« 古事記物語 -鈴木三重吉・現代語訳- | トップページ | 豪ドルでお小遣い稼ぎ »

とりあえずバッグ屋さん?

ショップについて、当初は声を掛けている方数人くらい集まらなかったら、オープンするのは止めようと思っていたのですが、契約してくださることになったバッグのデザイナーの方の作品は、本当に素敵なので、当初はバッグだけでも置いてみることにしました。

この道15年のベテランの方です。

私も余力があったら、高級オイルのみの石鹸は作りたいです。

アルガンオイルの石鹸は、使ってみた方がみなさん「全然違う」っておっしゃるので、そういう希少価値の高い石鹸なら、大変でも作る価値あるよなぁ~と思いました。

石鹸だけだと季節ものになってしまうので(笑)

アクセサリーを作っていただきたいと思ったジュエリーデザイナーの方は、家庭の事情があり、お仕事をセーブされているそうなので、無理かも知れません。

ホテルにコーナーが設置さているほど、人気のある方なんですよ。
銀座のお店でずっとデザイナー兼売り子さんをしていて、退職されてからお店時代の常連さんから頼まれて「引退」できないって(笑)

そういう方のものなので、もちろん安物は一切ありません。
私も購入したことがありますが、天然パール等を材料にしているんです。

知人を介しているので、メールだけだと伝わらず、また話してみてくれるとのことですが、どうでしょうか・・・。

OKが出たらラッキーって感じですね。

もともと、ネットショップが面白いというのと、プラスいわゆる単なるお金儲けじゃなくて、これから何かするなら、自分が楽しいと思えること、また人にも楽しいと思ってもらえることがしたいというのが動機のひとつなので、あまり点数とかにこだわらず、素敵なものをお届けしたいと思います。

どうぞ期待していてください。

« 古事記物語 -鈴木三重吉・現代語訳- | トップページ | 豪ドルでお小遣い稼ぎ »