« 不可思議 レベル7 | トップページ | シェルター ~心理ものだと思ったら?~ »

放射性物質の基礎を学ぶ

食のコミュニケーション円卓会議では、誰にでも分かるように専門家が放射線のお話をしてくださる場を設けるようです。

信頼のできる組織なので、もしご興味のある方はご参加ください。

食のコミュニケーション円卓会議

どんな組織かご紹介します。

会の目的
            
  食の安全・安心は誰もが望んでいることです。どこまで安全を,どこまで安心を求めていくかは,その時代背景や,その時々にかかわる大勢の人々の考えによって解答が導かれるのかもしれません。

このような中にあって,さまざまな立場の人々が,食について知識を高め,お互いの立場への理解を進めていくことによって,より良いコミュニケーションが生まれ,望ましい食生活の実現に近づくのではないかと考えました。

私たちは,食の問題について,円卓を囲むようなフラットな立場で,実りのあるコミュニケーション活動(学習会・意見交換など)を行い,得られた成果を,意見や提案,提言などの形で,広く人々へ繋いで行きたいと考えています。 (Websiteより引用)

  「知りたい! 聞いておきたい!水や食べ物と放射線の話」   
      福島第一原子力発電所事故をめぐる情報から

      日 時  :2011年4月22日(金) 18:30~20:00   
      場 所 :東京都中央区新川区民館 7号室(洋室)   
      お 話 :(独)日本原子力研究開発機構 小林泰彦氏   
             (独)食品総合研究所 等々力節子氏   
      対 象  :どなたでもご参加できます。(先着50名)  
     参加方法 :直接会場へお越しください。     会費無料 

意見等の表明 

◎ 2011年3月23日

放射能の検出された野菜などの取扱いについて意見とお願い (119.5K)

« 不可思議 レベル7 | トップページ | シェルター ~心理ものだと思ったら?~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。