« 日本のメディアなんて、こんな程度 AERA(朝日新聞社発行) | トップページ | 謎の酒井氏 »

それでもポジティブ・シンキング ~私は日本が大好きです~

アエラの表紙でぶち切れて、一旦収めた地震関連記事を再開してしまいましたが、キリがないのでこの辺で本当に終わろうと思います。

映画のことも、ちょっとした日常の話も、これから書きたいですから。
もちろん、感じたことはこれからも書いていきます。

海外から「冷静な日本人」などと評価されると「なんだかなぁ」と複雑な気分になります。
真意はどうあれ天罰などという非常識極まりない言葉を使った石原都知事ですが、津波などを利用しなくても、「我欲を洗い流す」という部分は、復興に向けて少し歩み出した私たちの生活を考え直すチャンスではあると思います。

夜でも昼間のようにまぶしい光にあふれた都会。
今回、節電している街を歩いても「別に普通」と思ったのは私だけではないと思います。

今まで欲張り過ぎていたのに気づいた1週間ではないでしょうか。

当たり前と思っていた便利な生活の裏には災害があった時に計画的に停電をさせないと回せないくらいの電力を使っていたという事実があるということです。

地震が起きたのは誰のせいでもないけど、これだけみんなが悲惨な経験をしたのだから、亡くなった方たちの尊い命を無にしないためにも、今までと同じ社会に復興させるのではなく、今までの生活を改めて見つめ、より良い社会に変化させていくことが大切ではないかと思います。

徐々にみんなが冷静さを取り戻しつつあり、そうなると日本人の悪い癖というか、ことさら「悪い面」を強調しだして、自分たちを卑下したり、もう日本もお終いだ的な発言も増えてくるようです。

確かに我慢が出来なくて食料を・・・だったらまだしも、被災した方の家々から金品を盗んだりする窃盗事件が頻発していたり、被災しているわけでもないのにパニックに陥り、浅ましい買い占めを繰り返す人々。

困っている人のためにと少しでも何かの役に立てばといって募金したお金を盗む人。

善意に付け入って、義援金詐欺のサイトを作るやつ。

また、困っている人を助けようという時に福島の方だからと何の根拠もない風評を盾に宿泊を拒否するホテルや旅館。

こまりんさんは、ライフラインが戻るまでということで、福島の親戚を引き取ったそうですが、少しでも疲れを取ってもらおうとお母さん含め親戚の方々の分の温泉宿を取ろうとして、自分が会員になって度々利用していた熱海の高級旅館を奮発しようとしたら、最初は高齢の方は記念日ですか?などとメールをくれたのに福島の被災者なので温泉旅行をプレゼントしたいのでと書いて送ったら「福島の方はお泊めできません」と拒否されたそうです。

すぐに会員登録抹消し、今後一切DMなど送るなとメールをしたそうです。
後からお詫びの電話が掛かってきたそうですが、万が一出かけて嫌な思いをさせられたら冗談じゃないし、箱根のホテル(ハ○○ッ○)は、事情を話した上で予約が取れるかと言ったら、丁寧な返答があって、ご高齢の方がいらっしゃるのでと食事のメニューも考えてくださり、お部屋も大浴場に近い良いお部屋を提供してくださったとか。

本当に「こんな人たち昔こんなにいた?」という状態で、ため息が止まらないという人も多いと思います。

ただ、それこそ冷静に自分の周りを見てください。

そういう悲しい日本人が増えてしまったのは事実ですが、命がけで国民のためにと原発の放水作業をしてくれている人たちや自ら志願して原発処理のチームに入った方たち、被災者のためにと現地で頑張っている大勢の方たち、なんとか悲惨な状況を伝えて物資がその場所に届くようにとネットを使って発信している方たち、そして、悲しんでいる人を元気付けようと自分達も被災者なのに自主的にボランティアを買って出ている人々。

特に若い人たちのボランティアは、お年寄りや小さな子供達の心のケアに一役買っているようで、頼もしい存在です。

我欲に溺れた浅ましい人(人というのも憚られる)が増えてしまったとしても、若い人たちが優しさと希望を持って育っていることも事実。

この悲しい出来事を境に、そんな日本人の人を思いやる良い面を伸ばせるように、今までの社会のあり方をもう一度考えて、行動するきっかけにしていけば良いのでは?と思います。

大した被害がなかった私たちの周辺でも「大丈夫だった?」とメールのやり取りをしたと思いますが、そういう人たちがいる限り、日本がお終いになることなどないと思います。

あまりマイナスな言葉に惑わされず、明るい社会を作っていきたい。

今回被害がなかった西日本では、日本を元気づけようと、過度な自粛ムードを改めて、阪神大震災を経験した場所だからこそ日本を励ます存在にという声が上がっているそうです。

私は旅行は好きですが、やっぱり日本が一番好きです。
だから、ちゃんと帰ってきますよ。

関西首長「西から東を、日本を元気に」過剰自粛に『待った!』
産経新聞 3月20日(日)22時22分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000588-san-soci

Twetterのつぶやきより

東京の放射を心配して往復十数時間の国にいく。
その往復の飛行機で受けた放射のほうがずっと多い。ああ、無知が恐ろしい。 @sohbunshu

« 日本のメディアなんて、こんな程度 AERA(朝日新聞社発行) | トップページ | 謎の酒井氏 »

コメント

おはようございます!
節電しようとなるべくPCをつけていなかったので、今、あじゃみんさんの地震関連記事をまとめて読ませていただきました。

それにしても、アエラ、私も「はぁ???!(怒)」って思いました。私は電車等に乗らない自宅周辺を俳諧するのみの生活ですが、たまたま新聞でアエラの広告を見たんです。見た瞬間、怒りがこみ上げて来て思わず「なんじゃこれっ!」と大声で独り言を言ってしまいました。電車の中吊りや書店などで大勢の人に見られているわけで、ただでさえ今まで経験したことにない事態に浮き足立っている人が(私も含め)大勢いる中で、この表現。。。

それに加えて、こまりんさんがご経験された高級旅館のありえない対応…本当に悲しい…脱力してしまいますね…。これが事実であるなら、実名で広く世間に知らせても良いと思ってしまうほどです…。
今、危険を百も承知で、現場やその後ろで頑張っている人たちが大勢いると言うのに。
何もしなくて良いから、そういう人たちの邪魔をすることだけはしないでいただきたい!困っている状態に付け込んで私欲を肥やす人たちに言いたいです。「恥を知れ!」

す、すみません…再び登場です。
↑のコメント、ちょっと感情が高まってしまい、冷静な文章でなかったですね…失礼しました!

私の周辺では、幸いにもたいした被害を受けず、ほぼ通常の生活ができています。
ただ、いつ起きるかわからない余震や、品薄のお店(特に主食)を見て、不安を感じ…
とりあえず何か買うことでその不安を解消しようとするのは、人間として当たり前の行動だそうです。

でも、ちょっと考えてみれば、地震なんていつ起きるかわからないのが当たり前ですよね。
お米だって、5キロもあれば4人家族で半月は大丈夫。
今は品薄でも、半月もすれば(買い占める人さえいなければ)入荷されているでしょう。

不安な気持ちは、「自分のために」何かをするのではなく、
「誰かのために」何かをすることでも、解消できるそうです。

手に取った食パンを「誰かのために」棚に戻す。
「誰かのために」車ではなく自転車で行動する。
「誰かのために」募金をする。

そうやって、「誰かのため」に自分が行動することで、
なんとなく不安・心配という後ろ向きな気持ちを、前向きに持って行けると良いな、と思います。
当たり前ですが、誰かのために…と言っても「情けは人のためならず」ですから。

自分のブログで書けば良いような内容を、長々とすみません。
あじゃみんさんのブログで、勉強になったことがいっぱいあります。
(いつもそうですが、いつも以上に。)
本当にありがとうございました。&これからもよろしくお願いいたします♪

あっきーさん、おはようございます。

お互い特に大きな被害もなく良かったですね。
何度か書いていますが、買いだめをする人の心理状態がわからないわけではないです。
いつこっちでも地震が起きるかとか人がたくさん買い物をしているのを見たら、
やっぱりうちも・・・とか。

最初のうちは仕方なかったと思うのですが、冷静に考えればこちら側で品薄になっているのは
単に道路とか営業所が壊れちゃったとか、そういうことが大きく、冷静に受け止められれば
連日の買いだめ行動にはならないはずなんですよね。

我先にというのが増えたのは事実だと思います。
オイルショックみたいなインパクトがあったのでしょうから、ことさら責める気にはなれませんが、
被災者が困りますということがあるのに続けている人が悲しいなぁ~という感想です。

あっきーさんが書かれたとおり、特別なことではなくても「被災者の方が困っているから買いだめしない」という行動で、こんなことは起こらなかったはずですよね。

こういう社会だからこそ、情報を取捨選択する力をつけたいものです。

私は通常お気楽にゆるゆるで物を書きたいので、時事ネタは扱わないと決めているのですが、
今回ばかりは・・・ということで、これからまたゆるゆる書いていこうと思いますので、
お暇があったらのぞいてみてください。

あじゃみんさん、こんばんはhappy01
この一連の地震関連記事、私もとてもいろいろな情報を知ることができて&
正論をばしっと言って下さっていて、読むことができてよかったです。
ありがとうございます。
私も、今回、色々フィッシング詐欺とか、風評被害とか、色々嫌なことも起こっていますが、
日本中からの多くの助けがあって、たくさんの救助、命がけの救命活動、
そういったものにも触れることができて、まだまだこの国は捨てたものじゃ無いなって思いました・・・confident
復興の日まで、まだまだ長い道のりです・・・みんなで力を合わせられたら、よりよい社会が作っていけるんじゃないかな、と希望を持っています。そうじゃなければ、多くの犠牲になった方たちに、顔向けできない。そう思いますshine

Erikaさん、こんばんは。

人って、結局なにがあっても生きていかないといけないので、
どんなに悲しいことがあっても、前を向いていく以外にないんだと思います。

被災された方は、まだまだこれから長い期間ご苦労が絶えないと思いますが、
それでも、命を落とされた方たちを思って、しっかり生きていかれる方が多いのではと思っています。
今、酷い風評被害が起きていますが、ICAO(国際民間航空機関)およびIATA(国際航空運送協会)は、日本への渡航について「No Restrictions On Air Travel to Japan 」と何の問題もないと出しています。

また、被災地の農作物をちゃんと売り続けているスーパーもあり、これは嬉しかったです。
私はほうれん草だろうが汚染原乳であろうが、食べるのにーーーと思いますが、出荷停止ではどうにもなりません。

とりあえず売っている分は、被災地産のものを積極的に買いたいと思います。

風評被害といえば、見ないでおこうとおもったデヴィ夫人(本当のことなので名前を出すことにしました)が、ブログで放射線のことを「人体に 影響は直接ないというが、放射線はDNA(生殖体)を壊したり、 何年か後にガンとなって現れるかもしれない恐ろしいもの。」と書いて、またまた不安を煽っています。

度合いにもよりますから間違ってはいませんが、そんなことを心配するのであれば、世界で活躍するデヴィ夫人はもう既に相当量の放射線を浴びているので、ご自身が癌になってもおかしくないってことなのに、それ、わかってるんでしょうか。

それに比べたら、今回の作物とかなんて超がつくほど微量なのに、有名人は影響力が大きいので、もうちょっと冷静に勉強してから書いて欲しいです。

「被爆国に認定されるらしい」なんて、コメントを書いている人がいて、やっぱり原爆と間違えてるんだわと悲しくなりました。

いい加減、どうにかならないでしょうか、あの方。。。

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本のメディアなんて、こんな程度 AERA(朝日新聞社発行) | トップページ | 謎の酒井氏 »