« 集団ヒステリーとはこれいかに ~自民党石原幹事長の発言~ | トップページ | アリス・クリードの失踪 »

ストレスの方が体に悪い。

何回か書いた気はするのですが、私は別に原発礼賛者ではないですし、より安全な方法で電力が供給されるということに何ら反対するところなどありません。

ただ、こういう問題が起こると、実際にどうなのか、どうなるのかということよりも、0か100か、白か黒かと両極端なことばかりが叫ばれたりするために、その結果、自分たちの首を絞めるような行為にならないかと心配しているだけです。

聞きかじった情報だけで、なんとなく、でも子供は心配だから「反対!」となり、猛暑で死者も出ているという現状でも「政府と東電は悪、あんな人たちがやっている原発なんて信じられない」を繰りかえしています。

あんな人たち・・・と呼びたくなるのは、私も同じですし、信用もしていませんが、何でもかんでも同一視して問題を見えなくしてしまうのはいただけません。

以前、福島から瓦礫を運んできて処分するといったある行政の長に猛烈な抗議の電話やメールが殺到したことがありました。

蓋を開けてみたら、別に放射性物質が検出されるようなものではなく、単なる「瓦礫」。
そもそも高い濃度の放射性物質が検出されるものなど、勝手に移動はできません。

かなりなフライングだったと思います。

このように落ち着いてちゃんと検証すれば大騒ぎすることでもないのに、ちょっと聞きかじった情報で悪い方に捉えてしまうのは、却って被災地の方の心労を増やすだけのような気がします。

もちろん、自分も。

以前、緊急時の被曝量の値を1mSvから20mSvに引き上げたことについて、通常の20倍だと大騒ぎになりました。

確かに1が20になったら、それはおかしいと思うのが普通で、このこと自体は驚くことでもないと思います。
家族を守るとかそういうことを考えたら、体に悪影響のあるものは、低いもしくはないに越したことはないからです。

ただ、この時も「どうしてそうなったのか」や、本当にそこまで酷いことなのか・・・という「一歩引いた検証」は、残念ながら行われてはいなかったと思います。

この20mSvについては、東京大学名誉教授の唐木先生がFOOCOM.NETに寄稿したコラムが非常に分かりやすいため、リンクをご紹介します。

著作権等の理由で、全文引用するわけにはいかないため、ぜひお読みください。

ふたつのパラダイム
http://www.foocom.net/column/karaki/4274/

【コラム中の語句の解説】
パラダイム:ある時代に支配的な物の考え方・認識の枠組み。規範。
使用例;企業は新しいパラダイムを必要としている」

しきい値(閾値):その値を境にして、動作や意味などが変わる値のこと。

さて、ここからは上記コラムを読んでいただいたと仮定して進めます。

コラムでも書かれていましたが、単に放射性物質の値だけではなく、このような非常時において、日常と違った生活を強いられた場合のストレスなど、健康被害の原因になるその他の要因も考慮しないと、放射性物質の人工被曝量の基準である1mSvにこだわるあまり、その他の要因を無視して人々の生活を変えてしまった場合には、個人の体調や精神的な状態で通常よりも多少増えた放射性物質を被曝するよりも、ずっと悪い状態になってしまうことがあることを知り、冷静に対応することが必要ではないでしょうか。

最近、ニュースなどで障害を持った方が激変した生活の苦痛から、せっかく震災で助かったのに避難所で急死されるということが報道されていました。

知的障害などの場合、自分が受けている苦痛をうまく表現できず、また持病などの状態を伝えられずに病状が急激に悪化するということがあるようです。

これからいかに被曝量を減らしていくかということが急務ですが、このように緊急時にそこで生活をする人がいる場合には、その他の要因なども冷静に判断し、ひとりでも多くの方が少しでもストレスを少なくして暮らせるよう、考え、行動する必要があると思います。

都会は今、節電の真っ最中。
私の会社のビルも28℃設定ですが、どこを基準に28℃を計っているのかは分かりません。

パソコンなどの熱を放出するものを使っていますし、午後には暑さでボーっとして仕事がはかどりません。

熱中症の危険も大きく、被災地でなくてもかなりな苦痛を受けている人も多いのではないでしょうか。

東京の大混雑した通勤電車内で、汗のすえた臭いを嗅いでいると気分が悪くなり、倒れそうになることがあります。

もちろん、被災地の方を思えば、これくらい我慢しなくてはと思いますが、仮に何年もこの状態でと言われたら、病気になるのではと心配です。

被災地じゃなくとも、この状態が長引けば、ストレスから病気になる人も増えてくるのではないでしょうか。

既に死者まで出ている熱中症の心配もあり、原発でなくていいけれど、本当に人々が健康で暮らせる程度の電力がきちんと供給されるよう、良い方向に一刻も早く進んで欲しいです。

しかし、相変わらず勉強もしていないメディアの煽り記事が散見され、ガイガーカウンターで「あそこが何mSv」だのというのを見ると、本当に腹が立ちます。

政府にも東電にもげんなりですが、適当な記事を書いて人の恐怖心を煽り続ける一部メディアにもうんざりしています。

« 集団ヒステリーとはこれいかに ~自民党石原幹事長の発言~ | トップページ | アリス・クリードの失踪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。