« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

ザッハトルテの思い出

私の子供の頃は、洋菓子といえば不二家とか、近所のスーパーで買えるヤマザキのケーキでした。

ケーキの種類もそこまで多くなくて、イチゴのショートケーキやチーズケーキが一般的で、あとは甘ったるいバタークリームのケーキで、バタークリームを使ったケーキは、可愛いデコレーションの物が多かったのですが、私はあの甘ったるさがまったくダメで、食べるならイチゴのショートケーキかチーズケーキ(焼いてある方)という定番中の定番ばかりでした。

今は、パティシエなどと呼ぶケーキ職人のお店が色々できて、カラフルなケーキがショーケースに並んでいますが、そんなケーキが増えたのは、高校生くらいになってからだった気がします。

私の世代では、知っている洋菓子屋は不二家かヤマザキ(ヤマザキと言ったら、パン屋というイメージで、あまりケーキに有り難味は感じなかったのですが、選択肢がなかったんですよね)、中学生くらいでお菓子のコトブキを知り、バナナオムレットにはまったくらいのシンプルな洋菓子体験でした。

そんな私が高校生になった頃、洋菓子ブームのような感じだったのか、個人のお店もちらほら出来て、ショーケースに並ぶケーキもちょっと洒落た感じの物が多くなっていました。

ただ、やはりまだチェーン店のお菓子屋さんが主だったので、そう目新しいお店は田園都市線沿線にはあまりなかったんです。

ある日、友だちが「ねぇ、○○○駅にモーツアルトって喫茶店が出来たって」という情報を持ってきました。

喫茶店なんて、東京に住んでいる頃に父や叔母さんに連れて行ってもらったルノアールしか知らず、神奈川の地元では名前も忘れた焼きそばからパスタ(その頃はパスタなんて言葉もなくて、スパゲッティでしたけど)、カレーライスまで置いてあるなんでも屋的な喫茶店しか知りません。

「モーツアルト」

ヨーロッパのなんたるかもあまり分かってはいませんでしたが、モーツアルトなら音楽室に肖像画が掛けてありますし、偉大な作曲家ってくらいの乏しい知識ではありますが、まぁ、知ってる有名人(?)ですから、そんな人の名前がついた喫茶店なんて、なんて素敵な響きを持ったお店かしら・・・・、そう思わないではいられなかったわけです。

「行こう!」

喫茶店なんて、学校の帰りに行くのは、オムライスの美味しいお店とかそんな感じだったので、今で言うなら「カフェ」なんて感じのところには入ったことがなく、待ち合わせしてからいざ!・・・と入った時は緊張しましたっけ。

しかも、今と違って当時の内装は結構シンプルな感じだったと思います。
そう、高級感も溢れていました。

ドキドキ。

高校生と言ったって、そんな大人な雰囲気のところに入ったことなどなかったし、ウェイトレスのお姉さんも落ち着いた身のこなしで、「いらっしゃいませ」と笑顔というよりスマイルって感じの微笑みを浮かべながら、私たちを迎えてくれました。

当時のメニューは、白い高級感溢れる縦長の台紙に黒い文字が並んだもので、ゴテゴテと写真入りのでっかいメニューしか見たことのなかった私たちは、そのメニューだけでもうノックアウト。

しかも、お店のイチオシが「ザッハトルテ」って書いてあったんです!!

「・・・・何コレ?」

ええ、もちろん当時の高校生がザッハトルテなんて物を知っているわけがありません。

落ち着いたウェイトレスのお姉さんに聞いてみると、チョコレートケーキで、ウィーンで有名なんだとか。

そして、このお店の一番のお勧めだというのです。

女子高生には、たまらない一言ですよね。

しかし、正確な値段は忘れてしまいましたが、『うわっ、高っ!!』って思うほどの値段で、他では食べられない「ウィーンのお菓子」に惹かれながらも、相当注文するのを悩んだことを覚えています。

でも、「モーツアルト」だし、「イチオシ」だし、そしてどこにあるかも分からないウィーン(地理に疎い私)のお菓子だし・・・ということで、勇気を振り絞ってザッハトルテと紅茶を注文しました。

「あたし、あまりお腹空いてないから」

友だちはそういって、もっと安いのを頼んでいましたっけ。

『ふん!裏切り者め』

なんて思った覚えはありませんが、自分だけが結構なお値段になることが分かって、痛い気持ちにはなりました。

ほどなく運ばれてきたのは、白い小さなお皿に載った、黒といってもいい濃いチョコレート色をしたツヤツヤの丸いケーキで、大きさといえば、森永のエンジェルパイの厚みをダブルにしたくらいの大きな物でした。

「でかいなぁ」

確かに高いだけのことはあって、大きさも結構ありました。

「美味しそう♪」

見たことのないほどの素敵なケーキ。
そして、なんとナイフまで付いてきてるじゃありませんか。

フォークでぶっ刺して食べるお安いケーキとは違うのね・・・もう、期待は膨らみます。

「いただきます♪」

小さなフォークを使ってみたら、「あら、硬い」。

案外、切るのが大変でした。

表面は硬いのですが、中はスポンジだったので、ちょっとホッとした私です。

口に入れた瞬間、とっても濃厚なチョコレートの風味が口に広がりました。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「どう?」

興味津々といった感じで友だちが聞いてきました。

「・・・・・・・・・・・・・・甘い」

「えっ?」

「・・・・・・・・・・・・すっごい甘い」

不思議そうな顔をする友人にもちょっと分けてあげたのですが、彼女の表情もかなり微妙でした。

そう。
不二家のケーキで育った私には、本格的なヨーロッパのチョコ菓子なんて、口に合うわけなかったんですよ。。。

本格的過ぎたんです。

美味しいという感情とは程遠い、残念な気持ちが胸に広がりました。

しかし、そこは貧乏高校生。
お小遣いをはたいて注文したケーキを残すなんてもったいないことは絶対できません。

お喋りをしながら、少しずつ食べました。

「・・・・・・(気持ち悪い)」

ケーキを食べるのに必死で、おしゃべり女子高生のはずが、口数も少なくなり、なんか、罰ゲームみたいでしたね(笑)

しかし、森永のエンジェルパイWの大きさで、そこまでコッテリと甘いお菓子など、とても食べ終えることが出来ず、これ以上食べたら吐くかも!!・・・ってところでギブアップとなりました。

お店を出てから、お腹をずっとさすっていたのを今でも思い出します。

大人になってからモーツアルトには何度も入っています。

たくさんのパティシエの作ったケーキを食べた経験を積んだ後では、本格的なヨーロッパのケーキも美味しいと思えるようになりましたが、この経験がトラウマになって以降○十年、ザッハトルテだけは注文したことがありません。

どうしても、あの時の「もう、無理!!」って感情が甦ってきちゃうんですよね。

死ぬ前にもう一回くらい食べてみようかな。

Sachertorte_2







ザッハトルテって、お好きですか?

【不二家のお話】

私は今でも不二家のさっぱり系のケーキが好きです。
取り立ててすごい特徴はないのですが、みんなが食べられるケーキという点では、貴重なお店だと思います。

ペコちゃんとかポコちゃんとか、キャラクターも可愛いですしね。

この不二家、確かに子供の頃からあって、いったいどのくらい前からあるのかしら?と気になってウェブサイトを見てみたら、なんと創業は1910年(明治43年) 11月ですって!!

もう、100年以上前からやってるんですねぇ。

不二家といえば、ミルキーの千歳飴も大好きです。

日本橋 うしやま その2

さてさて、お造りが終わると、次は「小鍋」。

牛タンシチューなんて、このコースに?って感じですが、そこがうしやまさんです。

Img_2722
牛タンというと、どうしても薄切りと思ってしまうくらい焼肉でしか食べてないことに気づいた私。
ゴロンと入った牛タンやお野菜に胸が高鳴ります。

思った通り、お野菜は適度に歯ごたえが残っているのに、しっかりと煮込まれた牛タンは肉の歯ごたえはあるけど箸でポロッとほぐれました。

ああ、満足・・・・って、まだまだ続きます(笑)

Img_2724
お凌ぎとして出てきたのが、以前はなかった手打ち蕎麦。

さっぱりして、口直しにはぴったりです。
特別、そこまで美味しいか?と聞かれたらどうかという感じですが、でも牛タンのような味の濃いお料理の後だったので、次につなげるのには絶好のタイミングでした。

Img_2726
煮物は、聖護院大根、京揚げ、菊華。
聖護院大根なんて、自分じゃ絶対買わないし煮物を作ったりしないので、こういうのはプロの味で食べたいものですよね。

しっかり形が残っているのにすっと箸が通り、お出汁も染みてこれも美味しい。
そして、京揚げも形が崩れずしっかりしているけど、出汁は十分に染みて、口に入れた時にじわっと広がりました。

苦めの菊がアクセントです。

Img_2727
うしやまさんのお料理の中で、私が結構好きな一品です。
揚げ物は、海老芋揚げ出し、椎茸、獅子唐、紅葉卸し、浅月。

浅葱を浅月とするところがいいですね。

お味は・・・文句ないです。
お出汁まで全部飲みました。

Img_2729

最後の食事は、穴子飯蒸しでした。
お味噌汁と香の物付き。

このお新香がめっちゃ美味しかった!!
お代わりしたいくらいheart

ご飯はもち米なので、もっちりしていて穴子とよく合っていました。

Img_2732

最後のデザートは、ココナッツ饅頭。
なかなか面白いですね。
柔らかいもちっとした生地の中に餡子が入っていて、ココナッツが周りにまぶしてあります。

二口で食べられるちょうどよい大きさでした。
あぁ~、お腹いっぱい!

でも、もたれないから和食ってやっぱり良いですね。

Img_2734

日本橋 うしやま

東京都中央区日本橋2丁目2−20 
日本橋仲通りビル B1F
電話:03-3275-9475(予約必須)

月替わりのメニューが楽しめます。
¥5,250

日本橋 うしやま その1

牛山さんが経営する日本料理の「うしやま」。

まだ女子会なんて言葉も出てきていないその昔、月替わりのメニューを目当てに女4~5人で集い、うしやまの会を開催していました。

結婚とか転職とか引越しなどで自然にバラバラになり、交流がないわけではないけれど、会う頻度は激減してしまい、目黒駅から徒歩15分以上という立地も「わざわざ」すぎてなかなか自分では行かれなくなってしまいました。

今回、そのオリジナルメンバーが集まろうということになったのですが、その場所は目黒から日本橋に移転した「うしやま」。

いったい何年ぶりだろう?
メンバーのひとりは、なんと7年ぶりの再会でした。

みんなはFace Bookなどで日々交流をしているようですが、私はSNS関連には一切関わっていない(mixiは、友だちの日記を見るためだけ参加)ため、本当に久しぶり感が強かったのですが、もともと相性の良い私たち、気づけば「あら、誰もいない?」・・・って、女将さんが伝票をすみませ~んみたいな感じで持ってきてやっと気づいた次第です(笑)

Img_2713 先付

鱈白子豆腐 薬味 ポン酢

実は私、白子が大嫌いで、あの生臭い感じがもう・・・ダメ!っていうことなんですけど、こちらはわさびも効いているし、ポン酢の爽やかさもあって、ペロッと食べられてしまいました。

Img_2716

前菜

北寄貝柚子味噌、サーモン玉葱、慈姑せんべい、おかかチーズ

実は私(笑)、貝もあまり好きではなくて、ホッキガイの文字を見た時に「あちゃちゃ~」って思っていたのですが、食べてみたら柚子味噌だからか、貝の臭みがまったくなくて、こちらもペロッと食べてしまいました。

新鮮さもなかなかだったと思います。
真ん中に写っているのが慈姑せんべいで、パリパリと芋類のせんべいみたいに食べやすくて美味しかったです。

この前菜の中で初めて食べたのが「おかかチーズ」でしたけど、これがもう絶品!
友だちは自分でも作ると言っていましたが、細かくしたおかかに醤油をまぶし、クリームチーズを練って柔らかくしたものに和えてあるのです。

Img_2719

帆立真薯、京人参、つまみ菜、口柚子

いやいや、これもまた美味しい一品でした。
真っ赤な京人参と白い帆立の真薯のコントラストがステキです。

真薯の中には、カットした帆立がそのまま入っていて、食感も良かったです。

Img_2720
お造り

旬の魚、妻一式

オーソドックスなお造りだったので、特にこれは!!ってものではないのですが、わさびも良いものを使っているし、醤油もさっぱり系だったので新鮮なお刺身の味を引き立てていました。

長いので、その2に続きます。

物事を理解するためには、背景を知ることが重要

何かの事象を正しく認識するためには、やはりその事柄の背景を知るということが大切だと思います。
私たちが歴史を学ぶのも、別に興味本位なわけではなく、先人の生活その他を知ることで、今生きている我々が現代に活かす事ができることも多々あるからです。

また、時間が経って全体を見ないと正しく認識することが出来ない事もあります。
今だからこそ、その当時に立ち返って「なぜそうなったのか」「違う道はあったのか」など検証できる、またはすることも非常に大切で意味のあることだと思っています。

TVを捨ててしまったので、最近はネットや新聞記事などで色々なニュースに接していますが、最近あった沖縄防衛局の田中聡前局長が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する環境影響評価書の提出時期をめぐり、「(女性を)犯す前にこれから犯しますよと言うか」と発言した問題で更迭されたというニュースは、聞きかじった程度でした。

なんとなくそこだけをニュースで見たり、聞きかじったりしていたので、「そんなこと人前で言っちゃうんだ、馬鹿だなぁ」というのと、「そんな酷い発言をした人は更迭されて当然」と普通に考えていたのです。

ですが、今日ネットで読んだこの事件(?)についての解説を読んで、「これってどうなのか?」と、首をひねってしまいました。

私が見落としていただけなのですが、この田中局長の発言は、記者たちとの「完オフ」会見、つまり「完全に中身は内緒だから」という懇談会のような形式の中での発言だったのです。

琉球新報が「オフレコとはいえ看過できない発言」として、約束を破って掲載してしまったわけですが、このことで今後の取材のあり方が大きく問われることになってしまいました。

解説によると、取材といっても「オンレコ」「オフレコ」と2種類あって、「オンレコ」というのは報道することを前提にした取材で、「オフレコ」はそうでないもの、または発言者を断定されない形での報道に限定するというものだそうです。

そして、オフレコの中には「完オフ」つまり、一切何も報道しないという「完全なるオフレコ」も存在し、今回は田中局長が「完オフだから」と言い、記者たちも誰も異議を唱えなかったことから、田中局長が発言したことは一切報道しないという「約束」がなされていました。

このことを考えると、確かに田中局長の発言は人権を無視した馬鹿げた発言だったと思いますが、オンでの取材だったとしたら、そんなことはさすがに言わなかったのではないかと考えられます。

もちろん、彼の資質というか、それ以前に人としてどうなの?という部分はあると思います。でも、「分かりました報道しません」と承諾し、約束をしておいて、「それは酷いからやっぱり言う」となったら、今後「なかなかオンでは話せないけど、オフならいいよ」という微妙な内容のことについては、明確な取材拒否の理由が出来てしまい、その後の取材も制限されて、国民の「知る権利」も脅かされることになってしまいそうです。

完オフだからこそ、ざっくばらんに意見交換をしたり、今後の取材のベースになるような話が聞けることもあるのに、何かあったら約束を破って書いちゃうよーとなったら、誰もそんな取材には応じられないとなりますよね。

今回の問題は、「報道するにしても、その後の手順をきちんと踏まなかったこと」で、今後の取材がやりにくくなることが予想される事態になってしまったとのことでした。

正義感で暴走したのかも知れませんが、最近前頭葉が発達していないのか、後に起こる事柄について、あまりにも思慮に欠けた行動を取る人が増えているので残念です。
また、最近はなんでも「起こった事柄」だけにスポットが当てられてしまい、物事の背景を根気強く取材した報道がほとんどないため、「これについてこう思いましょう」的な誘導にも似た報道が行われる傾向があることも感じます。

メディアの質がこれだけ低下している時に「取材時の約束も簡単に破ります」と堂々と宣言されては、取材される側もたまったものではないですよ。
また、約束を守って取材してきた人たちにも多大な迷惑を掛けていることに気づいてないとは悲しいですね。

まぁ、そうかといって、田中局長の更迭が「可哀想」なんて思いませんけども・・・。

「犯す前に…」発言 琉球新報のオフレコ破りを考える
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/537285/

人権、誰もがあるわけではない(のはおかしくないか?)

日経ビジネスオンラインに日本で暮らすムスリムについてのコラムがあるのですが、日本人ムスリムの日常について、色々と興味深いことが書かれています。

また、以前習っていた(そして玉砕した)マレー語教室のファリダ先生の話を聞いていても、信じる気持ちには到底なれませんが、イスラム教がメディアで取り上げられているほど暴力的な印象はなかったのです。

当時の時代背景を考えると、豚を食べないとかいうのも、その当時は今より環境衛生は悪かったわけですから、豚を食べるということは結構リスクが高かったわけですよね。
妻何人OKというのも、乳児の死亡率なども高かったでしょうし、自分たちの子孫を残すためにも平等に養えるのであればOKということになっていたと解釈できます。
宗教というとよく分かりませんが、清潔を心がけ、食中毒などのリスクが高まる食品を食べないように規定することで、長生きしましょうということが読み取れます。
これは宗教的解釈ではなく、日常の目でイスラムを見たものなので、その点はご理解いただきますようお願いします。

さて、そうはいっても、女性の権利を認めないという点では、やはり現代社会になじまない部分も多いですし、もっとストイックというか、徹底的な男尊女卑の原因として、イスラム教の教えをベースにして「女性は男性に従属すべきもの」という概念を国として持っているところもあるわけです。

原理主義とか色々私にはよく分からないイスラムの解釈があり、極端ですが「異教徒は殺しても構わない」的なことなども言われていて、やはりそういう意味では怖いなと思ったりします。

タリバン政権が倒れて以降、2004年10月に発足したアフガニスタン・イスラム共和国では、イスラム色の濃い政治体制が設立され、選挙などが行われていくらか世俗的になってきたとはいえ、「信条の自由などが聖職者の定義するところのイスラーム法に反するものとされ、シャリーアに基づく背教罪や冒涜罪によって罪となることがある。」(Wikipedeia)そうです。

このため、人権については各国から批判を浴びることも度々あり、国外でキリスト教徒に改宗したアフガン国籍の男性に死刑判決が出たり(最終的には撤回されたが男性は亡命)、また、女性の権利について、「クルアーンを根拠に女性差別を擁護する人々は預言者ムハンマドの見解を歪曲している」という趣旨の文書を読み、問題提起をしようとした学生に対し、宗教法廷により「冒涜」として死刑が宣告されたそうで、現政権もこれを支持しているとのことです。

Sentenced to death: Afghan who dared to read about women's rights

また、廃止されていた宗教警察も復活し、イスラムの聖職者が力を持つようになってきているのだとか。

汚職の問題もたびたび取りざたされています。

それより何より、そんな記事などを読んでいたら、ロイターのニュースに「強姦被害で服役のアフガン女性に恩赦、「前例」の期待高まる」というのを見つけ、読んでみてびっくり。

自分のいとこの夫にあたる男性にレイプされて妊娠した女性が「当初、姦通罪で禁錮2年の刑が下り、控訴審では禁錮12年が言い渡された。」というのです。

犯罪の被害者なのに刑務所に入るの????

イスラム教では、たとえ犯罪被害者だとしても、夫を裏切ったとして姦通罪(倫理上の罪ということらしいです)なんでしょうね。。。

最終的には3年の刑になったそうですが、産んだ子供と刑務所で暮らすことになったのだとか。

その女性に対して、「今回のケースを検討した結果、(法律の専門家らで作る委員会は)アフガニスタンの現状を鑑みて、残りの刑期を恩赦する決定を下した」と大統領名での発表があったそうですが、そもそも被害者なのになぜそんな酷い罪に問われなければならないのか、意味が分かりません。
彼女が誘惑したとかそんな明確な理由でもあれば別かも知れませんが・・・少なくとも今回の記事を見る限り、そのような点には言及されていません。

服役中の女性の弁護士は、「司法側が『女性に対する暴力撤廃運動』を支持した形になった。これで法的な前例ができた」と結果を歓迎した。

とのことですが、イスラム教国で女性が人間としての通常の権利を持てるようになるのは、まだまだ先のことになりそうです(そういう日が来ることを信じて)。

強姦被害で服役のアフガン女性に恩赦、「前例」の期待高まる

平熱を知って体調管理を(怖い低体温)

病気というほどじゃないけど、なんだか調子が悪い・・・という人が増えていて、調べると低体温だったりするそうです。

Niftyのニュースを見ていたら、低体温についての記事があったのですが、36.5℃くらいが免疫力や代謝が最も活発に動くベストな体温なのだとか。

怖いのはこれより低い体温で、36℃くらいになると体は震えてなんとか熱を出そうと頑張るそうですが、それよりもさらに0.5℃下がっただけで、代謝機能低下、排せつ機能低下、自律神経症失調症の発症、アレルギー症の発症など体の機能が軒並み狂い始めてしまうのだそうです。

35℃ともなると、内臓機能は正常範囲で働くことができるけれど、ガン細胞が最も活発に増殖し始めるのだとか。

それ以下だと生存するのにギリギリか凍死寸前なんてなってしまうらしく、低体温は非常に怖いことを知らないといけないんですね。

そういえば、女性は特に「冷やしてはいけない」って子供の頃から言われていると思いますが、若い女性がファッションなどでことさら寒い時期に手足を出して冷やしたりすると、その時は若さで乗り切れるけど、体が冷えている状態がずっと続くと、結婚した後の妊娠にも影響するでしょうし、女性特有の病気のリスクも高くなると思います。

かといって、若い女性からファッションの楽しみを奪うということも現実的ではないので、暖かいストッキングを履いて、ブーツにするとか、薄い腹巻を巻いて外からでは分からないように体を温める工夫するというのがいいのではないでしょうか。

ストレスなどももちろん原因がありますが、今は旬の物を食べることが少なくなり、本当は「夏」にしか食べなかった野菜など1年中食べられるようになり、冬に体を冷やす野菜などを食べていることもあります。

旬て、大切だったんですね。

便利になって色々な選択肢は増えましたけど、決して人として生きるために良いことばかりとは言えないのです。

女性は冷えが高じると妊娠しにくくなったりすることもあり、若くてこれから結婚し子供を持ちたいという女性は、決して体を冷やさないよう注意が必要です。

【女性の味方】

よもぎ蒸しパッド(体の芯から温まります)
http://calamel.jp/go/item/22898190?ref=g

リンクは一例です。
同じものなら、安いところで探してくださいね。

スライム肉まん1匹捕獲しました♪

かにたまさんのブログで、「スライム肉まん捕獲」の記事を見て、その前にファミマに行った時、完売で買えなかったので、ちょっと羨ましく思ってコメントを残していました。

かにたまさんからの返信では、1店舗100匹くらいという情報があったので、その日だけ完売だったのかな(紛らわしい表記よねぇ)と、今日も買い物ついでにあったら買ってみようとファミマに行ってきました。

Img_2703
いたよ~ん♪

片手に乗るくらいの小さいサイズで、170円は高いsweat01
まぁ、イベント価格だから仕方ないけど。

ちゃらい兄ちゃんに「スライム肉まんひとつ」って言うの、ちょっと恥ずかしかったけど。
今から思えば「一匹」って言えば良かった(そっちの方が恥ずかしくないか?←天の声)。

Img_2704

割ったところ。

中は普通の具でした。
でも、目玉が飛び出ている感じで、なんとも不気味(笑)
味は、具は美味しいのだけど、青い色が付いているからか、生地の味がちょっと色素かなにかの味がしていまひとつでした。

まぁ、話のタネに買っただけなので、十分満足です~heart

TBSは、恵比寿にはないよ。

会社の同僚と話をしていた時のこと。

彼の友人は東北出身で、ある日東京に出てきて「TBSに行ってください」とタクシーの運転手に言ったら、なぜか「恵比寿駅」で降ろされてしまったことがあったそうです。

地理に不慣れで、赤坂も恵比寿もなんだか分からなかったその人は、降ろされるまで気づかず、後からブリブリ怒っていたそうですが、同僚いわく「まぁ、分かる気がします」とのこと。

かなりキツイなまりがあるので有名な県の方なので、こちらで普通に喋っているつもりでも、通じなかったようです。

日本て、狭いようで広い。

また、東京で部屋探しの際、その県では冬は凍結を防ぐために水道管の水を抜いておくんだそうですが、不動産屋に案内された部屋を見ていた時、「水はどうやって抜くんですか?」と聞いたら、意味が通じなくて困ったことがあったそうです。

気温差、考えた方が良かったかも・・・って、ちょっと思いました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »