« 日本橋 うしやま その1 | トップページ | ザッハトルテの思い出 »

日本橋 うしやま その2

さてさて、お造りが終わると、次は「小鍋」。

牛タンシチューなんて、このコースに?って感じですが、そこがうしやまさんです。

Img_2722
牛タンというと、どうしても薄切りと思ってしまうくらい焼肉でしか食べてないことに気づいた私。
ゴロンと入った牛タンやお野菜に胸が高鳴ります。

思った通り、お野菜は適度に歯ごたえが残っているのに、しっかりと煮込まれた牛タンは肉の歯ごたえはあるけど箸でポロッとほぐれました。

ああ、満足・・・・って、まだまだ続きます(笑)

Img_2724
お凌ぎとして出てきたのが、以前はなかった手打ち蕎麦。

さっぱりして、口直しにはぴったりです。
特別、そこまで美味しいか?と聞かれたらどうかという感じですが、でも牛タンのような味の濃いお料理の後だったので、次につなげるのには絶好のタイミングでした。

Img_2726
煮物は、聖護院大根、京揚げ、菊華。
聖護院大根なんて、自分じゃ絶対買わないし煮物を作ったりしないので、こういうのはプロの味で食べたいものですよね。

しっかり形が残っているのにすっと箸が通り、お出汁も染みてこれも美味しい。
そして、京揚げも形が崩れずしっかりしているけど、出汁は十分に染みて、口に入れた時にじわっと広がりました。

苦めの菊がアクセントです。

Img_2727
うしやまさんのお料理の中で、私が結構好きな一品です。
揚げ物は、海老芋揚げ出し、椎茸、獅子唐、紅葉卸し、浅月。

浅葱を浅月とするところがいいですね。

お味は・・・文句ないです。
お出汁まで全部飲みました。

Img_2729

最後の食事は、穴子飯蒸しでした。
お味噌汁と香の物付き。

このお新香がめっちゃ美味しかった!!
お代わりしたいくらいheart

ご飯はもち米なので、もっちりしていて穴子とよく合っていました。

Img_2732

最後のデザートは、ココナッツ饅頭。
なかなか面白いですね。
柔らかいもちっとした生地の中に餡子が入っていて、ココナッツが周りにまぶしてあります。

二口で食べられるちょうどよい大きさでした。
あぁ~、お腹いっぱい!

でも、もたれないから和食ってやっぱり良いですね。

Img_2734

日本橋 うしやま

東京都中央区日本橋2丁目2−20 
日本橋仲通りビル B1F
電話:03-3275-9475(予約必須)

月替わりのメニューが楽しめます。
¥5,250

« 日本橋 うしやま その1 | トップページ | ザッハトルテの思い出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。