« ところ変われば | トップページ | 麒麟の翼 »

涙の理由(わけ)

この歳になると、仕事をしていて何かあっても普段は「泣く」なんてことはないのですが、今日、いったい何年ぶり?っていうくらい久しぶりに泣きました。

といっても、人前で泣くほどアホじゃないので、トイレで人知れず泣いていたわけですが・・・。

悔しいとか悲しいとか、仕事していると色々あって、そういう時は「ふん!」という感じで腹が立ったりしても「泣く」なんてことには繋がりません。

反省すべき点だってあることもありますし。

また、ひとつの事柄を「好き」な人もいれば「嫌い」な人もいて、また「良い」と思う人もいれば「悪い」と思う人もいるわけです。

私は、100%仕事であると言い切れるもの、そうとは言い切れなないものの両方において、自分で何か工夫をして人に喜んでもらいたいと思うことがあります。

もちろん、それを相容れないという人がいるのは事実で、世の常なのか「良い」と思う人は直接私に「とても良い」という言葉やメールをくれて、たまに会う人にも「あじゃみんさん、あれはいいね。楽しみにしているよ」と声を掛けてくれたりするのですが、「悪い」と感じる人は私ではなく上司に文句のメールを書きます。

なので、私自身は色々な人から印象の良いコメントをもらうのですが、上司は常に私に対してマイナスのイメージを持っている人のコメントばかり受け取ることになります。

数はそう多くないのですが、部下の悪口や文句を言われるわけですから、上司だって気分はよくありません。
私がいくら好意的な言葉を多くの人からいただいても、それをいちいち上司になんて言いませんから、そのことは上司は知らないわけです。

大勢の人が良いと言ってくれていても、少数でも「悪い」と思う人がいればその悪いと思っている人の意見が取り入れられますから、どんなに多くの人に褒められても、上司からは呼び出されて叱られたりすることが多いのです。

ただ、それ自体は仕方ないことなので、上司のお小言を聞いても「またかよ」と(心で)思って謝ることにしています。

100人いれば98人が良いといっても、必ず悪いと言う人はいるし、悪い意見は直接上司に行くので、いちいち気にしても仕方ないからです。

今朝も上司から呼び出しをくらいました。
私が昨日先週の会議に参加した海外の方たちに、フォトアルバムを作るので記念のショートメッセージをお願いするメールを出したのですが、忙しいのにそんなのは仕事じゃないだろうと上司に文句のメールを送ってきた人がいたのです。

書けないなら書けないで、断るか無視すればいいものをこんなことくらいで上司に言いつける人がいるんだとびっくりしました。
既にショートメッセージを送ってくれた人もいて、好意的に捉えてくださった方もいるわけですが、それは私にしか来ていないので、またも悪い印象を上司に与えてしまいました。

・・・とはいえ、別にそういう人もいるんだろうなというのは分かりますから、別にこんなことで怒られたといって泣いたわけじゃないですよ。
おばちゃん、そこまでヤワじゃないです(笑)

上司に叱られた後で、また全員に「不適切なメールを送ってすみませんでした。誤解を受ける内容で、不愉快な思いをした方がいらしたら申し訳ありません」と書き、メッセージは不要というメールを出したのです。

すると既にメッセージを送ってきてくれていた方(アメリカ人)から、すぐに返事が来て(しかしあっちは何時なんだろう?)「Ajamin きみのリクエストは私を不快になどしていないよ。その証拠に、すごくクリエイティブなアイデアだと思ったから、すぐに自分のメッセージを送ったんだから」というのを上司と海外にいる上司の上司にもコピーを入れてくれたのです。

今の世の中、事なかれ主義というか、例えば私だけに「何かあったの」と聞いてくれる人はいると思うのですが、「好意的に捉えている人だっている」ということを他の人にも伝えてくれることなどほとんどありません(ほとんどというか、ほぼゼロ)。
もちろん、その方はキャリアもあって、上司やその上司に対等の立場で物を言える方だったからというのはありますが、それでも普通はわざわざそんなことを言ってくれる人は無に等しい中でだったので、今まで散々嫌な思いをして我慢してきた私にとって、こういう人もいるんだと知ることが出来ただけでも、良かったなと思えたことでした。

お礼のメールを書いていたら、なんだか泣けてきて、「こりゃーだめだ」と席を立ちました。
人の心を温かくするものは、やはり心なんだなぁ~と。

私はターゲットになったことはないですが、中学生の頃からいじめだのなんだの、なんでそんなこと人に言ったりするの?ということがたくさんありました。
別にいじめられっ子のことを私だって好きだったわけでもないですが、それでも理不尽なことで攻め立てたりする必要なんてないわけです。
少しでもその子を庇うようなことを言うと、「あじゃみん、何言ってるの?」と腕組をされながら言われたものです。

その延長で私のことを馬鹿にして、仲が良かったのに突然離れていった子がいたのですが、卒業の時にささいなことで他の人から無視されることになって、卒業アルバムで集合写真を撮る人がいなくなったからと、しらっと電話で仲間に入れて欲しいと言ってきた子がいました。

人をさんざん馬鹿にしておいて、よく電話して来られるよなぁ~と呆れたものですが、こんな私に電話してくるのだから、戻るところがないんだろうと、写真を一緒に撮ろうと言っていた子達に話すと「えー、なんであんな子と一緒に写真撮らないといけないの?」とブリブリ文句を言われるはめになり、それでも可哀想だからと言うと「あじゃみんが言うなら、仕方ないからいいよ」ということになって、なんとか一緒に写真を撮ることができました。

長い年月が経ちますが、その時一緒だったクラスメートとは一切連絡も取っていませんし、二度と会いたいとも思いません。
卒業アルバムも捨ててしまいました。

学生時代のバイト先でも、お局とその手下みたいな先輩がいて、仕事でちゃんとやったことをやっていないと言われたり、それはもう酷いいじめに遭いました。
でも、相談した人から「たとえバイトといえども、こんな状態のままでは、どこか別のところに言ってもまた同じ思いをする」と言われ、この状況を克服したら辞めようと決心し、結局はお局に信頼されるようになって、「これでいいや」と辞めることにしました。

そうなったなら、辞めなくてもいいんじゃない?って思われると思いますが、自分の中のけじめですね。
一緒に仕事を続ける気なんて、もともとなかったんです。

そこでいじめられたのは、私だけじゃなかったのですが、私の後に入った子たちは、なるべくいじめに遭わないようにしようと自分で盾になろうと決め、とにかくお局と手下に悪く言われないようにしました。

その人たちからは、「あじゃみんさん、よくこんなところ続いているよね」とか「どうして辞めないの?」と言われましたが、結局負けて出て行くのが嫌だったというだけの意地っ張りだった気もします。

就職先では、ふたりいた微妙にランクの違う上司ふたりが犬猿の仲で、同僚からはこっちにつけだのなんだの言われてうんざりし、結局は辞めてしまいました。
せっかく同じ目的に向かって仕事をしているのに、裏であいつがこうだとかなんだとか、お互いの悪口ばかり言い合っていて、何がどっちかに付くだよと呆れて物が言えませんでした。

退職した後で本来なら色々と手続きもあるし、挨拶に行かなくてはならなかったのですが、どうしても行きたくなくて、結局手続きが出来ず、最後の給料も退職金ももらえないで辞めることになってしまいました。

まぁ、大人として本来してはいけない、とってはいけない態度だったので、これはペナルティーだと思って何も要求しませんでした。
しかし、言ってこないからと退職金ばっくれる企業も企業ですよね(笑)

それから派遣で働いていましたが、行く先々でそりゃーもうすごい経験をさせてもらいました。
私のことを好きな人(異性同性関係なく人としてです)、嫌いな人がいるのは当たり前ですが、社長秘書に大嘘をつかれてとんでもない女に仕立て上げられたこともありましたっけ。

その秘書は社長の愛人だったので、誰も文句を言えず、今まで辞めさせられた人や「あの女には我慢できない」と辞めた人も大勢いて、とうとうターゲットになった私には裏で同情の声は上がりましたが、「あじゃみん、ごめんね。あの女だけはどうにもならないわ」と謝られました(笑)。

つい何年か前も嘘で悪者にされ、「なんですかそれ?」ということもありました。

でも、信じているだのなんだの言われても、人に対してそう言ってくれる人なんていないわけです。

その時にある人に言われたのがまた秀逸というか、「あじゃみんさんて、いつでも誰にでも同じ態度だから、そういうのに反感を持つ人は多いのよ」というのです。

まぁ、確かにおべっか使ったりとか、そういうのはしないので、持ち上げられたい人には気に入らないのかも知れないですね。

知るかよ、そんなの!

ほんと、世の中って嫌な人ばっかり。
だからこそ、私はどうでも良いうわべだけの友人なんて面倒くさくていらないし、本当に「この人」と思える人と付き合っていきたいなと思っています。

メインの旅ブログをやっていて、知り合った方たちは、特にものすごく親しいというお付き合いではないですが、本当に良い方たちで、たまのオフ会や食事会でも楽しいひと時を過ごさせていただいています。

女性は色々と環境も変わるし、一生の友人というのは難しいと思っていますが、その時々で良いお付き合いができたらいいなと思っている今日この頃です。

災いは口よりいでて身を破る
幸いは心よりいでて我を飾る

たいして良い人でもない私ですが、少しでも人には良くしたいと思っています。

« ところ変われば | トップページ | 麒麟の翼 »

コメント

いじめたり、いじめられたり・・・・・
世界中が敵に見えたりすることもある。一方で、自分のことを心配して、非難するけれど、大切なことを言ってくれる人もいる。

あじゃみんのように、私は上手く人と付き合えないので偉そうなことは言えないけれど、少数でも応援してくれる人がいるのであれば、それを信じて、プラス、這いあがる力があれば、最後は光が見えるんじゃないか、と思ってます。日々精進・・・

Mayaちゃん、ありがとう♪

すっかり元気になりました。
たまにリセットしないとうつ病になりそう(笑)
周りの状況は変わらないから、自分がどうするかしかないからねぇ~。

この記事へのコメントは終了しました。

« ところ変われば | トップページ | 麒麟の翼 »