« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

間接的コミュニケーションの是非 その2

以前の記事で書いた、好きだったYoutuberのMiraさんが偽アカウントを作って裏で人を誹謗していた(かも)というものRachelさんの動画(既に削除済)について、Miraさんが返信ビデオを作成してアップしていました。

Rachelさんの動画のことで勘違いしていたのですが、Rachelさんが告発した内容というのは、ある程度本人にもコンタクトして、その上で「やっぱり」と思うことがあったから掲載したんだと思っていたんです。

そういう目で見れば、確かに「そうかもね」と思える内容だったので、私もMiraさんが関わっているのかも?と思ってしまいました。

しかし、Miraさんのレスポンス動画では、Rachelさんの中国の店の批判を「Miraさんとして」批判したのは確かですが、その前にその会社がMiraさんに何度もYoutube上で取り上げるようにオファーして来て、断ると失礼な対応があったので、信用できないと言ったのに信じてもらえなかったからそうした、でも、彼女が傷ついたようだったので謝罪しようと連絡をしたら、無視され、その後もまったく連絡が取れなくなり、共通の友人に頼んでも一切無視されてしまったというのです。

そうしたら、Rachelさんが事前に連絡もなく、あの動画をアップしてしまったと・・・。

まぁ、正直言って、こうされたとかこうしたとか、あの時はああだったというのは、当事者同士以外はまったく関係ない話ですし、個人的に知らないので検証しようもないし、確かめることもできませんから、不愉快に思っただけで、私にはどうにもしようがない問題です。

例えば、本当に詐欺を働いたとか、そんなことがあって人々に警告する必要があるというのならまだしも、彼女のというか、他の人のもそうですが、動画を観ている私たち一般の視聴者には、何の実害もありません。

だから、以前も書きましたけど、喧嘩は個人的にして欲しかったんですね。

実際にRachelさんがされたことを考えると、いい加減頭にきただろうし、怒りが湧いてくるのも分かるし、その怒りをぶちまけたい!という衝動に駆られるのもわかります。

でも、事前に本人にその内容を告げもせず、いきなり決めつけるような内容で一方的に公開したのであれば、それがもし本当のことだったとしても、やはり人としては違うなと思ってしまいます。

実際、Rachelさんではなく、Katさんという女性はMiraさんから実害を受けています。
Miraさんがストーカーみたいな被害に遭っているから、「私はMiraじゃない」という紙を持った写真を撮って送って欲しいとYoutuberのKatさんに依頼し、彼女はMiraさんが個人的にそのストーカーに送るのかと思っていたら、Miraさんが批判されているサイトにその写真を載せてしまったのです。

それで、その写真の人がKatさんだと気づかれて、騒ぎになったことがあり、その写真はほどなく削除されました。

Katさんによれば、同じYoutuberのSharlaさんから、Miraを擁護するようなことをしているのかと個人的にメールが来て、そのやり取りで自分の写真がサイトにアップされたのを知ったそうです。

Miraさんは、Katさんにその写真を依頼した時に「誰にもこのことは言わないで」と言ったそうで、その写真が勝手にサイトにアップされたのを知ったKatさんは、ビデオを作って謝罪しない場合は、訴えるとまで言っています。

今回のビデオでは、そのことには一切触れていなかったので、MiraさんはKatその動画を知らないのでしょうか?

また、すぐに削除されていましたが、Sharlaさんもその動画にコメントしていて、彼女もMiraさんにプライベートな写真を勝手に使われたと書いていました。

もう二度とあなたみたいな人と会わないことを願うというキツイひとことも。

結局、色々見ているとほとんどのやり取りは文字のやり取りだけで、直接会って話をしたわけではないようです。

なんだか、心が感じられない世の中になってしまいましたね。
それが私には残念でなりません。

本当のことは私にはわかりませんし、まったく知らない人たちのことなので、正直言って「他で勝手にやって」と思いますが、第1弾を書いた手前、レスポンスが出たので書いてみました。

ファミセで疲労困憊

ファミリーセールって、いろんなブランドが関係者やVIP顧客向けに開催するセールです。

招待状がないと入れないし、関係者じゃない場合はそのお店の上顧客になったりしないとなかなかいただけない代物。

今日は、招待状を持っている友人とふたりで、日本ロレアルのファミリーセールに行ってきました。

しかし、疲れたぁ~sweat01

以前は、招待券とは別に整理券が会場で配布されていたので、「始発に乗って行って並びました!」っていうのを見ていたのですが、私はそんな気はさらさらないので、今まで経験したことありませんでした。

今回は、ネットで整理券の抽選があり、その番号の入場目安時間もネットで見られるというので、それならいっかと一緒に行くことに。
20%~70%オフというのは、確かに魅力的。

整理券が1300番台だったので、どのくらいかなぁ~と思いつつ、待ち合わせ時間どうする?とメールすると「朝9時に行こうと思うんだけど」というので、10時始まりだし、整理券はもうあるんだから、そこまで早く行くことないんじゃない?

ということで、9時半頃に現地入りして、入場手続きなどすることに。

9時くらいに渋谷で待ち合わせして、バスで新宿パークタワーへ。

そのバスに乗る時に若い女性で小さなスーツケースを持っている人がいたので「この時間にこのバスでスーツケースはファミセだよね」と友人と笑う。

みんな気合い入ってますねー。

会場に着いたら、ガラガラとかなり多くの人がスーツケースを持ってきていました。

可哀相だったのは、ちょっと年配の女性が整理券を事前に申し込むのを分かっていなくて、せっかく来たのに入れないと言われていたこと。

今日は土曜日で、ファミセ2日目ということもあって、申込者殺到で整理券の受付も終わってしまっていたのです。

事前申請だから、さすがに以前のような混乱はなく受付もスムーズ。
とはいえ、10時になっても1300番台は結構先ですから、地下のサブウェイで290円のモーニングを食べながら待ちました。

結局、入れたのは11時30分頃。
入ってみれば、人!人!人!・・・・はぁ~、もうこれ見ただけで疲れました。

とりあえず会計は合わせないと待たせたりとかあるだろうということで、適当に買い物したら、レジ近くで待っていることに。

これがもうすごい人なもんだから、商品に近づくのも大変という場所もあって・・・。

とはいえ、貼ってあるブランド名を見て、ちょっとにんまり。

アルマーニ、イヴ・サンローラン、アレクサンドル ドゥ パリ、ヘレナルビンスタイン、キールズ、ランコム、SHU UEMURA、ケラスターゼ、ラロッシュ&ポゼ、メイベリン。

そして、ロレアル・パリのヘアケアや基礎化粧品、メイク関連商品etc.


続きを読む "ファミセで疲労困憊" »

間接的コミュニケーションの是非

たまにこのブログでもご紹介することがありますが、私はYoutubeなどで日本に住む外国人の方々が、それぞれの視点で日本のある場所だったり、文化だったりを紹介するのを観るのが好きです。

旅行が好きで、色々と勉強している身としては「外国の方は、日本のどんなところを面白いと思っているのかな」とか「どんなところが変だと思っているのかな」とか、色々な方の動画を観ては毎回うなったり笑ったりしています。

そういう方たちは、みなさん自分自身でビデオに出演され、堂々と色々な意見を述べたり、鋭い視点や面白い感覚で色々なことを表現されていて、個性のある内容に関心してもいました。

チャンネル登録などは、しているところとしていないところがあるのですが、この人って面白い・・・と思ったら、それには関係なくたびたび訪問して、新しいビデオを楽しんでいるのです。

そんな外国人ブロガーの中でも、ちょっと他の方とは視点が違ったり、日本の場所や文化だけではなく、ちょっとだけ風刺っぽい感じのなかなか鋭い内容のビデオを作られている、カナダ人のMiraさん(アカウント名Kanadajin3)のビデオは特に楽しみにしていました。

今、日韓とか日中関係が厳しい中で「靖国神社」を訪問し、自分の意見を堂々とビデオにしたりして、決して日本人に“おべっか”を使うわけでもなく、はっきり「自分はこう思う」という内容に「やるなぁ、Miraさん」と思っていたのです。

同様にRachel&Junというアメリカ人の素敵な女性と日本人男性のカップル(ご夫婦)の日本やアメリカの文化の違いなどのビデオも好きでよく観ています。

その他、なんだか面白いおじさんだなぁ~とVictorさん(アカウントはGimmeabreakman)のビデオやMiraさんの同郷のSharlaさんのビデオ(よくMiraさんも動画に登場)も観ていました。

他にもたくさんありますが、きりがないので割愛します。

そういう方たちの特徴として、ブロガー同士の交流というのも盛んなようで、お互いに「タグ・ゲーム」をしたり、一緒に出掛けてそれぞれのサイトにアップしたりと、Youtubeという世界の中で、楽しいコミュニティーを体感できるようなこともありました。

仲の良いブロガーの方たちをうらやましいと思ってもいたのです。

ところが、昨日、前述のRachel&Junのサイトに行ってみると、「An unfortunate announcement Re: kanadajin3 ミラさん(kanadajin3)について 」という動画がUPされていました。

なんだろう?と観てみると、最初からなんだか暗い感じの説明で始まり、その内容に非常に驚いてしまいました。

私が好きでよく観ていたKanadajin3、つまりMiraさんがいくつもの偽アカウントを作って、友達だと思っていたJブロガーの方たちを裏で誹謗中傷していたという告発ビデオでした。

特にRachelさんに対しては、VISAのためにJunさんと結婚したとか(実際にはアメリカでお仕事の契約が残っているため、日本に住んでいないのでVISAはないとのこと)、中国の会社のチープファッションをレビューした動画を「会社からお金を貰った」とか、事実無根のコメントをされ、相当しつこく「その会社に詐欺にあった」というようなコメント投稿を繰り返していたのです。

また、ブロガーの人たちの個人情報を漏らすような行為も働いていたといい、今後は警察に届けるとまで言っていました。

動画では、どうしてMiraさんを疑うに至ったのかを詳細に説明しており、指摘も個人の文章ライティングの特徴などを指摘していて納得のいく内容だったので、残念ながら事実ではないかと思います。

Miraさんの反論などはありませんが、Sharlaさんのページに行くと、既に今までお勧めサイトとして紹介したり、Miraさんと一緒に作っていた日本語オンリーのサイトがクローズされていたり、どうやら、この件でMiraさんとつながっていた人たちはみんな彼女を締め出したようです。

Rachelさんだけではなく、どうやら他のブロガーたちも以前からMiraさんのことを疑っていたようで、あるサイトにはMiraさんについて嘘つきであると告発する投稿をしていたところなどもあることがRachelさんの動画で紹介されてもいました。

正直、本当ならMiraさんは許しがたい酷いことをしたと思いますし、自分がされた側だったら、相当傷ついたし、怒りが込み上げてきたでしょう。
でも、多くの人が観るYoutubeの動画で、いきなりそれを告発するというのも、私には良し悪しの判断がつきません。

友達だと思っていた人にそこまで酷いことをされたとしたら、確かに見過ごせないですし、気持ちは分かります。

でも、連絡の手段があったのであれば、個人的にそういうことを止めてということもできたはず。

昔なら直に話して喧嘩したり、話し合いをしたりとそういうことで人とのコミュニケーションを取っていたと思いますが、最近はなんでもツールで「間接的に」人に意見をする時代になりました。
これでは、仲直りというのはできにくいですよね。

今回のことという意味ではなく、一般的にも。

私もメールなどの書き方の誤解から非難されたこともありますが、そういう時は非礼(のつもりはなかったのですが)を詫びた後で実際に会って本当のことを話して、理解してもらうようにしています。

友人と喧嘩した時もそうです。

私は告発したRachelさんを非難するつもりではないですよ。
親しくしていた人(友達だとずっと思っていた人)にこんなことされて、仲直りなんてどう考えても無理ですもん。

とはいえ、やっぱりそれをネット上に公開するのが良いかどうかはどうしても疑問に思ってしまいます。

本人に自分が何をされたかちゃんとわかっていることや、それについて非常に怒っているし憤っていることを伝え、また個人情報の件は何かあればきっちりと警察に届けますと本人に言って関係を絶てば良かったのでは?

Miraさんのチャンネルがどうなるか分かりませんが(さすがに続けるのは難しいですよね)、彼女の動画のファンとしては、とても残念です。

人は人の心に背くことをすると、結局自分に返ってきちゃうんですよね。

Miraさんは、一気に友人をなくしてしまって、ひとりになってしまったのだと思いますが、願わくば彼女に寄り添って、反省の気持ちをきちんと持ち、こういうことをしてしまった自分をちゃんと改められるようにサポートしてあげる人がいて欲しいなと思います。

世界はいろいろ、歌声いろいろ。

え~、実をいいますと、私個人としては「ミュージカル」というものに、まったく興味がないんです。

でも、観たことないわけでもないのですが、本当に数えるほどしかありません。

だから、映画とかもミュージカル映画なんて、さっぱり興味ないので、これだけ話題になっていて、既に観客動員数がなんかすごい数字(正確には知らない)だと言われてもなお、“アナと雪の女王”(Frozen)を観る気が起きないのですが、主演の松たか子さんの歌が素晴らしいと話題になっていたので、早速チェック。

確かに。

松さんは演技がうまいし、もともと歌も歌っている(そしてミュージカルにも出演されている)からか、ぴったりくる感じで、素敵ですね。

大人の女性が歌うことで、より深みが増している気がします。

やはり英語と日本語では語数とか発音の関係で歌詞は元の歌詞とは意味というかニュアンスがちょっと違うのですが、両方聞いてみて日本語の方が「触るものがすべて凍ってしまう」という自分の力に苦悩する女王エルサが「これでいいの!」と自分自身を信じ、受け入れるという心情をよく表していると思います。

英語だと最後のつぶやき“The cold never bothered me anyway”は、直訳すると「寒さがもう私を煩わすことなどない」といった説明調ですが、それを

“少しも寒くないわ”

と、ひとことでいい表しているのには感動しました。

Let it go!を「ありのまま(で)」と訳しているのもいい感じです。

日本人だからそう感じるのかもしれませんが、日本語の素敵な歌詞の方がこの世界観が出ている気がする(って、映画観てないくせに)。

さて、それはそれとして、やっぱりディズニー。
やることがワールドワイドというかグローバルというか、この歌の25か国語バージョン(ワンフレーズずつ切り替えていく方式)を出してます。

どんな国の言語も、それぞれ素晴らしい響きを持っていますね。

色々と聞き比べてみるのも良いのではないでしょうか。

さてさて、私としては、最後にご紹介するこっちの方が、グッときたというか(笑)
管理部門OLのつぶやきってね。

お後がよろしいようで。

Rice Oil Soap

Soap

やっと、いい感じの石鹸が出来上がりました。

もう1種類は、今一つの出来だったので、販売はやめ、今回は米(ぬか)オイルの石鹸1種類の販売となります。

1個でたっぷり使える90g(重さは乾燥度合によって変化します)

泡立ちも優しく、すべるような使い心地がこれからの季節にぴったりです。
米ぬかオイルは、栄養分が豊富(ビタミンB1,B2)でお肌の疲れにもいいと言われています(オイル自体の特徴です)。

低温でじっくりと鹸化させ、保湿成分もたっぷり含まれた贅沢な石鹸です。
前身である「はっぴぃな石鹸屋さん」の石鹸をお使いの方なら、吟味された材料を贅沢に使っているのは既にご存じですね。

同じ種類のオイルでも、栄養分やフレッシュさなどでお値段が全然違います。
もちろん、当店では最高グレードのオイルを使用。

だから、使用感が違います!

【注意事項】
良質の材料を使用して作られていますが、薬事法に則った化粧石鹸ではなく、雑貨としての販売です。
お肌への使用は、お客様ご自身の判断にてお使いください。
なお、米ぬかアレルギーの方はご使用になれません
肌への使用において、何らかのトラブルがあった場合でも、当店は一切責任は負いかねます。

【価格と送料】
1個780円(本体:720円税金:約58円)
この商品のみ、送料は350円となります。
ご注文後、総額変更のメールを受け取られてから、お振込みをお願いいたします。

お買いものは、こちらまで。

なんとなく夏 Tシャツ

胸元にシンプルな文字。
いいですねぇ、こんなおふざけTシャツ。

シンガを思えば、気分はなんとなく夏になる。

Size

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »