« 世田谷某所で舌鼓♪ | トップページ | Red Palm by Raffles »

ユーミンを聴きながら。

ユーミンの歌を聴くようになって、いったい何年経ったでしょうか。
あまりはっきりわかっちゃうと落ち込むので(笑)、まぁ、相当長い時間が経ちましたってことでお茶を濁しましょう。

今、これを書いているBGMがユーミンです。

同年代の方は、誰でも1曲か2曲あるいはそれ以上、自分にとってのユーミンソングがあるのではないでしょうか。
中央フリーウェイはドライブデートの定番だったし、真珠のピアスも失恋の象徴で。

あまりにたくさんの歌がありすぎて、自分の一番は思いつきませんけど、結構何度も聞いたのは、「カンナ8号線」かな。

ずーっと若い頃つきあっていた彼がなんとなくイメージがその歌にぴったりの人で、

チェックのシャツが風にふくらむ後ろ姿を 
波をバックに焼き付けたかったまぶたの奥に

なんて、風景がぴったりでした。
本当に大好きだったけど、なぜかダメになってしまいました。

想い出にひかれて
ああ ここまで来たけれども
あのころの二人はもうどこにもいない

センチメンタルとは縁がない私なので、昔の彼氏になど会いたいとはまったく思いませんけど、どうしてるのかなぁ~、幸せならいいなとは思います。

恋をした心を表現した歌詞で、やっぱりこれかなと思うのは、「ダイアモンドの街角」でしょうか。

待ちわびた電話は狂おしい催眠術
どこへでも私を呼び出せるのね

確かにあの頃は、彼が呼んだら、それこそどこへでも行ったかも。
待ってるって言われても、顔を見るまでは本当に苦しかったですもの。
何だったんでしょうね、あの気持ち。

まぁ、今は行きませんけどね「明日早いから、ごめんね」ってことになると思います。
・・・そういう相手もいませんけれども(笑)

そして、私がユーミンてホント天才!って思った曲が「経る時」です。
アルバム、REINCARNATIONの最後の曲なんですけど
あるホテルの風景を歌った歌で、

四月ごとに同じ席は
うす紅の砂時計の底になる
空から降る時が見える
さびれたこのホテルから

ってところにしびれてしまいました。

これ、桜の花の散るのを歌った歌詞ですけど

「空から降る時が見える」なんて、桜の花びらを砂時計の砂に例えるとかすごすぎる。

そう考えるとこの曲が一番かなぁ~。

まだまだ書きたいことはありますが、長くなったので今日はこのへんで。

« 世田谷某所で舌鼓♪ | トップページ | Red Palm by Raffles »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世田谷某所で舌鼓♪ | トップページ | Red Palm by Raffles »