« 入院&手術日記 復活の日 | トップページ | ぴーちゃんと久しぶりにご飯 »

メランコリック

退院して病気自体は治りましたけど、なんだか気分が今一つ晴れませんでした。

帰宅して鏡を見た時、あまりの“痛み具合”に茫然。

ブスなのは自覚があるし、若い頃から美とは無縁だとはいえ、何も好き好んで“汚く”なりたいわけではないので、髪はボサボサで白髪は目立つし、お肌はカサカサ、やつれまくっている顔を見て落ち込みました。

こんな状態で人と話していたと思うと、さらに暗くなります。

それからお肌のお手入れをして過ごし、白髪染めをしていたのですが、髪も痛んでいることだし切っちまおう!と美容院に行ってきました。

私の髪はお尻のあたりまで長いのですが、見てもらうと相当いたんでいるというので、20cmくらい切ってもらうことにしました。

その昔、やはり同じくらいの長さの髪でしたが、ある日「いい加減、飽きた」とすっぱり切ろうと決めて、個人がやっている美容室に行きました。

50代くらいの男性美容師のお店でした。

私が「耳の下くらいまで切ってください」というと、「えっ?いいんですか?」と驚かれたのですが、イメチェンだ!と思っていたから中途半端に切ってもしょうがないので、「はい、すっぱりお願いします」と言って切ってもらったのです。

美容師が切りながら、私の耳元に顔を近づけて「何かあったんですか?」と聞くので、どういう意味だろう?と考えたら、そういえば「失恋したら髪を切る」とかいうのがあるんだったと、自分には無縁の可愛い習慣に笑ってしまいました。

「いいえ、なーんにも。ただ飽きただけです」

あまりにおかしくて大笑いしてしまいました。

人並みに失恋したことだってありましたけど、いちいち髪を切ろうなんて考えたことなかったもので(笑)

美容師も笑っていましたっけ。

これは20代の時の話です。
今はもう、何cm切ろうがそんなことを聞かれることはなくなりました。

大人になるって、こういうことなんですかね。

髪を切ってすっきりはしましたけど、なんだかまだちょっとメランコリックな感じがするのは、どうしてなんでしょうか。

« 入院&手術日記 復活の日 | トップページ | ぴーちゃんと久しぶりにご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院&手術日記 復活の日 | トップページ | ぴーちゃんと久しぶりにご飯 »