« 受け入れる気持ちがない人は、被災地に行かないでください。 | トップページ | 体重を量ってどうしようというんだろうか。 »

おばさんは楽しいけど、気をつけるところも必要。

私はずっと独身ですが、結婚して子供を産んだ友人などは、子供がもう大学生だったり成人してから何年なんて子までいますから、誰に恥じることなく(?)おばさん街道まっしぐらです。

実物の私を知っている人は、すっかりとおばさん体型でこのままでいくと「肝っ玉母さん化」するのは時間の問題だと思っているはずです。

コツコツと真面目に何かを続けることが苦手なので、こんなおばさんになって代謝能力が落ちているのに必死こいてダイエットなんて無理!・・・と言い訳してますし、もともと美人ではないのでメイクなんてしなくてOK。

とりあえずお風呂に入って清潔にしていれば・・・って、ホント、自分で冷静に考えても、あまりにもおばさん度合いが酷いなって思い始めました。

ダイエットですが、新陳代謝が落ちまくっているので、よほど頑張らないと痩せるのは無理です。

筋肉も全然ないので、筋肉を付けるなんて考えただけで疲労感が広がりますよ(笑)
これは、諦めたというより現実を見て、夜遅く食べるのを控えるとか(いや、それが難しいのですが←オイ!)、そんな程度で少し控えめにしようと思っています。

なんてったって、ゴールデンウィークは愛しのシンガポールに行って美味しいローカルフードを食べまくってくる予定なので、今のままシンガ入りしたら、真っ赤っかなデンジャラスゾーンに突入してしまうのは必至。

なので、「向こうで食べて3kgくらい太っても大丈夫なように3kg痩せておく」を目標にしたいと思っています。

でも、3kg痩せるって難しいですよね。
5月までなんて無理かなぁ~(←既に諦めモード)。

とりあえず食べ歩いてもいいようにちょっと頑張るくらいにしておきますわ(笑)
適度に体を動かして温めます。

あと、おばさんになってくると困るのは肌の老化です。

皺・たるみは年齢の証。
ある程度は仕方ないとはいえ、まだそこまで目立たせていい年齢でもないので、これはちょっと頑張らないとだめですね。

枕が高くないと寝られないので、首にはしっかりと皺が刻まれています。
これは取るのは無理ですね。

韓国で買ったイッツ・スキンのカタツムリシリーズ。
特に美容液は、30%オフに釣られて買ったのですが、私の肌にはすごく合っていたらしく、これは洗顔した後化粧水をつけてから付けるだけなので、苦にならないで続けています。

まぁ、基礎化粧まで怠ったらお終いですからね(笑)
さすがに、それまでしないってことはないです。

そして肌といえば角質。
ターンオーバーがうまくいかなくなりますから、角質が固まってしまいがちです。

あまり擦ると色素沈着が起きてしまいますから、擦らずに綺麗にする方法ってないのかなぁ~と思って探したら、

Takami
タカミ スキンピールボディー(12,600円)を見つけました。

今までの無理やり剥がすピーリングではなく、塗って浸透させて肌を柔らかくするというものです。

洗い流しも不要。
顔より体の方が深刻なので、ボディー用を選択しました。

やはり、年齢を重ねたらある程度良いものを買わないとダメだと思って買いました。

さて、最後に問題なのは「脱毛」です。
以前、渋谷整形で医療レーザー脱毛を受けたのですが、脱毛って終わるとすごい楽ですね。

毛抜きだとか剃刀だとか肌を痛めるし面倒くさい。

その点、医療レーザー(エステとは威力が違います)だと、通うのは回数通いますけど、後々綺麗に仕上がります。

渋谷整形が移転してから、「脱毛はなくなりました」となっていてがっかり。
1ショット300円と50ショット5000円というのがあって、ここだけちょっと残っているという部分にも対応できて良かったんです。

膝下もやりたいのですが、他だと高額で躊躇していました。

・・・何を思ったのか、今日久しぶりに渋谷整形のウェブサイトを見てみたら、なんと!脱毛が復活しているじゃあーりませんかっ!

ホッとしました♪

しばらくしたら、予約を取って行こうと思います。

Vラインもある程度やりましたけど、アンダーは全部レーザーというのも痛みとかどうかなぁ~というのがあって、決めかねていました。

でも、欧米の女性は「ない」のがほぼ当たり前で、衛生的な面でもない方がいいのだそうです。

ですが、レーザー脱毛をする勇気はありません。

そこで、アンダーはブラジリアン・ワックスを受けることにしました。

人にやってもらうのは、ちょい恥ずかしいですが、自分でやるのは面倒くさいし失敗したら痛そうだし。

ライセンスを持った人のお店で安価なところを選んで予約を入れました。

まぁ、相手はその道のプロですから、恥ずかしいとか言っててもしょうがないですよ。
なんか、こういうところは割り切れてしまうタイプなんですよねぇ。

肌に赤味が出やすいタイプなので、旅行前にしたいけど、どれくらい前にしたらいいでしょうと書いておいたら、わざわざお電話があり、3日くらいで大丈夫なのでギリギリにした方が旅行中ツルツルですよって(←これ思い出して笑った笑った)。

おばちゃんが水着を着た上に見えてしまったら嫌ですもんね。
身だしなみの一環です。

イスラム教って男性も女性もアンダーヘアのトリムまで指示があるってマレー語の先生が言ってました。

神様がそんなことまで言うと思ってるところが凄いですが、それはさておき、先生が日本に来て温泉に行った時、日本人のアンダーヘアが処理されていないので、すっごいびっくりして、温泉から出てから旦那さんとその話題で大盛り上がりだったとか。

「見た?見た?って興奮して喋っちゃいました」だって。

それから、なぜ日本人女性ってアンダーのお手入れをしないだろう?って言われました。

そんなこと聞かれても・・・。

でも、その他の外国人女性も温泉などで日本人女性を見てビックリしたってよく話していますから、世界ではお手入れが当たり前なんでしょうかね。

腋毛は剃らない人、いるのになぁ~。

とまぁ、こんな感じで「おばさん道を楽しみつつ、みっともなくないおばさんになる」計画は、少しずつ前進していく予定です。

« 受け入れる気持ちがない人は、被災地に行かないでください。 | トップページ | 体重を量ってどうしようというんだろうか。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。