« アリス・クリードの失踪 | トップページ | 東日本大震災・動画 ~その真実は必要か~ »

愛情で、子供に害を与える親

先日、放射能汚染から子供を守りたいという母親たちの集会みたいなものがテレビで紹介されていました。

子供を内部被曝から守るため、給食は食べさせずにお弁当を持たせているとか、とにかくお母さんたちは必死の様子でした。

行政に訴えても何もしてくれないと涙ながらに訴える人もいて、まぁ、あの厚生労働省のお気楽な対処方法の告知などでは、大事な子供のことを考えたらお母さんたちが必死になるのも分からなくはありません。

グループディスカッションなどでは、「給食は安い野菜を使ってるから心配」(だから汚染されている可能性がある)という意見を必死に話すお母さんに周囲の人もとても真剣な顔をしてうなずいていました。

正直いって、どこにも根拠などない「安いから悪い(かも)」という発言を真顔で聞いているのには驚きましたが、その場というのは「危ないに決まっている」という人たちばかりが集まっているので、こういう冷静に考えれば根拠がどこにもないことなど分かりそうなことでも、きっと悪いに違いないとなってしまうんだろうなぁ~と思って見ていました。

こういう集団に科学的な根拠など必要ありません。

自分がどれだけ子供のことを思っているかをわかってくれるという存在が大切なので、たとえばこういうお母さんたちに夫が「そこまで心配しなくても」などと言おうものなら大変です。

こういうことで、離婚にまで発展したケースがあったというので、母親の子を思う気持ちの強さには脱帽です。

そういう人たちを安心させるのは、科学的なデータでもなんでもないので、逆を言えば「科学的根拠のある正確なデータ」では、母親を安心させてあげることなどできないというのが本当のところです。

まぁ、お子さんへの愛情の発露ということで、見守るしかないのかな・・・なんて考えてもいました。

ところが、最近どうもそんなことを言っている場合じゃないという事が起きていて、内容を読んでひっくり返りそうになりました。

BLOGOSというサイトに「子供を守りたい親の気持ち? 知るかそんなもの!」という記事が載ったのですが、一部のジャーナリストやネットによって必要以上に恐怖心を煽られた親たちが、自分の子供に何をしているのかということが書いてありました。

もともとは、「あやしい放射能対策」というコラムを見た著者が「なんじゃそりゃ?!」的に驚いた内容を書いているのですが、最近「これが放射能汚染(内部被曝)に効く」等と、まったく根拠もない民間療法などがもてはやされているらしく、中でも「米のとぎ汁乳酸菌」なるものを作って子供に吹き付けている親の話は、もう絶句!という感じでした。

単なるとぎ汁ではなく、米のとぎ汁に塩や砂糖をまぜて1週間近く常温で発酵させたものなのだとか。

これをヨーグルトに混ぜて食べさせたり、霧吹きで肺に吸い込むと乳酸菌や細菌の働きで放射性物質が痰と一緒に排出されるというのです。

これをネット検索すると、本当にやっている親もいるらしく結果として「発熱」「咳、たん」「下痢」の症状が出ているようなのですが、親たちはこれを「好転反応」だと言って、効いている証拠だと思っているようなのです。

冷静に考えられる人にはわかると思いますが、塩や砂糖を加えて常温で発酵させたとぎ汁など、無菌室で作っているわけでもなく、容器を滅菌している様子もないとのことで、これはもう雑菌とカビの培養液といっても過言ではありません。

上記の症状は、そのような「毒」を吹き付けられたことで起きた反応=病気の症状です。

つまり、私が子供を守らなければ誰が子供を守るの!という母親が科学的な根拠のある情報は信用せず、何ら根拠のない(データの提示もない)、インチキ民間療法で、子供たちを病気にしているのです。

著者は続けて、ツイッターで(たぶん、母親の過剰反応に対する意見への反論なのでしょう)「子供を思う親の気持ちをないがしろにしないで」というつぶやきを見た時、ある種の人たちに大切なのは、「親の気持ち」であって、あくまでも子供は親の気持ちを体現するための器に過ぎないと思ったそうです。

確かに子供を思う親の気持ちを尊重するということは大切でしょう。

でも、そういう気持ちがあったとしても、雑菌とカビを子供に吹き付けて病気にしている親たちに「お子さん思いですね」などと悠長に言っているわけにはいきません。

著者がコラムの最後に「今の日本において守らなければらないのは子供の健康であって、決して子供を守りたい親の気持ちではない。そのことを絶対に見誤ってはならない」と書いていますが、まったくその通りだと思います。

いい加減、目を覚まして子供を危険にさらすのはやめて欲しいです。

« アリス・クリードの失踪 | トップページ | 東日本大震災・動画 ~その真実は必要か~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。