« 助け合う人々の映像 | トップページ | 自分で今できること。 »

支援の気持ちは、時間を置いてから。

こういうことが起きると、自分は何をできるのかなど、色々と考えます。

ただ、悪質チェーンメールの件でもそうですが、こんな時は「冷静」になることが一番必要だと思います。

被害が小さかった私たちは、例えばボランティアに行きたいとか、募金したいとか、色々とあると思いますが、まだ混乱の続いている現地に善意でも素人が行くことは、地理的なことも分からないこともあるし、却って迷惑がかかるかと思います。

銀行なども混乱してしまうことがあるので、ネット振込みなど本当に必要としている人たちの邪魔にならないよう、支援をするにしても、冷静に考えて行動した方が良いでしょう。

ボランティアなどは、落ち着いて受け入れが可能になってからが一番だと思います。
せっかくの善意が却って迷惑をかける事態になれば、自分自身が一番残念な結果を招いてしまいます。

気がせいてしまうところですが、今はプロの方たちに任せて、一呼吸置きたいと思います。

とりあえず、私たちは節電が一番確実にできる身近な協力でしょうか。

« 助け合う人々の映像 | トップページ | 自分で今できること。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。