« 感謝 ~最後に~ | トップページ | それでもポジティブ・シンキング ~私は日本が大好きです~ »

日本のメディアなんて、こんな程度 AERA(朝日新聞社発行)

あまりにも頭にきたので、もうひとつ書こうと思います。

朝日新聞社発行の「AERA」という雑誌が、19日発売の表紙をこんなものにしました。

Arera

風評被害を助長すると批判され、後で謝罪したそうですが、もう遅い。

放射能がくる・・・という表現自体間違っています。

だいたい、「放射能」というのは、「放射線のような放射性物質を出す能力」のことで、
その区別もつかないような馬鹿が書くとこうなるという典型です。

こんなことを書くのなら、最低限その程度は調べろ!!

どこを撮ったのか知りませんが、もしこれが現場の作業員の写真であれば、
現地で作業をするのに防護服を着るのは当たり前のことで、それを扇情的に紹介したら、遠くにいる避難民や私たちに「こんな物を着ないと危ないのか」という間違った印象を与えてしまうのは否定できません。

たぶん、中の記事はきちんとしたレポートなのかもと100歩譲って考えたところで、
みんながアエラを読むわけではないので、逆効果です。

ただでさえ、一般の人に被害など出ていず、現場で作業してくださっている方たちの決死の苦労も報われそうなところまできているのに、大手出版社が今人の恐怖心を煽るような行動をとるとは、いくら怖がらせるのがメディアの仕事だからといって、これは酷すぎます。

海外メディアならまだしも、日本の大手出版社ですよ、朝日は。
もともとどうしようもないとは言われていましたが、こんなだったとは。

政府の広報がヘタクソなのは毎回書いていますが、現場は疑心暗鬼で厚生労働省の指示もないのにヨウ素剤を配布しはじめたりしています。

ああいうものは、正しく服用しないと却って健康被害を与える恐れがあるので、慎重に扱わなくてはいけないのにみんなが浮き足立ってしまっています。

食品衛生法には食品に対する放射性物質についての規定がないので、今回暫定規制値を設けたそうですが、そもそも食品の安全性基準は、非常に厳しく設定されるため、大丈夫と言われる値より、さらに何十分の1とか、「これでもか」と厳しい値を設定するので、その値の○倍程度なんて、実際はたいしたことありません。

もちろん、その汚染度合いがずっと同じ濃度で保たれた場合には、後の健康被害も考えなければいけないのですが、今はそんなことを計れるほど日数が経っていないし、付着した放射性物質は洗えばほとんど落ちてしまうので、もともと何の心配もないくらいの数値で、しかも水洗いしてしまえば50%~80%は落ちてなくなってしまうというのに。。。

Twtterのコメントで「恐怖心をあおる意図はなく、福島第1原発の事故の深刻さを伝える意図で写真や見出しを掲載しました」と謝罪したそうですが、誤解を与える表現であることは誰しもが分かることなので、今回ばかりは許せません。

外から見て冷静に判断できる我々と違い、発電所周辺の人たちからすればただでさえ「放射能」だの「放射性物質」だとかいう言葉で「原爆被害」のような間違ったイメージを持って怖がってしまっている人が多い中、大手メディアがこんなことしてどうするのかと思います。

腹立たしいのは、こういう報道などがあって、「買ってみるか」と思う人もいるので、
部数が伸びて結果的に編集部が笑う結果にならないことを祈ります。

朝日新聞社など潰れてしまえ!!

« 感謝 ~最後に~ | トップページ | それでもポジティブ・シンキング ~私は日本が大好きです~ »

コメント

こんにちは、あじゃみんさん

本当におしゃっるとおり、朝日新聞社など潰れてしまえ!!です。

アエラばかりでなく、先日はテレビ朝日で反原発の人をむかえ、素人の恐怖心を煽る話しばかりをしているのを見て、本当に朝日は・・・と思っていた矢先のこのアエラです。これに洗脳されちゃう人もいるわけで、情報過多のこの世の中、受ける側がよほどしっかりしないととんでもないことになってしまいますよね・・・なんて偉そうなことを書いていても 優柔不断はアタシみたいな人は沢山いるわけで、解決策は無いのかも・・・です。

何を信じ何をすべきか・・はいつの世の中でも課題だと思います、ハイ←アタシの中で。

ラモスさんのブログは、今の大半の日本人の考えを代弁してくれたと思います。

あじゃみんさんのブログ、食から旅から今回のことから、すべてagreeです。

あ~、何も考えずにのんびり出来たシンガポールが嘘のようです。

また、お邪魔します。

あ、ところで、こまりんさんは、お元気でがんばっていらっしゃいますか?
被災地のかたのために祈ります!

キミダスさん、こんにちは。

こんな時に反原発の人を出演させて番組を作るなんて、どういう無神経さなんでしょうね。
今回のアホらしいともいえる逃避行動は、ほとんどが無知からくるもので、馬鹿にしているのではなく
原子力発電のことを知っている人の方が少ないと思うので、知らないのは当たり前としても
怖いとか危ないという情報が出た場合は、ちゃんと「本当だろうか」と疑って調べるということがとても大切だと思います。

原発のアニメにしても、ああやって分かりやすい解説をしてくれる人も出てきているので、
ネット社会は悪い面も多いけど、やはり役立つ部分も大きいですね。
ただ、自ら進んで事実を見るという人が少なくなったために、実際に記事を書くような人も
勉強不足になっていて、平気で中身のない適当な記事が出せるんだと思います。

考え方は色々あって良いと思いますし、私も自分でこれは・・・と思うことを書いてしまうこともあるので、恥ずかしいですが、自分の思うことをこれからも書いていこうと思います。
ただ、毎回同意していただける記事をかけるとは思えないので、その点はご了承ください。

こまりんさんは元気ですよ。
彼女は、本当にタフだなぁ~と思います。
キミダスさんに教えていただいたラモスさんのブログ見ました。
本当にそうですね。

ラモス瑠偉 オフィシャルブログ

「もう一度冷静になれよ!」
http://ameblo.jp/ramos-ruy/entry-10834259061.html

なんか、世界中で、デマがとびかっているみたいですね。
 香港や中国では、海が汚染される、というデマを受けて、塩が買い占められてなくなったそうです。韓国では、海藻、ロシアでは赤ワインが買い占められているとか。
 まぁ、ワカメとかは、三陸産のものは、当分出荷されないだろうとは思いますが、それは、汚染うんぬんではなく、地震や津波の被害にあったからですけど。
 もっと冷静にならないと。

赤ワイン?なぜ?

なんか、あの基準値っていうのも本当に考え物ですよね。
実際、日本が定める毒性とかそういうのの基準値って、本当に厳しいんです。
だから、たまに中国産の農薬で、基準の○倍とかいっても、本当はたいしたことないのも
多いのですが、国で決めた基準ですから、超えていればNGになっちゃうんですよね。

例のほうれん草だって、4200人分食べないと放射線の害が起こるとはいえないなんて、
冗談かよ!って状態ですから。

政府ももうちょっとまじめに風評被害対策をやって欲しいですが・・・。
私たち分かっている人々が積極的に福島だとか向こうの農産物を買う運動でもすれば別ですが、
なにせ出荷停止なので助けることもできません。

飛行機に乗ってるほうがもっと多い放射線を浴びているのに、口にするとなると異常なほどの
反応を示す日本人て、やっぱり飽食に慣れてるんだなと思います。
もちろん、安全性を確保するのは当然のことですが、反応は過剰にならないようにしたいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 感謝 ~最後に~ | トップページ | それでもポジティブ・シンキング ~私は日本が大好きです~ »