« ある日の晩ごはん。 | トップページ | ある意味本当に不幸な夫婦に遭遇したこまりんさんからのメール。 »

エアコン狂想曲

エアコンのない部屋に住んで○十年。

酷暑と言われる時でも、扇風機ひとつで凌いできていた私ですが、最近の猛暑続きには閉口気味でした。

とはいえ、エアコンは安いと電気代が掛かるからある程度の物を買わないと結局損だし、そんなお金を使うくらいなら、別にいらないや・・・と、結局今年も買いませんでした。

仕事を辞めて収入も途絶えた今では、まったく購入の予定もない・・・はい、なかったわけです。

先日、友人が急に引っ越すことになったと電話をくれました。

本当にまったく聞いていなかったので、びっくりしたのですが、その際に「寝室のエアコンは寝る時しか使ってないからもったいないからいらない?」と聞かれたのです。

エアコンて、買ったところで付けてもらうと安いのですが、ただ取付だけを頼むとかなり高いと聞いていて(実際、知人は隣の人からもらって付けたら5万掛かったそうですし)、とても今そんなお金ないからと断りました。

配送料も掛かるし、それに5万プラスしたりしたら、新品をもう少しお金を出して買った方がいいですから。

するとまた翌日に携帯にメールが来て、なんとか運輸のエアコンパックだと配送料と設置料で合わせて2万弱だけど、それならどう?と書いてありました。

なんとか運輸で引っ越しを頼んだので、エアコンの話をしたみたいです。

正直2万でもどうかなぁ~という感じですが、メーカー製のエアコンだろうし、確かに捨ててしまうのはもったいないので、2万で付けられるならとお願いすることにして、元払いにしないといけないというので、すぐに友人の口座に2万振込ました。

昨日、取付業者が来て、そのエアコンの室内外機と部品?を確認したら、配管するホースの材質が硬いので、一旦まげてしまうとクセが付いて使えないから、これは交換しないといけないですねと言われ、しかも置く場所がこことなったら、4mくらい必要ですから、なんとか運輸の規定料金は、1m3,000円ですから、12,000円ですねというのです。

もし、4mもいらなかったとしても、そのホースではきちんと曲げることができないので、少なくはなったかも知れませんが、有料になったのは間違いないようです。

( Д) ゚ ゚ マジ?!

しかも、少し時間の経ったエアコンは、フロンガスが少なくなっている可能性があり、作業の時にも少し抜けてしまうので、補充が必要でそれにもお金がかかるというのです。

『聞いてないよー!』

支払いなど、引っ越しの料金に含まれているかも知れないので、なんとか運輸に確認してまた連絡しますといって、結局設置せずに帰って行きました。

とりあえず、「追加のお金が掛かるって言われたけど、どういう契約になってる?」というメールを友人に送っておきました。

彼女は、私の状態をよく知っているし、元々はお金ないからいらないと断ったからそのパックで出来るならと言ってくれたので、追加料金などの可能性を聞いていたらちゃんと伝えてくれただろうし、私も言われていたら断ったと思うのです。

夜になってから、業者の人から電話が掛かり、やはり私の自己負担現金払いになり、金額は税込で21,000円ですと言われました。

(lll゚Д゚) がび~ん!

知識がある人なら「そんな可能性考えなかったのかよ」と思われるかも知れませんが、私はエアコンを取り付けたこともないし、何が必要かも分かりません。

しかも、これでできるから、それならどうかと言われたからお願いしたので、そもそも追加料金の可能性も知らされていなかったわけです。

「友人に確認してから、来週お電話します」

と言って電話を切りました。

引っ越ししたばかりで忙しいと思ったので、再度、状況をメールで入れておいて、後で連絡をもらえばいいやと放っておきました。

遅くに友人から電話が入り、向こうもびっくりした様子。
やはり、追加料金のような話は一切されていないとのことでした。

聞いてみれば、「すごく稀にですが、形状が特殊なマンションとかだと何か追加して取付が必要なことがありますが、今回は直置きできるみたいですし、これでいけるでしょう」ということで金額が決定し、だから元払いで払ってくださいと言われて彼女が払ったのだそうです。

正直、2万で済むと思っていましたが、とりあえず4~5,000円の話なら、まだ納得できます。
そういうこともあるだろうなと。

しかし、2万払った上にさらに2万上乗せでは、当初の予定の倍額がトータルで掛かるということですから、とても払う気になれませんし、払えません。

そこまでお金が掛かるなら「不要」と言っていたわけですし。

私が思うのは、商品を案内(売り込む)するのであれば、追加料金が発生する可能性があるなら事前にきちんと顧客には伝えないといけないのでは?

うちなら、このパックがいくらでできます。

そう言っておいて荷物も送ってしまい、あとは設置という段階では言われても断れない状況なわけです。
ただ置いておいても邪魔なだけで捨てるにもお金が掛かるし、それよりなにより、すでに2万ものお金を払っているのですから、それをドブに捨てたことになります。

とりあえず友人がなんとか運輸に聞いてみると言ってくれているので、連絡を待ちたいと思います。

【連絡が来て・・・】

結局、「なんとか運輸」が全部持ってくれることになりました。
今回は、業者さんはとても感じが良く、ことさらぼったくってお金を取ろうなんて感じには見えなかったし、とにかく「なんとか運輸」の説明不足に尽きるので、下請業者に迷惑が掛かるのは嫌だったので、その点は友人もうまく言ってくれたみたいです。

細かいことは色々ありますが、そこまで書いても仕方ないので、今回は「なんとか運輸」の説明不足を認めてもらって解決と思っていたのでその通りになって良かったです。

« ある日の晩ごはん。 | トップページ | ある意味本当に不幸な夫婦に遭遇したこまりんさんからのメール。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ある日の晩ごはん。 | トップページ | ある意味本当に不幸な夫婦に遭遇したこまりんさんからのメール。 »