« 入院&通院日記 発症2 | トップページ | 入院&通院日記 やっとこさ一旦退院。 »

入院&通院日記 とりあえず入院した。

一旦帰ることも許されず、観念した私は、再び車いすに乗って病室のある3階に移送された。

302号室でお世話になることになった。

これから、絶食で24時間点滴なのだとか。
まぁ、この状態でご飯を食べたいという欲求もないので、それは特に問題じゃないわと説明を受けながら思った。

点滴といえば、すでに処置室で何かの点滴を付けられていたのだが、後から聞いて分かったのは、とりあえずそれはブドウ糖とかそんな感じの生きるために必要な栄養素が入ったものだった。

シンガポールで高熱を出した時に抗生剤の点滴を打ったことがあったので、点滴は生まれて初めてではない。

しかし、これを24時間しっぱなしということは、トイレに行く時も何をする時にも外せないので、不便なことこの上ない。

これも後から分かったことだが、302号室は9人部屋だった。
満室ではないので、あまり気にならなかったし、黄色いカーテンをずっと閉めているのでプライバシーも特に気にならない。

周りの人とあいさつすることもなく、和気あいあいとした病室を期待していた私はちょっと拍子抜け。

まぁ、それはそれで面倒くさいのでいいやとも思ったが。

部屋は可もなく不可もなくという普通の病室で、感覚的にあまり陰湿な印象はなく、オバケも出そうにない。

だが、扉は常に全開なので、入院中たまに聞こえてくる叫び声のようなものに、驚く夜もあった。

6月29日(日)朝

病院の朝は早い。

午前6時には電気が点き、活動が開始される。

順番に部屋を回り患者の熱を測って血圧を測る。
37℃の微熱があることがわかったが、自分ではちっとも熱くなかった。

冷房も適度に入っているし。

やけに固いベッドと小さな枕に頭を載せ、見える世界はこのカーテンで仕切られた空間のみ。

開け放した扉の向こうからは、職員が歩く音や何かを運んだ際のカタカタという音のみが聞こえてきた。

具合が悪いので、なぜかもうひたすら眠い。
まぁ、夜中に救急搬送で寝てからまだ数時間しか経っていないのだから、眠いのは当たり前か。

看護師の数は正確には分からないが、その部屋専任というわけでもなく、交代で務めているようだった。

「あじゃみんさん、おはようございます。今日このお部屋を担当するXXXです」

交代する度にそう言って、その日の当番を教えてくれた。

この病院の看護師さんたちは、総じて感じの良い人が多かった。
明るいし、テキパキしている。

主治医の欄には、なぜか二人の医師の名前が書いてあったのだが、最終的には高橋克実似の先生が私の担当という感じだった。

期待したけど、さすがにドラマに出てくるようなイケメン医師は見当たらず、後日このことを友人Oggiにメールして「私の担当の先生は高橋克実似な んだよね、あの俳優の。実際はもっとずーっと若いけど」と書いたら、「克典じゃなく?」って返事が来て思わず声を出して笑ってしまった。

( ´艸`)プププ

かくして、私の主治医は克実先生と呼ばれることになった。

閑話休題。

患者になるというのは、本当に嫌なもので、自分で普通にできることもできないから、結構人の手を借りなくてはならないので、看護師は「これが仕事です」って100万人の経験があったとしても、私という患者は1人なので、私がその時に感じることはいわば「初めて体験する時の気持ち」なわけで、そういう微妙な感じ方は「慣れた人」には汲み取れないことも多いのではないだろうか。

そんなことを感じることもあったりしたけれど、逆にそういうことを細やかにケアしてくれる人もいたりで、こればかりは個人差ですねぇ。

その最たるものは、2回目の入院と手術のシリーズで。

入院&通院日記 やっとこさ一旦退院。

« 入院&通院日記 発症2 | トップページ | 入院&通院日記 やっとこさ一旦退院。 »

コメント

もうびっくりしましたよ〜!!
ドキドキしながら一気に読みました。
まさか救急搬送〜入院、そして手術だなんて!!
ホント大変でしたね。

いくら寝ても寝れるというのは、かなり身体が参っていたんですね。
『ここらでちょっと休憩させて』ってことでしょう。
しばらくは無理をせず、体力回復で。
どうぞお大事になさってくださいね。

この病院の仕切りのカーテン、今の私はとーっても見慣れた景色です(笑)
ウチの場合、救急車でICU直行だったんですが、大きな部屋にベットを並べてあって
このカーテンの仕切りでした。
そこの看護師さんたちは男女とも皆さん若くて、まるで体育会系!!
昼夜問わずの看護だけに、皆さん若さで勝負って感じでした。

今は別の病院(一般病床)に転院しましたが、やはりカーテン仕切り。
どこからともなく時折叫び声やうめき声もあり、百戦錬磨の看護師さんに
『は〜い、○○さん、静かにしてね〜』とやんわり怒られている光景も、しばしばお目にかかれます(笑)

すぅさん、

おはようございます。
お返事遅くなってすみません。

本当に健康って大事、なんて当たり前のことが
病気をしないと実感できないなんて、変な話ですよね。

月曜から出社して、いきなり残業だったり
ちょっとバテておりますが、なんとかだましだましやっていこうと思っています。
手術は、まだしていないんです。

さすがにいきなりでは色々とありますので、様子を見てにしてもらいました。
数値が良かったので、「じゃあ、あとは外来で相談」となったので良かったです。
お互いにお大事にってことで、頑張りましょう。

ほんとびっくりしたわー
あんまり無理しないようにね。
体が資本よ!!scissors

K美ちゃん、ありがとう!

なんとかやってるわ。
本当に体が資本よねぇ・・・・実感。

あじゃみんさん、ご無沙汰しています。

久しぶりにお邪魔してみたら、入院されていたとは!!
とても驚いています。
どうか一日も早く治りますように・・・
お体に気をつけて頑張って下さいconfident

Erikaさん、

ありがとうございます。

お返事遅くなってごめんなさい。
今週は、残業続きでさすがに具合が悪くなり
昨日は会社を休んでしまいました。

飛ばし過ぎるのもよくないですね。
また病院に逆戻りしないよう気を付けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院&通院日記 発症2 | トップページ | 入院&通院日記 やっとこさ一旦退院。 »