« Judas - 今さらながらにLady GAGA - | トップページ | [リミット] ~この映画が持つメッセージとは~ »

アンコンディション@宮前平 ~一軒家の個室で優雅なコース~

フレンチって、イメージ的にソースを多用してボリューム感満点のお料理って思っていたのですが、このお店は、体のコンディションを整えるフランス料理とのこと。

友人が「クーポンでコースチケット買ったから」というので、通常の半額の2,150円で体に優しいお料理をいただきました。

月ごとにコースについては全体のメニューは決まっていて、金額によってその中から品数が決まります。

本来、お料理6品+デザート・・・というように決まったところから、金額によって「スープなし」とか「魚料理+肉料理」が「魚料理or肉料理」という風になっています。

私たちのコースは、通常のDコースで健康ドリンク+スープ+魚料理+肉料理+パン+デザート+食後の飲み物(コーヒー・紅茶・ハーブティーから1つ)でした。

住所的には田園都市線・宮前平駅からゆっくり歩いて10分くらいのところなのですが、かなりな急坂を上がらなくてはならないので、隣の鷺沼駅から回って行くことにしました。

Img_2535_2

普通の一軒家の玄関先に「En Condition」というこじんまりした看板がありました。

Img_2534

玄関もいたって普通です。

左手にドアチャイムがありますので、チャイムを鳴らしてからドアを開けて入ってください。

Img_2532

お部屋は3階で、黄色いテーブルクロスに絵画の額のようなトレーがセッティングされていました。

Img_2508
まずは、健康ドリンク。
ほうれん草とリンゴを使ったドリンクです。

・・・・・微妙。
やはり「体に良い」というものって、美味しさを追求すると無理があるのでは?という感じを受けました。

青汁みたいなものですから、一気に飲み干しましょう。

手前にあるのは、長芋のジュレ。
ちょっとめずらしい食感でした。

長芋をブイヨンでゼリー寄せにして、マヨネーズと豆乳の甘みのあるソースが使われていました。
味は、長芋の甘さが適度に出ていて、ちょっと酸味のあるソースとよく合っていました。

Img_2512
前菜・ポークと野菜のリエット 生姜の香り

生姜がほのかに香って、すっきりした味わい。
きゅうりのジュレが入っているのですが、味はまさしく「きゅうり」。
すっきりとしているのですが、それだけ食べると単なるきゅうりなので(笑)他のものとミックスして食べるといいと思います。

まぁ、そういうもんだと思いますが・・・(笑)

Img_2515
あずきのスープ。

スープといっても、かなり甘みがあって、ブイヨンとミルクをベースにしてシナモンがかかったデザートっぽい味でした。

美味しいけれど、スープとしてみると、なんか違和感ありかな。
あずきはビタミンB1を豊富に含んでいるので、疲労回復に良いのだそうです。

Img_2513
パンは、オリジナルの豆乳とおからを使ったコンディションパンとオニオンが練りこまれたパンの2種類。

焼きたてでとっても美味しかったです。
アツアツでしばらく触れませんでした。

Img_2517_2
まずは、魚料理。
こちらは、白身魚と野菜の一皿です。

白身魚のポアレにインパクトのあるカレーソース。
添えてある野菜も味がしっかりあって、ペロっと完食♪

味もしっかりついているのに60kcal前後です。

Img_2523
次は、肉料理です。
通常は、肉の種類が決まっているようですが、+数100円で別のオーダーもできるようでした。

今回は、鶏肉ですが、大好きなので変更はなし。

重たさがまったくなくて、肉も柔らかく、ソースはモロヘイヤがアクセントになっているのですが、その苦味がちょうどよく粘りも肉に絡んでバランスの良い一皿になっていました。

Img_2526
デザートは、涼しげな透明のお皿に盛られた「青しその焼き菓子と洋ナシのババロア。

しそのスポンジケーキなんて食べたことなかったのですが、案外甘いスポンジにしそのアクセントって合いました。

クリーム状のやつは、モロヘイヤを使ったムースでしたけど、これも最初「モロヘイヤ?」って感じで、恐る恐る食べてみた一品です。

これが、なかなかどうして控えめな甘さのクリームにモロヘイヤの苦味(といっても、ほのかに苦味が分かる程度)がマッチして、しそのスポンジケーキに載せて食べるとバランスの良い味(としか言えない)でした。

Img_2528
最後は、コーヒーで締めました。

本格ドリップのそれでも飲みやすいコーヒーで見た目ほど苦くなく、食後のコーヒーとしては合格点です。

砂糖とか写してますが、ブラックで飲みました。
食後のコーヒーは、消化作用を促進するためにも、ブラックがお勧めです。

さて、このお店は「体にやさしいレストラン」ということで、食材や調理方法などにこだわりがあり、コースの材料も今の時期にこれは摂った方がいいというものだし、これだけ食べても500kcal前後と普通のフランス料理では考えられない低カロリー。

ちょっと満足のいくお料理を食べたいけれど、あまり高カロリーは嫌だという方にはお勧めできるお店です。

ただ、通常のフレンチとはだいぶ趣きが違うため、濃厚なフレンチの味を期待しては楽しめません。

正直いって、フランス料理はこう・・・的な先入観があるので、ものすごく満足したというほどでもなかったのですが、美味しい料理を食べて体に良いものを取り入れる1日と考えれば楽しい食事になるでしょう。

コンディショナル料理
アンコンディション(Web

〒216-0007
神奈川県川崎市宮前区小台1-6-11 
TEL 044-862-8623
※予約制 

« Judas - 今さらながらにLady GAGA - | トップページ | [リミット] ~この映画が持つメッセージとは~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。