« 思い出の1本つくりますプロジェクト | トップページ | Visiting Mieko Masuoka Creators Event »

謝罪の王様

『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続いて、水田伸生、宮藤官九郎、阿部サダヲの監督・脚本・主演トリオが放つ異色のコメディー。

まぁ、確かに面白かったけど、今回の映画って「映画じゃなくてもいい映画」でしたね。

でっかいスクリーンで観る必要あるの?っていうレベル。
いや、面白いし、好きなんですけど、ドラマで観た方がいいんじゃないのかなって内容でした。

なんでも画面が大きければいいってことはないんですね。
途中でちょっと、寝てしまいました。

周囲は、結構ウケてましたけど、私はそこまでウケなかったなぁ。

あらすじ: 依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく(Yahoo!映画より)

正直言って、どう紹介していいのか、私もよく分かりません。
そこそこ笑いましたし、別に面白くないわけじゃないのですが、映画館で「おー映画観たぞ!!」っていうスッキリ感は残念ながら得られませんでした。

これきっとテレビドラマだったら、印象に残ったかも知れないですね。

謝罪の王様(2013)

監督 水田伸生
音楽 三宅一徳
脚本 宮藤官九郎

出演:
阿部サダヲ(黒島譲)
井上真央(倉持典子)
竹野内豊(箕輪正臣)
岡田将生(沼田卓也)
尾野真千子(宇部美咲)
荒川良々(和田耕作)ほか

« 思い出の1本つくりますプロジェクト | トップページ | Visiting Mieko Masuoka Creators Event »