« やめて欲しい著名人の煽り記事 | トップページ | Step forward »

自分の心が見ています。 ~やめよう、買い占め~

週末に起きた地震。

翌週出勤して、お互い無事で良かったねと日常が始まりました。
私は買いだめをあまりしないので、その日の帰りもスーパーに寄って帰ったのですが、
やたらにたくさんの品物を篭に入れている人がたくさんいて、地震対策なのかなぁ~なんてのん気に考えていました。

翌日、やはりスーパーに寄ると、缶詰とかカップラーメンとかそういう物がほとんどなくなっていました。

「なんで?」

不思議に思いましたけど、地震の後で流通ルートなどもダメージを受けているから、普通に買っても補充が間に合わないのかな・・・なんて思って、私はその日食べる分の野菜とか肉を篭に入れてレジに並びました。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

並んでいる人も結構多かったのですが、かなり大勢の人がこれでもか!というほど篭に商品を入れているのに気づき、大袈裟だなぁ、少しすればちゃんと届くだろうに・・・と馬鹿な話ですが、「買い占め」という言葉が最初は浮かんできませんでした。

でも、よくよく見てみるとその人たちが買っているのは、日持ちのする物とかお水ばかりなんです。

「えぇ?もしかして、買い占め?」

おぽんちおばさんは、その時点でようやくこの列に並んでいる多くの人たちは、棚の商品を根こそぎ買おうとしているのでは?というくらいの買いだめ行動だとやっと分かったのです。

なぜそんなことをする必要があるのか、さっぱり分かりませんでした。

確かに自分たちが地震に遭った時、食べ物がないと・・・と今回の地震で思ってしまっても仕方ないですが、今、被災地で困窮している人たちを思ったら、ちょっと我慢すればちゃんと流通してくるとわかっている私たちがなぜ商品を買い占める必要があるのか、本当に「恐怖心」というのは怖いし、助け合いの精神はないのか?と思いました。

「私は絶対買占めなどしない」

そう決めて、その日に必要なものしか篭に入れないことにしました。

自宅で、トイレット・ペーパーがもう残り少なくなっていたのを思い出して、「ペーパー買わなくちゃ」と思って棚に行くと「トイレット・ペーパーはお一人様1個」と書かれた紙が目に入り、「オイルショックかよ!」とがっかり。

でも、ちょうど最後の1個が残っていたので、買うことができました。
トイレに入ってペーパーないのはさすがに・・・ねぇ。

物資の輸送の目処もだんだん立つようになり、陸から海から自衛隊や米軍、そして民間企業が物資を本格的に運搬し始めています。

今までなかなか届かなかった物がもう少しで被災者の皆さんのところに届くようになるのです。

そんな時に少し我慢しておけば買えるようになる私たちが、入ってきた食材を争って買い占めるなんて、酷すぎます。

買い占めはやめましょう。

確かに、明日大きな地震が来るかも知れません。

あんな地震が起きて、毎日壊滅的な町の映像ばかり見せられていれば、飢餓意識が高くなってしまうのはわかります。

でも、少なくとも今は、私たち東京から西の人々の物資はなくなっていません。
ちょっと滞っているだけです。

みんなが助け合っている時です。

冷静に考えて、買い占めはやめて。

せっかく輸送手段が回復してきているのに、物がなくなってしまったら、本当に困っている人たちに届かなくなるんです。

買い占めはやめましょう。

必要ないです、全然。

明日は我が身、だから、今は困っている人にゆずりましょう。

必要な分は、ちゃんとお買い物してください。
でも、今買わなくても平気!と思うものは、分け合って!

今、これだけ「買い占めはしないようにお願いします」という報道がなされているのに、篭にあれもこれもと詰め込んでいる人に言いたいです。

誰も見ていなくてもあなたの心は見ていますよ。

49ced173s
※拡大して見てください。

« やめて欲しい著名人の煽り記事 | トップページ | Step forward »

コメント

こんにちは。本当におっしゃる通りです。
十分に足りていると報道されても他の人が篭いっぱいに商品を入れていると
自分も買いたくなっちゃう人のなんと多いことか。
そういう人が夜テレビを見ながら品不足のニュースを見て「大変ねえ」なんて
言っているかもしれないと思うと腹が立ちます。

夫の実家は宮城県栗原市。東京に残っているのは夫一人で、
兄弟もいとこもみな東京の大学を卒業したらUターンしています。
1万人不明と言われている南三陸にも親戚は住んでいます。

とりあえず両親、兄弟とは連絡がやっととれて何とか生きていることが分かりましたが、
親戚はどうなっているか全く分かりません。
だからこそ、計画停電で不便であってもまだ屋根がある有難さにはかえられないと
思うのです。もちろん買占めなんて行動も。
している人の気持ちもわからないではありません。でもよく考えて、人に言われるからではなく、
自分自身の判断で控えてほしいと願ってます。


「拡大してみてください」の画像、私もブログに貼らせて頂きます。

RYORYOさんのご主人は、宮城の方なんですね。

ご親戚が無事であることを心からお祈りします。
早く無事が分かるといいですね。

今回、節電している街を歩いて、これくらいでも十分明るいじゃないかと改めて
いつもの浪費ぶりが分かりました。
というより、常々そう思っていましたけど、そんなの一OLがどうこう言うようなことで
変わることではないですからね。

防犯ということを考えたら、ある程度市街地などの明かりは確保して、
昼間のように煌々と電気をつけるお店が自粛するだけでも、かなりの節電になるのでは
ないでしょうか。

この画像は転載自由とのことで拾ってきたので、ぜひ使ってください。

僕も、買占めしてる人の行動が理解できません。
止めて下さいと本当は言いたい。
さっきカゴに人参を30本位入れている人がいました。
比較的持ちのいい野菜だからかしら。

(ガソリンも入れないようにしているのですが、
家族のために入れるかの葛藤はありまして、
入れようとしたら、既にありませんでした。
まぁ、いいです。当分諦めます。)

近所の人がよく車で出かけるのですが、
どうやら米を買うためらしいです。
どうやら米を相当買うらしいです。
長粒米は食べたくないそうですが、
そんなこと言ってるとバチか当たると思います。

僕は長粒米が入ってくることを想定して、
美味しく食べる方法を思い出し、
情報を共有していきたいと思っています。

基本的に早く被災者に米が十分届くことを祈っています。

この状況を考えたら、
いつまでも今までと同じだけ・同じように食べるというのはムシが良すぎると思います。
例えば100だったのを60か70に落とすことから考えて、
それに慣れてきたら、そこからまた同じように落とすことを考えていくようにすれば、
そんなにムリな落とし方じゃないから、大丈夫だと思う。

僕の場合、既にお腹周りが少しゆるくなってきましたが、
(体力使って、ご飯は減らしてますから、当たり前ですが。)
そんなに大変じゃありません。

考え方を切り替えて、自分勝手な買占めなどしないでいただきたいですね。

お店がパンは2つまでとか、色々やってますが、
全商品に対して、やってくれてもいいと思う。
米のパッケージも小さくしてくれて構わないと思う。
小さければ、車使わないで買いに行けるだろうし、
沢山の人が買えるだろう。

でも、買占めをどうにかするには、
一度に買える量に制限を加え、
買占めを難しくするしかないかもしれない。

ANKAKEさん、こんばんは。

この記事を書いていて、こんなのん気なこと言うのはおかしいかも知れませんが、
このような方たちも、もうすぐ自分のしていることが「恥ずかしい」ことだと気づくのではないでしょうか。
にんじんを30本もいったい、どうするんでしょうね。
たぶん、途方にくれて「なにやってるんだろう」って思うと思います。

ただ、間違えてはいけないのは、食料は別になくなってしまっているわけではないことです。
このような買い占めがなくなれば、ちゃんと行き渡るようになるので、あまり思いつめない方がいいですよ。

今この時に人の分まで自分が買うなんて馬鹿なことをやめれば、逆に自分達がそこまで「我慢」をしなくてはならないわけじゃないんです。
買い占めをしている人たちは、それを危機意識、飢餓意識で分からなくなっているんだと思います。
ある意味気の毒です。

被災した方たちの輸送路がちゃんと確保されて、今あるものがちゃんと届くようになることをまずは待つしかないです。

備蓄米もあるでしょうし、企業もお水などを寄付しています。
私たちが「普通」の暮らしでいいんだと気づけば、ちゃんと困っている方たちの分も確保できます。

さっき食べる物がなかったので、近くのコンビニに行ってきたのですが、
乾麺は確かに何もなくなっていましたし、牛乳もない(たぶん、流通ルートのせいでしょう)
おにぎりはたくさんありましたし、食パンはないけど菓子パン類はちゃんと新しいのが入っていました。

そして、お客さんも数人いましたけど、誰もごっそり買い物などしていませんでした。
コメントをくださる方たちしかり、わかっている、気づいている人たちは増えていると思います。

海外メディアでは略奪がないとか書いているようですが、嘘か本当か「報道されないところは物資が何も届かないので、人々が女性や子供から物を奪い取っている」ということを書いていた人がいました。

場所もなにも書いていないので、真偽は分かりませんが、こういうことも出てくると思います。
本当に飢餓状態になったら、やっぱりみんな助かりたいという生存本能が働くからです。
この件が嘘だということを祈りますが、とにかく私たちは落ち着いて、困っている人がいることをちゃんと忘れないで生活したいものです。

みんな我慢、我慢といっているけど、それほどの不便はないし、健康であれば3時間くらい電気が消えても何の問題もありません。

もどかしいのは、スーパーはやってくる人はお客様なので、制限という表現はできても
買い占めないでくださいとはなかなかいえないことです。
でも、分け合いましょうとはいえると思うので、個数制限しかり、ポジティブに買い占め防止を訴える工夫をしてほしいと思います。

私は、この状況で我慢をするのは当然だと思いますし、今までが知らず知らず贅沢だったことを反省する機会ではあると思いますが、ほかにも書きましたけど、被災者のことを思うあまり、私たちが暗いネガティブな社会を作ってはいけないと思います。


あじゃみんさん、
たびたび失礼します。
買いだめについて、こういうふうにしっかりと正論を言っていて下さって、
とても嬉しくて、コメントせずにはいられませんでした・・・
本当にその通りで、こんな馬鹿なことが起きていていいはずないです。
今、被災地では、多くの方々が飢えています。
飢えで亡くなっている人もいるそうです。
それはそうですよね、1週間も食料も水もなく、どうやって生きろというのか・・・
これほど被災地が苦しんでいるときに、その物流を妨げるような愚かな行動。
私も怒りがこみ上げてきます。
政府の無力、人々の無知と狂騒が、さらに被災者を苦しめている・・・
あじゃみんさんの記事をみて、
私ももっと、呼びかけに協力していきたいと決意を新たにしました!

Erikaさん、

ありがとうございます。
どこまで役に立っているのか、正直分かりませんが、色々な人が呼びかけをして
偶然でも引っかかって読んでもらえたら、少しは「そうだな」となって、輪が広がっていくのを
期待しています。

課題は、なかなか行き届かない小さな避難所や個人の方たちですよね。
家がなくなっていない人も物資がないのは同じですから。
自治体の方も被災者なので、大変だと思いますが、こういう時のためのお仕事なので
頑張っていただくしかないです。

私たちは、小さくてもいいから、せっせと募金して、節電して
できることをしていけばいいと思います。

でも、私の場合みずほ銀行がメインバンクなのですが、お金を下ろすこともできないので、
今は自分が明日からどうしような状態ですcrying

あじゃみんさん、こんにちわ。

たくさんの有意義な発信を有難うございます。

実は息子と婚約者が八戸の病院で救命救急をやっています。

地震直後から岩手へ支援に向かい、救助にあたっていました。
初めのころはまだ津波がやってくるかもしれないということで、本当に心配しました。今は津波の危険はなくなり、ホッとしています。昨日、地震後息子からの初めての電話で疲れ切った声を聞きました。元気だよ・・という声は元気ではありませんでした。 現状は報道されているようなものではなく、言葉では表せない・・・と。今 お母さんたちが出来ることは普通の生活をして、普通の買い物をして流通をまわすことだよ・・・と言われました。

相当疲れ切っています。でも患者さんを助けるため、すこしでも役に立ちたいという思いで頑張っているようです。息子の気持ちを思うと泣けてくる子離れしない母親です。

フィアンセももしかして最後になるかもしれないと、支援前に電話をくれました。何事もなく無事に帰ってきましたが、避難所の方々が‘汚いのに診てくれてありがとね’とか、‘昨日診てもらったから、今日はいいが~’とか、言うのを聞いて、自分たちがこんなにひどい状態なのに、他の人を思いやることが出来るって凄すぎる・・・と感動して帰ってきました。

二人は支援からもどってきて、八戸も被災地だったんだ・・と気付いたそうな。

仲間は福島に今行っているようです。
無駄に恐怖心を煽るような発言や報道は絶対やめて欲しいし、現場を知りもしないで偉そうに物言うコメンテーターをどうにかして欲しい・・・と思います。

被災地の方々とそこで支援にあたる方々のために祈るだけです。
ここにきて、子離れしていたつもりが子離れ出来ていなかったとつくづく思う昨日今日です。
 

キミダスさん、こんばんは。

どういう風にお返事すればいいか、分からないという感じで、
お返事が遅くなってしまいました。

息子さんと婚約者の方のご支援の姿勢は、現地の方たちに
十分に伝わったようですね。

息子さんたち自身も一生に一度という経験の中で力を尽くされたこそだと思います。

福島の方たちも風評被害で困っている方も多いみたいですので、
大変だと思いますが、その手を待っている方のためによろしくお願いします・・・としか言えません。
ありがとうございます。

親離れとか子離れなんて関係ないですよ。
心配なのは当たり前です。

でも、素晴らしいご子息を育てられたのは、キミダスさんなので、誇りに思ってよいのではないですか?
私は、そう思います。

違った意味での被災地の貴重な様子を教えていただいて、ありがとうございました。

あじゃみんさん、

アタシの愚痴にご丁寧にお返事を頂き有難うございます。

これからも、あじゃみんさんのブログと小説、楽しませていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

« やめて欲しい著名人の煽り記事 | トップページ | Step forward »