« いきなり円高・・・ちょびっとだけ。 | トップページ | 掃除機壊れた~! »

Gyao!で映画鑑賞

1本目は、ナタリー・ポートマン主演の「水曜日のエミリア」です。

ポスターの感じから、女性向けの映画ねって思っていましたが、Gyao!で配信されていたので観てみたら、やっぱりそんな感じでした(笑)

ナタリー・ポートマン演じるエミリアは、就職した法律事務所で出会ったジャックと恋に落ちる・・・まぁ、よくあるパーターン。

そして、それが不倫だったってことも、よくあるパターン(笑)

ジャックの子供はなついてくれないし、なんだかイライラした感じが伝わってくる映画なんですよ。

最初は。

まぁ、あんなことがあったら、こうなっちゃうのも仕方ないよねと思いつつ、最後の方で「物には限度がある」的なことをジャックが切れていうのも分かります(というシーンもよくあるパターン)。

まぁ、こういうストーリーありがちーって映画でしたけど、演技が上手いので最後までがっつり観られましたよ。
家族とはみたいな、これもよくある映画でした(笑)

水曜日のエミリア(2011)

原題:LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN
監督: ドン・ルース
脚本:ドン・ルース
音楽: ジョン・スウィハート
原作者: アイェレット・ウォルドマン

出演:
ナタリーポートマン(エミリア)
スコット・コーエン(ジャック)
リサ・クドロー(キャロリン)ほか


そして二本目は、韓国映画の「あいつの声」です。

いやぁ~、面白かったです。
面白いというより、見応えがあったというべきか。

こちらの映画も、ある意味ありがちな内容ではあったのですが、実際にあった未解決の児童誘拐殺人事件が題材ということで、2時間もある映画でしたが、画面を食い入るように見てしまいました。

最後は本当に背筋が寒くなるシーンが待っていました。

「僕の妻はスーパーウーマン」や、「逆転の女王」でおなじみのキム・ナムジュが地味な母親役で出ています。

韓国の俳優さんて、演技力ありますよね。
反日に狂っている国は大嫌いですが、面白いものは面白いです。

最近、日本映画で「これ!」というのがほとんどないので、ホント、残念。

あいつの声(2007)

原題:그놈 목소리
監督・脚本:パク・チンピョ
音楽:イ・ビョンウ
出演:
ソル・ギョング(ハン・ギョンベ)
キム・ナムジュ(オ・ジソン)
カン・ドンウォン(犯人)

人気キャスター(ソル・ギョング)の一人息子が突然誘拐され、犯人(カン・ドンウォン)は身代金1億ウォンを要求。警察の捜査網をくぐり抜け、正体をつかませない誘拐犯だけに、正体を突き止める唯一の手掛かりは声だけだった。そんな誘拐犯とのやりとりが長期化するにつれて、両親はだんだんと追い詰められていき……。(Yahoo!映画より)

« いきなり円高・・・ちょびっとだけ。 | トップページ | 掃除機壊れた~! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いきなり円高・・・ちょびっとだけ。 | トップページ | 掃除機壊れた~! »