« 念のためって何のため? ~数字に踊らされないために~ | トップページ | 徐々に明らかになる各国の対応の差 »

シャワーヘッドを買う。

まだ2年くらい前だと思うのですが、以前屋上(といっても上れないけど)にあるタンクから下に流すというような水の供給だったのが、「ポンプで直接水を各部屋に送れるようになります」という工事をしてから、水自体は新鮮?というか、暖まって藻が発生!などということがなくなりました。

ええ、あったんですよ。
お風呂にお湯を入れようと蛇口を捻ったら緑のものがウジャウジャでてきて・・・。

結構苦情が行ったのだと思いますが、それからほどなくして上記のような工事のお知らせがきました。

当初は、汲み置きみたいな水じゃなくて、直接だったらいいやと喜んでいたのです。

でも、最近シャワーをする度に肌がかさかさでボディーローションなどをせっせとつけてもあまり治まらず、頭皮の痒みも酷かったりして、年齢的なことか、それともアレルギーが酷くなってきたからか・・・と悩んでいました。

石鹸は、もちろん自家製の手作り石鹸で、以前は突っ張り感などもほとんどなかったので、おかしいなぁ~と思っていたんです。

そこで色々とネットで調べたら、アトピーの人とかが「水道水のカルキを少なくする」ということで、シャワーヘッドを購入したとか、そんなブログをたくさん見つけました。

「なるほどflair

本当にそうかどうかは分かりませんが、そうやって水が直接部屋に来るようになってから酷くなったので、カルキの強い水がダイレクトで肌に当たるからいけないのかもと思いました。

でも、カルキ除去で探すと、シャワーヘッドの中のカートリッジを交換するタイプは、年間にするととても高い。
その時は数千円でも、年間で数万円というのでは、とても続きません。

そこで、アトピーの方たちも使っているというブログ記事や口コミなどで評判の2種類のセラミックを使って半永久的に使用できるというシャワーヘッドを見つけました。

性能のところに

残留塩素低減、滅菌・遠赤外線効果、活性化された水

と書いてあり、なんとなく良さそうです。

低減だから0になるわけではないけど、0にするというのは普通でも難しいので気にしないことにしました。

その代わりかなり長いこと使えるというところが魅力のようでした。

まぁ、活性化された水っていうのもよく分かりませんが・・・。

楽天で売っているのを見つけて、200件以上の口コミがあり、かなり評判が良いみたいだったので、悩んでいるなら買っちゃおう!と最安値を検索。

なぜってこれ、結構高いんです。
同じ会社の製品でも、ハイパーとかDXとかで3万円近くするのから、2万くらいのものまであって、シャワーヘッドに3万はないやろ!と画面に向かって突っ込んでみました。

私が見つけたのは、JSKフリオン(正規品)、通常価格2万ちょっとのところを送料込みで1万円というものです。

ハイパーフリオンは、18,500円でこちらはマッサージ・ミストなど、シャワーヘッドを動かすことで水の出方が変わるタイプのようでした。

また、ちょっと高いだけあって、性能が「塩素イオン化」になっています。

こっちのがいいのかも知れませんが、使っているセラミックの種類は同じなのでいいやという感じです。

自分の性格を考えると、ミストだのマッサージだのって使っても2~3回なので、ミストになんてならなくていいやということで、51%オフ!・・・の方にしました。

ちょっとすぐ受け取れないかも知れないので、先ですが4月9日(土)に指定しました。
ただでさえ、震災の影響で遅れが発生しているというので、余裕を見たというのもあります。

代引き手数料は210円ですが、楽天ポイントでその分抜いておいたので、1万円での購入です。

かなり迷いましたけど、これだけ評判が良いから、何かしら良いところはあると思うので、1万円で数年は持つということで、思い切って購入ボタンをポチッとしてしまいました。

さて、どうなるか。

使ってしばらく経ったら、レポします。

Img55452972

品名: JSKフリオン(正規品)
セラミック: SEセラミック(活水効果)・BAセラミック(抗菌・活水効果)
本体:PC樹脂(耐熱温度60℃)
本体寸法 :最大寸 60×230mm
総重量: 約250g (満水時約350g)
性 能: 残留塩素低減、滅菌・遠赤外線効果、活性化された水
ボディーカラー: クリア
製造元 SAISEI KO Co,Ltd.
販売元 FIRST ROAD CO.,LTD
http://item.rakuten.co.jp/watch-me/hf002/

もっと性能の良いお高いのはこちら.

« 念のためって何のため? ~数字に踊らされないために~ | トップページ | 徐々に明らかになる各国の対応の差 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。