« サロンへの道  その1 準備の前段階 | トップページ | 断捨離、いつ終わるか分からない。 »

冬のお肌のお手入れ

これから来年の2月にかけて、季節風が強くなってお肌にはつらい季節です。
気温・湿度の低下でトラブルが多い肌になりがち。

分泌機能が低下し、乾燥・小じわが増える可能性が高くなります。
また、乾燥が進むとかさついたり、粉をふいた状態になってしまうことも。

この時期は低い温度によって肌の再生機能も低下していくので、ハリや弾力も衰えてきますし、かゆみやかさつきが出てきたりします。

暖房での乾燥なども肌には大きな負担です。

小じわは、大きなしわの前触れ。
定着しないよう、特に冬の間はしっかりとお手入れが必要です。

最近、皮膚科医が「何もしない方が肌の再生機能を高める」と洗顔だけなどの推奨をしていたりしますが、都会に住んでいると大気汚染の問題もありますし、紫外線もその大気汚染と絡まって、より肌に負担がかかるようになっていますので、何もしないで肌が強くなれればいいですが、なかなかそううまくはいかないのが現状です。

深いしわが寄ってしまってから後悔しても遅いんですよね。
高いお化粧品を使う必要はないと思いますが、自分の肌にあった化粧品でしっかりとお手入れするのが大切だと思います。

この時期徹底して欲しいのは、「水分・油分・保湿」この3つのバランスを整えること。

化粧水→美容液→(アイクリーム)→乳液orクリーム

また、代謝が滞りがちなので、1週間から10日1回角質を優しく落としてくれるような洗顔料をスペシャルケアとして追加してもいいと思います。

アイクリームは、なくていいという訳ではないですが、しっかりと目の周りの保湿を心がければ若い人は特に必要ないと思います。

しかし、ある程度年齢を重ねた方で、目元が気になる方は、目元専用に開発されているアイクリームは目の周りのお手入れにとても有効です。

これに週1回とかに贅沢仕様のシートパックなども加えるともっとgood

ひとつ、注意が必要なのは「塗ればいい」というので、何でもたくさん使う方。
これは、化粧品がもったいないだけですので、例えばパール粒大と書いてあったら、本当にそのくらいで十分です。

多くつけたからといって、それだけ効果が高まるということはありません。
使用量を守って、毎日続けることの方がずっと大事です。

高い化粧品を買ってるけど、すぐなくなっちゃうから続かないって方は、使用量が適切かどうか今一度確かめてみてください。
不必要な量を使っていることが多いと思います。

« サロンへの道  その1 準備の前段階 | トップページ | 断捨離、いつ終わるか分からない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サロンへの道  その1 準備の前段階 | トップページ | 断捨離、いつ終わるか分からない。 »