているトレーナーにやってもらったのですが、これがまた気持ち良い!
上手い人って、全然違いますね。

それで不思議だったのですが、この引っ張るという行為はちゃんと「整膚(せいふ)」と呼ばれるれっきとした施術方法なんだそうです。

本来は、顔だけではなく、全身に応用することができるもので、続けることで血行を良くして皮膚が柔らかくなり、凝りもほぐれるし、気になる脂肪も落ちやすくなっていくんだそうです。

へーという感じでした。

自分でもやってみているのですが、本当に優しく皮膚をつまむ程度なんですけど、徐々に血行が良くなって、温かくなるのがわかります。

こんなの今まで知らなかったー。

たぶん、グッと押す施術に慣れている方には、「えっ?これだけ?こんなんで効果あるの?」って思っちゃう方も出てくるだろうなーって思いました。

でも、効くんですよ、これが。

だから、私のフェイシャルは毛穴クレンジングと整膚を取り入れたフェイシャルマッサージで組み立てるつもりです。

マッサージの加減など、まだまだ勉強&練習です。

カウンセリングはまだ先ですが、エステについては早めに開業しようと思っています。
本格的なサロンは女性のトータルビューティーをサポートするというコンセプトなので、ちゃんとしたお部屋を借りてからになるのですが、エステだけなら今は青山や渋谷に施設の整ったレンタルサロンルームがあるので、そこで夜だけ開業するとか、そういうのでもいいなと思っています。

皮膚については、ばっちりお勉強しているので、春夏秋冬に合ったお手入れ方法などもお客様にアドバイスできますから、そこは今の職場で最大のメリットですね。

整膚は、全身に応用できるのですが、バストアップなどにも効果的なんですよ。

癒しといえば、ボディへの施術なんですけど、バストになると乳首とかも触るので、女同士でも嫌~って人も多そうだから迷っています。

私はプロとして接するのでいいのですが、触られる方は気にしちゃう人は気にしちゃいますよね。

でも、せっかくだからメニューには加えようかな(笑)

ハリのあるバストって女性には大切ですものね。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »