« 正確な説明は、義務です。 | トップページ | 福島の桃の話 ~悲しき風評被害~ »

私の頭の中の消しゴム

私がいつも韓国語のヒヤリングのために韓国映画やドラマを観ているGyao!で配信が始まりました。

この映画は、日本のドラマ「Pure Soul〜君が僕を忘れても〜」が原作になっていて、ストーリー自体は妻が若年性アルツハイマーになるというので同じ路線です。

日本のドラマに「私の頭の中に消しゴムがあるの」というセリフがあり、韓国版を作るにあたって監督がタイトルに採用したそうです。

「내 머리 속의 지우개(ネ モリ ソゲ チウゲ)」

ネ:わたし
モリ:あたま
ソゲ:中の
チウゲ:消しゴム

となります。
韓国語は、~のという助詞を省略できることが多いので、こういう風になりますが、日本語の感覚としては、なんか変に感じますよね。

全部省略するわけではないので、韓国語を習っていて、ちょっと分からなくなることがあります。

ストーリーは、チョン・ウソン(정우성)演じるチェ・チョルスとソン・イェジン(선언진)演じるキム・スジンが出会い、愛し合って結婚したのですが、物忘れが激しくて帰る道も分からなくなってしまう妻がおかしいなと病院に行き、若年性アルツハイマーと診断され、徐々にふたりの思い出も夫の顔すらも分からなくなるという悲しいお話です。

DVDを持っているのですが、なぜ買ったかというと、日本では、ほとんど韓国語字幕のついていないDVDの中で、唯一字幕ありだったので勉強のためと思って買いました。

・・・が、最初に普通に観て、あまりにも悲しくなってしまい、それ以来観ていません(笑)

やさぐれた感じの男とお嬢様という釣り合わない相手との恋。
もう、ろーまんちっくの王道ですよ。

若い頃に見ていたら、きっと感情移入しちゃうこと間違いなし!という胸キュンheartなストーリーです。

いや、韓流好きなアジュンマたちは、今でも胸キュンかも。

ひとつ疑問もありまして、診断を下すお医者さんなのですが、全然知性的に見えず、なんだかチャラチャラして、こんな深刻な病気を扱うのに、そんなんでいいの~?って感じで、コメディーじゃないんだから、もっとまともな設定にすれば良かったのにと興ざめしてしまいました。

しかし、個人的に韓国の俳優さんて「どこがいいの?」と思う人が多いのですが、チョン・ウソンさんて、韓国人ぽくなくて(?)格好いいですねぇ。
・・・て、よく見るとやっぱり特徴はあるか・・・(笑)

あっ、映画・・・うるっとしたい方は、ご覧になってはいかが?

Eraser
わたしの頭の中の消しゴム(2004)
내 머리 속의 지우개(ネ モリ ソゲ チウゲ)

(原    作) 読売テレビ ドラマ「ピュアソウル」
(脚    本) イ・ジェハン
(監    督) イ・ジェハン (第1作)
(撮    影) イ・ジュンギュ
(照  明) イ・ウンス
(音    楽) キム・テウォン,パク・キョンジン
(出    演) チョン・ウソン정우성 (チェ・チョルス)
           ソン・イェジン 선언진 (キム・スジン)

Gyao!の配信ページは、こちら

そうそう、以前ご紹介した「記憶の棘」もまたまた配信中です。

« 正確な説明は、義務です。 | トップページ | 福島の桃の話 ~悲しき風評被害~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。