« おへその傷がなんか変 | トップページ | まぁ、いいけど。 »

Cabin ~あまりにもくだらなすぎてちょっと癖になりそう~

湖畔のキャビンに若い男女5人がお泊り。

よくある設定です。

そのキャビンで何か普通じゃないものを発見し、気になったから触ってみちゃうとか。

はい、よくある設定です。

そして、その行為があだになり、ひとり・・・またひとりと「彼」の餌食になっていきます。

ええ、相当よくある設定です。

でも、ひとつだけ違うことがありました。

それは、その男女を“監視”している人々がいたことです。

ある理由から、彼らは自分で選択したように殺される運命にあるのです。

そのある理由とは・・・。

いやぁ~、久しぶりにくっだらなさ満開な映画を観ましたよ。
視点はいいけど、このB級さ、いやもうウルトラ駄作っぽい雰囲気が相当笑えました。

パロディーなのか、それとも本気なのかもよくわかりません。
ホラーの迷シーン満載で、あれ?それってあれじゃないの?とか(笑)

しかも、最後の最後に大女優登場で、よくこんなのに出たなぁ~とびっくりしました。
ある意味、これが最大のパロディなのかも知れませんけども。

Cabin(2012)

原題:Cabin in the wood
監督:ドリュー・ゴダード
脚本:ジョス・ウェドン
出演
クリスティン・コノリー(ティナ)
クリス・ヘムズワース(カート)
アンナ・ハッチソン(ジュールス)
フラン・クランツ(マーティ)
そして、大女優のあの人ほか

« おへその傷がなんか変 | トップページ | まぁ、いいけど。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おへその傷がなんか変 | トップページ | まぁ、いいけど。 »